YGマークを追いかけて・・・

ジャイアンツ 「若い芽」の息吹。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「新化」。

今年、由伸監督が掲げたスローガン。

新しく・・・化ける。

これには色々な意味があるだろうし、完全に読み解こうとしても恐らく完全な「正解」はないだろう。 でも、その一つの意味としては「若い芽」の成長・・・と言うものは確実にあると思う。

昨年オフ。 2年続けて優勝を逃したジャイアンツは、史上初めてFAで3名の選手を獲得した。

ただ、現状はその3名がチームを「変える」活躍をしてるかと言えば、そうではない。 山口俊と陽は一軍に名を連ねる事もなく、森福も本来の力からすれば不本意な投球が続いている。

そして、既存の戦力でも、昨年のセーブ王澤村が離脱し、長野も本来の調子には程遠い。 内海や杉内の両ベテラン左腕も一軍からは外れているし、トレードで獲得した5年前のパリーグMVPの吉川光も、 調子が上がらずにファームでの調整を余儀なくされている。

それでも・・・チームは10勝6敗の2位につけている。

もちろん、阿部、坂本、菅野、マイコラス、マシソン・・・と言った「軸」の選手達の大活躍が「根っこ」にはあるし、 マギー、カミネロといった新しい「助っ人」が期待通りに働いてくれているという事も大きい。

ただ、ある意味これは「計算通り」の部分。 プラスアルファがあるとすれば、当初は「計算」が出来ていなかった若手や、実績の乏しい中堅選手の活躍だと思う。

まだまだ数字的には「課題」は残るが、開幕から1、2番を張り続けている中井と立岡。 新天地で開幕一軍を勝ち取り、ここに来て4試合続けてスタメンを張り続けている石川。 岡本と重信もなんとか一軍で生き残り続けている。

今年のジャイアンツの「強み」に、終盤の勝負所での「仕掛け」の強さがあるけれど、そこを演出しているのは彼らの頑張り。 彼らが「スタメン」に名を連ねる事が出来ているから、村田、亀井、脇谷と言ったレギュラークラスのベテラン勢がベンチで「睨み」を利かせる事が出来ている。

投手陣もそう。 澤村が離脱し、山口鉄や森福も苦しんでいる中で「ブルペン」に「若い芽」が芽生え始めている。

この日も僅差の場面で上位打線を3人で切り捨てた池田。

社会人出身者らしい落ち着いたマウンド捌きと、小柄ながらに比較的球威のあるストレートと、往年の山口鉄のようなチェンジアップで打者を翻弄している。

開幕からマシソンとカミネロに負担がかかりすぎていたが、この日の投球はそこを助けてくれる存在になり得る可能性を見せてくらた。

そして、篠原。

育成契約から這い上がったばかりの右腕は、高木勇のアクシデントで急きょ「プロ初登板」のマウンドにあがると、150kmのストレートを軸に3イニングを「0」で切り抜け、プロ初勝利を手にした。

もちろん、内容は「満点」とは言えないものだったけれど、何より「結果」を残した事実と、その球威のあるストレートは「期待」を抱かせてくれるには十分のものだった。

まだ、開幕して16試合。 色々と論じるには早すぎる段階ではあるけれど、今までいなかった「名前」が、主力選手達の「穴」を補い、そして「計算通り」働いてくれている「主役」達と噛み合う事で、少しずつ「新しい」ジャイアンツが見えつつあるのは事実。

もちろん、今は苦しんでいるベテラン選手達もシーズンを通して考えれば「力」を発揮してくるだろう。 その時に、今を支えてくれている「若い芽」がより成長し、ベテラン勢に「戦い」を挑めるような状況になっていれば、自然とチーム力は底上げされ、戦力の「厚み」は増してくる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジャイアンツペナント激戦録 2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジャイアンツ 「若い芽」の息吹。

ringo321さん

コメントありがとうございます。

仰る通り、池田投手はさすがに社会人でも豊富なキャリアがあるだけにマウンド捌きも落ち着いていますし、見ていて安心感がありますよね。今のところは大きな戦力になってくれていますので、頼もしいです。

確かに投手陣に比べ野手陣の「若い芽」が・・・と言う部分はありますが、今年は若手もチャンスを与えられていますし、その中から一人でも二人でも「掴む」選手が出てきてくれる事を祈っています。

そういった「底上げ」が出来れば、陽選手や山口俊投手が戻ってきてくれた時の戦力の「厚み」は他のチームに負けないものになりますからね。

シーズンは長いです。
由伸監督の手腕に期待しましょう!

ジャイアンツ 「若い芽」の息吹。

「若い芽」の息吹^^ 本当、池田は、プロで10年飯を食ってるような投球術ですね~

昔の能見みたいです(^^)

高木が、不運な怪我に見舞われましたが、まだまだ ファームには、今村、中川、アダメスと 

いい結果を出してる投手が目白押しです(^^)

投手は、心配ないのですが、打者の方が・・・ 岡本の覚醒を願うばかりです・・・

また、山口俊、陽岱鋼が後、どれ位か掛かるか わかりませんが、この連中が加われば、

巨人の強さも一段と加速すると思います^^

ジャイアンツ 「若い芽」の息吹。

kametta947さん

いつもコメントありがとうございます。

継承・・・確かに仰る通りかも知れませんね。
ベテランから若手はもちろんの事、亀井選手の今の立ち位置も往年の「由伸枠」ともとれますし。
逆に若手に継承していく事でベテランが新しい「役割」を手に入れているようにも見えます。

それも含めて「新化」なのかな・・・とも。

どうあれ「由伸野球」は色々な部分で昨年から変化が見えます。
これが、どのような方向に向かうのか・・・。

実りの秋になってくれる事を祈っています。

「ジャイアンツ 「若い芽」の息吹。」へのコメント

芽吹きについて今季は特に感じる事が有ります。

チーム方針として打ち出されているのか?
はたまた選手達の自発的な行動が沸き上がっているのか?は定かでは有りませんが
慎之助が小林を鍛え始めた頃から、明らかに一つの流れが出来ているように思います。

亀井が岡本にグローブを贈りアドバイスをしてたり……
内海がリードやらキャッチングやら宇佐見を育てようとしてたり……

ファームでは片岡がQ &A のレクチャーをしてるのを目撃したG 党も……
先日はクルーズ先生の守備教室が開催されたとか……

一昔前ならば、チームメイトと言えどもライバル……技術は見て盗めでしたが……
今季は〈継承〉をキーワードにしているように思えます。

こんな記事も読みたい

審判にまつわる備忘録【及ばぬ鯉が滝登り】

良くやった今永!+【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

貯金3→0→4。得意不得意分かれたが、明るい話題もあった4/11~19のジャイアンツ【井戸掘り野球観戦記】

篠原慎平初登板初勝利は神様がくれたごほうび【辛口G党の戯れ言】

[ジャイアンツ愛]4/19 巨 1-0 ヤ→ 篠原 初登板初勝利オメ!チームも連勝でドームに帰れる【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

【2017 巨人vsヤクルト 第2回戦】ジャイアンツ、目先の勝利はラッキー!先を考えればアンラッキー!?何となく4連勝!!【孤独のプロ野球】

高木勇人 初先発【プロ野球の底力】

‘青い稲妻’松本 匡史の鮮烈デビューから40年【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icongloves

小学生の時からジャイアンツを見続け、早や29年。
三度の飯より野球とジャイアンツが好きな38歳です。

当ブログ専用のツイッターアカウントはこちら @gfanreki
但し、基本的に実況ツイートは仕事休みの日くらいです(笑)
  • 昨日のページビュー:449
  • 累計のページビュー:6116930

(04月28日現在)

関連サイト:YGマークを追いかけて…Twitterアカウント

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジャイアンツ 38歳の1番打者。
  2. ジャイアンツ 「人的補償」と小林への期待。
  3. ジャイアンツ 「新三本柱」。
  4. ジャイアンツ 越智大祐 もう一度ドームのマウンドへ・・・。
  5. ジャイアンツ 阿部を「解放」するべきなのか。
  6. ジャイアンツ 新しい「強いジャイアンツ」の萌芽。
  7. ジャイアンツ 大田と岡本に「あの頃」の西武を想う。
  8. ジャイアンツ 原辰徳 「若大将」から「総大将」へ。
  9. ジャイアンツ 見返そうぜ・・・村田!
  10. ジャイアンツ 井端が打線を甦らせた。

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2013
01
2012
12
11
09
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss