燃えろDragons

中日、谷繁元信は42歳になりました 2000本安打と1000打点達成そして優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

 '21日は谷繁元信選手の誕生日で42歳になりました。経験者はわかるとおもいますが、40歳すぎてからの誕生日はさほどうれしくない。
むしろ僕の場合はあと残りの人生何年?これまで何をしてきたのだろうと考え込んでしまった年でした。
 しかし谷繁選手は違います。大きな目標に向かってまだまだ進化しようとしています。'

 この日谷繁選手はドラゴンズの一億超え選手の最後を飾り1000万円アップの1億9000万円で契約更改しました。また年俸の話をするとコメントでお叱りを受けるかもしれませんが、これもファンとしてはどうしても注目してしまうニュースなのです。今季は打率・228と昨年よりかなり落としてしまいました。しかし、出場試合は134試合、守備の要としてセンターラインを守り切りました。ゴールデングラブ賞も獲得して来季の目標も自らの2000本安打とかではなく、ドラゴンズの優勝です。球団も色をつけて2億円にしてもよかったのではとおもいます。

 ところで、来季はあと31本となった2000本安打がいつ達成されるのでしょうか?

 単純に毎試合1本平均だとして考えると、開幕から31試合目はナゴヤドームのDeNA戦です。しかし、打順がだぶん8番なので、打席数の計算からいうとそこで到達するには、打率・300をキープしなくてはなりません。さすがにそこでは難しいでしょう。
 できれば本拠地ナゴヤドームで達成してほしいのですが、現実的に考えると、打率・250をキープしてくれると仮定して、41試合目から42試合目のナゴヤドームのセ・パ交流戦、対日本ハム2連戦あたりがXデーになるのではないでしょうか。打数も120ぐらいになり、120打数31安打で打率・258、これなら十分可能性があるとおもいます。

 5月14日の日ハム戦が40試合目、15日が同じく日ハム戦で、17,18日はナゴヤドームの楽天戦です。そのあとは福岡ヤフードーム遠征になってしまうので、できれば5月18日までにホーム球場で達成してほしいとおもいます。本人は21日のコメントでも「そのうち達成できるでしょう。」といっていますが、交流戦の前半ですんなりこの大記録を達成してもらって、優勝に向けてチームを引っ張って行ってもらえればとおもいます。

 そして、通算1000打点も現在971打点で残り21です。コンスタントに30打点以上記録している谷繁選手なので、来季の到達は間違いないでしょう。年間で50打点オーバーの活躍をしてくれると、谷繁選手の常に口に出している目標の優勝が現実のものとなるでしょうね。

 選手としての目標は通算試合出場の王貞治(元巨人)超えや、通算四球の立浪和義(元中日)超え(金本知憲選手引退で現役トップ)があります。「無事これ名馬なり」という言葉がありますが、谷繁元信選手がつくった過酷な勝負の連続のなかでのこれらの記録は、そんな言葉をはるかに超越したものだとおもいます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
記録への挑戦
タグ:
2000本安打
契約更改
谷繁元信

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

落合博満から学ぶリーダーの資質【外角低めをライト前に】

ジャイアンツ日報【12月21日・台湾情報、プエルトリコ情報あり】【Lock-on Giants】

カープ○○○○破天荒トレードはありうるのか?【3番ライト・ライトル】

育成が上手い球団なんてない?【徒然日記】

福留兄さん流石です【野球は9回3アウトから】

福留、それは違うと思う。【プロ野球をポジティブに見るブログ】

流石メジャー帰りは違うね。福留にみたメジャーの交渉術【ドラゴンベースボール】

大化けするか、大ボケするか、中日ビクトル・ディアスの2013年は?【燃えろDragons】

ブロガープロフィール

profile-icondoraryu

スポーツ観戦がすきです。そのなかでも中日ドラゴンズの試合は極力見ます。ドラゴンズファンの方はよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:1889035

(11月14日現在)

関連サイト:燃えろドラゴンズ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 井端ショックで藤井淳志も借りてきた猫になる
  2. 守護神岩瀬仁紀、浅尾拓也の大幅減俸の裏
  3. 谷繁元信監督構想ショートは自前?西武片岡治大は?クラークは?
  4. 落合GM構想に中田賢一はないのだろうか
  5. 中日新大砲はブラッド・スナイダーか
  6. 落合GM戦略か?井端弘和の大減俸報道
  7. 落合GMは小笠原道大獲得に動くのか
  8. 大化けするか、大ボケするか、中日ビクトル・ディアスの2013年は?
  9. 井端弘和はドラゴンズを裏切ったのか?
  10. ドラゴンズベテラン野手5人衆の来季は

月別アーカイブ

2015
07
2014
10
09
08
07
06
05
04
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss