股割り(MATAWARI JAPAN)

「股割り」伝統的、「MATAWARI」メカニカル、伝統的に、そしてメカニカルに・・・スポーツ選手はストレッチ禁止!股割り(股関節運動)と股裂き(ストレッチ矯正)は別物です。ストレッチをして競技に支障をきたさないよう注意してください!

eni4

関連サイト:公式ホームページ

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深 もっと見る
  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:503008
  • (10月23日現在)

最新の記事

日本でメッシが生まれない理由 カギは股関節にあり!? 骨盤おこしで股関節フリー!

日本でメッシが生まれない理由 カギは股関節にあり!? メッシの爆発的なスピードは、どこから生まれるのだろうか? 『DVDでレッスン!骨盤おこしエクササイズ(カンゼン)』『「骨盤おこし」でからだの不調は消える(PHP文庫)』の著書で、えにし治療院院長の中村考宏氏は、その答えは、「骨盤」にあると話す。 記事はこちら→メッシとマラドーナの共通点 超一流アスリートには共通点がある! 身体......続きを読む»

股関節フリーとマウントフジのポーズ/股割り

4月27日は、中島章夫先生の早稲田の講座に参加。 趾(あしゆび)を丁寧に動かし抜き足・差し足の練習をする。泥の中を歩くイメージで抜いて踏んでを繰り返す。丹念に行うとムービングバランスが養われるようだ。合気上げで母趾で加重したときと小趾への加重で加重したとき重心移動の違いを検証する。スタティクバランスでは手押し、力押しになる。とても勉強になった。 夕方は構造動作トレーニング会。 最強のウォー......続きを読む»

日本でメッシが生まれない理由 カギは股関節にあり!?

日本でメッシが生まれない理由 カギは股関節にあり!? メッシの爆発的なスピードは、どこから生まれるのだろうか? 『DVDでレッスン!骨盤おこしエクササイズ(カンゼン)』『「骨盤おこし」でからだの不調は消える(PHP文庫)』の著書で、えにし治療院院長の中村考宏氏は、その答えは、「骨盤」にあると話す。 記事はこちら→メッシとマラドーナの共通点 ...続きを読む»

アスリートの股関節/長母趾屈筋と長趾屈筋

趾という漢字は足偏に止ると書いて「あしゆび」「し」と読む。 解剖学では、手の指は「指」、足の指は「趾」と区別する。 趾でカラダが変わる (日貿出版社)を刊行して、今更ながら趾(あしゆび)の重要性に気づく。 これまでに私自身の趾(あしゆび)もかなり意識してきたが、まだまだ足りない。 趾トレーニングでは、未だに攣る、攣る。 先生でも攣るのですか? と、いわれるが足りてないからトレーニングをし......続きを読む»

股割り関連本/趾でカラダが変わる

3月12日、日貿出版社から「趾(あしゆび)でカラダが変わる」が刊行されました。 股割りで、ついつい疎かになってしまう末端の趾(あしゆび)。 趾(あしゆび)と股関節の関係について整理してみてはいかがでしょうか? ...続きを読む»

股割りの講習会について/名古屋・東京・大阪トレーニング会

股割りは、以下のトレーニング会で行います。 4月21日、名古屋・トレーニング会 4月26日、東京・構造動作・股割り More★チャレンジ 4月27日、東京・構造動作・トレーニング会 5月19日、大阪・トレーニング会 詳細が決まり次第告知いたします 5月26日、東京・構造動作・股割り More★チャレンジ 構造動作トレーニングで行っている「股割り」については、 「骨盤お......続きを読む»

重心移動と股関節運動/モーションキャプチャー装置

構造動作トレーニングは、運動を成立させるために人間の骨格構造に適した姿勢、構えを築いていく。 運動は身体の重心が移動することであり、その重心移動が適切であれば身体は効率よく機能する。 先日、電気通信大学の阪口教授が率いる理系チームのおかげで重心移動の軌跡を見るというまたとないチャンスに恵まれた。 MATAWARI JAPANの若手たちは、貴重な機会を楽しみにしていた。 当然、実験......続きを読む»

股割り、MATAWARI、東京タワー、富士山

昨日は、帝京平成大学で重心移動の測定会があった。 電気通信大学の阪口教授が率いる理系チームのおかげで重心移動の軌跡を見るというまたとないチャンスに恵まれた。 運動ということの理解が深まったのはいうまでもない。 スタッフの皆さまありがとうございました! さて、先日の股割りmoreチャレンジは「moreチャレンジ」にふさわしい内容だったと思う。 クラシックバレエをやられている女性のお尻(股......続きを読む»

四肢は体幹から動くということ/股割り

3月の名古屋・構造動作トレーニングセミナー&トレーニング会。 趾でカラダが変わる が発売になったこともあり、トレーニングブロックを使って趾(あしゆび)を丹念に目覚めさせる。 初参加の方ばかりだったが、夢中になっていつのまにか牧神の蹄を持ち上げることができるようになっていた。その後、フラット接地を確認するとわりと小指の頭が意識できた。 腰痛や脊柱管狭窄症などの腰に問題がある方たちは腰......続きを読む»

構造動作トレーニングとストレッチの違い

田島さんのブログ記事を掲載します。 何が良いのか?日記で書くと宣言していたもの。 構造動作トレーニングとストレッチの違い 最近この違いをはっきりと感じるようになってきた。 先に書いてしまおう。 前者は自力、後者は他力だ。 誤解されたくないので強調しておくが、ストレッチが悪いという話ではない。 ここでも忘れてはいけないのが「何のためか?」という事だ。 ・体が......続きを読む»

筋肉と運動へのアプローチ/ポジション力を備えたやわらかさ

身体がやわらかいことはいいことなのだろうか? クラッシックバレエやフィギュアスケートなど美しさを表現する種目ではやわらかさを求められる。 やわらかさの中でもグニャグニャはダメという指導者がいる。 演者はストレッチングをしてやわらかさを作り、ピラテスをしてかたさをつくる。 ともに筋肉へのアプローチに終始する。 見た目やわらかいので競技レベルによってはOKということになる。 しかし、動きの質......続きを読む»

反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻

拙著「骨盤おこし」シリーズを読まれた方から 「実際に骨盤を立てようとしてみても自分の姿勢がこれであっているのか、間違っているのかわかりません」 という質問。 まず、坐骨結節と股関節(ヒップ・ジョイント)の位置を明確に把握する。 坐骨結節は骨盤位置の骨指標。 股関節(ヒップ・ジョイント)は骨盤を可動させる関節。 上記2点をしっかり確認することが大切。 それから、出っ尻......続きを読む»

股割りの生命線/新刊「趾でカラダが変わる」

3月11日発売予定、新刊の表紙ができあがりました。 タイトルは、‘趾(あしゆび)でカラダが変わる’です。 モデルさんの綺麗な趾がこの新刊に花を添えて下さっているようです。 予想以上の仕上がりに大満足。 当然ながら内容の方は充実しています。 担当編集者さんが、頑張ってくれました。 見本の出来上がりが楽しみです! ...続きを読む»

スポーツと体育/構造動作トレーニング

構造動作トレーニングは「運動」に直結するための訓練をおこなう。 「運動」とは重心が移動すること。 骨は身体を支え、関節は重心を運び、筋肉は骨格ポジションを調節する。 「骨」「関節」「筋肉」などの器官がそれぞれの役割を果たして「運動」が成り立つ。 人間の「運動」は一つの器官で説明できない。 筋肉など一つの器官に偏った考えは身体を混乱に陥れる。 スポーツで優秀な子たちでさえ混乱している。 ......続きを読む»

股関節を学ぶということ/甲野善紀先生の稽古から学ぶ

股関節がどのような仕組みで、どのようにして動くのかということは解剖学や運動学を学んで知っている。 しかし、実際のところはその動きを体現できないでいる。 これは、股関節については学んだことがあるが身についていないということだ。 指導する立場になると自身が身についていることだけでなく、覚えていること知っていることを伝えてしまう。 受取手は、伝言ゲームでもしているかのごとく、身体をよじりながら思考......続きを読む»

似て非なるもの/開脚ストレッチと股割り

構造動作トレーニングでは「運動とは重心の移動」と定義している。 開脚ストレッチと股割りは違う。 最近は、開脚ストレッチから股割りに切り替えたいという希望者が増えた。 開脚は憧れの対象になるようで、とにかく何でもいいから脚を開けさえすればいいという人までいる。 これも意味のある目標だとは思うが、運動という観点からは遠ざかる。 股割りは特別なトレーニングではないのだが、開脚=股割りだと思ってい......続きを読む»

身体がやわらかいということ

私は、やわらかくありません。 私が股割りしているイメージが強いのか、私は身体がやわらかいと思われている。 私の股割りが収録されているDVDや書籍を見てセミナーやレッスンなどを受けられる方たちに、「私は身体が硬い」ということをお話しすると驚かれる。 股関節は以前より可動できるようになったが、「やわらかくなった」という表現とは違う。 おそらく、「やわらかい」という表現になるには、末端を軽く、股関......続きを読む»

骨盤後傾は万病の元

骨盤後傾は、健康面においても運動面においても害を及ぼす恐れがあります。 人は「骨盤」から健康になる (ひざや腰の痛みが消え、O脚、ねこ背、垂れ尻も解消!) が発売になりました。 こちらで紹介しているP.111骨盤後傾と骨盤立位を参考にしてください。 ①直腸の形が変わる→後傾では血管・神経・内臓も下垂し、骨盤が漏斗状になり、負荷が一点(最下点=肛門部)に集中する。 骨盤後傾では、直腸の......続きを読む»

股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り

先日も「股を割りたい」というお問い合わせがあった。 股割りは、ご存知のように裏技はない。 地道に股関節を訓練するよりほかないのだ。 一般の方は、股割りとストレッチングの区別がつかない。 すぐにでも股割りで180度開脚できるようになりたいという。 股割りは股関節を動かして、股関節から開脚するということだ。 しかし、股関節から開脚することと開脚ストレッチングとの区別がつかない。 私の出版物......続きを読む»

足のアーチ構造、ゆっくり走る動作/BORN TO RUN

大阪の皆さま、骨盤おこしセミナー&構造動作トレーニング会にご参加ありがとうございました。 私が話していた本はこれです。 BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族” 人類は走るために生まれた?! すごく読みにくい本で400ページ以上もありますから読み切ったときには達成感がありました。 地名や登場人物がたくさん出てくるのですが、ごちゃごちゃしてい......続きを読む»

ストレッチ有害説

ストレッチングは、1970年ごろから先進国のスポーツ医学者によって徐々に形づくられてきたといわれています。アメリカン・フットボールなどのハードなスポーツが盛んなアメリカでは、ボブ・アンダーソン氏がそれらにフィットした教本『STRETCHING』を1975年に世に出しました。 1980年(昭和55年)、世界アマチュア野球選手権大会が日本で行われました。 この大会で優勝したキューバや、強豪アメリ......続きを読む»

DVD骨盤おこしエクササイズ

先日、株式会社カンゼンからDVD付き書籍「骨盤おこしエクササイズ」を出版させていただきました。 DVDでレッスン!骨盤おこしエクササイズ 股割りは、超実践編で紹介しております。 ...続きを読む»

復活!股割りチャレンジ

股割りmoreチャレンジでは、女性参加者が頑張っている。 通称「おねえさん」と呼んでいる女性は3回目のチャレンジ。 初回はふらふらで大丈夫かな? と、心配したが2回目以降はなじんだ様子。 よかった、よかった。^^ 開脚から重心移動の練習をする。 体幹をキープするのがポイントだ。 体幹が抜けると、腰椎から曲がってしまう。 腰椎の癖を基本ポーズから体幹をまとめるこ......続きを読む»

180度開脚ができても、股関節が使えない、股割りと股裂きは違う!

180度開脚ができても、股関節が回らない。 やわらかくても股関節が回らないと、困っている方が意外と多いのです。 子供のころから何となく180度できて、やわらかいのだけれども何かが違う。 バレエをやられている方や女性に多いのですが、いたくない方向、楽な方向にストレッチをしていった結果、やわらかくはなったけれど股関節が使えない。 逆に痛いのを我慢してジワジワと筋肉を伸ばした結果、股関節が使えない......続きを読む»

股関節が硬いのは筋肉が硬いから?

割りメソッドの実践、トレーニング会を定期的に行っている。 ゆっくり走る動作で骨格ポジションを整え、ハムストリングスに刺激を入れ、股関節を温める。 その後、各割りメソッドメニューをこなしてゆき、締めに股割りを行う。 トレーニングが上手くいけばトレーニング後の足腰は軽い、軽い。 トレーニングが上手くいけば、というのは、 骨格ポジションが適切に整ったか、 関節の運動方向が適切か、 などの......続きを読む»

股割り3年!MATAWARI JAPAN

股割りは、単純な動作だ。 単純な動作が容易にいかない。 180度開脚ストレッチが得意でも、股割りができない。 骨格構造に適した動作の難しさ、基本動作ということなのでしょう。 基本動作はテクニックとは違いますので、ちょっとした裏技で股割りが劇的にできるようになるということも期待できません。 ストレッチ的な開脚を目指すのならいろいろと裏技があるのでしょうが...。 MATAWAR......続きを読む»

ポジション力、姿勢が持つ力(骨格位置・構造動作トレーニング)

構造動作トレーニングは、人間の骨格構造に適した姿勢・構えを築き運動を成立させる。運動とは重心の移動であり、スムーズに重心が移動可能な姿勢・構えを求める。 構造動作トレーニングが求める姿勢・構えというのは人間の骨格構造に適した骨格位置である。 一概に姿勢をよくする、姿勢を正すといっても求める姿勢のレベルは様々であり骨指標を基に骨格位置を目標にしている。 例えば、猫背を治したいという姿勢レベルと美......続きを読む»

180度「開脚前屈」と「開脚倒し」、股関節回転(趾、足、脚、肢)

6月3日名古屋ワークショップレポート1 の続きです。 身体の硬い人の憧れ、180度開脚前屈です! でもよく見ると「開脚前屈」というよりは、「開脚倒し」です。 ワークショップに参加された方は意味がわかりますよね~。 腰が入っていません。 このストレッチで作った柔軟性には問題があります。 本人曰く、 「内転筋に力が入りません。」 重心がスムーズに移動しない......続きを読む»

180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点

180度開脚は憧れだ! やはりニーズがあるのだろう、トレーニング器具も出ている。 検索すると、レッグストレッチャー、股関節柔軟器具股関節パワーアップストレッチャー、ストレッチ器具またさきくんなどの商品名が出てきます。 股裂きくん、って強烈なネーミングですね~。 写真で使っている開脚強制器具は古いタイプの製品です。 ▲180度 ▲200度 開脚角度は40~22......続きを読む»

動作に転換できれば、やわらかさなんて関係ない!股割り

すっかり更新が遅くなってしまった。 4月30日の股割りmoreチャレンジのレポート は書いたが、基礎セミナーと股割りチャレンジのレポートがまだだった。 構造動作・基礎セミナーの名称変更の提案が出ている。 基礎セミナーは構造動作トレーニングを代表するセミナーなのだが、「基礎セミナー」で股割りの基礎を学んでから股割りにチャレンジするというイメージをもたれる方が多い。 これは、以前から中島先生......続きを読む»

1 3 5 6

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss