すべてはファジのため

【Challange1達成、次は選手たちの番】ファジアーノ岡山-ザスパクサツ群馬(J2第42節 2016/11/20@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【紙一重でプレーオフ出場権を確保】

プレーオフ出場、そしてChallenge1の達成。さまざまなものを懸けた一戦、J2リーグの最終戦はホームCスタに群馬を迎えました。

スタメンは

GK 中林 DF 澤口・岩政・篠原 MF 加地・関戸・矢島・三村 FW 押谷・赤嶺・伊藤

加地がスタメン復帰、この大事な時期に、落ち着きを与えられるこの選手は大きいところです。一方で片山が若干コンディション面で不安がありベンチスタート。最終ラインに澤口がまわり、左ウイングバックには前節に引き続き三村が入りました。

ゲームの方は、本当にこれがシーズン途中ならばもう言いたいことが山ほどあるような試合、岩政にしても矢島にしても、試合後にはほんとうに不甲斐なかったというコメントを残していましたが、そのとおりだったと思います。

立ち上がりからアグレッシブな姿勢が結果に直結。13分、伊藤の浮き球のパスに反応した赤嶺が見事なボレーでゴールネットを揺らすも、本当にわずかにオフサイド。しかしそのままの勢いで、続く14分には、ハーフウェーライン付近から伊藤の見事なクロスに岩政が魂のヘッド。フォワードのようなダイナミックな動きで相手のディフェンスをはがしての見事なゴールでした。さらに16分には、自陣で良い形でボールを動かすと左へ展開、三村が前線の押谷へピンポイントのロングパスを供給すると、押谷が正確なトラップからシュートしゴール。さらに20分には、岡山のコーナーキックの流れから群馬が自陣でクリアしようとするところに伊藤が詰めると、これが伊藤に当たってうまくゴール前へ。これを押谷が冷静に流し込んで3-0。このままの勢いでプレーオフへという、非常に良い雰囲気になりました。

その後も決して岡山は悪かったわけではなく、落ち着いてボールをまわしながらチャンスをうかがいます。守備では押谷のプレスバックが非常に効果的、群馬もなかなかチャンスが作れない時間が続きます。しかし前半アディショナルタイム、少しバイタルでのプレッシャーが弱くなったところから最後瀬川に抜け出され失点、3-1で折り返します。

後半に関しては、岡山はチャンスを作るも決め切れず。少し足に違和感が出た押谷に代わって入った豊川を中心にチャンスこそ作りますが、得点できず。逆に群馬には、自陣でのパスミスやバイタルでのプレッシャーの弱さを突かれて2失点。79分に同点にされてしまいます。

ラスト10分、町田がリードの情報が入る中で、なんとか勝点1を確実に取りきるために必死のディフェンス。群馬にゴールをおびやかされるシーンもありましたが、なんとか守り切りました。

最終的に勝点65で6位。町田には勝点で並ばれましたが、ぎりぎりプレーオフ出場権を確保しました。

【今シーズンの縮図のようなゲームに】

幸先よく3得点、しかしその後群馬に追い詰められ、最終的にはドロー。一時は自動昇格圏もうかがえる位置にいたところから、ぎりぎりのプレーオフ進出と、まさに今シーズンの縮図のような試合でした。

内容についても、良い時はすべてうまくいく。前線からのプレッシャーは連動し、相手のミスを誘うと、トップに入ったボールに対しても、最終ラインのインターセプトからボランチにつないでシンプルに縦へという形が見えました。前半30分頃までは、これはこのままの勢いでいける、そう思う内容でした。

それで安心や油断があったとは思いません。むしろ、失点してはいけないという気持ちが強い中でのアディショナルタイムの失点。これが選手たちを少し弱気にさせてしまったのかもしれません。後半はチャンスを作るも決め切れない嫌な流れ、逆に自分たちのミスから最終ラインもずるずる下がり、最終的にバイタルでのプレスがかからなかったところが問題です。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
jリーグ
j2
三村真
赤嶺真吾
伊藤大介
竹田忠嗣
澤口雅彦
押谷祐樹
岩政大樹
群馬
ザスパクサツ
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J3大分 1年でJ2復帰の回り道と押し上げたサポータ(その3)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

【2016年J2】 リーグ戦の全試合フルタイム出場選手【せんだいサッカー日和】

名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと【でぷスポ13号館】

2016:J2:41節:A:vs清水エスパルス「ここ最近の不調はPO進出を達成する演出なのかそれともPO進出すら逃す悲劇なのだろうか」【蹴鞠談議2】

2016:A代表:親善試合:H:vsオマーン「監督への不満の多さは逆説的に短い準備期間とデュエルに対する土壌不足の証左」【蹴鞠談議2】

【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)【すべてはファジのため】

2016:J2:40節:H:vs水戸ホーリーホック「戦術矢島対策が進む厳しい現状」【蹴鞠談議2】

【これが我々の限界なのだろうか?】ファジアーノ岡山-水戸ホーリーホック(J2第40節 2016/11/6@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:153
  • 累計のページビュー:580410

(11月19日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss