ホースレース・ロマネスク

2017 高松宮記念 プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 未だファンディーナショックも冷めやらぬ中、それでも時間は何にも平等に進んでいきます。  今週末は、本格的な春のGⅠシーズン到来を告げる桶狭間電撃戦、高松宮記念が行われますね。

 このレースもスプリントGⅠとしてリニューアルされて以降は全てリアルタイムで観戦しているので趣深いですし、第1回のナリタブライアン参戦の衝撃はまだ生々しく記憶に刻まれています。  今年は去年の上位3頭が引退や故障などで戦線離脱し、実績馬も休み明けと、路線の世代交代を予感させる混戦模様ですが、さてどのようなレースになるか、現状での所感を綴ってみましょう。

★レース傾向分析

 中京コースが改装されてからまだ5年しか経っておらず、このレースに限っても馬場状態が相当にまちまちなので、一貫した傾向というのはフェブラリーSほど明確には見出しにくいです。

 コース形態的にはスタート地点がほぼ平坦で、残り1000m-400m区間でダラダラとハロン1mずつ下り、400-200m地点の勝負所で一気に2m近く上る、メリハリの効いたコース形態になっています。  秋にスプリンターズSが行われる中山も似たような形状なのですが、決定的に違うのは直線の長さと坂の位置で、それ故に中山電撃戦ほど決定的に流れ切るコースにはなっていない、という感がありますね。

 勿論加速していく2F目が下りなので、そこで競り合っていく形になるとブレーキが効かずに極端なハイペースに振れるパターンもあります。  ただ、過去5年の前後半だけを馬場状態問わずピックアップすると、34,5-35,8、34,3-33,8、34,5-37,7、34,0-34,5、32,7-34,0となっているんですね。

 去年は超高速馬場で、他にテンに速い馬もいる中、ローレルベローチェがなにがなんでも、と、2F目に10,1なんて極限のラップを踏んで出していったので強烈な前傾戦になりましたが、基本線としては前半は34秒そこそこに収束しやすいレース、と考えてもそんなに無理はないと思います。  その上で、当日の馬場状態で後半のラップの踏み方が変わってくるレースですので、そこを見極めて、上手く適正に当て嵌めていければ、と考えます。  データ傾向的には、1400m重賞、或いはタフな馬場での1200m重賞での良績がある馬はかなり高確率で上位に食い込んできますし、逆に京都1200mからはあまりリンクしないコースになっているのですが、この辺りも後傾ラップを踏む形になれば多少は緩和されるかもですので、あまり決めつけずにおきたいですね。

 去年は高松宮記念当週に一気に馬場が超高速化してかなり大きな物議を醸しました。  運営側としてもその二の轍は踏みたくないでしょうし、それ以前に今年は既にかなりの高速馬場が出来上がっているので、そこから極端に上げ下げするような作り方はしてこないと考えます。

 今のところは天気予報も週頭に降るくらいで週末は微妙ですが傘マークはない、となると、今の馬場ならこのやや低調なメンバー構成でも1,07,5程度は基本線で考えておくべきかな、と思います。  加えて今年の登録メンバーを眺めて感じるのは、例年なら一頭くらいは確実にいる典型的な快速逃げ馬が不在、という点です。  上で検討したペース傾向からしても、誰かが押し出されるような展開で極端な前傾はあまり考えにくく(無論ギャンブルに出る馬がいないとは限りませんが)、やはり34,0前後、入っても33秒後半に流れは落ち着くのではないかと今のところは感じています。    となると、ラップバランス的には33,8-33,7くらいの平均ペースが妥当かな、と思いますし、この推移ですとおそらく坂地点での再加速を伴うレースになるでしょう。  4コーナー手前ではややペースが緩みがちな傾向もありますので、後半が11,3-10,9-11,5くらいの、ロードカナロアが制した年に酷似した流れ、展開になるかなと。極端な追走力は問われず、要所の加速、特に坂加速性能が中団以降から差し込むなら必須になってくるのではないでしょうか。  勿論枠の並びを見ないと確実には言えませんが、事前検討の段階ではこの素案をベースに適性検討をしていきたいですね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【高松宮記念、日経賞、毎日杯考察】オツな馬に田辺が乗るよ。悩み悶絶しそうな1週間(3/25.26中山中京)【馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

ファルコンS・スプリングS・阪神大賞典・フラワーC反省【気の向くままに】

次週は高松宮記念含む4重賞 ドバイは「マジックマン」に注目しています【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:19750
  • 累計のページビュー:12560474

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss