股割り(MATAWARI JAPAN)

月別アーカイブ :2010年05月

ボクシングも股割り

股割りの写真を整理と、、、でましたぁ~~。 ○○ちょこ!!!! ○○は、ひ・み・つ・・・。 プロボクサーの木村悠選手です。^^ 先日の再起戦に勝利し、ボクシング伝道師として活躍されています。 手のポイントを確認。 さぁ、しっかり前を向いていきましょか! いけぇ! いくんだぁ~~!! ......続きを読む»

NEW股割りTシャツ

今回は紺色のMATAWARI JAPAN Tシャツ。 ん~~。 色がよくわからない。^^;;; NEW「縁」Tシャツは??? ん~~。 マークがわかりずらい・・・。 岩田さぁ~ん! NEW Tシャツの感想は? おぉ~~。 ずいぶん、上達しましたね。^^ ...続きを読む»

6/26「股割りチャレンジ」セミナー

◎第1回「構造動作(アナトミカル・アクティビティ)トレーニング東京セミナー」 〈講師からひとこと〉
 動作とは「身体」の「動き」ということです。 時代と共に「何か」が変化し、体幹を置き去りにした手足はもはや「四肢」とも言えず、「てさき、うでさき」の動きになっています。 そして、私たちは「身体」ではなく「小手先」で動くことにより「人体構造」上の多くの問題をつくり出しています。 答えは......続きを読む»

準3級?!@第22回骨盤おこしセミナー

今回前置きがちょっと長くて本文はもっと長いです。 ■前置き えにしさんの言う、股関節主導(非ストレッチ)動作で行う『股割り』は奥が深い。 毎日風呂上がりにちょっとずつやっていればいつか出来るというものではない。 むしろストレッチ動作が習慣化されると出来なくなってしまう動作である。 しかも骨盤おこしは『股割り』が出来ておしまいというわけではないのだ。 1年ほど前だっただろう......続きを読む»

サッカーも股割り

股割りの写真を整理しているとなつかしいショットが・・。 村松さんだぁ~。 このころは、まだスペインだったかなぁ。 今は福岡でサッカーを指導してみえます。 村松さんの影響で股割りに取り組むサッカー選手も増えてきました。 日本を変えてくださいね! 腰入れて! がんばれぇ~~~~!!! ...続きを読む»

股割りの骨盤

股割りのスタートポジションは骨盤立位です。 んっ・・。 よくわからないっ? ちょっと、アップ。 こんな感じです。^^ 骨盤立位は坐骨結節が後ろを向きます。 骨盤立位からスタートです! ...続きを読む»

クラッシクバレエも股割り

最近は大人からクラッシクバレエをはじめる方が多いようです。 私のバレエのイメージはお嬢様の習い事・・。 古いかなぁ。^^;;; バレエを習っている娘さんの身体の固さが心配で、親子でえにし治療院に来院されたり、セミナーに参加されたりというケースが増えてきました。 見ていると、動きどころが悪い! ヒップジョイント(股関節)を覚えて。 股割りに挑......続きを読む»

競技ダンスも股割り

プロダンスカップルの股割り。 んっ・・。 チャーミングで厳しい師匠の視線が・・。 おっと、集中、集中。。。 押せぇ~~~。 押せぇ~~~。 同級生! 同級生の意味はひ・み・つ・・・。  ...続きを読む»

股割りはイスを押す

MATAWARI JAPANでは股割りの際におでこや胸を床につけようと伏せたりはしません。 腹をつける! で、イスを押し続けています。 丸イスでもOK! パイプイスでもOK! って、何か違いがあるのぉ? ...続きを読む»

股割りアイドル

ピンクのMATAWARI JAPANが、かわいらしぃ。^^ ...続きを読む»

股割り(画像コマ送り)

たいさんにユーチューブ動画を撮影してもらっている。それを方条君が撮影してくれた画像。 ---スタート--- ---カット--- ...続きを読む»

股割りトレーニングのポイント

股割り(matawari)のポイントについて 股割りはストレッチングと異なり、筋肉を伸ばしてはいけません。 筋肉のテンションをキープしたまま股関節運動を行うのが股割り(matawari)です。 指導:中村考宏 モデル:suzuki君 つま先を立てて踵でしっかり、床を押さえましょう! 外反、内反しないように足関節の背屈に注意! ......続きを読む»

ハイジの股割り

今日はのうららさんと二人で津島に 治療院をスルー~。隣のコンビニでを買って 駐車場でムシャムシャ。お茶をゴクゴク。 お腹が空いてると腹圧がかけれない?下腹がつかない? 前回の反省??です。 直ぐに「股割りやってみて」と ううっ、準備がまだ・・・。ちょっと走って来たい・・。 あちこち緩めてゆっくりスタートのポジションにもっていきます。 お腹を床に付けに~......続きを読む»

股割り!@第19回骨盤おこしセミナー

2010年3月 4日 (木) 股割り!@第19回骨盤おこしセミナー 田島さんのレポートです。 何度も通っていると聞く話は同じ内容がほとんどだったりするのだけれど、 理解度が進んだ分、今の自分に必要な課題や新しいテーマが見えてくる。 そうでなくても参加された方が抱えている悩みや課題によっても、説明の角度が変わって新たな展開を見せたりするのでなかなか見逃せない骨盤おこしセミナーの話。 ......続きを読む»

股割りの変化報告

2010年2月26日 (金) 股割りの変化報告@骨盤おこし 田嶋さんのレポート。 方条さんに聞いた、気づきの話が大きく作用してきている。 えにしさんの説明を身体が理解してきたように感じるのです。 ぐぐっと前に進んだ股割りの気づき2+1。 ■メリハリ 以前方条さんから聞いた、「痛いところを伸ばすのではなく、必要な緊張以外はリラックスさせる。」という気づき。 これを聞い......続きを読む»

MATAWARI JAPAN Tシャツ

「MATAWARI JAPAN」T-シャツ 「MATAWARI JAPAN」T-シャツです。 ...続きを読む»

股割りチャレンジ教室

2009年3月31日 (火) 第一回「MATAWARI JAPAN」股割りチャレンジ教室@レポート 半身動作研究会中島章夫先生のレポートです。 3月29日の「股割りチャレンジ!教室」が無事終了した。 今回はいつもの「骨盤おこしセミナー」の外の特別セミナーだったので、どのくらい参加してくれるのかが心配だったが、30名を超える参加者だった。 はじめる前は「股割り」だけで二時間以上持......続きを読む»

対話する股割り

私の股割りは外観の大きな変化もなく内観の対話が続いている。 股割りに挑戦し始めた頃は一気に床に腹をつけ関節や筋肉の節々が痛く辛かった。 現在もある一線を越えようとするときは肉体的な苦痛をともなう。 しかし、以前と比べれば私の身体は賢くなっているので対話を楽しめるようになった。 私の骨盤内、股関節は未開通の部分が多い。 見栄を張って開脚幅を増そうとする欲が開通を妨げている。 もう一度、......続きを読む»

MATAWARI JAPAN

MATAWARI JAPAN Hello, my name is Takahiro Nakamura. I'm a physical trainer and therapist in Japan. Have you ever heard of "matawari"? It is a traditional Japanese training exercise. ......続きを読む»

構造動作「Anatomical Activity」理論

≪構造動作「Anatomical Activity」理論≫ AA「人体構造に即した自然で躍動的な動作」 『Anatomical』解剖の、解剖学上の、構造(形態)上の 『Activity(アクティビティ)』活動的、活発 人間の解剖学的「身体構造」から見た「必然」とは何か? 必然的姿勢・動作を体現するトレーニングとは何か? それらを追求した、実践的総合理論。 明快・無限の世界へ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:113
  • 累計のページビュー:487418

(02月01日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss