ホースレース・ロマネスク

競馬歴が四半世紀を超えた、 スポーツとしての競馬観戦が趣味のおっさんの、 私的見解垂れ流しのブログです。 中央・地方・海外まで興味あるレースや馬を幅広く、 レース回顧をメインに、予想、列伝など、 様々な形で競馬の魅力を発信していきます。

clover

  • 昨日のページビュー:51529
  • 累計のページビュー:10410622
  • (10月18日現在)

最新の記事

2017 もみじS・紫菊賞・プラタナス賞 レース回顧

★もみじS(芝1400m戦)  秋華賞と同日の、雨が強まる中での一戦となったもみじSは、未勝利で強い勝ち方を見せたダノンスマッシュが圧倒的な一番人気に推され、それに応える形で好位から抜け出し圧勝しました。  馬場表記はこの時点ではまだ稍重でしたが、降雨の雰囲気からするとかなり重くはなってきていたと思います。少なくとも良馬場から1,5秒くらいは上乗せして考えて問題ない条件ではなかったかと感じますね......続きを読む»

2017 10月第3週海外GⅠ レース回顧 その他雑談

★デューハーストS レース映像  イギリス2歳牡馬のチャンピオン決定戦のひとつ、日本で言えば朝日杯みたいな位置づけのデューハーストSは、ミドルパークSを勝って個々に臨んだユーエスネイビーフラッグ(カタカナで書くと名前がダサく感じますねこれ。。。)がハイペースの逃げから堂々押し切りました。  このレースはオブライエン厩舎が1~4着を独占、かつ1番人気のエキスパートアイをかっちりハイペースで削り切って......続きを読む»

2017 菊花賞 プレビュー

★はじめに  今週は牡馬クラシックの最終章、もっとも強い馬が勝つ、と言われる菊花賞ですね。  独特の雰囲気を持つ淀の長距離戦、今年はダービーの1~3着馬が不在とかなり手薄なメンバー構成にはなってしまいそうですが、マヤノトップガンやマンハッタンカフェなど、夏の上がり馬から一気にチャンピオンホースに登り詰めた例もありますし、今年もこの距離で躍動する強い馬が台頭する事を大いに期待したいところです。 ★......続きを読む»

2017 秋華賞 レース回顧

 氷雨篠突く淀の舞台、金襴緞子が泥まみれ、など懐かしいフレーズも彷彿とさせる、レース史上はじめての重馬場決戦となった秋華賞は、後方から完璧な立ち回りを見せたディアドラが、最後前を行く2頭を力強く差し切って勝利しました。  父ハービンジャーにしてもこれが悲願のJRA初GⅠ勝利となり、3着のモズカッチャン含めて改めてヴィンテージイヤーであった事を示すと同時に、タフな馬場でのタフなペースで、強い馬が強い競......続きを読む»

2017 秋華賞

★展開予想・ポイント  春先からハイレベルの混戦、と謳われていた三歳牝馬世代の最終決戦には、新たに夏の上がり馬なども参戦して、総大将のソウルスターリングこそ欠くものの百花繚乱、素晴らしいメンバーが出揃ったと思います。  まず今日の馬場ですが、京都はほとんど雨の影響がなかったようで、終日良馬場での開催でした。  こちらもスローのレースばかりでしたのであまり当てにはしづらいのですが、2歳500万下の......続きを読む»

2017 府中牝馬S レース回顧

 霧雨の舞う肌寒い気候の中での一戦は、スムーズに先手を取ってまんまとスローペースに持ち込んだクロコスミアが、直線も有力馬が進路確保に苦しむ中スイスイと逃げ脚を伸ばして押し切りました。レースを振り返りましょう。  秋雨前線が長く居座る天気図で、昨日から雨が断続的に降り続くも、極端な雨量ではなく稍重馬場での開催になりました。  今日の芝レースはその分、どこも馬場を意識してのスローからの3F戦が続出して......続きを読む»

2017 府中牝馬S

★展開予想・ポイント  今週は土日共に牝馬の重賞ですが、東西どちらもあいにくの雨模様で中々に難解な条件になってきそうです。  とりあえず現時点での府中の馬場は良発表ですが、雨は断続的に明日の夜まで降り続くようなので、悪化は避けられない情勢だと思います。  ただ予報でも強い雨にはならない、みたいな話ですので、今のところは稍重~重、1~2秒程度時計がかかるくらいの影響で想定しておこうと思います。  ......続きを読む»

2017 エーデルワイス賞 レース回顧

 雨に祟られ不良馬場での開催となったエーデルワイス賞は、地元期待のストロングハートが好位追走から早めに抜け出し押し切る強い競馬を見せました。  上位5頭まで道営馬が独占し、今年は中央勢の層の薄さと脆さがはっきり出たレースにもなっていますね。  レース展開は、まず1番人気のシャインカメリアが大きく出遅れるという波乱の幕開けになります。  ラインギャラントも少し出遅れて後方からになり、そして先行はマサ......続きを読む»

2017 10月第2週2歳新馬・特別戦など レース回顧

 今週もちょっと2歳戦をじっくり精査している余裕がありませんので、3日分一通り見て目についたレースだけまとめて取り上げさせてもらおうと思います。 ★10/7(土) 東京5R 芝1400m新馬戦  やや渋った馬場での一戦は、大外枠からスムーズに先行したキャンディケインが直線でしっかり抜け出し、差し馬も完封して問題なくデビュー勝ちを飾りました。  ラップは36,3(12,1)-12,6-34,7(1......続きを読む»

2017 エーデルワイス賞

★展開予想・ポイント  門別での2歳牝馬限定の1200m戦と、かなり地味な上に先に繋がりにくいレースではありましたが、去年一昨年とそれなりにその後活躍する馬を輩出して風向きが変わってきたかな、とも思います。  まぁ正直予想するほどデータがない、と言ってしまえば身も蓋もないのですが、折角なので軽く触れていこうかなと。  今日の門別は雨模様で重馬場、明日もスッキリしない予報ですので、このまま重馬場で......続きを読む»

2017 10月第2週海外GⅠ レース回顧

★ターンブルS レース映像  まずはオーストラリアのウィンクス、コックスプレート3連覇に向けての前哨戦として選んだのは2000mのターンブルSでした。  スタートからゆったりと構えて後方に位置し、4コーナー手前くらいから馬なりでじわじわと進出してきて、そして直線に入ってすぐのところで早くも先頭、後はほとんど持ったままで突き放す一方という圧倒的なレースぶりで、見事21連勝を達成しました。  内容と......続きを読む»

2017 秋華賞 プレビュー

★はじめに  今週はいよいよ、牝馬三冠の最終戦となる秋華賞ですね。  開幕直後の高速淀の馬場に、トリッキーな内回り2000mでの一戦は、毎年の事ながら一筋縄ではいきません。  ジェンティルドンナも大苦戦し、ブエナビスタでも取りこぼしたように、本格派の底力よりも軽快なスピードに機動力などの要素が強く問われやすいレースでもあります。  とはいえ、結果的に見ても第一回からここまで、かなりの名牝が勝ち馬に......続きを読む»

2017 南部杯 レース回顧

 今年のフェブラリーSの上位馬、過去の勝ち馬など、マイルの距離を得意とする名馬がずらりと出揃っての注目の一戦は、好位から楽な手応えであっさり後続を突き放したコパノリッキーが勝ち切り、金字塔のGⅠ10勝を達成しました。レースを振り返っていきましょう。  まず馬場ですが、稍重発表で他のレースでも昨日触れたように1200m戦で13秒台、1400m戦で27秒台が出ていたので、当然ここは34秒台レベルの決着......続きを読む»

2017 京都大賞典 レース回顧

 好天に恵まれ、絶好の馬場での開催となった京都大賞典は、道中後方インから鮮やかなイン差しを決めたスマートレイアーが牡馬を撫で切り、悲願のGⅠ制覇に向けていいスタートを切りました。レースを振り返っていきましょう。  今日の芝ですが、実質的には超高速だったと思います。  ただ芝のレース自体2歳戦ばかりで、かつスローのレースばかりでしたので、いつぞやの月曜開催中山の時のように、ラスト1F最速かそれに近い......続きを読む»

2017 京都大賞典

★展開予想・ポイント  こちらは今日の毎日王冠とは違い、GⅠでは少し足りないステイヤー色が強い馬が出揃った一戦になりました。  ここから天皇賞秋、というよりは、JC・有馬路線に向けていいスタートを切りたい、というメンバーであり、こちらも中々に難解な一戦です。  今日の京都の馬場は、朝の内はまだ渋りが残っていたかな?というイメージですが、午後には超高速レベルに回復してきていたと思います。  10R......続きを読む»

2017 毎日王冠 レース回顧

 GⅠ馬が5頭も出揃い、本格的な秋のGⅠシリーズ開幕の狼煙を上げるに相応しいレベルとなった一戦は、中団から鋭く脚を伸ばしたリアルスティールが見事復活の勝利を上げ、悲願の国内GⅠ制覇に向けていいスタートを切りました。レースを振り返りましょう。  今日は朝から芝は良馬場発表で、実際に時計もそこそこ出ていました。  全体的にドスローのレースばかりなのではっきり読みにくいところはありますが、2歳未勝利のマ......続きを読む»

2017 南部杯

★展開予想・ポイント  明日は高速ダート盛岡でのマイル決戦、南部杯が行われます。  例年中央の三日間開催と被る関係で、あまり中央からの出走馬が揃わない感じもありましたが、今年は7頭もの参戦があり面白いレースになりそうですね。  馬場コンディションは今日の時点で稍重、明日は良に回復するでしょうが、下級条件戦の1200mでも1分13秒台が出ていますし、例年通りに速い時計での決着になりそうです。  ......続きを読む»

2017 毎日王冠

★展開予想・ポイント  こちらはフルゲートには満たないながら、非常に面白いメンバーが出揃いました。つくづくここにシルバーステートが無事に出てきていれば、と思いますね。    馬場は今日の回復は稍重まで、でしたが、明日は普通に良に戻るでしょう。  サウジアラビアロイヤルカップがハイレベル戦だったとはいえ1,33,0を出していて、最終の1800m戦もかなりのスローからの上がり勝負だけに全体時計はそこま......続きを読む»

2017 サウジアラビアロイヤルカップ レース回顧

 朝方の激しい雨模様から一転、青空も覗いて非常に健やかな空気の中での一戦となったサウジアラビアロイヤルカップは、好スタートから番手につけたダノンプレミアムが、直線で楽に抜け出しそのまま押し切る強い競馬を見せました。レースを振り返っていきましょう。  この日の芝は、午前中の雨の影響で重スタート、午後の後半から稍重に回復してきました。  今日は他に芝レースの上級条件が少なかったのと、乾いていく段階での......続きを読む»

2017 サウジアラビアロイヤルカップ

★展開予想・ポイント  明日からはいよいよ秋の府中・淀の競馬が開幕となりますね。  ただ残念なことに今日から明日にかけては全国的に雨予報となっていて、極端に重くなるほど、とは思わないですが、パンパンの良馬場での開催はまず見込めなさそうです。  また府中はエアレーションとシャタリングが施されていますので、ある程度ソフトな馬場にはなっているはずで、稍重~重くらいでのレースとなれば、大体1分35秒前後の......続きを読む»

2017 レディスプレリュード レース回顧

 牝馬ダート路線の頂点を決めるJBCレディスクラシック、その前哨戦となるレディスプレリュードは、芝路線挑戦から再びダート路線に戻ってきたクイーンマンボが、直線で後続を楽々突き放す圧勝劇を演じてみせました。レースを振り返りましょう。  今日の馬場は、下手をすると更に昨日より重くなっていた感があります。  下級条件とは言え1200m戦で1分16秒を切ってこないレースが続きましたし、それを踏まえるとこの......続きを読む»

2017 9月第5週新馬戦など レース回顧

 ちょっと今週は余力がありませんで、いつも土日に分けて掲載している2歳戦回顧を一記事にまとめ、かつ目についたレースだけ紹介させていただきます。  便宜上9月最終週扱いですが、日曜のレースも入っていますのでご了承くださいませ。  ちなみに書くべきことが多いのもありますが、純粋に別件で忙しいのもあって、来週末くらいまでは少し内容が素っ気なくなってしまうかもしれません。重ね重ね宜しくお願い致します。 ......続きを読む»

2017 東京盃 レース回顧

 JBCスプリント本番を見据えて、スピード自慢の有力馬が出揃った一戦は、中央からの移籍2戦目となるキタサンミカヅキが、前走のアフター5スター賞に続き大外から力強く差し切って、新たなスプリント王候補に名乗りを上げました。レースを振り返りましょう。  この日の馬場は良に回復して、少し前日より時計がかかっていたと感じます。  レディスプレリュードの想定でも書いたように0,5秒くらいはかかってきて、実際に......続きを読む»

2017 レディスプレリュード

★展開予想・ポイント  こちらはJBCレディスクラシックの前哨戦ですが、女王ホワイトフーガに活きのいい3歳馬3頭が挑む、という構図で中々に興味深い一戦になりそうです。  馬場は昨日の稍重から良に戻って、少し重くなっている印象があります。  昨日よりは平均して短距離でも0,5秒くらいかかっているイメージですので、このまま雨が降らずに行くなら、かなりタフなレースになることが予想されますね。時計的には......続きを読む»

2017 東京盃

★展開予想・ポイント  明日はJBCスプリントの主要な前哨戦・東京盃が行われます。  今年のJBCは大井開催ですのでより直結度は強いと思いますし、果たしてここから混沌とするスプリント界を制する馬が出てくるか、注目の一戦になりますね。  今日の大井の馬場は稍重で、時計はそこそこ出ているかな、という感じです。  下級条件や2歳戦の1200mでも14秒台には入ってきていますので、例年の時計差傾向からす......続きを読む»

2017 白山大賞典 レース回顧

 雨の影響が大きく、水の浮く不良馬場での開催となった白山大賞典は、番手外につけたインカンテーションがコーナー出口で先頭に立って押し切る横綱相撲で、ここでの格の違いを見せつけました。レースを振り返りましょう。  正直金沢の条件戦のレベルはさっぱりわかりませんので、今日の馬場でどのくらい時計が出ていたのかはなんともですが、このレースのレコードが2,12,5ですので、やはり普通の良馬場よりは軽かったはず......続きを読む»

2017 9月第5週海外GⅠ レース回顧

 今週はアメリカでもフランスでもGⅠクラスのレースは沢山ありましたので、気にとまったものだけごく軽く拾っていこうと思います。  週末が月跨ぎでしたので、一部10月のレースもありますがご了承下さい。 ★オーサムアゲインS レース映像  BCクラシックの主要な前哨戦のひとつ、オーサムアゲインSは、正確に調べていないですがおそらくドバイ以来のムブタヒージが外からしぶとく差し切りました。  この日のサ......続きを読む»

2017 白山大賞典

★展開予想・ポイント  明日は金沢で伝統の一戦・白山大賞典が行われます。  去年の勝ち馬はケイティブレイブ、その他にもスマートファルコンや二ホンピロアワーズなど、ここを踏み台に名馬への階梯を駆け上がっていった馬もおり、スタミナ自慢の馬が揃う中でのタフな持久力を求められるレースですね。  馬場ですが、金沢の予報は今日が一日雨、明日も雨のち曇りですので、まず馬場悪化は避けられないでしょう。  金沢の......続きを読む»

2017 カンナS・ヤマボウシ賞・サフラン賞 レース回顧

 物凄い私事ですけれど、先週末から来週の半ばにかけて、普段基本的に記事にしている回顧やレース予想がてんこ盛り過ぎますね。。。  今週はまた交流重賞三連発ですし、週末も三日間開催で毎日重賞もある、更に南部杯までついてくるとなると、流石にいくつか記事が追い付かなくなるかもしれません。あらかじめご了承ください。まぁ出来るだけは頑張りますけどね。  さしあたりは2歳OPと特別戦を先出しで振り返っていきます......続きを読む»

2017 凱旋門賞 レース回顧

 昨夜行われた凱旋門賞は、イネイブルが好位からあっという間に抜け出して後続を突き放す圧倒的な競馬で勝利し、3歳牝馬にしてキングジョージ&凱旋門賞の2大レースを制するという途方もない偉業を達成しました。  一方で日本期待のサトノダイヤモンドとサトノノブレスは共に外目追走から直線で伸びず惨敗と、またしても欧州の高い壁に跳ね返される無念の結果に終わってしまいました。レースを振り返っていきましょう(レース映......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 12 13

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss