すべてはファジのため

【矢島不在で貴重な勝ち点3】ファジアーノ岡山-愛媛FC(J2第14節 2016/5/22@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【選手交代からゲームを動かす】

前節3連勝をかけた岐阜戦は内容で支配するも敗れてしまった岡山。今節は2週連続のホームゲーム、愛媛をCスタに迎えました。

スタメンは GK中林 DF篠原・岩政・竹田 MF田中奏一・島田・関戸・片山 FW伊藤・押谷・赤嶺

出場停止の加地に代わり田中奏一がスタメン、また、トゥーロン国際大会にいった矢島の代わりには関戸が入りました。

一方の愛媛は、天候不順で延期となっていたアウェー金沢戦を5月18日のミッドウィークに消化。岡山が1週間のインターバルがあったのに対し、愛媛は中3日と、このあたりも勝負のポイントになるかなと見ていました。

前半は、まずは伊藤ははっきりとシャドーのポジションに入り、島田と関戸のダブルボランチの、3-4-2-1システムで入りますが、まったくペースを握れません。ダブルボランチにボールが入ったところを愛媛に素早く寄せられ、なかなか前向きに展開できない時間帯が続きます。そこで、シャドーの一角の伊藤が普段矢島がやっているアンカーの位置に入り、3ボランチ気味でビルドアップを試みると、ようやくボールがまわりはじめます。

一方愛媛は、金沢戦は幾分ターンオーバーしてきたとはいえ、時間が進むに従いプレーの質や運動量が落ちてきます。おかげで、岡山としても、シュートまではいけないものの、前半30分あたりからはうまくゲームを進められるようになります。

岡山としても、控えに切り札の豊川がいて、しかも相手は体力面で不利があるというところから、「後半勝負」ということが頭にあったと思います。個人的にも、前半は多少内容で支配されても、0-0ならば、この暑い中でのゲームということもあり、OKと思っていました。

ところが、前半終了間際の非常に嫌な時間に、失点してしまいます。3バックの相手に対し、5-3-2のブロックで守ったときにどうしても相手の両ストッパーの攻撃参加をブロックしづらいということは以前に少し触れたことがありましたが、愛媛の林堂がうまく攻撃に絡み、近藤のターンシュートが岩政の足に当たってゴールに入ってしまいました。

0-0で後半勝負、と思った矢先の失点だったので、かなりメンタル的にもダメージが大きかったと思います。ところが、後半の選手交代からペースを握り始めます。後半早々に、島田に代えて藤本を投入、ダブルボランチが伊藤と関戸の3-4-2-1に再び戻してきました。すると、前線に3つのターゲットができたことに加え、藤本が低い位置まで下がってボールをさばくようなプレーもうまくリズムを与え、徐々に岡山が攻勢に出ると、62分に、赤嶺のシュートを愛媛GK児玉がはじいたところを押谷が詰め、うまく折り返して田中奏一が頭で合わせて追いつきました。

その後も岡山が何度か決定機を作る中で、愛媛にもチャンスはありましたが、85分に「またしても」片山のロングスローから赤嶺がダイレクトで合わせて勝ち越し。終盤は愛媛も体力的に厳しく精度を欠いてしまったため、そのままタイムアップとなりました。

矢島が不在となる中で、どんな選手のならびでくるかというところは少し注目していましたが、やはり不在は大きいということと、矢島がいないならいないで、スタンダードな3-4-2-1で良いのではないか、というのが率直な感想です。

このチームの中で、大局観のようなものをもってゲームに臨めているのは、伊藤と矢島かなと思います。ボールキープもうまく、前のフリーマンをしっかり見つけて精度の高いボールを供給できます。今回、その一方の矢島がいなくなったことで、本来であれば伊藤を少し高めにおいて、押谷や赤嶺に決定的なラストパスを出すというタスクを期待したいところだと思いますが、そもそもそこまでボールがいかない。そこで、試合の途中で伊藤をアンカーにしましたが、今度は前線に赤嶺・押谷の2枚しかターゲットが無く、島田・関戸のフォローも遅いため、なかなか攻撃の形にならなかった、というのが前半だったと思います。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
jリーグ
j2
矢島慎也
豊川雄太
関戸健二
片山瑛一
島田譲
伊藤大介
押谷祐樹
藤本佳希
田中奏一
赤嶺真吾
愛媛FC
愛媛
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J2リーグ 第14節 讃岐x札幌(0:1)【J2にしがみつく】

気持ちだけは負けない戦いを… C大阪U-23vs大分【サッカー馬鹿蔵の戯言】

2016J2第14節:熊本vs水戸【FOOTBALLING WEEKENDERS】

狂った歯車を修正できず…  5.15FC岐阜戦レビュー【ファジも鳴かずば撃たれまい】

【釈然としない結果】ファジアーノ岡山-FC岐阜(J2第13節 2016/5/15@Cスタ)【すべてはファジのため】

チームに勢いをもたらす勝利  5.3横浜FC戦レビュー【ファジも鳴かずば撃たれまい】

【洗練されたセットプレー】V・ファーレン長崎-ファジアーノ岡山(J2第12節 2016/5/7@長崎県立)【すべてはファジのため】

【輝いた2つの武器】横浜FC-ファジアーノ岡山(J2第11節 2016/5/3@日産スタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:589211

(12月12日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss