ジャンル別一覧:NBA

違う事を書いてみます。

【バスケのデータ見ながら語ります。】

リーグには30チームあり82試合を戦うので、贔屓チームの試合ですら全て観戦するのは簡単ではないのに、興味ないチームの情報はインプットされにくいものです。 このブログの目的の1つは、そんな方達に他のチームを知ってもらう事にもあります。 チームは生き物であり、選手も日々変わっていくものです。イメージで捉えていると現実の試合では違う姿の時もあります。NBAウォッチャーとして、実際に観た内容を伝えること......続きを読む»

20180112 ロンドンゲーム

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ スポナビブログは15日で終了です。 新ブログのブックマークをお願いします。 , , , ロンドンゲームです。今季はメキシコゲームもあったし、その昔はジャパンゲームがあったなんて信じられない時代になりました。当時はきっとバスケ好きでお金もある大人......続きを読む»

20180111 ホーネッツ vs マブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ スポナビブログは15日で終了です。 新ブログのブックマークをお願いします。 最近は勝ちまくっているマブス。ゾーンを活用したり、相手を見ながら様々な工夫をします。 管理人のお気に入りルーキーのモンクがベンチに座っているホーネッツ。HCが健康の問題......続きを読む»

大豊作のルーキー達を評価してみました

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ スポナビブログは15日で終わります。 引越し先のブックマークをお願いします。 ルーキー大豊作と呼ばれる今季のルーキーを紹介してみましょう。前回は2年目、3年目を評価してみました。今回はルーキーなので少し甘めな採点になりそうです。 1つの特徴は......続きを読む»

20180110 レイカーズ vs キングス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ スポナビブログは15日で終わります。 引越し先のブックマークをお願いします。 割と勝っているキングスと、勝っていたけど失速していくレイカーズです。 ◯最近10試合 キングス 4勝 レイカーズ 1勝 ネッツで感じたのは負けが多くて、しかも接戦を......続きを読む»

20180109 ネッツ vs ラプターズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ロケッツの失速によりリーグ2位までレーティング差が高くなったラプターズ ◯ラプターズレーティング オフェンス 111.0(3位) ディフェンス 103.2(6位) 攻守に高い順位にいてデータの上ではイースト最強のラプターズなのですが、強いチーム相手だと競り負ける傾向があります。 その特徴はラウリー&デローザンを中心とする形は変えずに、ベテランを放出して若手のロールプレーヤーに切り替えて成長させ......続きを読む»

2年目、3年目はルーキー達に負けない活躍をしているのか?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ ルーキー大豊作の今季はNBAに新たな時代が訪れる予感すら感じさせます。しかし、振り返ってみるとルーキー不作の年が続いてから突然訪れた大豊作です。 思い出すのはネテロ会長の言葉 「しばらくルーキーの合格者が出ない時期が続いた後に、優秀な若者が一気......続きを読む»

20180107 ウィザーズ vs バックス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

プレーオフを考えた時に、オット・ポーターjrがアンテトクンポをどれくらい守れるのかを知りたい所なのですが、ポーターはお休みなのでモリスが担当します。ウィザーズとしてはこっちの方が重要か。 そういえば渡邊雄太について 「ウーブレイがイメージ近いのでは」 「PFを守れるのか?」 と書きましたが、まさに 「ウーブレイはアンテトクンポを守れるのか」 というのは同じ構図だったりします。それは難しいの......続きを読む»

20180106 セルティックス vs ウルブズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◯ディフェンスレーティング セルティックス 100.4 ウルブズ 107.2 セルティックスはディフェンス1位に戻ってきました。その内容はヘルプの早さと全員でのリバウンドなど様々ですが、ベースメントとなるのは個人のディフェンスです。 ◯オフェンスレーティング セルティックス 105.4 ウルブズ 109.9 ウルブズのオフェンスはリーグ5位とハイレベル。その内容はバランス整えたら個人で......続きを読む»

渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ 渡邊雄太について勝手に考えよう。 日本バスケ期待の星にして、東にいるからか八村よりも露出の少ない渡邊雄太は今年で大学ラストシーズンです。日本バスケ界からの大いなる期待をされる中でエースとしてプレーを続けています。 その活躍次第で評価も変わってく......続きを読む»

ブルズの快進撃は何故生まれたのか?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ シーズンも30試合を過ぎたあたりから順位表も落ち着いてきて、勝てるチームがしっかりと浮上してきます。好不調の波はあれど、長い目で見たら強いチームが勝つという雰囲気に。 この10試合では、開幕当初は不調だったディフェンスが機能してきたウォーリアーズ......続きを読む»

ロンド先生に学ぶカズンズ&デイビスのペリカンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ デマーカス・カズンズとアンソニー・デイビス リーグ最高のインサイドコンビはスモールラインナップの高速化時代とは一線を画すスタイルをどうやって構築していくのか? そもそもセンターがいないチームが増えた中で高さを全面に出すと思いきや、むしろ高くて早......続きを読む»

ウルブズが求めるスタイルは何なのか?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越ししています。引越し先でも同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ 今季は大豊作のルーキーですが、近年でルーキーシーズンから素晴らしかったのはウィギンズとタウンズくらいでした。 そんな2人のいるチームにバトラーとティーグというオールスタークラスが加わり、ギブソンやクロフォードまで獲得したウルブズは今季の大注目チームでした。 ここまでウエ......続きを読む»

20171225 サンダー vs ロケッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

オフェンスはハーデンのスーパーな活躍で何とかなるけど、ディフェンスはケガ人だらけでどうにもなっていないロケッツ ディフェンスはベンチも含めた動けるメンバーで何とかしているけど、オフェンスは上手くいかないので、ウエストブルック仕様に戻しているサンダー 昨季のプレーオフでもオフェンスではロケッツに追いつけなかったサンダーとしては、ロケッツを何とかして抑え込みたいところ。 抑え込む術はロバーソンは......続きを読む»

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ 散々プレビューしたキャブスオフェンスが本物なのかを、個人でもチームでも守れるウォーリアーズによって試されるクリスマスゲームです。 そしてレブロンの3Pが本物なのか、マッチアップの優位性ゆえの代物だったのかも試されます。 最悪なのは強い相手を前にして、レブロンが独りよが......続きを読む»

20171224 ウォーリアーズ vs ナゲッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

クリスマスゲームを控えてアウェーのナゲッツ戦に挑むウォーリアーズ。こちらもオフェンシブなナゲッツなのでハイスコアが期待させる試合です。 ◉マッチアップ 両チームのマッチアップは マコー vs マレー トンプソン vs ハリス デュラント vs チャンドラー グリーン vs プラムリー ベル vs ヨキッチ マレーはスコアリングPGなので、どちらもコントローラーがいない形に。......続きを読む»

レブロンの大活躍について考える

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ レブロンを評する言葉は様々ありますが、最もしっくりきたのはシャックによる表現 「レブロンはマジックとシャックのミックス」 シャックが言ったのは昨季の話ですが、そんな言葉に吸い寄せられるように近づいているのが、今季の活躍ぶりです。 好調なキャブスオフェンスの中で、レブ......続きを読む»

20171224 ヒート vs ペリカンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

素晴らしいオフェンス力で5割しか勝てないペリカンズと酷いオフェンス力で5割勝っているヒートです。その違いはディフェンス力なのは言うまでもありませんが、両者の成績とレーティング差をみるとなかなか不思議です。 ◯ペリカンズ +0.3 16勝16敗 ◯ヒート △1.4 17勝15敗 ヒートの方が勝つ術を知っていそうです。 , , , ◉ツインタワーとアデバヨ 開始からツインタワーで蹂躙してい......続きを読む»

レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ 『今季のレブロンはキャリアハイライトの活躍をしている』 高卒でNBAデビューしてから伝説的な活躍をしてきたキングですが、そんな声も上がるくらいの大活躍をしています。 しかし、もうすぐ33歳になる選手が更なる成長を遂げたなんて事があるのでしょうか? 人間の心を持ったゴ......続きを読む»

今のところホームとアウェイの成績って差があるの?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ ホームとアウェイの気になる違いを挙げてみます。 ◉ホームに強くてアウェイに弱い ◯ニックス ホーム 15-5 アウェイ 2ー9 ◯ラプターズ ホーム 11ー1 アウェイ 11ー7 ◯ホーネッツ ホーム 9ー9 アウェイ 2ー11 イーストで目立つ3チ......続きを読む»

20171221 ヒートから学ぶセルティックス対策

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ セルティックスvsヒートですが、今回は先に結果をお伝えします。ヒートが接戦をものにしましてセルティックスは8敗目を喫しました。 前回の対戦では連勝を止められたセルティックスが再び負けたヒート。そこにはどんな相性の問題があるのかを検証するためのゲームレポートです。 見方を......続きを読む»

20171221 ナゲッツ vs ウルブズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/ ナゲッツはミルサップの離脱とヨキッチの欠場を経てポジティブな変化が生じており、それがヨキッチ復帰で融合出来ているのかに注目です。 ウルブズはそもそも何か変化しているのか?それはシーズン開始からバランスを模索していたのか、ベストだと考える方法論で戦っていたのかをみたいわけ......続きを読む»

ウォール&ビールが直面する壁

【バスケのデータ見ながら語ります。】

シーズン前のウォールとビールはやる気に満ち溢れ、強気な発言を繰り返しました。昨季の49勝は彼らにとって自身にもなり優勝を現実的な目標と考え始めたわけです。管理人もそこに期待しセルティックスを上回るイースト2位予想にしましたが、実際には5割前後にいる体たらく。 ウォール&ビールよ、それで良いのか? , , , サンダーの低迷は期待はずれだけど、チーム再構築に失敗しているだけです。しかし、ウィザー......続きを読む»

20171219 レイカーズ vs ウォーリアーズ 〜コービー!〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

コービーの永久欠番式典が行われるレイカーズvsウォーリアーズ。 全てをレイカーズ目線で、コービー目線でレポートしてみましょう。 出来るかな。 , , , ◉コービー基準で考えるエース達 ウォーリアーズはデュラントにシューターのトンプソン、ゴール下のマギー、それに中と外の万能型であるマコーとジョーダン・ベル。こっちの方がコービーっぽいよ。 「困ったらオレが決めるから、取り敢えずお前ら頑張り......続きを読む»

20171217 スパーズ vs マブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

最近は勝てるようになって来たマブス。理由が不明なので確認してみる事に。 対するは2試合前そんなマブスに敗戦したスパーズ。こちらは遂にエースが戻って来ました。 , , , ◉知らない選手ばかり スターターの1/3は知らない選手。知らないは言い過ぎですが、そんなにみた事ない選手達なのでイメージしかわかりせません。挙げたらキリがないから割愛。 マブスはPGヨギ・ファレル。デニス・スミスjrはいませ......続きを読む»

ドノバン・ミッチェルが恐ろしい!

【バスケのデータ見ながら語ります。】

今季の新人王は開幕10試合で既にベン・シモンズに決まったようなものです。大豊作と呼ばれた今年のドラフトですが、シモンズは新人王最有力候補に相応しいどころかオールスタークラスの活躍をしています。それくらい圧倒的な力を感じさせる選手です。 しかし、そんな圧倒的なシモンズなのに、早くも逆転新人王の可能性を感じさせる選手が出てきました。 それがユタ・ジャズのドノバン・ミッチェル。 その信じ難い活躍はレ......続きを読む»

20171216 セルティックス vs ジャズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

少し負け始めたセルティックス。自慢のディフェンス力に綻びが出始めて圧倒的だったディフェンスレーティングが100まで悪化中。まだ1位ですが。 そんな1位の座を狙いたいジャズ。こちらはディフェンス以上にオフェンスが好調。 イメージだとセルティックスディフェンスをジャズのオフェンス力では打開できないように思えますが、ここ10試合ならばディフェンス怪しいセルティックスにオフェンス好調のジャズが挑む形です......続きを読む»

20171216 バックス vs ブルズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

負けないクリス・ポール。 それよりも驚異的に負けないのはミロティッチ。 3勝20敗のチームに復帰すると4連勝。勝率1割にも満たないチームを4連勝させています。 『エース』のマルケネンが休んでも勝たせてしまうミロティッチは、雨降って地固まるならぬ、土砂崩れして政府が抜本的な地盤工事する、くらいの勢いでブルズを改善中。 まぁ基本的にはミロティッチ本人が悪いのですが。 , , , こちらも好調な......続きを読む»

20171215 ウルブズ vs キングス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ウルブズは良くも悪くも面白味に欠けていて、試合を点でみるのと線でみるのとほぼ変わらないチームです。シクサーズ戦ではオーバータイムにもつれた試合で、エンビートを活かすシステムを徹底してきたのに対し、ボールを回して難しいシュートを選択して負けました。 それは考え方の面でシクサーズとの違いを感じさせられました。2人だけの中心選手のシクサーズと5人でやるよウルブズ。同じようなレイカーズは良い印象なのに、ウ......続きを読む»

20171214 ペイサーズ vs サンダー

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ペイサーズvsサンダー ポール・ジョージの帰還です。当然の大ブーイングのインディアナはオラディポとサボニスが大活躍で絶好調でもあります。 楽しみな試合ですが管理人が見始めたのは既に23時を回っています。バスケしたり、ブログ移転準備していたら書く時間が足りなくなっているので、今回は時間短縮のため呟きスタイルでいきます。 試合展開は分かり難いですが、印象を語る内容になります。 , , , ◉1Q......続きを読む»

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します

【バスケのデータ見ながら語ります。】

「クリス・ポールがいなければ勝率が3割下がる。クリッパーズはクリス・ポールに頼りすぎ」 欠場すると極端に勝率が下がり、7割も勝てるチームから4割も勝てないチームになるので、そんな風にクリッパーズを揶揄したのが昨季でした。 しかし、そんなクリス・ポールがロケッツに移籍すると同じ現象が起きました。開幕戦のケガでシーズン序盤を欠場し、そこから復帰するとロケッツの勝率が3割上がりました。 ただし、今度......続きを読む»

20171214 ネッツ vs ウィザーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

たまにはネッツでも観ましょう。ラッセルのケガもあり遠ざかっていましたが基本的に良いチームです。しかしラッセルとリンという中心2人が離脱し、さらに要のトレバー・ブッカーも放出。 それでもガードには新しい顔が次々に出てきて、ホリス・ジェファーソンやらアレン、そしてオカフォーと有望株も揃え始めています。 イマイチなウィザーズ相手にどんな試合をするのか。 , , , ◉ガードを活かすネッツ ネッツ......続きを読む»

ベンチメンバーでオールスター イースト編

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ベンチメンバーでオールスターを選んでみよう。イースト編です。 ベンチスタート時の平均得点を並べると10位まで全てウエストの選手が出てきます。ランドルフやアンダーソンみたいに1試合だけベンチスタートだった選手も含めてではありますが。 それだけウエストの方に選手が集まっているだけでなく、ベンチからのパターンを重要視しているとも言えます。試合には変化が必要と捉えていそうです。 得点力のある選手をベンチ......続きを読む»

ベンチメンバーでオールスター ウエスト編

【バスケのデータ見ながら語ります。】

オールスターを選んでみよう。 そんな題名でここまでの活躍ぶりを振り返ってみようかと思いましたが、書いてみたら誰もが予想するテンプレみたいになってあまり面白くなかったので企画変更します。 オールスターには選ばれないけど、今季活躍している選手を選んでみよう。選出基準が難しいのでこんな企画にしてみます。 『ベンチメンバーのオールスターを選ぼう』 基本はベンチメンバーですが、ケガなどでスターターにな......続きを読む»

20171209 ペイサーズ vs キャブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ちょっと短めに。そして展開よりもその時感じた印象を中心に書いていきます。 ◉前半のキャブス マブス戦のレポートでキャブスはかなり良くなっていると書いてから14連勝。いくら何でも結果に繋がりすぎですが、日程にも恵まれているタイミングでこうやって結果を残せることは重要な要素です。ブレイザーズは勝ててないし。 なお、14連勝してますが、その間に勝ち越しているチームとの対戦はシクサーズとピストンズしか......続きを読む»

20171209 ピストンズ vs ウォーリアーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

4連敗のピストンズ。 あぁ好調さは何処へ行く。 見え難い強さは様々な機能性を戦術で用意し、未熟な選手のメンタルをカバーしてきました。そんなチームが連敗なので戦術が勝つのか?メンタルの弱さが勝つのか? そんな中で迎えるウォーリアーズ戦は悪いようで悪くないタイミングです。相手が強い方がメンタルを保てるのはサンダー理論。 しかもウォーリアーズはカリーが離脱。前の試合ではクックが代役。 えっ?誰? ......続きを読む»

20171208 シクサーズ vs レイカーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

シクサーズとレイカーズの第2戦、というかシモンズとロンゾの第2戦。本当はフルツとロンゾが面白そうだったのに。 前回はシモンズがロンゾをボコボコにしましたが、クズマをボコボコにする事は出来ませんでした。シモンズを止めるのは大変ですが、インサイドで簡単に打たせない能力があるかどうか次第です。 レイカーズからするともっと怖いのはエンビート。エンビートがいるとセンターを使わないユニットを組めなくなります......続きを読む»

クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

クリッパーズ周りが騒がしいので、考えをまとめてみようと思います。ポイントはこんな感じ。 ①不調のチームで未来があるのか。 ②再建のためデアンドレ・ジョーダンをトレードするのか。 ③リバースHCを解任するのか。 順番に触れてみましょう。 , , , ①不調のチームで未来があるのか 答えはわからない。不調の理由はガード2人がケガで離脱し、更にガリナリも離脱。連敗から抜け出したと思ったらグリ......続きを読む»

20171207 ニックス vs グリズリーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

カンターがいないと勝てないニックス。ポルジンギス離脱のヒート戦も勝利し、エース不在でも戦える事を証明しましたが、流石に連敗中。 今季は走るようになったわけですが、お互いのチームが走る展開には実は弱いのではないかと思われたのがペイサーズ戦です。 それは走る中でもハードワークが得意なカラーなのに、お互いが走るとさすがにハードワーク出来なくなりそうだからです。 今夜の相手はリーグで最もペースの遅いグリ......続きを読む»

20171206 ラプターズ vs サンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ラプターズは新スタイルと旧スタイルが混じり合いながら進んでいった結果、見事に強豪チームに復権しています。 ◯直近10試合のレーティング オフェンス 113.8(5位) ディフェンス 102.5(7位) なんと+11.7と素晴らしい数字に。 開幕当初は減らしていたラウリーの得点が20店平均になり、ラウリー&デローザンがFG50%を残しています。 同じくシアカム、OGアヌノビー、そしてパウエ......続きを読む»

好調だけど不調なブレイザーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

リクエスト頂いたのでブレイザーズ編です。 ペリカンズ戦前の時点で13勝9敗で勝率8位につけていました。(敗戦で順位は下がります) 中位が団子状態とはいえ、激しい争いが予想されるウエストにおいてブレイザーズの存在は他チームのファンとしては気になる好調さかと思います。 一方でファンからすると少し物足りない状態でもありそうです。そんな不思議な立ち位置にいるのが今季のブレイザーズ。 そんなわけで今回の......続きを読む»

11月の月間MVPを選んでみよう

【バスケのデータ見ながら語ります。】

11月の月間MVPを選んでみよう。 先月のMVPだったカズンズは急速に失速しました。22点12リバウンド5アシストなのに失速と言われる高レベルのカズンズです。 ◉選出基準 こんな感じで決めています。テンプレ。 ・スタッツみて優れている選手を確認 ・自分で観た試合で印象的な活躍をしている 片方だと偏りそうなので両方で考えてますが、実質は観た試合での活躍ぶりです。 ちなみにレポートした試合以外......続きを読む»

フィッツデイルとガソル

【バスケのデータ見ながら語ります。】

開幕から7勝4敗と好調なスタートを切ったグリズリーズはそこから8連敗し、フィッツデイルHCをクビにしました。 多くのNBAプレーヤー(主にヒートAC時代の選手)から惜しむ声が出ていましたが、優秀なHCで内容的にも解任には相応しくありませんでした。おそらく仕事に困る事はないでしょうが、地味なチームで理解し難い仕事をしていたので日本では馴染みもないでしょう。 衰退すると思われた昨季からグリズリーズの......続きを読む»

20171201 クリッパーズ vs ジャズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ケガ人が出ていて観ていなかった両チーム。 その間に何が出来るかも大切な事でジャズはドノバン・ミッチェルを成長させに行っています。 クリッパーズはどうなのか?それを知る試合です。ダメなら思い切って何かを変えるのかどうか。 そう言えば能力はあるけど、戦術的にはダメなセンター対決でもあります。ゴベールがいなくて機能するはずのジャズと周囲がいなくなったので目立たせるべきジョーダンという面白い視点もありま......続きを読む»

20171201 セルティックス vs シクサーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

話題のセルティックスと話題のシクサーズ。 イーストの将来の、近い将来の覇権を争うと考えられている両チーム。 選手の質量ではセルティックスですが、シモンズ&エンビートは個人の質で上回ります。 いつもは戦術的な、システム的な、采配的な、そんな注目点でレポート書くので、たまには個人ばっかり見てしまいましょう。と、思ったらエンビートはお休みでした。 アーヴィングvsシモンズ 多分マッチアップしない2人。......続きを読む»

20171130 ロケッツ vs ペイサーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

説明不要のロケッツ。 シーズンプレビュー通りダントーニ×クリス・ポールは最高な模様。 説明がいっぱい必要そうなペイサーズ。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/199 ここからひと月経過したので、確認しておきましょう。連携も深まってきたようです。 展開早いロケッツと速いペイサーズは同じようで全く違います。 ゴール下か3Pか、の......続きを読む»

20171129 ウルブズ vs ウィザーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

短めのゲームレポートです。 ウィザーズは好調だった昨季を経て戦力を落とさずに勝つべくして臨んだシーズンで予想外の苦戦を強いられています。サンダーと似た状況。 その要因はウォールから始まるオフェンスの効率の悪さ。フィニッシュするメンバーは安定のポーターjrにウーブレイの急成長など充実していますが、どうしても効率性を上げられなかったウォール。シュートが決まらないサンダーとは逆の悩みです。 ピック&......続きを読む»

ピストンズの見え難い強さを探る 〜成熟を促す戦術〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

20試合が経過してバランスが取れ始めてきましたが、予想と違う順位にいるチームには何かしらの理由があります。懸念事項が表に出たり、エースがケガしたり、PGが当たったり。理由というか言い訳の余地があるわけです。 そんな中で完璧に外したのはデトロイト・ピストンズ。13勝6敗でイースト2位についています。もう何の言い訳も出来ない好調さです。開幕前の予想はこんな感じ。 『ブラッドリーも加入し、ドラモンドの......続きを読む»

アラカルト 20171128

【バスケのデータ見ながら語ります。】

セルティックスが終わったので肩の荷も降りて、あまりやらなかった小さな雑多な事を書いていきます。 最近はTwitterで細かい事を書いてしまうのですが、それだと過去を振り返りにくいので、少しまとめて思った事を書いてみます。 ①ハイポストからのスモールアタック ◉ロンゾのハイポスト→クズマへハンドオフ 非常に効率的にみえたレイカーズのパターン。コーナーに陣取るロペスが可能にする効率性ですので、ど......続きを読む»

八村塁は”ゴンザガのイチロー” NBA1巡目は超現実的!テキサス大戦で20点,9REB!ゴンザガHC Few”どこ相手にも勝てる!”

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

“八村塁の全米バスケ関係者へのお披露目パーティーをテキサス大は最前列で見せつけられた!” アメリカのカレッジバスケットボールが開幕して迎えた最初の感謝祭ウィークのスモールトーナメンツが全米数都市で実施された。 the PK80 InvitationalのMotion Bracketには全米No.1のデューク大、同3位ミシガン州立大、同6位フロリダ大、同15位ゴンザガ大、同16位ベイラー大を含む8......続きを読む»

20171128 シクサーズ vs キャブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

キャブスは久しぶりです。レポート書かなくても観るチームはあるのですが、殆ど観ていません。 最後にレポートしたのはマブス戦。そこで書いたのはオフェンスが確実に良くなっている事で復調しそうという状況でした。ディフェンスは知りません。 キャブスが手に入れたものはレブロンに頼らない多様性があるネオレブロンシステム。それは昨季とは大きく違い誰もが積極的にオフェンスに参加できます。しかし、実態はレブロン出し続......続きを読む»

ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

セルティックスの強さを分解してみるオフェンス編です。 ディフェンス編ではジェイレン・ブラウンがもたらした要素の大きさを知っていただけたと思います。オフェンス編は説明し難いスティーブンス・マジックを推論していく事になります。推論です。 今回出てくる数字は話題になった事もあり、知っている方も多いと思いますが、読む人様々なので「そんなの知ってるぜ」と言わずにお付き合い下さい。 1番有名なのは今季のア......続きを読む»

20171125 ナゲッツ vsグリズリーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

構成が似ている両チーム。ポイントセンターのガソルとヨキッチ。しかし、もう1人のプレーメイカーであるコンリーを欠くグリズリーズと、同じくミルサップを欠くナゲッツ。 影響が大きいのはコンリーがいないグリズリーズというだけでなく、ナゲッツにはマレーとゲーリー・ハウスがいるのでガードで力負けしそうです。それをベンチを含めたやりくりでどうにかするのがフィッツデイルHCの仕事。 スターターはナゲッツ、ベンチ......続きを読む»

20171125 セルティックス vs マジック

【バスケのデータ見ながら語ります。】

セルティックスの強さについて書いたら拡散されていきました。だから選んだわけではなく、元々スケジュールしていた対戦です。それはコーチオブザイヤー対決。 「MVPはスティーブンス!」というくらいですので、当然コーチオブザイヤーかと思いきや立ちはだかるのはフランク・ヴォーゲル。こちらもペイサーズ時代に勲章を獲れなかった名将です。 ロケットダッシュを決め、今季1番初めに分析対象にしたマジック。 htt......続きを読む»

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

そろそろセルティックスについて考えてみましょう。この記事を8割くらい書いた段階で3敗目を喫してしまいましたが、それでも素晴らしい勝率であると共に、強さを感じさせるチームです。特にウォーリアーズ戦の勝利は印象深いものがありました。 アーヴィングやホーフォードが欠場しても勝ち続けたセルティックス。現時点でどれくらいのレベルにいるのか、近年のチームと比較してみます。 1年前の11月終了時点の成績上位は......続きを読む»

20171123 サンダー vs ウォーリアーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

戦術的な充実に対して結果が伴わないサンダー。設計された内容は素晴らしいのですが、単にシュートが決まらないだけでなく、高いディフェンス力がありながら、時間を追う毎にそのディフェンスを攻略され、クラッチタイムのディフェンスはリーグ最低です。 それは試合中に強弱をつけ、相手を追い込むという視点に欠けているともいえ、試合に勝つ戦術はあるけど、戦略が足りないチームになっています。 , , , ウォーリア......続きを読む»

センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

センターと戦術の関係性に触れる後編です。 センターと戦術を色分けしたのは、 「インサイドをどう攻めるか?」 という視点でセンターをどこに置くかは現代的なポイントになるからです。3Pを打たせるのは有効な手段ですが、目的がインサイドを攻める方法なので3P以外にも戦術的方法論があるわけです。 簡単に言えばスペーシングする方法論を考えていった結果です。チームによって考え方は様々ですが、それでもやっぱ......続きを読む»

八村塁 NBAドラフト予想サイトで全体15位に!他サイツでも驚きの順位に!開幕3試合で全米専門家が素材に惚れ込む!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁はその素材を開幕3試合で見せつけている!そして夢のNBA入りが何と2年生終了時の来年6月に実現する!?しかも驚異の1巡目指名で! 開幕戦で既に実況の2名が八村塁に衝撃を受けまくっていたのを生中継で観ていて予感があった。それは的中した。先程NHKのニュース9で八村を現地取材したコーナーが放映されたが悔しかった。ブログで書きたかったドラフト予想について先に扱われてしまったからだ。 私はアメリカ......続きを読む»

20171121 スパーズ vsホークス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

久しぶりのスパーズとホークスです。 スパーズの印象は選手が足りていない。その上に肝心のPG2人のFGが悪くて選手が戦術の水準に追いついていません。 レナードとパーカー待ちですが、パーカーを待たなければいけない状態というのは割と厳しい。 とりあえず5割を下回ってはいないので、このまま続けていきましょう。焦れない事は試合でもシーズンでも大切なスタンス。 ホークスは渋い選手ばかりで、本当に再建したい......続きを読む»

20171121 ホーネッツ vs ウルブズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉勝っているぜ!流石だぜ!ウルブズ! 勝ち始めて機能している風潮もありますが、シボドーHC自体が理解できない管理人としてはデータをみても、試合をみてもやっぱり?マークしか浮かびません。 まぁ豪華メンバーでそれぞれが毎試合のように見せ場を作っているので勝っているのが不思議ではありませんが、何がしたいのかはイマイチよく分かりません。 それは良く言えば豊富なバリエーションで勝負しています。そう信じてデ......続きを読む»

20171120 サンズ vs ブルズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉最下位争いのブルズ 前の試合で3勝目をあげたブルズ。ホイバーグがやろうとしていたポジションを入れ替えながら3Pを多用して行くスタイルが少しずつ形になってきていました。 ◯3P 10月→11月 ホリデー 34.8% →34.8% マルケネン 41.7%→32.7% バレンタイン 39.3%→41.3% グラント 6.3% →40.0% ポンデク......続きを読む»

センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜

【バスケのデータ見ながら語ります。】

「現代センターはアウトサイドからも攻められないとダメだぜ!」 そんな固定観念に縛られていませんか? それは多分、2年前の話。だから昨季のトレンドはストレッチ5でした。代表格はブルック・ロペスとマルク・ガソル。3Pなんて全く打たなかった2人は昨季から連打するようになりました。戦術の変化に合わせて必要な武器を新たに取り入れたわけです。 ポイントは《戦術に合わせて》です。 , , , チャイニン......続きを読む»

20171118 ナゲッツ vs ペリカンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

凄く良いナゲッツと凄く悪いナゲッツしかみていないので、もう1度ナゲッツ。 ペリカンズはちょこちょこ観るけど、感想を言うのが難しいチーム。 つまりどちらも表現し難い両チームを同時に処理したい試合です。 , , , ◉マレー、マレー、マレー、ハウス、ハウス、ハウス 素晴らしい方のナゲッツがスタートします。全てはマレー。ゲーリー・ハウスがいない間はシューターとして機能させていました。結局はシュー......続きを読む»

20171118 ウィザーズ vs ヒート

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ウィザーズvsヒートは2連戦です。2日前はウィザーズが前半にリードを得て、3Qに追いつかれ、4Qにディフェンスで勝ち切ったスタッツです。 ウィザーズからすると全体的には良いのに3Qだけ全くダメでリードを溶かす、よく観る展開です。ヒートからすると攻守に安定感を欠く試合でした。ディフェンスが良いと安定するなんてウソです。 少し両チームをアップデートしておきます。 , , , ◉アンバランスなヒー......続きを読む»

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ウォーリアーズとセルティックスの首位対決です。メンバーが大きく変わったセルティックスがこんな位置にいるとは驚きです。恐るべきはブラット・スティーブンスHCの手腕。 ウォーリアーズは相手によって合わせる必要のないチームです。だからスティーブンスによる対策がどれだけ通用するのかが勝負の分かれ目です。1番有効なのはFG%を多分高めて速攻のチャンスを与えない事。 ◯ウォーリアーズの速攻 26.6(1位......続きを読む»

20171116 レイカーズ vs シクサーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

新人王を争う2人の対戦です。争うといってもシモンズの方がかなり前を走っていますし、他にも候補はいっぱいいます。それでも注目したくなるのは話題性以上に似たタイプの2人だからです。 既にトリプルダブルをしている両者はパスファーストのオールラウンドなプレーヤーです。身体能力もありますが、それに頼らないプレーも特徴です。 まだまだルーキーの2人ですが、チームを勝利に導く事を求められています。シモンズには......続きを読む»

20171116 バックス vs ピストンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

避けては通れない1戦。前回はピストンズが勝ちましたが、その内容はバックスの戦略が予定通りに進んだものの、フリースローを与えないピストンズと与えまくるバックスという構図で決着しました。 それは本ブログの「バックスが勝てない理由」の題材にもなりました。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/214 それからピストンズは連勝街道を突き進み、......続きを読む»

20171114 ブレイザーズ vs ナゲッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ヌルキッチとヨキッチの邂逅となる試合。昨季の対戦では大爆発したヌルキッチ。ヨキッチとの仲は知りませんが、ナゲッツには恨みを抱いているであろうヌルキッチの活躍に注目です。 一方のナゲッツは好調が続き、前回のマジック戦では美しいボールムーブで魅了してくれました。では課題だったミルサップの連携が合ってきたのだな、と思いきやシステム調整が上手くいっただけでフィットした感じは受けませんでした。 余りにも上手......続きを読む»

20171112 セルティックス vs ラプターズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉よりらしくなるセルティックス アーヴィングはケガでお休み。出てくるのはマーカス・スマート。決定力はアーヴィングが遥かに上だけど、じゃあどちらがセルティックスらしく、チームを勝利に導くかというとスマート。 よりセルティックスらしい試合が見れそうです。らしいだけで強いかは別のお話。 始めから働くのはスマート。働き方はバランスを整えて適切なところから仕掛けさせる。それだけ。ハンドラーがディフェンス......続きを読む»

20171110 ナゲッツ vs マジック

【バスケのデータ見ながら語ります。】

驚異的に3Pを決め続けて勝ち残っているマジック。40%超えが5人もいてアーロン・ゴードンはこの試合まで56%とクレージー。ウエストブルックのレイアップとゴードンの3Pは同じくらい決まります。 ◯マジックの3P 41.1%(1位) ◯ナゲッツの被3P 38.1%(24位) 決めまくるマジックと決められまくるナゲッツの構図です。 , , , 開幕当初はディフェンスのチームになってしまっていた......続きを読む»

20171110 マーベリックス vs キャブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉復活しそうなキャブス 前回はウィザーズ戦でしたが、レブロン無双作戦を発動し勝利しました。その際に感じたのはレブロンをセンターとして使う新しいシステムの可能性でした。どうやらルーHCも同じような事を感じたらしく、ホークス戦ではそんな雰囲気がたっぷりとしました。 迎えたバックス戦では超高確率合戦を制して勝ちました。 バックス FG56.6% 3P43.3% キャブス FG50.0% 3......続きを読む»

【NBA17-18】CLE vs HOU , 🍳ハーデンがトリプルダブル(35p11r13a5s)、ロケッツ4連勝。 #Rockets

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

CLE 113-117 HOU BOX [http://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0021700166) http://www.nba.com/rockets/ 11月9日(日本時間10日)にトヨタ・センターで行なわれたクリーブランド・キャバリアーズ対ヒューストン・ロケッツは、ジェームズ・ハーデンがトリプルダブル(35得点、11リバウンド、13ア......続きを読む»

バックスが勝てない理由「戦略設計から導かれた敗北」

【バスケのデータ見ながら語ります。】

コービーから出たアンテトクンポへの課題はMVP! 次代を担うスーパースターとしての道を突き進みモンスター化していきます。誰も止められないその能力と若いながらもチームプレーで結束するバックスのリーダーとして大活躍。 しかし、チームは4勝6敗と負け越しスタートです。その理由を探っていくのが今回のテーマです。 , , , ◉大活躍してるアンテトクンポ。一方チームメイトは? ◯アンテトクンポ 得点 ......続きを読む»

サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」

【バスケのデータ見ながら語ります。】

新ビック3を結成したサンダー。開幕戦後にSNS検索すると賞賛の言葉がたくさんありましたが、そんな時期も今は昔。キングスにも負けてまさかの勝率5割を割りました。 ウルブズとの2戦は致し方ない部分もありますが、さすがにちょっと負け過ぎです。何がダメなのか、何となく答えは持っていたのですが、まぁそれ以前の問題がありました。 , , , ◉ロバーソンを笑えない ロバーソンってご存知ですよね? オー......続きを読む»

20171109 ピストンズ vs ペイサーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉ペイサーズはロールマン ペイサーズはピック&ロールのロールマンの得点が多いチーム。基本的にハンドラーの突破力を活かすためにやるのが主流ですが、ペイサーズは崩すために使っているという事です。そこの主役のサボニスはお休み。 ◯ロールマンの得点 15.8(1位) ※2位でも11.9と大差です。 代役にはエースのマイルズ・ターナー。サボニスはスクリーンからリングにダイブしますが、ターナーはわりとミ......続きを読む»

【NBA17-18】LAC vs SAS , トータル15本のスリーポイント👌をヒット、スパーズ勝利。 #GoSpursGo

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

LAC 107-120 SAS BOX http://www.nba.com/spurs/ 11月7日(日本時間8日)にAT&Tセンターで行なわれたロサンゼルス・クリッパーズ対サンアントニオ・スパーズの一戦は、15本もの3ポイントショットを決めたスパーズが120-107で勝利した。 スパーズのグレッグ・ポポビッチHCは「33アシストしたということは、とても利他的なプレイ......続きを読む»

20171108 ニックス vs ホーネッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

開始から目立ちまくるのはポルジンギス。 しかし、このポルジンギスに触れる前にカンターとハワードに触れる必要があります。リング近辺で仕事をする時代遅れのセンターである2人は、それでも時代に合わせている傾向があります。それは共に走る事。カンターはともかくハワードも結構走ります。なお、ハーフコートでは動かないよ。 起こるのはアーリーオフェンスでのゴール下合わせやオフェンスリバウンド。あの体格の選手が走......続きを読む»

【NBA17-18】BOS vs ATL , 🗡カイリー35ポイント、セルティックスが9連勝🔥。#Celtics

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

BOS 110-107 ATL BOX http://www.nba.com/celtics/ 11月6日(日本時間7日)にフィリップス・アリーナで行なわれたボストン・セルティックス対アトランタ・ホークスは、カイリー・アービングが35得点、7アシストを記録し、セルティックスが110-107で競り勝った。 第3クォーターにアービングの得点ないしアシストで16-2と突き放し、7点差......続きを読む»

20171107 サンズ vs ネッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

リーグで最もペースの早いチームと2番目のチームの試合です。今シーズン2回目の対戦で前はサンズが勝ちました。 ◯ペース ネッツ 109.3 サンズ 105.9 早い両チームといってもそこには大きな差があります。そしてこの数字はサンズには大きな意味があります。まずは前半のサンズから振り返ります。 なお、ナッシュvsキッドという名勝負を映像として挟み込まれていましたが、当時は7秒オフェンスとして......続きを読む»

20171106 クリッパーズ vs ヒート

【バスケのデータ見ながら語ります。】

4Qだけ観ようとしていたところ、リクエストいただいたのでフルゲーム観た試合です。両チームともに直近の試合を観ています。同じチームを連続してみると前の試合の反省が出てきたりします。その反省内容が判りやすいとチームがやりたい事も判りやすかったりします。 ◉簡単に抜かれるベバリー マーク相手はドラギッチ。働き口を与えられたようなベバリー。ヒートは全員でアタックするとはいえ、視野の広さが断トツで違うドラ......続きを読む»

20171106 ロケッツ vs ジャズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉ハーデンってどう思います? 「PGはチームを動かす存在だから、アシストが多くてもミスはしてはいけない。パスファーストでフリーになったら確実なシュートを決めるのが良いPGだ」 という日本に根付くPG像を重視するタイプからすると、ハーデンってどう思われるのでしょうか? 26.8点、FG42.7%、3P36.8% シュート自体は上手いけど、割と外しているよね。PGってもっと確実性を重要視するべ......続きを読む»

月間MVPを選んでみた 〜2017年10月

【バスケのデータ見ながら語ります。】

10月の月間MVPを決めてみよう。 こんな感じで決めています。 ・スタッツみて優れている選手を確認 ・管理人が観た試合で印象的な活躍をしている 片方だと偏りそうなので両方で考えてますが、実質は観た試合での活躍ぶりです。 ちなみにレポートした試合以外も観ています。多分、普通のNBAを現場取材している記者よりも観ていると思うので、むしろみんなどうやって選んでいるのか?と思います。やっぱりスタッツ......続きを読む»

20171105 クリッパーズ vs グリズリーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

好調な両チームの試合です。しかし、内容は全く違います。 クリッパーズはレイカーズやサンズを倒して星を稼ぎ、ピストンズやウォーリアーズに負けました。 グリズリーズはウォーリアーズやロケッツを下し、マブスに負けました。コンリー不在でマジックにも負けています。 , , , クリッパーズは結局は戦術グリフィンで簡単に通じる相手には勝てるけど、ってやつです。ただし、グリフィンにも波があるけど割と堅実に......続きを読む»

20171104 サンダー vs セルティックス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

◉ディフェンスのセルティックス 単純にヘイワードの不在は大きいと思われていたものの、6連勝で首位に上がってきたセルティックス。前回(ヒート戦)でも触れた通りアーヴィングはあまり活躍していません。 それでも勝利を重ねてきたのはスティーブンスHCの手腕による部分が大きいです。 ◯ディフェンスレーティング 昨季105.5 → 今季95.1 再びディフェンスに舵を切ってディフェンス力で相手を打ち負か......続きを読む»

20171104 ウィザーズ vs キャブス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

イーストトップ争いのはずが勝率5割になっている両チーム。ディフェンスが崩壊しているとされていますが、本当にそうなのかな? ◯被FG% ウィザー 46.6%(23位) キャブス 47.0%(27位) キャブスは昨季45.8%から悪化しましたが、ウィザーズは変わらない。そう捉えるとマズイのはキャブスですが、そもそも今季はディフェンスにエネルギーを注ぎ始めたウィザーズなので、その割にはよろしくあり......続きを読む»

【NBA17-18】LAL vs POR , 👿リラードのクラッチスリーでブレイザーズが勝利。#RipCity

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

LAL 110-113 POR BOX http://www.nba.com/blazers/ 11月2日(日本時間3日)にモーダ・センターで行なわれたロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズは、デイミアン・リラードが第4クォーター残り0.7秒に決勝3ポイントショットを成功させ、ブレイザーズが113-110で勝利した。 リラードは、決勝点を決めるまで3Pを5......続きを読む»

20171103 スパーズ vs ウォーリアーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

スタッツは良いけど中身は微妙な内容が多く、勝つためにやるべき事を忘れているようなウォーリアーズ。懐かしきカリー潰しをしてきたピストンズにも敗れて3敗。 スパーズは相変わらずの強さで開幕戦を制しました。そこから4連勝し、3連敗。勝っている時からスパーズらしくないスタッツでしたが、それが勝敗に現れてきてしまいました。マジック戦の大敗は相手が良過ぎただけですが、ペイサーズ戦のラストはグリーンがポポビッチ......続きを読む»

【NBA17-18】SAC vs BOS , セルティックスが開幕2連敗からの6連勝。#Celtics

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

SAC 86-113 BOS BOX http://www.nba.com/celtics/ 11月1日(日本時間2日)にTDガーデンで行なわれたサクラメント・キングス対ボストン・セルティックスは、第3クォーター終了までにリードを29得点(89-60)に広げたセルティックスが113-86で快勝した。 フィールドゴール試投数8本(成功数7本)で22得点を記録したジェイレン・ブラウ......続きを読む»

20171102 ニックス vs ロケッツ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

開幕戦は素晴らしい内容でウォーリアーズを倒したものの、その後のロケッツはかなりヤバイ状況になっています。走らない、3P入らない、ミスのオンパレード。それでも何とか勝ってきましたが、遂に連敗。 ◯2P 65.1%(1位) ◯3P 31.1%(29位) 以前書いた「3P乱れ打ちだけど、2Pの確率を高めようとしている」というのに適合した結果を残してくれています。 だから何とか勝っていましたが、それ......続きを読む»

20171102 ヒート vs ブルズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

2回目のヒート。前回は3Pが入らなくて負けました。ホワイトサイド不在だし致し方ないという感じでした。 そんな3Pはドラギッチとエリントンまで入らなくなってきて、かなり悲惨な状態に。 ◯2P 60.2%(3位) ◯3P 31.9%(27位) 見ての通り酷い差です。なお、 3Pが入らないと負けるのがヒートで、 3Pが入らないと勝てないのがロケッツです。 ロケッツは2Pが1位で3Pが29位。......続きを読む»

20171101 ペイサーズ vs キングス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ペイサーズのプレビューは割愛。走るか、守れないかの勝負。 ブレッドソーの離脱によりサンズが勝ったため、定位置確保しそうなキングスは若手達を揃えすぎ、育成下手のイェーガーHCによりプレータイムが迷走中。ジョージ・ヒルがまた良いものだから悩んでしまうよ。 なんだかディバッツに指示されたプレータイム配分してそうなのが怖い。 前回触れなかった部分としてはインサイド陣。高さがあって動けて魅力的だけど、じゃ......続きを読む»

【NBA17-18】GSW vs LAC , ウォリアーズが141得点、ディフェンスのLACを撃破。#DubNation

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

GSW 141-113 LAC BOX http://www.nba.com/warriors/ 10月30日(日本時間31日)にステイプルズ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ロサンゼルス・クリッパーズは、ステフィン・カリーが7本の3ポイントショットを沈めて31得点、6アシスト、5リバウンドを記録し、ウォリアーズが141-113と大勝した。 リーグ最少の平......続きを読む»

インディアナ・ペイサーズを確認しておこう

【バスケのデータ見ながら語ります。】

そろそろインディアナ・ペイサーズを確認しておこうのコーナーです。基本的にはサプライズと捉えられているであろうペイサーズですが、わざわざプレビューしたように注目していました。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/166?article_page=2 まとめるとこんな感じ ・昨季から機動力重視に切り替えたけど、メンバー構成に失敗してい......続きを読む»

20171031 ブレイザーズ vs ラプターズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

強いぜ!強いけど勝率には反映されてないぜ!という両チーム。とてもオススメの試合です。 ◉充実した? 夏の補強 新生ラプターズはスパーズとウォーリアーズに負けました。新しいスタイルは通用したけど勝つところまではいきませんでした。 両試合とも最後まで接戦でしたが、締めはやはりラウリー&デローザンでいき、そして散りました。強力なコンビですが、それじゃあ勝てないよ、という事で始めた新スタイルなので失敗を......続きを読む»

ブログ終わります 「本ブログについて」

【バスケのデータ見ながら語ります。】

Twitter始めました。Twitter@whynot_jp 16ー17シーズンのプレーオフからブログを開設し半年が経ちました。半分以上がオフシーズンだったにも関わらず100万ビューも超えました。ありがとうございます。 しかし、1月をもってブログが終了する事になりました。移転先は未定です。 スポナビブログはそもそも「ブログを読みたい人」ではなく「スポーツ記事を読みたい人」に読んで頂けるので、マ......続きを読む»

オーランド・マジックに何が起きているのか?

【バスケのデータ見ながら語ります。】

今季1番初めの衝撃はディアンジェロ・ラッセル率いるネッツの充実ぶりでしたが、そんなネッツを追った試合で現れたのはオーランド・マジック。現在、イースト首位。一体何が起きたのか? ここまでを振り返りましょう。 ①ヒート 116ー109 ・フォーニエが23点FG53% ・ヒートの3P26.7% どちらかと言うとヒートが負けた試合 ②ネッツ 121ー126 ・ブセビッチ 41点 FG77% ......続きを読む»

20171029 クリッパーズ vs ピストンズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

全勝してるよクリッパーズ。ケガ人がやはり出ましたが、ブレイザーズに競り勝つとは強そうです。スタッツは3試合が大勝のためほぼ役立ちませんが一応。 ◯リバウンド 50.3 文字通り最高峰のフロントラインはリバウンドを稼ぎます。3人で33本以上です。 ◯FG46.5% ◯アシスト 20.3 ◯ターンオーバー 13 3試合も大勝してる首位のチームとしては物足りない数字です。ターンオーバーが少な......続きを読む»

20171029 ヒート vs セルティックス

【バスケのデータ見ながら語ります。】

ヘイワードショックが大きかったセルティックス。メンタルは乗り越えたかもしれないけど、ウイング不足をどうしているのか確認です。 テーマは「アーヴィングはPGしてるのか?」開幕戦はしてなかった気がします。 セルティックスの特徴はこんな感じ ・ボールが周り 325 ・アシストが多い 25.2 ・FG%は普通 45.4% ・割とオフェンス志向 108.8 5試合終わった段階では ・パスが減り ......続きを読む»

20171028 ウォーリアーズ vs ウィザーズ

【バスケのデータ見ながら語ります。】

まさかのレイカーズに連勝を止められたウィザーズ。4Qだけみとけば充分、という雰囲気は続く。 まさかの2勝2敗の五分から抜け出したウォーリアーズ。まぁロケッツとグリズリーズだから意外ではないけど。しかし勝った試合も苦戦だらけ。でもスタッツみると調子悪くないよね。 なお、オープニングはいつも前日に書いています。たまにTwitterに数字とテーマだけかくので、試合前に触れたい方は@whynot_jpを......続きを読む»

20171028 ティンバーウルブズ vs サンダー

【バスケのデータ見ながら語ります。】

サンダーvsウルブズのセカンドラウンド。前回の対戦では大量リードしてペースの落ちないウルブズだったけど、本気になったウエストブルックによって計算通りラストプレーで逆転したサンダー。しかもラストはウエストブルックと見せかけてのカーメロなんて最高!! と、思いきやタイムアウトも残っていない中でウィギンズがまさかの逆転ロングブザービーターを決め、主役の座をウエストブルックから奪い取りました。 しかし、......続きを読む»

  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss