小田紘也のセグンダ・ディビシオン情報局

13‐14シーズン第32節結果振り返り

このエントリーをはてなブックマークに追加

【首位エイバルと2位デポルは、またしても同じ結果に】
 “引き分け⇒勝利”と、前節まで2節連続で“お揃いの試合結果”となっていた上位2チームだったが、『2度あることは3度ある』と言わんばかりに、今節も揃って同じ勝ち点を得る結果となった。

 6位バルセロナBをホームに迎えた首位エイバルは、後半戦10試合で僅か3失点の自慢の守備は健在だったものの、攻撃陣がGKジョルディ・マシプの牙城を最後まで崩すことができず。スコアレスドローで試合を終える結果となった。

 一方、勝ち点1ポイント差で首位チームを追うデポルティーボ・ラ・コルーニャは、ホームで前節昇格プレーオフ圏入りを果たした7位テネリフェと対戦。開始3分に右後方でのFKからアルベルト・ロポの移籍後初ゴールが生まれ、幸先よく先制に成功する。

 その後もデポルは積極的にチャンスを作ったものの、なかなか追加点を奪えずにいると、逆に64分に痛恨の失点。カルロス・マルチェナがアヨセ・ペレスをエリア内で倒したとしてアウェーチームにPKを与えてしまうと、このPKをリカルド・レオンに決められ、試合は振り出しに戻る。結局これが試合のラストゴールとなり、1‐1で試合はフルタイム。この試合の結果、エイバルの8節連続首位が確定となった。


【ラス・パルマスがスポルティングとの直接対決を制して3位浮上】
 一時期順位を中位まで落としながらも、盛り返して前節4位に再浮上していたラス・パルマス。“5試合連続無敗(4勝1分け)”の勢いは、3位スポルティング・ヒホンをホームに迎えた今節も衰えることは無かった。

 クロスバーや相手のシュートミスによって前半のピンチを救われたカナリア諸島のチームは、51分にカルロス・アランダの2試合連続ゴールで先制に成功。69分にデヤン・レキッチのゴールで同点に追い付かれはしたものの、85分にマスード・ショジャエイが得たPKをモモが蹴り込んで勝ち越すと、そのまま2‐1のスコアで逃げ切った。

 スポルティングを直接叩いて今季初の4連勝を飾ったラス・パルマスは、昇格プレーオフ圏最上位の3位に浮上自動昇格圏との勝ち点差を3ポイントに縮めている【最下位ジローナが連敗をストップ】
 前節まで5連敗を喫していた最下位のジローナは、今節遂に長いトンネルから抜け出すことに成功した。
 
 同じく降格圏に沈む20位アルコルコンを本拠地に迎えたカタルーニャのチームは、40分に右CKからのジェラール・ボルダスのゴールで先取点を奪取。61分にはダビド・ティモールが強烈なミドルシュートを決め、点差を2点に広げることに成功する。

 その後、80分にCKからのチェマのゴールを許して1点差に追い上げられたものの、後半アディショナルタイムに、フアンル・エンスがカウンターからダメ押しとなる今季初ゴールを記録して、勝負有り。ジローナは6試合ぶりの勝ち点3によって、残留圏との勝ち点差を6ポイントに縮めている



≪第32節全試合結果≫
【3月29日:土】
コルドバvsムルシア:1‐1

ポンフェラディーナvsRMカスティージャ:0‐0

マジョルカvsレクレアティーボ・ウエルバ:0‐0

エイバルvsバルセロナB:0‐0

デポルティーボ・ラ・コルーニャvsテネリフェ:1‐1

ヌマンシアvsミランデス:0‐1

【3月30日:日】
ラス・パルマスvsスポルティング・ヒホン:2‐1

ジローナvsアルコルコン:3‐1

ハエンvsエルクレス:1‐1
・杉田祐希也(エルクレス):ベンチ入りも出場無し

サバデルvsルーゴ:1‐0
・田邉草民(サバデル):先発フル出場、2分に決勝ゴールを記録(今季4ゴール目)

アラベスvsサラゴス:2‐2



≪今節終了時点の順位≫
1314第32節終了時順位





1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
13-14シーズン
タグ:
リーガ
スペイン
リーガ・エスパニョーラ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

チャンピオンズリーグの4個を当てるぞ!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

エバートン、5連勝で5位をキープ!アーセナルとは勝ち点4差まで近づく!【なんと言おうがEverton】

香川真司はスタメン出場。後半23分までプレイし今季初アシスト。香川というピースを有効活用して進化させるべし。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ヴィラ 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconfootball0423

小田 紘也(おだ ひろや)

89年鹿児島生まれの横浜育ちのライター兼翻訳家。

2012年、マドリードに約2ヶ月間滞在し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

スペイン語文章の翻訳も行っています。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『サッカーキング・フリーVol3(フロムワン)』(スペイン代表特集)など

翻訳、執筆などの仕事のご依頼は、
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方に宜しくお願いします。

“スペインスポーツ紙の一面”や“リーガなどのデータ”を扱うブログもやっていますので、是非下のリンクの方からご覧ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:234731

(11月10日現在)

関連サイト:スペインサッカーに魅せられた男のブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スペイン国王杯ラウンド32の組み合わせが決定
  2. 【特集】トップリーグに挑戦するセグンダAのゴールゲッターたち(第1回)
  3. 2013年夏の移籍市場がクローズ
  4. カタルーニャ地方のチームを訪ねて(前編)~バルセロナB~
  5. 13‐14シーズンの各主要結果総ざらい
  6. 【特集】トップリーグに挑戦するセグンダAのゴールゲッターたち(第2回)
  7. スペイン国王杯13‐14ラウンド16第2戦結果振り返り
  8. 13‐14シーズン最終節結果振り返り
  9. 13‐14シーズン第4節結果振り返り
  10. 【特集】トップリーグに挑戦するセグンダAのゴールゲッターたち(第8回)

月別アーカイブ

2015
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss