股割り(MATAWARI JAPAN)

股割りレポート

股割り英会話レッスン

7/15東京・股割りmoreチャレンジ 7/24のTakahiroラボからはじまり、7/25はNHK青山教室、技アリ企画「構造動作トレーニング」で夜まで通しトレーニング。夏の暑さに負けずがんばってます! 腰割りで股関節を屈曲する 超難易度の高い股関節の屈曲ワークからスタート。構造動作トレーニングの骨格ポジショニング、趾Level Upでカラダに蓄積したノウハウを実践で動きを実現させるトレーニン......続きを読む»

股関節ポジショニングから股割りトレーニング

7・19 愛知「股関節ポジショニング」トレーニングレポート 「鍛える」から「目覚めさせる」へ―― 日常の動作や競技でのパフォーマンスを高めるには、ふだん使われていない骨格筋や身体の深部感覚を目覚めさせることが重要です。今回は身体の動きの要となる股関節に焦点を当て、股関節を自在に動かすための感覚・筋肉に刺激を与え覚醒させてゆくトレーニングを実践します。股関節は他の関節と違い、単なる曲げ伸ばしだけ......続きを読む»

名古屋・深部感覚股割り

2/8 名古屋セミナー午後は、股割り入門。 先の深部感覚よりは運動経験が際立つ訓練だ。 股関節をやわらかくしたいという参加者がほとんどなので、股割りの目的について前置きが必要になる。 結局、自分は硬いと思っているが、その理由を感じ取ることができないでいる。 股関節の存在すら危うく消えかけているといった感じだろうか。 構造上は誰でも開脚前屈が出来る仕組みになっている。 それが出来ないのなら理由が......続きを読む»

メ~テレ取材以来ひさしぶり!名古屋・股割り

1/18名古屋・股割り入門classを開催した。 実は、名古屋で股割りのみの講習会はかなり久しぶり。 2010年、メ~テレさんの取材直後は集中して股割りをやりましたが、 本の出版にともないここのところ新しいテーマつづきだったのだ。 本日は、初心に戻る! まず、股割り入門ということでルールの説明。 股裂き(開脚ストレッチ)と股割りの違い。 股関節と骨盤の関係。 重心のニュートラル。 ルーティンe......続きを読む»

第2回異種競技股関節トレーニング交流会/岡山新極真会石原道場

11/30 第2回、岡山・股関節トレーニング。 7/20 異種競技股関節トレーニング交流会/岡山新極真会石原道場 前回のレポートを見た、クラシックバレエの女性がかなり勇気を振り絞って参加されたそうです。この石原道場で行う股関節トレーニングがかなりマニアックに映るそうです。 しかし、心配無用! トレーニングがはじまれば、和気あいあい(笑 トレーニング開始前というのに石原延師範、気合入れまくり(~_......続きを読む»

楽苦しい(たのくるしい)/股割り入門⇒股割りmoreチャレンジ

10/25 股割り三昧。 午前中は、NHK青山教室『動きのフィジカルトレーニング』。 骨格筋のルーティーンをまず何も考えずにやってみる。 つぎに注意点を踏まえ、何をするのか説明を聞きながらやってみる。 感想は、思うように収縮させることができない筋肉の多いことに気づく。 骨格筋の回復が必要というのはこういう意味なのだ。 筋肉に頼らない、筋肉を鍛える、それ以前に問題がある。 午後は、股割り入門⇒ 夜は......続きを読む»

気力のやり取りポテンシャルMAX/股割りmoreチャレンジ

9月24日、中央区新川にて趾・股関節トレーニングと股割りmoreチャレンジ。 この日は、久々、社交ダンスの葛岡エミさん。 『骨盤をおこす感じがわかってきて、再現性は少ないもののスムーズに踊れると。 ここまでに3年かかりましたとのこと。』 それを聞いていた初参加の男性が、 『道は長いですね….。』 と。 3年が長いか短いか? すぐに結果を出すためのメソッドを転々としているアスリートは多い。 結局、結......続きを読む»

股関節は接地から/愛知・股関節トレーニング講習会

本日の愛知・股関節トレーニング講習会は、 ・股関節トレーニングの基本事項 ・ハムストリングスと腸腰筋の機能回復 ・ロウギアランニング ・股割りルーティーン を行った。 股関節トレーニングの基本事項は、 ・接地の考え方 ・足関節背屈と重心移動 ・前脛骨筋の機能回復 ・烏口突起と肩峰 を実習する。 ハムストリングスと腸腰筋の機能回復は、 ・上腕と体幹 ・腹圧 ・股関節とポジション を実習す......続きを読む»

股関節の立体的可動域への挑戦/横浜・股関節トレーニング

6/15 MATAWARI JAPAN 横浜・股関節トレーニング講習会。 MATAWARI JAPANでおこなうフィジカルトレーニングは、すぐに効果を出すためのトレーンングというよりは、ポテンシャルを引き上げるためのトレーニングだといえる。 若いプロスポーツ選手などは、速効性のあるトレーニングを求める傾向にあるがポテンシャルのレベルが満たなければ思うような効果を得ることは叶わない。 MATAWAR......続きを読む»

肩甲骨の意識は、動きの妨げになる/大阪・フィジカルトレーニング

構造動作トレーニングの前提、ヒトの重心はヒトが生きている限り動き続ける。 重心そのものの動きは、物体が「外から受け取る力」だけによって決まります。 空中を浮いているあいだは、ヒトが筋力を使って何をしようと重心の動きは重力だけで決まり、結果的に自由落下になります。 同様にヒトが大地に立って動くとき、重心の動きに影響を与えるのは「足裏から受ける力と重力」だけです。 さて、大阪集中講座! 常......続きを読む»

180度開脚ストレッチをするのか?股割りをするのか?

先日の「股割り入門」と「股割りmoreチャレンジ」のこと。 私はやわらかい人もかたい人もたくさんみてきた。 180度開脚に憧れる人はとても多い。 食べたことがないものの味は想像。 180度開脚ができるようになればパフォーマンスにも健康にもどんなにかいいだろう。 と想像が膨らんでいる人たちが多い。 しかし、180度開脚を達成しても想像は満たされない。 それは、せっかく苦労して食べたも......続きを読む»

股割りmoreチャレンジ/開脚、開脚前屈、開脚180度

2/23の股割りmoreチャレンジは、大勢のチャレンジャーが集結した。 おそらく、過去最高を記録したのではないだろうか。 股割り特訓に誰が集まるのだ? Who? 誰って、チャレンジャーに決まってるだろ。 Why? 割りたいからさ。 前コマ「構造動作トレーニングセミナー」から引き続き参......続きを読む»

開脚ストレッチと股割りの違い/骨格筋の収縮と伸張

7/21大阪・股割りチャレンジセミナー、構造動作トレーニング会。 大阪でははじめての股割りチャレンジセミナーだった。 開脚ストレッチと股割りの違い。 運動の目的について整理。 股割りは股関節外転外旋から屈曲する動作。 股関節のオーソドックスなトレーニングだ。 股関節の外旋は趾(小指と薬指)から下腿、大腿を外回旋する。 股関節をフリーにするため......続きを読む»

股関節フリーとマウントフジのポーズ/股割り

4月27日は、中島章夫先生の早稲田の講座に参加。 趾(あしゆび)を丁寧に動かし抜き足・差し足の練習をする。泥の中を歩くイメージで抜いて踏んでを繰り返す。丹念に行うとムービングバランスが養われるようだ。合気上げで母趾で加重したときと小趾への加重で加重したとき重心移動の違いを検証する。スタティクバランスでは手押し、力押しになる。とても勉強になった。 夕方は構造動作トレーニング会。 最強のウォー......続きを読む»

四肢は体幹から動くということ/股割り

3月の名古屋・構造動作トレーニングセミナー&トレーニング会。 趾でカラダが変わる が発売になったこともあり、トレーニングブロックを使って趾(あしゆび)を丹念に目覚めさせる。 初参加の方ばかりだったが、夢中になっていつのまにか牧神の蹄を持ち上げることができるようになっていた。その後、フラット接地を確認するとわりと小指の頭が意識できた。 腰痛や脊柱管狭窄症などの腰に問題がある方たちは腰......続きを読む»

スポーツと体育/構造動作トレーニング

構造動作トレーニングは「運動」に直結するための訓練をおこなう。 「運動」とは重心が移動すること。 骨は身体を支え、関節は重心を運び、筋肉は骨格ポジションを調節する。 「骨」「関節」「筋肉」などの器官がそれぞれの役割を果たして「運動」が成り立つ。 人間の「運動」は一つの器官で説明できない。 筋肉など一つの器官に偏った考えは身体を混乱に陥れる。 スポーツで優秀な子たちでさえ混乱している。 ......続きを読む»

ポジション力、姿勢が持つ力(骨格位置・構造動作トレーニング)

構造動作トレーニングは、人間の骨格構造に適した姿勢・構えを築き運動を成立させる。運動とは重心の移動であり、スムーズに重心が移動可能な姿勢・構えを求める。 構造動作トレーニングが求める姿勢・構えというのは人間の骨格構造に適した骨格位置である。 一概に姿勢をよくする、姿勢を正すといっても求める姿勢のレベルは様々であり骨指標を基に骨格位置を目標にしている。 例えば、猫背を治したいという姿勢レベルと美......続きを読む»

動作に転換できれば、やわらかさなんて関係ない!股割り

すっかり更新が遅くなってしまった。 4月30日の股割りmoreチャレンジのレポート は書いたが、基礎セミナーと股割りチャレンジのレポートがまだだった。 構造動作・基礎セミナーの名称変更の提案が出ている。 基礎セミナーは構造動作トレーニングを代表するセミナーなのだが、「基礎セミナー」で股割りの基礎を学んでから股割りにチャレンジするというイメージをもたれる方が多い。 これは、以前から中島先生......続きを読む»

身体をやわらかくしない、股割りmoreチャレンジ

4月30日、股割りmoreチャレンジ。 冷や冷やして望んだ、今回のチャレンジは無事終了! ふぅ~~。 前回 は、いきなり股割りから始めた。 やはり、いいトレーニングができるように探り探りだ。 股関節を温め、身体をゆるめてからはじめる。 「ゆっくり走り」。 「割る」。 「壁のぼり」からの「伸脚」。 結構、「伸脚」がキツイ...。 汗が噴き出す ......続きを読む»

股割りmoreチャレンジ、股割り特訓!

最近、よく聞かれることがある。 「先生は、何を目指してみえるのですか?」 縁あって私の取り組みに皆さんが参加される。 やわらかくなりたい、もっと楽に動けるようになりたい、腰痛を治したい、など目的が様々だ。 私自身そのどれでもが目標であり、またそれらを実感して”師”から”士”になりたい。 誰かに聞かれると 「ハリウッドスターからご指名の電話がかかってくるといいね。」 とか、 「......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:504955

(12月18日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss