すべてはファジのため

【今年は違う】ザスパクサツ群馬-ファジアーノ岡山(J2第8節 2016/4/16@正田スタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【論理的な形で作られたチャンスと得点】

前節札幌に敗れ今期初の敗戦となった岡山。昨シーズンも札幌に敗れてからチームとしての戦いが崩れてしまった「嫌な感触」があっただけに、それを引きずるのか、立て直せるのか。「今年は昨シーズンまでとは違うんだ」というところをチームとしてしっかり表現できるのか、大事な一戦になりました。

スタメンは GK中林 DF篠原・岩政・竹田 MF加地・伊藤・矢島・島田・片山 FW藤本・赤嶺

伊藤は登録上はフォワードでしたが、この試合では完全に中盤に入り、矢島をアンカーに置く3-5-2の形にしてきました。加地は先発復帰、また、藤本は2試合連続スタメンで、押谷はまたもやメンバー外でした。

序盤は両チームとも落ち着かない感じで、群馬のクリアが味方に当たってこぼれたところを藤本がシュートするも枠外、逆に群馬も、舩津が抜け出して群馬3人に対して竹田1人しかいないという大ピンチもありましたが、竹田の相手のプレーを限定した最善のカバーと、中林の落ち着いたセーブでピンチを切り抜けます。

すると徐々にペースは岡山へ。2トップの赤嶺・藤本の距離感が非常に良く、最終ラインからの裏へのフィードをしっかりとマイボールにしながら、押し込んでボールを保持する時間が長くなります。その中で生まれた先制点は、左サイドにポジションを取った矢島から片山へ縦パスが入り、岡山が常に意識している「サイドトゥサイド」の形で右の大外でフリーになった加地へ片山から絶妙なクロス。クロス気味のシュートが相手に当たり、加地のゴールとなりました。

前半終了間際にはセットプレーのこぼれ球からピンチもありましたが、後半に入っても岡山ペース。藤本がキーパーをかわす浮かせたシュートであわやのシーンを作ったり、矢島のミドルなど、基本的には岡山がゲームを支配。終盤は群馬の左サイド、瀬川・高瀬からの突破を狙った徹底した攻撃に防戦一方となるも、矢島に代えて岡本を入れて3-4-3にシステムチェンジ、さらには伊藤に代えて澤口をボランチに入れるという「絶対に点をやらない」というベンチワークで決定機は与えず、今期初の1-0での勝利となりました。

この試合で非常に印象的であったのは、論理的な形での崩しがしっかりとできていたことです。まず得点シーンに関しては、今シーズン何度も得点に直結しているサイドトゥサイドの形。大外のフリーマンをしっかり見てそこにパスを出そうということは、チーム全体で意識していることだと思いますし、それが得点になったことは素晴らしいと思います。途中、記録がオウンゴールになりましたが、最終的には加地のゴールになったようで、これも良かったと思います。

あわせて、非常に良かったのが、赤嶺と藤本の関係性。ロングボールを裏のスペースに入れたり2トップめがけて入れるシーンが特に前半は多かったですが、しっかりと競って、セカンドボールをもう一枚のフォワードや片山がフォローできていました。片山はフィジカルも強く、攻撃意識も高いですし、このあたりの2トップへの絡み方は、非常に良かったと思います。同時に、システムを3-5-2にしたことで、片山が上がったスペースを島田がしっかりカバーするという関係性が出来ていました。このあたりも、中盤の底に3枚配置していることのメリットを活かせていたと思いますし、うまくいっていたのではないかと思います。

群馬にも決定機が2度ほどありましたが、90分通じてゲームとしては岡山が支配できていたと思います。もちろん、押している時間帯に追加点が取れなかったことは大きな課題ではありますが、まずは負けたあとの試合で、1-0というある意味岡山らしい形での勝利を挙げることができたこと、試合後のインタビューで長澤監督も言っていましたが、岩政・中林を中心とした、最後のボックスの中での強固なディフェンスというものが、感覚的にも戻りつつあること、これは非常に大きいのではないかと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
jリーグ
j2
岡本英也
豊川雄太
竹田忠嗣
澤口雅彦
篠原弘次郎
加地亮
中林洋次
岩政大樹
島田譲
片山瑛一
矢島慎也
伊藤大介
藤本佳希
赤嶺真吾
群馬
ザスパクサツ
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

九州を思う、齋藤学が無双した! 〜1st 7節・磐田戦 総括【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

FC東京 - FC町田ゼルビア(練習試合)【舞浜宣言】

サッカーキングの特別連載と、スポーツナビの対応について【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2016:J2:7節:A:vs北海道コンサドーレ札幌「鬼門突破出来ず」【蹴鞠談議2】

今年も鬼門突破ならず  4.9北海道コンサドーレ札幌戦レビュー【ファジも鳴かずば撃たれまい】

【不完全燃焼】北海道コンサドーレ札幌-ファジアーノ岡山(J2第7節 2016/4/9@札幌ドーム)【すべてはファジのため】

2016:JFL:前期5節:H:vsラインメール青森「挑戦?不本意?」【蹴鞠談議2】

2016:J2:6節:H:vs東京ヴェルディ「3連勝は逃すも20藤本 佳希が堂々のデビュー」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:580258

(11月19日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss