阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシカンリーグ2018年シーズンの概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

 メキシカンリーグの来シーズンの概要が発表された。 今年デュランゴに移転したヘネラルズの撤退は取り消され、来シーズンも16球団体制を維持することが決まり、今シーズン前の球団移転でいびつになっていた南北地区の振り当てについては、北地区に属していたメキシコシティが南地区へ移転、レオンが北地区に行くこととなった。  フィールド上のルールでは、メジャーで導入された敬遠四球の際、宣言のみで打者に1塁が与えられるルールをメキシカンリーグでも適用することとなった。  スケジュールについても概要が発表された。  開幕は、3月22日。例年どおり、カードは未定だが、開幕戦は1試合のみ。翌日から他チームも一斉にペナントに突入する。  各球団それぞれ57試合の2シーズン制は基本的にこれまでと同じだが、大きく違うのは、前後期それぞれでプレーオフ、チャンピオンシップをするところだ。 前期は3月末から5月末までで、その後各地区上位4チームが、2段階のプレーオフで地区優勝を決め、チャンピオンシップを行う。そしてその後、オールスター戦を経て、7月あたまから後期シーズンがはじまり、9月末よりポストシーズンに入る。各々7回戦制のポストシーズンにはひと月かかるので、レギュラーシーズンに約5か月、ポストシーズンに計2か月という長丁場になる。後期チャンピオンシップの終了は10月7日が予定されている。一昔前までは、8月にはシーズンが終わり、選手はその後、アメリカの球団に移籍することも多かったが、そういう意味では、より独立性が高まってきたと言えるだろう。 前期チャンピオンと後期チャンピオンは決戦シリーズをすべきだと思うのだが、これについては、公式サイトは言及していない。



来年2月よりLivedoorブログに完全移転します。こちらをよろしくお願いいたします。 http://blog.livedoor.jp/gr009041/archives/5201959.html

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラテンアメリカ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

もうひとつのメキシコウィンターリーグ、リガ・ベラクルサナ【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

「プロになること」と「プロで生きて行くこと」の違い【倉俣監督BLOG】

アンドレス・メナ内野手のトライアウト結果のお知らせ&スペシャルインタビュー【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:1640
  • 累計のページビュー:1895568

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss