砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

船橋 クイーン賞の予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

【船橋11Rクイーン賞】

まずは明暗別れたJBCレディースクラシックをどう見るか? あのレースはプリンシアコメータ、というより武豊騎手の絶妙の逃げが他馬を戸惑わせたレースと言って良い。 東京2100Mが得意なようにスタミナに長けた牝馬。 少々厳しい流れを作っても粘り切れるとの算段があったのだろう。 事実、プリンシアコメータは不利があった中で2着に粘り込み、スタミナに不安あったアンジュデジールやホワイトフーガには流れが合わなかった。 ホワイトフーガは結果的に引退レース。 アンジュデジールも結局は女王になれるほどの底力がまだ携わっていなかったということ。

今回も鍵を握るプリンシアコメータには鞍上・岩田騎手。 このコンビで中京の1000万戦を勝っているが、インに張って直線抜け出してきた当時のイメージのまま岩田騎手が乗ると、大井とはまた違った展開となりそう。

更にこのレースを難しくさせているのが鞍上配置。 アンデスクイーン×吉田隼人騎手 タガノヴェローナ×松若騎手 同期アンジュデジールより3キロも貰えば面白い存在は確かでも、もっと他に選択もあっただろうに。 特に松若騎手は南関初騎乗。 これはなかなか信頼しづらい。

プリンシアコメータがスローに落とせば1800Mでも何とかなるアンジュデジール。 ただ、ベストディスタンスでないし、同期2頭と斤量3キロ差というのは何とも。

そもそもプリンシアコメータはほぼ左回りだけを走ってきた馬。 そういう意味でも大井は半信半疑だった訳で。 左回りに戻れば、多少のペースの早遅あっても結果を残すのかなと。

印は敢えてアンジュデジールを切ってアンデスクイーンとタガノヴェローナ。 やっぱり51キロというのは有利。 アンデスクイーンは仕掛け処、タガノヴェローナはスタートで前に行けるか。 という鞍上に託されるものが勝負を分けそう。

◎プリンシアコメータ ○アンデスクイーン ▲タガノヴェローナ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
交流
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 クイーン賞【ホースレース・ロマネスク】

2017 葉牡丹賞・シクラメン賞・冬椿賞・万両賞 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

メインレース限定勝負! 12月の【ペケマル】編集部に光は差すのか!?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-icondirttime

  • 昨日のページビュー:2984
  • 累計のページビュー:3254063

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  2. 2016チャンピオンズCを枠順発表前に展望してみる
  3. 2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる
  4. 2016大井 東京大賞典の予想
  5. 2017大井 帝王賞の予想
  6. 2017ジャパンダートダービーの予想
  7. 2016JBCデーの予想
  8. 2015大井 東京大賞典の予想
  9. 6/24・25日のレース予想
  10. 2016大井 帝王賞の予想

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss