股割り(MATAWARI JAPAN)

月別アーカイブ :2013年07月

開脚ストレッチと股割りの違い/骨格筋の収縮と伸張

7/21大阪・股割りチャレンジセミナー、構造動作トレーニング会。 大阪でははじめての股割りチャレンジセミナーだった。 開脚ストレッチと股割りの違い。 運動の目的について整理。 股割りは股関節外転外旋から屈曲する動作。 股関節のオーソドックスなトレーニングだ。 股関節の外旋は趾(小指と薬指)から下腿、大腿を外回旋する。 股関節をフリーにするため......続きを読む»

筋肉を適切に収縮させれば身体はやわらかくなる

トレーニング・リハビリでもっとも重要なのが目的です。 何のためにトレーニング・リハビリをするのか? 入念なカウンセリングと考え方の整理が必要でしょう。 身体の各器官の働きは、 骨は身体を支える 関節は重心を運ぶ 筋肉は骨格ポジションを調節する。 トレーニング・リハビリでは、 1.骨格ポジション 2.運動方向(関節) 3.筋肉の収縮 を踏まえ動きを鍛えてゆきます。 ......続きを読む»

開脚/180度開脚のやり方

180度開脚ができるようになりたいとの声を多く聞く。 開脚とは、脚を開くこと。 左右開脚や前後開脚という。 左右開脚は、両脚が外転外旋。 前後開脚は、前足が屈曲外旋、後足が伸展内旋。 開脚は、股関節から脚を外転外旋する。 股関節は脚を動かす関節だ。 股関節の動きで見ると左右開脚から左右の重心移動をすると前後開脚になる。 クラシックバレエでは前後開脚のことをスプリット、スプリッツという......続きを読む»

7/21大阪・股割りチャレンジセミナー&構造動作トレーニング会

大阪・股割りチャレンジセミナー&構造動作トレーニング会を開催いたします。 今回は股割りチャレンジセミナーです。 股割りの目的、やり方など講義と実技を交えトレーニングに必要な身体の考え方を学びます。 身体が硬い方orやわらかい方、身体の各部が痛い方、身体のメカニズムに興味がある方など、どなたでもご参加いただけます。 講義内容は「股割りの目的とやり方」。 実技は股割りのルーティーン(第1目......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:488432

(02月14日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss