ホースレース・ロマネスク

競馬歴が四半世紀を超えた、 スポーツとしての競馬観戦が趣味のおっさんの、 私的見解垂れ流しのブログです。 中央・地方・海外まで興味あるレースや馬を幅広く、 レース回顧をメインに、予想、列伝など、 様々な形で競馬の魅力を発信していきます。

clover

  • 昨日のページビュー:19750
  • 累計のページビュー:12560474
  • (12月12日現在)

最新の記事

2017 朝日杯フューチュリティステークス プレビュー

★はじめに  今週は牡馬のマイル2歳チャンピオン決定戦の朝日杯フューチュリティステークスですね。  今年から2000mのホープフルSがGⅠに昇格し、このレースの勝ち馬が無条件に2歳チャンピオン、とはならない様相が確立した中、果たしてどんな内容のレースが展開されるのかは注目です。  この舞台に移ってから4年目で、今のところはクラシック本番で勝ち負けまで届いた馬が出ていないのも、牝馬と違ってよりマイ......続きを読む»

2017 香港国際競争 レース回顧

 今年は残念ながら日本馬の海外GⅠ制覇のシーンを見ることは叶いませんでしたが、それでも様々な見所があった4レースを、ざっくりと振り返っていきたいと思います。  まず馬場状態ですが、これは多分乗り手の意識以上にかなりの高速馬場だったのだろうとは思っています。  ペニアフォビアが暴走気味にハナを奪い取っていったスプリント以外のレースは、こぞってラスト400mのラップが最速という展開になっていて、基本的......続きを読む»

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ・カペラS レース回顧

★阪神ジュベナイルフィリーズ  美しいターフの上、若き才能が力を振り絞っての2歳GⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズは、中団外目から堂々と抜け出したラッキーライラックが無敗の戴冠、父オルフェーヴルに初年度から大きな勲章をもたらしました。  またこの秋から冬にかけて続いていた外人ジョッキー旋風もようやく小休止、ここは生え抜き石橋Jの落ち着いた素晴らしい騎乗が光るいいレースになったと思います。  今日の......続きを読む»

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ・カペラS

★阪神ジュベナイルフィリーズ 展開予想・ポイント  牝馬クラシック路線への直結度が高い2歳女王決定戦、今年も抽選での悲喜こもごも等ありつつ、精鋭の18頭が揃い踏み、来春の満開の桜の下での激走を夢見つつ、まずはここで実力試し、という事になります。  今日の阪神の馬場ですが、先週のイメージよりはちょっと重くなったかな?という感触がありましたね。  とはいえスローのレースばかりなのであまり当てにはしづ......続きを読む»

2017 中日新聞杯 レース回顧

 暮れに戻ってきた中京の名物重賞・中日新聞杯は、外からメートルダールが力強く差し切って重賞初勝利を飾りました。レースを振り返っていきましょう。  今日の中京は芝のレースが少なく、かつどのレースもスローばっかりでしたので正確には判断しにくいのですが、基本的には高速馬場が維持されていたとは思います。  9Rの500万下2000m戦が62,0-58,6と超スローで2,00,6でしたので、このメインレース......続きを読む»

2017 中日新聞杯

★展開予想・ポイント  明日はまた開催時期が冬に戻った中日新聞杯が開催されます。  前週にチャレンジCもあり、条件的にはメンバーが集まりにくそうではありましたが、比較的多士済々、面白いメンバーが出揃いましたね。幾分構成的に、ローカルのサマー2000シリーズみたいなメンバーって感じもありますが。  中京の馬場は金曜正午で良馬場、今日は雨予報も出ていましたが、アメダスでチラッと見た限りほぼ名古屋近辺......続きを読む»

2017 香港国際競争レース展望、及び簡易予想

 今年も大挙日本馬が出走し、海外GⅠ制覇の快挙が大いに期待される香港国際競争の時期がやってきましたね。  一先ず出走馬と枠順の確定が出ましたので、あまり直前まで考えても仕方ないですし、サクッと一通りのレースの展望と予想を書いてしまおうと思います。  まず今年のシャティンの馬場ですが、週中の展望記事などでも触れられていたように、今年は例年以上に芝が生え揃い、時計も出る良いコンディションの模様です。 ......続きを読む»

2017 クイーン賞 レース回顧

 遅ればせながらクイーン賞のレース回顧です。  実のところ、昨日の夜に頑張って一端書き終えたのに、ネットの接続エラーで全部吹っ飛ぶという悲しい事故があって不貞腐れて寝たので、改めてのここは少しやっつけになりますがご了承くださいませ。  ともあれ結果としてはプリンシアコメータの見事な逃げ切りでしたが、馬場は予想通り最近の南関にしてはかなり軽かったと思います。  前日のマイルのOP戦でも1,40,7な......続きを読む»

2017 12月第1週新馬戦など レース回顧

 最初にお知らせですが、本日夜は所用がございまして、クイーン賞の回顧は頑張っても深夜近く、体力が残っていなければ明日の夕方回しになるかもしれません。その旨ご了承くださいませ。 ★12/3(土) 阪神4R 芝1600m未勝利戦  ここは新馬戦で直線前が詰まり不完全燃焼の競馬になったエアアルマスが、好位からしっかり外目を通して圧勝しました。  土曜の芝は鳴尾記念やシクラメン賞などを見てもかなり軽か......続きを読む»

2017 クイーン賞

★展開予想・ポイント  明日は船橋で牝馬限定の交流重賞・クイーン賞が行われます。  去年まではトロワボヌールの庭、的なレースでしたが今年は世代交代著しく、中央勢の古馬が1頭だけとかなり小粒なメンバーになりましたね。  船橋の馬場ですが、どうもこの開催の前に砂の総入れ替えがあった模様です。  その影響もあるのか、昨日今日の時計を見ている限り、最近の南関、特に冬場としてはかなり軽い馬場条件になってい......続きを読む»

2017 葉牡丹賞・シクラメン賞・冬椿賞・万両賞 レース回顧

★葉牡丹賞  過去にはウイニングチケット、昨年にはレイデオロと2頭のダービー馬を輩出、その他にも近年はトーセンバジルやメートルダールなど、渋い活躍馬を送り出している出世レースの葉牡丹賞、今年はスクリーンヒーロー産駒の素質馬・ジェネラーレウーノがまだまだ粗削りな部分を見せつつも逃げ切り連勝を飾りました。  土曜の時点ではイマイチ判別がつかなかったのですが、実は今開催の中山は結構な高速馬場のようです......続きを読む»

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ プレビュー

★はじめに  今週からは、来春のクラシック戦線を占う意味でも重要な2歳GⅠ戦となります。  特にこの阪神JFは、勝ち馬に錚々たるメンバーが名を連ねる出世レースであり、桜花賞は勿論、府中2400mのオークスともリンクしやすいのでしっかり注目して見ていきたいところです。  今年はオルフェーヴル産駒の2頭が人気になりそうですが、オルフェーヴル産駒全体の成績は、勝ち馬率が1割を切るという逆の意味で驚愕の......続きを読む»

2017 チャンピオンズカップ レース回顧

 一筋縄ではいかないコースに、実力伯仲のメンバーが出揃っての冬の中央ダート頂上決戦は、中団のインから直線で外に持ち出したゴールドドリームが、前で粘る、それぞれに悲願を背負ったコパノリッキーとテイエムジンソクをまとめて交わし去り、見事に同一年度中央ダートGⅠ完全制覇を成し遂げました。レースを振り返っていきましょう。  まず馬場コンディションは、ほぼ昨日想定した通りだったと思います。  今日の500万......続きを読む»

2017 チャンピオンズカップ

★展開予想・ポイント  ダートの絶対王者不在の中、様々な路線から様々な年代の強い馬が集結して、史上空前レベルの大混戦となっている今年のチャンピオンズカップ、果たしてこの中で栄えある栄冠に輝くただ一頭になれるのはどの馬でしょうか?  まず本日の中京ダートですが、年末にしてはそこまで重くはないかな、というイメージです。  6Rの500万下1400m戦が35,4-12,2-37,2=1,24,8、8R......続きを読む»

2017 ステイヤーズS・チャレンジC レース回顧

★ステイヤーズS  伝統の長距離重賞ステイヤーズSは、中団追走からあっさりとアルバートが抜け出し、同一重賞3連覇を達成しました。レースを振り返っていきましょう。  まず開幕週中山の馬場ですが、勿論軽い馬場ではないものの、それなりには時計も出ていたと思います。  葉牡丹賞が62,0-59,4=2,01,4という時計で、後半5Fは結構速いラップを出してきていますので、流れればそれなりには時計の出る馬......続きを読む»

2017 ステイヤーズS・チャレンジC

★ステイヤーズS 展開予想・ポイント  いよいよ明日から冬の中山開催、その開幕週の名物重賞、日本で一番長い距離の平地重賞・ステイヤーズSが行われます。  中山の芝は金曜昼の時点で良馬場、ですが冬場ですのでさほど高速状態ではないでしょうし、エアレーション作業の記載もありますので、極端に切れ味が問われるような軽い馬場ではない、という想定で見ておきたいと思います。  典型的な逃げ馬がいない組み合わせで......続きを読む»

2017 11月第4週2歳新馬戦など レース回顧

★11/25(土) 東京1R ダート1400m未勝利戦  ここはアジアエクスプレスの全弟のレピアーウィットが初ダートで中々強い競馬を見せてきました。  最内枠からスタートを決めて一気にハナを奪い取り、中盤はペースを緩めて後続を引きつけ、直線で12,7-11,6-11,8と一気の加速、高い瞬発力を引き出しての圧勝でした。  時計的にも1,25,5は悪くないですし、芝ですとどうしても一瞬の切れが足りな......続きを読む»

2017 カトレア賞・ベゴニア賞・白藤賞 レース回顧

★カトレア賞  来年のケンタッキーダービーの優先出走ポイントが付与される選定レースでもあるカトレア賞ですが、今年は例年以上に小粒なメンバーとなり、内容的にも見所の少ないレースではありましたね。  馬場は稍重でそれなりに時計が出ており、1Rの未勝利1400m戦がややスローの流れで1,25,5、10Rの1600万下1400m戦がややハイで1,22,8ですので、マイル戦で48,3-49,9=1,38,......続きを読む»

2017 11月第3週2歳新馬戦など レース回顧

 さしあたり宿題を後回しにすると落ち着かないタイプですので、先週書く余裕が取れなかった先々週の2歳戦回顧からはじめます。  しかしこの時期は本当に2歳戦の番組が増えてきて、後の名馬たるダイヤの原石を見つけるのも中々大変ですね。  あと全くこの記事とは関係ない話なんですけれど、全日本2歳優駿、ルヴァンスレーヴが補欠ってえぇ~って思いますね。芝から転進するタイセイプライドとかがいることもあるし、それにし......続きを読む»

2017 チャンピオンズカップ プレビュー

★はじめに  いよいよ来週からは暦も師走となり、冬の趣きが強くなる中で行われる、中央ダートチャンピオン決定戦のチャンピオンズカップ、果たして今年も多彩な路線からメンバーが集い、上位拮抗の中で面白いレースになりそうです。  中京に移行してからはまだ4年目と歴史も浅く、傾向なども微妙に掴みどころがない感じではありますが、それだけに色々細かい部分までしっかり考えていきたいところです。 ★レース傾向分析......続きを読む»

2017 ジャパンカップ・京阪杯 レース回顧

★ジャパンカップ  絶好の秋晴れの中で開催された今年のジャパンカップは、王者キタサンブラックが正に王者たる逃げを打つ中で、絶好枠から完璧な立ち回りを見せたシュヴァルグランが見事に差し切り、様々な鬱憤を綺麗に晴らす嬉しいGⅠ初勝利となりました。レースを振り返っていきましょう。  馬場コンディションは昨日触れた通り、極端では無いものの高速馬場で、直線は三分所が一番伸びるイメージのままだったと思います......続きを読む»

2017 ジャパンカップ・京阪杯

★ジャパンカップ 展開予想・ポイント  惜しくもフルゲートは割ってしまったものの、外国馬4頭を含めて今年も様々な路線から豪華メンバーが集ったジャパンカップ、王者キタサンブラックに対して若い力の逆転劇があるのか、それとも常にキタサンの影で脇役に甘んじてきた伏兵陣の台頭があるのか、はたまた王者が貫録を見せつけるのか、見所満載で非常に楽しみな一戦となりました。  まず今日の府中の馬場ですが、Cコース替......続きを読む»

2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S レース回顧 

 OP特別時代から中々の素質馬を輩出してきていた京都2歳S、今年は圧倒的な人気のタイムフライヤーをゴール前で鋭くグレイルが捕らえてデビュー2連勝、ハーツクライ産駒のワンツーで決着しました。レースを振り返っていきましょう。  今日の淀は良馬場には回復したものの、以前全体的に時計の掛かる馬場は継続していたと思います。  500万下の1800m戦が36,6-36,8-35,0とややスローで1,48,4、......続きを読む»

2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S

★展開予想・ポイント  今週は多忙&体調不良につき、新馬回顧まで手が回らずに申し訳ありませんでした。  来週はそんなに記事ネタがないので、出来る限り今週分も軽くでも触れておきたいとは思いますが、週末は当然重賞に集中させていただきますね。  そんな感じで、明日は2000m戦に生まれ変わってまだ間もない京都2歳Sです。  過去3年からはあまりクラシックで活躍するようなめぼしい馬が出ていないのですが、......続きを読む»

2017 浦和記念 レース回顧

 予想以上の雨量により、不良馬場での決戦となった浦和記念は、地方初見参のマイネルバサラが向こう正面から一気に捲ってそのまま押し切る圧巻の競馬で重症初勝利を飾りました。レースを振り返りましょう。  不良まで悪化した事で昨日よりは時計がかかった印象は強く、水の浮く馬場になっていましたのでそういう条件での巧拙も結構問われたのではないか、と思います。  展開は内からタマモホルンが一気の逃げを打ちますが、......続きを読む»

2017 浦和記念

★展開予想・ポイント  去年は3歳のケイティブレイブが制し、ここを足掛かりとしてしっかり今年の飛躍に繋げた、ダート中距離路線の登竜門のひとつと言える浦和記念、今年もGⅠロードの谷間でやや小粒なメンバーにはなりましたが、その分伏兵の出番もありそうで面白い一戦になっています。  馬場は今日の時点では良馬場、メインのA2、1400m戦が1,28,4という時計ですので、極端に重い感じはないですが、これか......続きを読む»

2017 兵庫ジュニアグランプリ レース回顧

 良馬場で行われた兵庫ジュニアグランプリは、新馬から影も踏ませぬ2連勝で圧倒的な支持を集めたハヤブサマカオーが、最後アスターソードに追い詰められながらもギリギリ凌ぎ切って無傷の3連勝となりました。レースを振り返りましょう。  馬場はかなり乾いていたようで、ひとつ前のB1クラスでも、圧勝した勝ち馬がやっとこ1,29,8と30秒を切っただけでした。  正直過去にこのレース開催時の、他レースとの時計比較......続きを読む»

2017 もちの木賞・赤松賞・秋名菊賞 レース回顧

★もちの木賞  こちらは新馬であのルヴァンスレーヴに敗れた後、前走の未勝利を圧勝してきたビックスモーキーがポケットからしぶとく抜け出し勝利を収めました。レースを振り返りましょう。  土曜の京都は未明からの雨で芝ダート共に重、ただ降水量が極端に多いわけではなく、実際に重で留まっているように、悪化し切るよりはむしろ脚抜きが良く滑りもしにくい、一番時計が出やすい条件だったのではないかと感じています。 ......続きを読む»

2017 兵庫ジュニアグランプリ

★展開予想・ポイント  12月の全日本2歳優駿のステップにもなるダート交流重賞の兵庫ジュニアグランプリ、勝ち馬にはラブミーチャンやスーニ、先日悲願のGⅠタイトルを手にしたニシケンモノノフなど、存外に息長く活躍する名馬を輩出しており、今年も後々まで名を残せるような馬が出てこられるか注目です。  馬場は明日が開催初日なので正直わかりにくいですが、雨は土曜まででしたし、明日も綺麗に晴予報ですので、基本......続きを読む»

2017 ジャパンカップ プレビュー

★はじめに  いよいよ今週はジャパンカップの開催となります。  秋の天皇賞で王者健在を高らかにアピールしたキタサンブラックが、引退までのカウントダウンが進む中で、歴史的名馬に肩を並べるGⅠ7勝目に辿り着くのか、それとも多士済々なライバル達の下克上や、エリ女、マイルチャンピオンシップに続く若い世代による王座奪還劇が成るのか、今年の競馬シーンの集大成になり得る一戦で非常に楽しみです。  今年も外国馬......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 14 15

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss