MLB 戦いの原理を求めて

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドチャンピオンの最右翼と見られていたインディアンズをALDSで撃破したヤンキース。

そのチームを率いるジラルディ監督に能力がないとなぜ結論できるのか、私には全く理解不能なのですが、当然のことながらミスは誰でもあります。しかしそれはジラルディに限ったことでもありません。例えばマドンのミスについてはスルーし、ファインプレーについては絶賛の声を上げる強い傾向が見受けられる一方、ジラルディ監督については批判ばかりでファインプレーについて評価する声は全くと言っていいほど聞かれることはありません。

このアンフェアーぶりはいったい何のか。その正体こそがバイアスというものなのです。

マドンのファインプレーは、マジシャンとも言われるように派手でわかりやすいために素人受けもいいが、ジラルディのファインプレーに派手さはないためにベースボールを観る者のたしかな深い眼が必要となるからでもあると思う。

ジラルディの指揮を見ていると理性が強くかなり頭がいい人ではないかという印象がずっと個人的にはあり、おそらく大学出だろうとは思い、今更ながら調べました。

名門ノースウェスタン大学の生産工学を出ているそうです。

世界大学ランキングTOP100【2018年度】

順位 大学名 国 1 マサチューセッツ工科大学(MIT) USA 2 スタンフォード大学 USA 3 ハーバード大学 USA 4 カリフォルニア工科大学(Caltech) USA 5 ケンブリッジ大学 UK 6 オックスフォード大学 UK 7 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) UK 8 インペリアル・カレッジ・ロンドン UK 9 シカゴ大学 USA 10 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ) スイス 11 南洋理工大学(NTU) シンガポール 12 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) スイス 13 プリンストン大学 USA 14 コーネル大学 USA 15 シンガポール国立大学(NUS) シンガポール 16 イェール大学 USA 17 ジョンズ・ホプキンス大学 USA 18 コロンビア大学 USA 19 ペンシルベニア大学 USA 20 オーストラリア国立大学 オーストラリア 21 デューク大学 USA 21 ミシガン大学 USA 23 キングス・カレッジ・ロンドン(KCL) UK 23 エディンバラ大学 UK 25 清華大学 中国 26 香港大学 香港 27 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) USA 28 東京大学 日本 28 ノースウェスタン大学 USA 30 香港科技大学 香港

東大と同レベル。予想通りであり、その采配ぶりの理知的な部分は理系出身ならではといったところなのかもしれません。感性で野球を捉える武田に理知的なジラルディの良さを理解することはかなり難しいでしょう。

結論

「マドンは名将、ジラルディは能ナシ」というバイアスをまず外すところから始めなければ、ジラルディの能力について適正に評価することなどできるわけがありません。もっとフェアーに評価すべきであり、当ブログが見る限り、最優秀とまではいかないかもしれないが、ジラルディは間違いなく有能な監督の一人である。

でなければワールドシリーズで優勝できるわけがない。

雑感

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヤンキース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!

その前の記事から読んでいましたが、武田解説者を擁護していたり、データを理解していない人たちよりはブログ主さんの方が正しいですね。
データという根拠にするものがある分だけ、感情論や結果論で罵倒している人たちよりは遥かに理解できますし、共感できます。
ジラルディ監督は、(少なくとも今シーズンは)一点差ゲームに弱かったので、尚更批判しやすかったような気がしますが。理屈では正しい采配でも、そういう点差で負けると勝負弱く見られやすいですし。

「下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!」へのコメント

そもそも、キャッシュマンGMが優秀なんじゃないか?
ジラルディが監督として優秀だというデータがあるのかな?

「下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!」へのコメント

うーん、ここ数年のヤンキースの成績はねぇ…どうなんでしょ、ジラルディ優秀って?

この記事はお嫌いなバイアスが強くないすか??大学出されても笑
ちと説得力にかけますねぇ

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!

イチロー・松井と日本人選手がいた時期と被ったことで、感情論で非難されるジラルディw
まぁデータで見る習慣はまだ日本だと浅いですし、少しづつわかる人を増やすしかないですね。

イチローがいた時のチーム状況と今の状況を比べてジラルディの手腕を賞賛できないなら、野球見る目が無さすぎる。

こんな記事も読みたい

ストラスバーグ SDSU魂全開で圧巻!レスターまさかの牽制で窮地凌ぐ!NLDS第5戦へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ【MLB 戦いの原理を求めて】

フランコーナは名監督か?【赤ヘルサウスポーの夢】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:1517
  • 累計のページビュー:3130901

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss