きたへふ おおの かわくち つた゛

札幌在住広島ファンのブログです。

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。 なんだろう。すごいインパクトでした。 それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:5572
  • 累計のページビュー:30225368
  • (04月27日現在)

最新の記事

昨日のヒーロー福井優也の抹消

昨日は醍醐味のある試合だったようですね。  広 7-6 巨 何だか物凄く面白い試合だったみたいですが、あんまり動きのなかった5回らへんしか分からなかったので、何というか“損をした”という思いで一杯ですよ。(苦笑) 今季の今のところの「ベスト1」感が漂っていて、本当に悔やまれるわけです。 もったいない・・・。(泣) 一応感想を書いておくと、投げる方では福井がQSという数字の割にはイ......続きを読む»

これぞエース対決

久々の連勝を期待したんですがねえ・・・。(汗)  広 0-1 巨 これぞセのエースというピッチングを菅野にされてしまいました。 チャンスがないわけでなかったんですが、2回の龍馬のあたりはセカンドフライに、4回の安部のあたりはライトフライに、8回は菊池がサードライナーにと倒れてしまい無得点(3回も野村が華麗に送りバントを決めたんですがねえ・・・)。何かが後少しだけズレれば勝敗も変わったか......続きを読む»

「4番・エルドレッド」は今必要な一手なのか

カープがこれまで「優勝」した年には5連敗以上を喫したことがないというデータがあるという――。  ヤ 4-7 広 ゲンを担ぐのであれば、どうにか崖っぷちで踏み止まったというところでしょうか。(苦笑) 何はともあれ、連敗脱出です。 昨日の試合では九里の気迫に驚かされましたね。 思わぬ「日曜ナイター」だったこともあって細かい部分は分からないんですが(苦笑)、九里の「9番目の打者」感に好......続きを読む»

悪い空気は雨に流してもらいましょう!

バレンティンのあたりがファールだったら良かったんですがねえ・・・。(汗)  ヤ 1-0 広 いやはや何とも、不完全燃焼で4連敗となってしまいましたね。 まあ、雨なので仕方ありませんが、岡田が力投を見せてくれていただけに、打線の方の援護らしい援護がなかったのが悔やまれます。(汗) とにかく繋がらない。 打てない。 要所での一本が出ない――。 7回2安打じゃあ、勝てという方が難......続きを読む»

昨年は8/5 今年は4/21

最後誠也に回って良かったですよね。(笑)  ヤ 3-1 広 今季初の3連敗です。(汗) 昨年は8月5日の巨人戦での敗戦がシーズン初の3連敗となったんですが、今年はそれよりも3ヶ月以上も早く達成。 と言ってもまあ、普通は3連敗なんて結構ザラですからね。去年が異常だったに過ぎないわけですが。(苦笑) ということで、3連敗程度は引きずらず、むしろとっとと負けて変なプレッシャーに縛られずに済......続きを読む»

スッキリしないカード負け越し

連勝が止まって以降、連続でカード負け越しとなってしまいました。(汗)  広 3-5 De しかも今季初の連敗ですね・・・。 3連敗だけはしないよう、明日のゲームはしっかり勝ちを目指しましょう。 それにしても今日の試合は球審に「山路」とのことで、微妙に昨日のモヤモヤっとしたものを引きずっているかのようなムードが漂っていました。 試合開始前の監督と球審との握手に始まり、果たして「山路......続きを読む»

山路塁審、アンタが退場しろよ!!

昨日の劇的勝利から一転、今季初の完封負けを喫してしまいました。(汗)  広 0-4 De 今日はヒット一本と完全に今永に抑え込まれたわけですが、風に阻まれた菊池とブラッドのホームラン、そして山路塁審様がアウトと“のたまいた”内野安打を二本損していますからね。(苦笑) 何となく「負けた感」がないのが悔しいところです。 まあ、風に関してはアッチさんも一、二本似たようなのがあったはずなので気......続きを読む»

冷え冷え×サヨナラ

今季ここまで対戦のなかったDeNAとの最初の試合。何とか逆転サヨナラ勝ちで良いスタートを切ることができました。  広 4-3 De 勝ったからいいようなものの、今日の試合は本当にフラストレーションの溜まる酷いものでしたね。(汗) 初回から一死満塁と攻め立てるも無得点・・・。 そして3回は一死三塁、5回は再び一死満塁と得点機を作り出すも、何と! その悉くで我らが鈴木誠也が凡退という結果に......続きを読む»

完投タフネス

今シーズン5カード目にして、初の負け越しとなってしまいました。トホホ・・・(泣)  神 2-1 広 これまでは引き分けとメッセを挟んで全勝のカープだったんですがねえ・・・。(笑) 引き分けも八木の登板日でしたし、基本的に「天敵」気味のピッチャー以外は撃破して来たわけですよ。 メッセ○○○△(八木)○○○○○○○メッセ○。 ということで本来は「天敵」寄りのはずの能見も苦にせずここまで来......続きを読む»

岡田明丈プロ初完投勝利!

連勝が止まった後の試合を見事勝ち切りました!  神 1-7 広 今日は初回の攻防で明暗が分かれましたね。 まずはカープ。 広輔がいきなりセンター前を放ち青柳の出鼻をくじくと、菊池の送りバントで梅野がセカンドに投げてオールセーフ。これは儲けましたよ。 青柳も試合に入り込む間もなくピンチとなって動揺したことでしょう。 丸が四球で無死満塁を生み出すと、続く「4番」は今季二度目となる新井......続きを読む»

今季二つ目の黒星は、またしてもメッセ。

連勝は10でストップ。(泣)  神 4-2 広 “一応”と銘打たせていただきますが、今日は勝てる試合ではありましたね。 守りで言うなら、先制された3回は不運なショートゴロに無駄な四球が。 そして特に悔やまれるのが8回で、シーズン二度目の登板で名誉挽回を目指すヘーゲンズの送球ミス・・・。(汗) まあ、四球の方はカトタクの代名詞でもあるので仕方ない部分もありますが、少なくとも彼の場合は「......続きを読む»

ジョンソンをどこに入れればよいのか

12球団最速で10勝に到達し、しかも引き分けを挟んで10連勝中のカープ。この勢いは本物でしょう。  巨 5-11 広 昨日は4-4のあたりと最後の方しか分からないんですが、いつの間にか5-4が5-5になっており、気付けばいつの間にか5-11で今村が投げていました。 5-5から5-11への加速が凄いのなんのって。(笑) 熱い試合だったんですねえ・・・。  (^-^) 昨晩のポイント......続きを読む»

「5年後の4番」の答え合わせ

勝率9割とおかしな数字を叩き出したカープ。(笑) おだちたくはないものの(おだつ=北海道弁です 笑)、先日は「4番・誠也」が実現するなど大いに気持ちが高ぶっているわけですよ。 だって「4番」を誠也が打っていたんですもの。 たまたま代打の関係上「4番」に期待の若手が入っていたりすることは結構あるんですが、こうやって若手が実力で「4番」を勝ち取ったのっていつ以来なんでしょうか(う~ん、個人的な感覚で......続きを読む»

アベック弾連発!!

ホームランは野球の華。盛り上がりましたね。  巨 5-9 広 阿部の2ランで幕を開けた巨人との2戦目。 新井のソロで1点差に迫り、ブラッドのソロで追いつくカープ。 そして新井の2打席連続の3ランで勝ち越し、ブラッドの2打席連続となるソロで追加点を得たわけです。 ブラッドが3打席目に今日の試合初の“ホームラン以外での得点”となるタイムリーを放ち差を広げるも、その裏ジャイアンツは代打・村田の......続きを読む»

「4番、ライト、鈴木誠也」

壮絶な試合を制し8連勝。  巨 6-9 広 セーブシチュエーションながら今村が出て来ましたね。(笑) ということで守護神(中﨑)不在で迎えた巨人戦。リリーフピッチャーに少々不安を抱えるカープとしては、こうして攻撃の方でフォローしていかなくてはならないわけですよ。(苦笑) 何はともあれ、今日登録された今季初登板となるヘーゲンズが一死も奪えずKO。(汗) これが計算を狂わせただけですが・......続きを読む»

守護神抹消

さてさて、いわば「定位置」に返り咲いたカープでしたが、その実守護神の中﨑翔太が「右側腹部の違和感」で離脱という憂き目にあってしまいました。(汗) 思えばインフルエンザで出遅れた2017年シーズン。 どうにかこうにか開幕に間に合わせたものの、身体には少なからずのダメージが残っていたんでしょうねえ・・・。 はて、この事態。どう乗り切ったらいいものでしょう。(泣) しかしながら、ここ数試合、とい......続きを読む»

2017年シーズン初の同一カード3連勝

早くも単独首位に。  広 6-2 ヤ 今年の九里は「勝ち運」を持っていそうですね。 100球を超え二死から逆転を許してしまいましたが、その裏先頭のアツが四球。九里の代打・天谷が送った一死二塁から広輔のショートゴロを大引がファンブル(?)し一死一塁三塁。続く菊池のレフトライナーをバレンティンがポロリ・・・。 あれよあれよと同点に追いつきましたね。(苦笑) 後は「ビッグレッドマシンガン」......続きを読む»

8 1/3回 147球

開幕から8試合目にして、ついに首位に浮上しました!  広 2-1 ヤ 昨日の余韻が冷めやらぬ中始まったヤクルトとの2戦目。 今日も先発投手が闘志を前面に押し出したピッチングをしてくれましたね。 加藤の一年前に入団したドラ1・岡田明丈が見事今季初勝利をあげました。 前日の加藤が9回1アウトまで投げて135球(被安打2 7奪三振 7四球 1失点)。 本日の岡田が同じく9回1アウトまで......続きを読む»

記憶に残る初登板 -ドラ1加藤拓也惜しくもノーヒットノーラン(と完封)を逃す-

今日は途中から勝敗を通り越して、ルーキー加藤拓也の「プロ初登板ノーヒットノーラン」なるかといった面にのみに注目してしまいましたよ。(苦笑)  広 4-1 ヤ 9回のあの場面、よくよく考えると逆転負けのピンチでしたね・・・。(汗) とりあえずノーヒットノーラン、そして完封、完投は逃しましたが、プロ初登板で9回途中まで投げ切っての勝利は誇っていい内容だと思います。 135球と加藤にしては球......続きを読む»

今日のヒーローは菊池ですかね

勝って笑顔なし。そんな感じの戦いでしたかね。(汗)  中 3-5 広 連夜の延長戦を制したカープでしたが、昨日と打って変わって今日は「勝ちゲーム」を勝ったに過ぎません。 それよりも「大瀬良大地に703日ぶりの先発勝利をつける」という「裏命題」をスルリと逃したことのダメージが大きいわけでして(汗)、勝ちはしたものの若干心から笑えない時間が続いているわけです。 誠也のスライディングキャッチ......続きを読む»

ジョンソンを抹消させられる余裕?

負け試合を分けたと胸を張るのか。一歩進んで、勝ち試合を落としたと嘆くことができるのか・・・。  中 3-3 広 昨日は9回の中断あたり以外はチラホラだったので何とも言えませんが、個人的には、あそこで押せず勝ち越せなかったことを「惜しい」と感じています。(汗) ブラッドの勝ち越しタイムリー&上本の神走塁(そしてTシャツへ 笑)でうっちゃりたかったわけですよ。 八木が引っ込んだことでいろい......続きを読む»

これぞ最多勝投手!

思い出しましたよ。「二死無走者からの広島」を。(笑)  中 1-7 広 地元を離れ名古屋での新カードが始まりました。 登板するのは右のエース・野村祐輔。 いやあ、見事な“エースっぷり”でしたね。(笑) 初回こちらの攻撃が広輔ヒット→盗塁死→結果無得点と終わったのに対し、相手に盗塁成功からいきなり無死三塁を作られた時にはヒヤヒヤしましたよ。(汗) ただ、そこからが圧巻でした。 ......続きを読む»

今年も開幕カードは勝ち越しにて終了!

九里がチーム初の先発としての勝利投手となりました。  広 9-1 神 今年の九里はたしかに違いますねえ・・・。 これ、本当に「黒田の穴」を埋めてくれるんじゃないかとさえ感じさせてくれますよ。 一気に「黒田曲線」で成長しようぜ!(笑) そんな九里亜蓮の気迫あふれるピッチングもあって、本日はようやく初回の失点を防ぐことができました。(苦笑) 正直“またしても”髙山に出塁された時に......続きを読む»

2017年セントラル・リーグ選手権試合 初勝利

思い出しましたよ。「逆転の広島」「延長の広島」を。(笑)  広 9-8 神 オープン戦好調の岡田が昨日のリベンジを果たしてくれると信じていましたが、何があったんでしょう。エース・ジョンソンに続いて連日のノックアウトと最悪な結果に終わってしまいました。(泣) しかも昨シーズンは比較的ポンポンと球数少なく試合を流していた岡田らしからぬ荒れ模様・・・。(汗) 何やら暗雲漂う船出となりましたねえ......続きを読む»

2017年は乱戦スタート

思い出しましたよ。「粘りの広島」を。(笑)  広 6-10 神 開幕戦を落とすのは昨年も一緒で、後は以降の試合をどう戦って行くかによるでしょう。 残り2試合取って勝ち越すこと。 或いは3連敗しないこと。 2カード目からも同様で、ウチらしく「連敗しないこと」をモットーに切り替えていきましょうか。 30分遅れで始まった17年シーズンは、まさかの堅固なタナキクの牙城を崩されてからの第......続きを読む»

ブ、ブ、ブ、ブレイシアですと!?

本日NPBの開幕出場選手登録の公示があり、待ちに待ったカープの「開幕1軍メンバー」が発表されました。 いよいよ2017年シーズンもスタートしますねえ・・・。   ◆ 2017年開幕出場選手 ◆    投手     九里 亜蓮     今村 猛     岡田 明丈     中﨑 翔太     薮田 和樹     中田 廉     飯田 哲矢     K.ジョンソン     J.ジャクソン  ......続きを読む»

ペーニャは2軍スタートとのこと

結局外国人枠はジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッドの「4枠」でいくようですね。 ペーニャが直近の数試合でやや調子を落としていました(対策された?)が、西川不在&安部の状態が微妙なだけに、個人的には「内野の層を厚くする」意味でも消去法でポヨが滑り込むと信じ切っていました。 ホームランの魅力はたしかに捨て難いですが、いやあ・・・ブラッドになったかあ・・・。ビックリだなあ・・・。 これで西......続きを読む»

守護神をどうしましょう

どうにか最終戦を引き分けで終わり、心配だった「オープン戦の最下位Bクラス決定的説」から脱することはできました。(汗) まあ、代わりの最下位があの「オープン戦最下位からのミラクル」を起こした巨人なので、逆にカープにとっては良くない結果になったのかもしれませんが・・・。 それにしても今回のオープン戦、投手の方はさすがと言える安定感があったものの、打線の冷えっ冷えぷりには参りましたね。(苦笑) 最......続きを読む»

キク、コースケ、セイヤ、お疲れさん。はよ帰っておいで。

アメリカ、強いですね。 後出しジャンケンでアレなんですが、アメリカが優勝するような気がしていたんですよ。 ただし、アメリカの1位通過も予感しており、日本がプエルトリコにリベンジしたうえで決勝で惜しくも・・・という筋書きでしたが。(苦笑)   Congratulations on winning !   (優勝おめでとうございます!) それにしてもWBCは3位決定戦がないのが潔い。 「3位......続きを読む»

“捨て”の「4番・丸」構想

昨日の試合では「4番」に丸が据えられていましたが、緒方監督の談話ではその打順の組み方も「ある」とのこと。 たしかに丸には長打力もありますし、チャンス時の打席の落ち着きなどカープの各選手の中でもその適性は高いでしょう。「4番」を「4番目の打者」程度に割り切れる度胸もあるだけに、プレッシャーに弱い若ゴイたち(苦笑)の中でも安心してその打順を任せられる強みもあります。 ただ、それを言えば彼には「3番」適......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 51 52

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss