阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

エルパソ・サウスウェストユニバーシティパーク(7月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューメキシコ州アラモゴードからハイウェイ54号を南下すること140 キロ。アメリカの感覚では1時間ちょっとのドライブだ。ここでハンドルを握っていると、日本の高速道の制限速度が一般道の感覚になる。なにしろハイウェイでは80マイル(120キロ)が事実上の「最低速度」なのだから。  ダウンタウンに入る前に、町を見下ろすシンボル的存在の岩山に登る。この岩山に登る小さなロープウェイはこの町の名物で、昼下がりの乗り場には長蛇の列ができていた。8人ほどが立ち乗りするゴンドラには案内人が乗っていたので、旧球場コーエン・スタジアムの場所を聞くと、先ほど走って来た方向を指さして、まだそれはあって、アマチュア野球が使っていると説明してくれた。

岩山から町を一望してからダウンタウンへ向かう。2014年に新造された球場には、地元銀行がスポンサーとなり「サウスウェストユニバーシティ・パーク」の名がつけられている。 sinn

初めは大学の球場なのかと思ったが、銀行の名前のようだ。アメリカの多くの町の球場同様、鉄道駅の隣のおそらくは貨物ヤードだったところに3Aチーム誘致のため造られたらしい。おかげで、この町で、かつての2Aチームの名、「ディアブロス(スペイン語でデビルの意)」を引き継いで頑張っていた独立リーグのチームは追い出されてしまった。サンディエゴ・パドレスの傘下に入った新チーム発祥の地、チワワは国境を越えてそれほど遠くない距離にある。

 近年、というかここ20年ほどのアメリカの現象として、郊外に造った球場を市街地の真ん中に移転させ、プロ野球チームを誘致するということがある。アメリカの球場は、モータリゼーションの発達により、郊外のハイウェイ沿いに移転したが、1980年から90年代にかけて、市内の中心の荒廃が問題となった。私が初めてアメリカに足を踏み入れた1991年あたりだと、夜のダウンタウンは危険で一人歩きなどもってのほかと言われていた。この時は、メジャー11試合を観戦したが、極力デーゲームを選んだせいもあって、ナイター観戦は4試合に過ぎなかった。初めてのアメリカということもあり、とにかくナイター後、宿に帰るまで、異常に緊張したのを覚えている。ともかく、1990年代は、余程の大都市でもなければ、ダウンタウンはゴーストタウンのようにさびれていた。

 これがまず、メジャー球団のある都市から変わっていった。郊外や、市内でも少々治安に問題のある地区に建てられていた球場を、町の中心に新造された、レンガ造りの外観をもつネオクラシック調の新球場に移していったのだ。用地には物流の合理化によって空き地となった港湾地区や鉄道施設があてられた。  この流れはやがてマイナーにもやって来た。数年前、私はオハイオ州コロンバスの3A球場を取材したが、この町も、町はずれの墓地近くにあった球場を町のど真ん中に新造し、町の活性化に役立てていた。  というわけで、同じ流れの中に造られたエルパソの新球場も、コロンバスの球場そっくりだった。外観はもちろんネオクラシック。市中心部に面した通りからは、なんと金網越しにフィールドをチラ見できる箇所がある。それも、またブルペン越しに。ネット書籍なんかでは、数ページをタダで見せて、続きを買わせようとするのがあるが、発想としてはそれと一緒だ。この試みは、日本でもマツダスタジアムでもなされているが、すでにコロンバスの球場でやっていたものだ。 i

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マイナーリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【夏休み東京少年軟式野球合宿2017-2】2日目【ベースボールコミュニケーション 野球合宿ブログ】

中学硬式と軟式野球の違いとは【倉俣監督BLOG】

エルパソの想い出【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:205
  • 累計のページビュー:1906684

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss