きたへふ おおの かわくち つた゛

札幌在住広島ファンのブログです。

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。 なんだろう。すごいインパクトでした。 それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。 好きな選 もっと見る
  • 昨日のページビュー:14878
  • 累計のページビュー:32188764
  • (08月19日現在)

最新の記事

晩夏の夜空にカ舞吼

敗戦の次の日の1対0。  広 1-0 ヤ 前回は6日前、12日の薮田の完封でしたが、今日は祐太と「方程式」3名のリレー。 形は違えども、どちらも負けた試合の後だっただけに、勇気をもらえましたね。 絶対に「優勝」しましょう。 今日福井が抹消され、先発するために祐太が上がって来ました(ついでにバティスタとメヒアの入れ替えもあったんですが、出番もなかったことですしスルーしておきます 笑......続きを読む»

「最高の捨て試合」とも言い切れず

サヨナラ負けで連勝がストップしてしまいました。  神 5-4 広 何だかんだ「負けてもいい」試合だったとはいえ、やっぱり負けるのは悔しいものですね。(汗) 終わり方も微妙でしたし、やや未練が残る負けになってしまったようにも感じています。 俊介に打たれたのは誕生日プレゼントだとして仕方ないとしても(笑)、北條に繋がれたのがなあ・・・。 こういうあんまり打たない打者に打たれてしまうとガッカ......続きを読む»

死球は勘弁して下さい(苦笑)

連勝でカード勝ち越し。2位阪神を突き放しました。  神 3-5 広 大瀬良も8勝目。 次第に「10勝カルテット」の可能性が高まってきましたね。 ただ、昨日とはちょっと中身が違うんですが、大瀬良にももう少し投げてほしくはありました。 6回は一死後ロジャースにデカイのを打たれましたが、バッテリーエラーで三塁に進まれた後もしっかり中谷を三振に切って取り、何だかんだで二死三塁。一死三塁から点を......続きを読む»

さて18日の先発をどうしましょうか

九里の抹消で1枠空いているローテーション。 先日の薮田の完封もあって「中5日」の“裏技”も使えない今(笑)、18日の金曜日(ヤクルト戦のカード頭です)に投げる投手を下から上げて来なくていけなくなりました。 ただ、候補がいないわけではないんですが、どうにも決め手に欠けているのも事実でありまして。(苦笑) ちょっとファームでの感じを踏まえながら予想していきましょうか。   ▼ ウエスタンでの登板......続きを読む»

とりあえずマジック再点灯

一度は消えたマジックが、再度「27」で点灯しました。  神 6-11 広 勝ちはしましたが、いろいろ苦言を呈したい試合ではありましたかね。(苦笑) まずは、というか何よりの不満が勝利投手になったエースの野村祐輔。 3点先制した後の2失点は仕方ないとも言えなくもありませんが、その2点は防げた2点だったと思います。 内野安打をしっかりアウトにできていればおそらく無失点で抑え切れたと想像で......続きを読む»

岡田も続き11勝目!!!

カード勝ち越しで、8月の成績も5勝5敗2分の五分に戻しました。  広 4-1 巨 最後までタイトルをどうつけるか迷ったんですよね。(汗) それこそ各局がこぞって特集しているように「阿部の2000本安打」について書き加えるか否かについてです。 それこそ「阿部おめでとう」でも「阿部の2000本が~」とか何でもいいわけで、いろいろピックアップしてみたんですが、何気にヒットを打ち終えた後の一塁......続きを読む»

薮田が菅野に勝利!!

薮田のプロ初完投・初完封で連敗ストップ!! 頼もしいですね。  広 1-0 巨 まずは打の方では西川龍馬の“まさか”の菅野からのアーチで先制。 よく打ってくれました。 ホントよく打ってくれたよ。(泣)  (´;ω;`) 0-0でズルズル行っていたらムード的に微妙な感じになっていたかもしれず、2回という早いイニングでの「リード」は薮田に「目標」を与えてくれたことでしょう。 「0に抑えた......続きを読む»

もういっそ

こんだけ打たれていては勝てません。(汗)  広 2-9 巨 元々福井と田口のマッチアップなんで負けも止む無しなんですが、内容がここまで悪いと幸先不安になってしまいますね。 その福井。 昨日の九里もそうなんですが、先頭打者を出すとこうなるということです。(苦笑) 百歩譲って小林への四球も“下位から”ということでスルーするとしても、二死まで行っての満塁はマズイでしょう。 しかも迎える阿部......続きを読む»

九里がやっちゃあいけなかった三つのこと

サヨナラ負けでカード負け越しとなりました。(泣)  中 6-5 広 チーム状況が良くないですね。(汗) 打てないわけでもないが、大事なところで打てず。 抑えられないわけではないが、大事なところで抑えられず。 マジックが出てからの2試合はどうにも「よそいき」感があったと思いますし、もっと突き詰めれば松山と安部がスタメン離脱してからバランスも悪いです。 かといって心配するほどのことでもな......続きを読む»

またねマジック

結局ナゴドは「鬼門」なのかな。(苦笑)  中 7-1 広 負けないはずの大瀬良が負けてしまいました。(汗) 途中まではストレートに力もあり、これは投手戦になるか或いは大野を打ち崩せば快勝もあり得るぞ、なんて考えていたらこっちが崩れてしまったわけでして。(苦笑) 大瀬良は5回の2失点が響いたんですかね。 6回も二死まではそこまで危なげもなかったんですが、「7番」から連打を浴びてゲームを......続きを読む»

マジック「33」点灯

今日は勝ちとか負けとか関係ない感じの引き分けだったと思います。  中 1-1 広 変な言い方なんですが、ジャクソンが12回を投げると聞いてマジック点灯を感じることができたんですよね。 少し前までならビクビクしていたものの、前回の「快投」が印象を変えてくれたんでしょう。 「完全復活」と言い切るには些か早いかもしれませんが、何と言いましょうか、“底は脱した”と言ってもいいんじゃないでしょうか......続きを読む»

2017年8月6日のジャクソンスマイル

今日は広島にとって大切な日。 4年ぶりですか。 “この日”に勝てたことは感慨深いものがありますね。 まず始めに、原爆でお亡くなりになられた方たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。  De 4-9 広 そう言えば松山と安部は軽傷のようでしたね。 笑顔も見られたようなので、少し休めばといったところなんでしょう。 彼ら主力の離脱はいくら「層が厚くなった」カープとはいえ苦しいわけでして。(汗......続きを読む»

薮田、10勝おめでとう!!

強敵DeNAに逆転勝利し、連敗を止めました!!  De 4-7 広 今村もようやくホッとしたことでしょう。(笑) 一岡こそ一瞬ヒヤッとしたと思いますが(苦笑)、「勝利の方程式」の3名は見事なパーフェクトリリーフです。 それもこれも昨日の「お休み」が意味を成した形になりましたね。 この上手く回っている勢いのまま、明日も勝ってカード勝ち越しといきたいところです。 さて、薮田和樹が1......続きを読む»

ジュヤの奇妙な捨て試合 ダイヤモンドは埋められない 第一章

メッチャ負けましたね。(苦笑)  De 13-3 広 さすがにDeNAクラスともなると、格の落ちる投手はガッツリ打ってくるということなんでしょう。(汗) 樹也(「みきや」と読みますが、自分は打ち込む際には「じゅや」で漢字を出しています)も以前に筒香を抑えたりと「ベイスターズには相性が良いのかもなあ」と一瞬考えさせられましたが、やはり強力打線には捕まってしまうわけです。 エラーが絡んでと......続きを読む»

総力戦で「勝ちに等しい分け」をもぎ取る

疲れたー。(笑)  広 5-5 神 9回1アウトまで完全な「負け試合」でしたが、そこから一気に追いつき、いわゆる「勝ちに等しい引き分け」をもぎ取ることができました。 これは大きいですね。 ただ昨日勝ちを落としているんで、本来は「2勝1敗」だったところが「1勝1敗1分」ですから3カード通してみたら微妙ではあるわけです。(苦笑) あ、水を差してスミマセン。(笑) 印象としては3戦目で上手......続きを読む»

負けない人は負けず、勝てない人は勝てなかった。ただ、それだけ。

最後バティスタまで回ったので良し。(泣)  広 3-4 神 今日は大瀬良と小野との対決でした。 この二人、実はそれぞれ異名がありまして、「負けない男(大瀬良)」と「勝てない男(小野)」がぶつかり合うこととなったシチュエーションに試合開始前から注目が集まっていたわけなんですよ。 大瀬良はこの試合前まで16登板で7勝。ルーキー小野が9登板で6敗。 「この対決の結果やいかに!」と「ほこたて......続きを読む»

今季の天王山、まずは先勝!!!

カード頭をエースできっちり取りました!!!  広 4-3 神 野村は115球を投げて6回2失点。 イニング数こそ相変わらず物足りませんが(苦笑)、充分エースとしての役目は果たしてくれたと思います。 今年は実質的に「Wエース」の相方、クリス・ジョンソンがいないことになってしまいましたし、間違いなく「2017年のエース」は野村祐輔と言い切っていいでしょう。 ということで、エースが「優勝」......続きを読む»

レーザービームとファイアマン

カード勝ち越し継続中です。  広 14-1 ヤ ビッグイニング×2の大勝でしたね。 岡田が6回無失点で9勝目をあげました。前回ほどではないもののどことなく安定感が戻ってきたのが心強いところでしょうか。 初球いきなりストレートを狙い打ちされた時にはヒヤッとしたんですが、アウトを一つ取れたこととバレンティンを三振で抑えられたことで良い方向に向かいましたね。 先制させじとピンチらしいピンチ......続きを読む»

ライアンリベンジ

ついに先発で薮田が負けました。(汗)  広 1-9 ヤ チームとしてもヤクルト戦の連勝が止まり、何ともはや、勝てそうだっただけにもったいない試合になったわけです。 あーあ。 さて、点差だけ見れば「勝てそう」というのは間違った表現のように思われるでしょうが、まともに点を取られた感があるのはバレンティンの一発だけなんですよね。 奥村のなんかはそもそも打たれないはずの場面で打たれてしま......続きを読む»

猛打復活のヤクルト打線を封じた男

連敗しないことが大切です。  広 7-1 ヤ ここ3試合で31得点(ただし20失点 苦笑)という恐ろしいことをやってのけていたヤクルト相手の3連戦が始まりました。 ヤクルトと言えば猛打が売りの時期もありましたが、はっきり言って当時を思い出さずにはいられないくらいの「威圧感」がありますね。(汗) そしてカープの方はというと、試合開始前にローテ6番手の中村祐太が登録抹消に・・・。(泣) ......続きを読む»

見極め

1/143 を意識した戦いでしたね。  巨 4-3 広 目先の一勝に手を伸ばそうと思えば手が届いたんでしょうが、今日のカープはこのゲームを今後に備えるための見極めに使ったようです。 いいじゃないですか。 こういう余裕のある感じ、嫌いじゃないですよ。(笑) ということで、まずはバティスタのスタメン。 昨日一昨日とマギーの守備が勝敗に影響していたように、できることなら守備力に不安の......続きを読む»

2017シーズン 巨人戦勝ち越し決定

連勝でカード勝ち越しを決めるとともに、13勝3敗で今シーズンの勝ち越しも決定しました!!!!!  巨 2-7 広 今日はホームランで得点を重ねていたので大味な印象もありましたが、基本的に終盤の「やられたらやり返す」という戦いができていたことに集約されるでしょう。 点差がいくらあろうと、やっぱり不安なんですよね。 もちろん10点差もあろうものならさすがに・・・という感じになりますが(笑)......続きを読む»

信長は野村祐輔に微笑む

地方球場を得意とする二人の対決は、野村祐輔に軍配が上がりました。  巨 1-2 広 暑い日にも関わらず今日は投手戦でしたねえ・・・。(苦笑) カープとジャイアンツお互い初回にチャンスを作る(先頭打者が出たり内野安打が絡んだりも一緒)も、これまたお互い併殺(巨人は三振ゲッツー)でそのチャンスを潰し、その後は共に7回まで1安打ずつ。 野村、マイコラスの熱投が続き、緊迫した戦いは終盤を迎える......続きを読む»

高橋樹也降格の意味

いきなりですが、今夏は『集英社』系の実写映画が多いですね。 基本的にマンガ原作の映画はあまり観ない(マンガ集めが趣味の一つなのでコミックとの違和感に敬遠する傾向にあります)んですが、微妙に『ジョジョの奇妙な冒険』だけは気になっていたりします。 吉良や露伴先生がいなかったり(第2部を見据えているんでしょう)と不満はあるものの、あのCGでリアルに描かれたスタンドを映画館の大スクリーンで観てみたかったり......続きを読む»

ハイパー・ネオ・パーフェクトピッチャー・岡田明丈

惜しかった(?)ですね。  広 12-1 中 今日は投打に圧倒し快勝。 カード勝ち越しを決めました。 貯金も今季最多の「25」です!  (´∇`)ノ さて、試合前の公示でジョンソンが抹消されてしまいました。(泣) 「KOされたとはいえ談話ではまだチャンスはあるって言ってたのになあ」と思い調べてみると、何と「左太もも裏の筋挫傷」で「加療3週間」とのことじゃないですか(今年はよく「......続きを読む»

最多勝を狙おう!!

後二人といったところでの通り雨。(苦笑)  広 6-3 中 これ序盤の薮田と柳のリズムが良く試合展開が早かったから助かったものの、ヘタにもつれていたりスローペースになっていたら“嫌なタイミング”での雨になっていたかもしれませんね。 にわか雨にしては大粒でしたし、普通にグラウンドコンディションを考えてもケガの不安がつきまとっていたはずです。 ま、欲を言えば後10分遅く降ってくれればヒロイ......続きを読む»

負けてなお

ドラゴンズの外国人トリオにしてやられましたね。(汗)  広 5-8 中 投げる方ではバルデスをそれなりに攻略できていたんですが、何と「打者・バルデス」に二死満塁から走者一掃のツーベースを打たれあっさり逆転を許すと、その後はビシエドに追加点となる3ランを浴び、ブラッドの“ライバル”ゲレーロには二打席連続のホームランを打たれる始末。(汗) ましてやこちらは同じ「カタカナ表記」のエース・ジョン......続きを読む»

足で掴み取った阪神戦のカード勝ち越し

やっと阪神とも五分で並びました(7勝7敗)。  神 3-14 広 最後は昨日の今日でジャクソンでも使うのかなあと思いましたが、九里でしたね。 「もっと楽な場面」がせっかく目の前に転がっていたんですが、イマイチ阪神(甲子園?)には合わないということなんでしょうか。 或いは樹也を試しても面白かったと思いますが、このあたりは「敗戦処理」としての「役割分担」を割り切った結果と考えることにします。......続きを読む»

大瀬良に見る「阪神戦9点差リード」からの勝利法

阪神打線、コワイですねえ・・・。(苦笑)  神 5-9 広 明日に繋がるとまでは展開的に思えませんが、なかなか粘りますよね。 粘ったというよりはウチの投手陣(特にJJ)が得点を“与えた”に近いわけですが、気を緩めていては一気にひっくり返されない底力があるのはカープと同じです。 侮れません。 この追い上げられた感覚を今一度カープは思い出すべきでしょう。 さて、今日は大瀬良がよく投げ......続きを読む»

2017 後半戦スタート

待ちに待ったカープの試合。  神 2-1 広 いきなりの黒星発進ということになりましたが(汗)、たしか開幕戦もメッセに負けて始まったはずなので逆にゲンは良いんでしょう。 明日から勝ち星を積み重ねていくことを信じたいと思います。 まあ、勝てた試合でしたけどね。(苦笑) 立ち上がり不安定なメッセを攻めて、初回、2回、そして先制した3回と実に70もの球数を使わせるところまでは良かったん......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 55 56

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss