阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-8-

このエントリーをはてなブックマークに追加

――それで決勝の先発は岩隈投手。この試合の継投、岩隈―杉内―ダルビッシュっていうのは、ベスト3のピッチャーと考えていいんですよね?

「そうです。私もこの試合はね、こんなにもつれるとは思わなかったの。この試合で私は唯一、唯一っていったらおかしいのかもしれないけど、失敗したんですよ。これは継投を失敗してしまった。岩隈を引っ張りすぎたんですよ。8回の頭からね、杉内を行かせるべきだったと思いますよ。あの時の杉内の調子を考えると、(回の頭から行けば)ピシャッと抑えたに違いないんだけど」

――そこでどうして岩隈を引っ張りすぎたんですか?

「いやもう岩隈の調子が良すぎて(笑)。球数も余裕があったし。できることなら完投したらこのまま行くんじゃないかと思ったくらい。3対1で勝てるなって思ってました。そういうちょっとした油断っていうか、あそこは今をもっても悔いが残りますね」

――やはりそこは山田さんご自身が先発完投という理想があるからでしょうか?

「うーん、そこはないんでしょうけど」

――(元中日監督の)落合さんなんか、パッと代えるじゃないですか。ノーヒットノーランでも代えちゃう。

「ああいう試合は、落合みたいな継投が正解じゃないかな、おそらく。あそこ(回のあたま)から杉内投げさすともっと力出すんですよね。ああいう大会では」

――でも、そこでああいうことできる人はなかなかいないですよ。

「いないでしょうね。いい感じできてたら、どうしても、『はい、君はここで終わり、次』なんてことするの怖いですよね、実際。でも、あそこで3対2にされたったことが、やっぱり次のダルビッシュにプレッシャーをかけることになったんですよ。3-1のままで9回ダルビッシュにつなげば、2点あると思えば、ダルビッシュは抑えただろうと思いますね。(点差が)1点だったから、長打もダメだってなりますから」

――(同点打は)レフト前でしたね。あの場面、ベンチで見ていてどうだったんですか?私はテレビで観ていても、もう…」

「もうストライクが入らない。でももう選手に任せるしかないから。動きが取れないっていうのかね。マウンド行ってあげて励ましたいんだけど、それさえも自分で意識がないって言うか。ただ茫然と見てるって、そういう感じになって。それでもダルビッシュのところに行くんですけどね。あの時はもう言うことは決まっていて、ペースは崩すな、と。変に早くなったり、だいたいピッチャーってのは困ると早くなるんですよ。だからジョー、城島に、頼むな、って。とにかくこういうときピッチャーは投げたがるから、ちょっと抑えてやってくれなって。城島があの時は非常に、なんていうか、いいキャッチャーだったなと思ったのは、あんまり動じないんだよね。鈍感なのかは別として(笑)。実にどしっとして、落ち着いて、度胸が座っているんですよ。あれでだいぶ助けられましたよ」

――それで、その次の攻撃でイチローのヒットで再度突き放しました。それでも、その裏の韓国の攻撃もハラハラしたのではありませんか?

「いやもちろん。僕がダルビッシュがすごい男だと思ったのは、これから伸びていくなって思ったのは、9回裏、同点にされた次を抑えたところ。よく抑えましたよ、あれ。あそこねえ、みんな何とも思ってないかもしれないけど、あと1球で勝てるってところで同点にされて、(続く)サヨナラの場面を抑えきるっていうのは、簡単じゃないんですよ。ピッチャーやってる人間だったら、(わかるんです。)たいがいやられますから。相手はガーってきてるし、みんな飲み込まれてますから」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
WBC 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

金子3連勝。。4月20日。【えんじょいブログ】

早くも貯金5!【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

見事な一発攻勢!vs日本ハム【オリックス愛時々闘球】

宮崎どうしちゃったんすか?【オリだぶ】

あっさり勝利【明日は明日の風が吹く】

日本でムービング系のボールが流行らないのは野球文化の違い【スポーツ えっせい】

WBC選手の今と,セ・リーグ雑感【田舎者の野球観戦記】

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-7-【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icongr009041

さまざまな世界の野球、野球界の「すきま」を紹介します。
  • 昨日のページビュー:326
  • 累計のページビュー:1900983

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. GG佐藤退団の真相からみる日伊野球の違い
  2. プレミア12 この体たらく
  3. 矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-
  4. イタリアリーグ・プレーオフ、ボローニャ対サンマリノ、GG佐藤登場(8月3日)
  5. プレミア12 アメリカ代表チームを分析する
  6. 古木克明が現役復帰へ
  7. オコエ瑠偉の現在地:「3軍」からの復活を目指す2年目の春
  8. アジアシリーズ2012・プサンの悪夢
  9. イタリア野球情報~イタリア野球経験者にインタビュー①(前田勝宏氏:フォルティトゥード・ボローニャ/2003年)
  10. アジアシリーズ2012・日韓「巨人」対決

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss