股割り(MATAWARI JAPAN)

月別アーカイブ :2014年07月

カラダの使い方の中途半端なトレーニング

股関節の使い方をトレーニングする。 多くの選手は使い方をトレーニングすることで股関節を滑らかに回転できると考えている。 これも、股関節の可動が準備万端ならよし。 だが、ほとんどの選手は準備不十分。 まずは、土台を回復せよ。 これは“カラダの使い方をトレーニングする”という場合も同じです。 例えば、踵が浮かないように深くしゃがむことができない選手。 股関節・膝関節・足関節の可動が準備万端といえるで......続きを読む»

異種競技股関節トレーニング交流会/岡山新極真会石原道場

7月20日、岡山。 股関節トレーニング。 会場は新極真会石原道場。 「世界チャンピオンが直接指導」 最高! 道場の師範は石原延さん。 熱血指導はもちろんのこと 股割りにも燃えています。 この日は、異種競技股関節トレーニング交流会。 『テコンドー VS ガールズケイリン』 『新極真 VS MATAWARI』 って…..。 よく意味がわかりませんね。 楽しくトレーニ......続きを読む»

股関節左右重心移動

東京・構造動作と絵ーニングは7年目に突入しました! 夏本番、暑さに負けずがんばっています。 骨盤おこしで身体が目覚める(春秋社)、趾でカラダが変わる(日貿出版社)、“動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)などを読んでセミナーに参加される方が多くいらっしゃいます。 知識は得たものの実際のトレーニングがよくわからない、 という意見多数。 構造動作トレーニングの常連さんたちをみていますと、着実......続きを読む»

リズムと股関節の切り替えし/股割り

股割りに興味を持つ方は、大きな開脚に憧れている一般の方が多い。 スポーツ選手の場合は、股関節の動きをよくするため股割りに興味を持つ。 「形(見た目」)か「動き」か? 「大きな開脚すること」と「股関節の動きをよくすること」、 両者のアプローチは全く異なる。 構造動作トレーニングの股割りは「動き」のために訓練する。 まず、目的を明確にしてください。 さて、股関節を切り返す。 左右の股関節を滑らかに......続きを読む»

股関節は接地から/愛知・股関節トレーニング講習会

本日の愛知・股関節トレーニング講習会は、 ・股関節トレーニングの基本事項 ・ハムストリングスと腸腰筋の機能回復 ・ロウギアランニング ・股割りルーティーン を行った。 股関節トレーニングの基本事項は、 ・接地の考え方 ・足関節背屈と重心移動 ・前脛骨筋の機能回復 ・烏口突起と肩峰 を実習する。 ハムストリングスと腸腰筋の機能回復は、 ・上腕と体幹 ・腹圧 ・股関節とポジション を実習す......続きを読む»

まるごと股関節、腹圧MAX!

股割りmoreチャレンジは、果敢なチャレンジャーが増えた。 股関節の可動域を広げるということは、 筋肉をゆるめることでも、 筋肉をほぐすことでも、 筋肉をリラックスさせることでもない。 股関節の可動域は、 股関節を動かす訓練をしなければ広がらない。 股割りチャレンジャー達の中にもまだまだ、 思い込みを整理できているものは少ない。 ここでは、股関節の立体的可動域を訓練する。 もう、ストレ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:74
  • 累計のページビュー:487570

(02月03日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss