ジャンル別一覧:MLB

ブログ移転のお知らせ

【Go! Jays! Go!】

 スポーツナビでの投稿は1月15日までとのことで、これがこのブログの最後の更新となります。  今後もライブドアブログにて更新を予定しております。  最近は更新頻度がかなり落ちてきており、ブログを続ける必要性があるのか疑わしいのは事実でありますが、私生活が落ち着けばまたぼちぼち更新出来るのかな、と考えており、とりあえず更新できる場を用意しておきます。  8年近くもいたブログをお引越しするというのは......続きを読む»

ブログ移転のお知らせ

【116 Wins】

皆様ご無沙汰しております。 スポナビブログの閉鎖に伴い、ブログを下記リンク先に移転いたします。 ブログ名は今と変わりません。更新頻度もきっと変わりません。 116 Wins 2010年のブログ開設から7年間、気まぐれに更新してきましたが、 私のブログなんかに通算100万以上のアクセスを頂き、本当にありがとうございました。 これからも細々と更新していければいいなと思っています。 今後ともよろし......続きを読む»

スポナビブログがいたから楽しかった

【マリナーズの優勝を夢見るブログ】

どうも大変ご無沙汰しております。 2015年シーズン前の更新を最後に、PCの故障で執筆中のブログがパーになったことで興が削がれ、その時同じくしてリアルの環境が一変したことも重なりブログをひたすら後回しにしていって、はや3年弱の月日が流れてしまっていました。 時代の模様が変わるのに3年は十分な時間です。私がブログの更新を止めていた間にこのブログの主テーマであるマリナーズは目まぐるしく変化していき、か......続きを読む»

新しいエンゼルスのサイトでお会いしましょう

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

ご案内の通り、スポナビブログが今月末を持ってサービスを終了してしまいます。自分で投稿するだけでなく、他のブログにも面白いものが多かったので、とても残念です。 今後ですが、エンゼルスに関しては新しいサイト「現地人が教えるエンゼルス観戦完全ガイド」(仮)を立ち上げます。 http://angels-ohtani.com まだ制作途中なので、中途半端な記事もありますが、スプリングトレーニングが始まるま......続きを読む»

MLB 大都市球団のGMが賢くなった!?大物FA市場の動きがこんなにもスローな理由を分析!CBSスポーツ記事で大々的に!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに大都市球団(レッドソックスを除く)のGM達も愚かな大盤振る舞いに終止符を打った!? CBSスポーツ電子版でJonah Keriの最新記事“6人のMLB球団関係者が今オフ大物FA市場の動きが超スローな理由を分析”を掲載。 The latest from @jonahkeri: Six high-ranking MLB officials explain why the Hot Stove s......続きを読む»

ヤンキースがダルビッシュへ7年1億6千万ドルオファーというガセ!アストロズ革命、BS放送を見終えて!ブログを終えるにあたって、なぜ当ブログは戦略をテーマとしてきたのか。

【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷二刀流からヤンキースとドジャースの贅沢税ラインを切る意味の戦略的な違いについて、最後にアストロズへと内容を進めていきます。 ベースボールの知識と戦略の知識は全く違うと繰り返し言ってきました。例えば今から3か月前になります、どれだけ巷において中四日だから大谷二刀流は不可能であるという言説がまかり通っていたか、みなさんは覚えているでしょうか。 中四日という固定概念に囚われた人は、張本的な固定概......続きを読む»

ホズマー ロイヤルズ残留の可能性高まる?パドレスが反ホズマーをフロントに!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

まさかまさかのミラクル残留劇は実現する!? エリック ホズマーは現在FA。カンザスシティ ロイヤルズはMLBの中でも最も資金力の少ない球団の1つであり、これまで最大のFA契約は15年オフにアレックス ゴードンと結んだ4年7200万ドル(約80億円)。数少ない1億ドル超の契約を結んだことのない球団ということもありホズマーはほぼ間違いなく残留させられないと言われていた。 しかしロイヤルズはホズマーの......続きを読む»

ブログ引越しのお知らせ

【MLB記録navi】

いつもお世話になっております。 スポーツナビブログ閉鎖に伴い、下記ブログへ引っ越しました。 http://blog.livedoor.jp/yasu_mosu/ 過去の記事につきましては、本文は上手く引っ越せましたが、画像までは引っ越す事が出来ず、現在は本文のみ表示されている状態です。 時間がある時に一つずつ手直ししていきたいと思います。当分の間は御迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。......続きを読む»

ひっこしのご案内

【Koji's Classroom】

半年ぶりの投稿です。 昨年後半、わたし自身がやたらめったら忙しく、またオリオールズの不調もあいまってブログをまったく書かずにいるあいだに、なんとスポナビ+の終了が決まってしまいました。 最初の投稿が2009年5月7日。わたしなんかがこんなスポーツの殿堂みたいなブログサイトに書いていいのかなという思いと、でもメジャーを見始めたらとにかく面白くて何か書かずにいられない気持ちとがせめぎあって、すっごく......続きを読む»

超痛快!大谷翔平の移籍劇。

【スコッチを片手に】

スポナビブログが終了する前に、どうしても書いておきたいネタがあと一つありました。 それが、 大谷翔平選手のメジャー移籍について です。 この5年、北海道民として、大谷二刀流の挑戦を見守ってきました。 引き止めたい気持ちがおきてもおかしくありませんが、大谷選手は入団当初から、いずれはメジャーに挑戦する意思を示していましたし、球団もそれを承知でドラフト強行指名を断行しましたから、ついにその時が......続きを読む»

メリフィールドがガトリンに「走り」で圧勝!ショットガンタッチ出場!ビックリ(笑)

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

まさかメリフィールドが日本の元旦の人気TV番組に出るとは! TBSのお正月の人気番組、「最強アスリート元日決戦」。昔は好きでよく観ていたけど、ここ数年は全くと言っていい程観ていなかった。そして今日もほとんど観ていなかった(笑) 適当にチャンネルを変えていて、ジャスティン ガトリンが映し出されたのでちょっと観てみようと思って画面をボーっと観ていた。するとエリック ホズマーが打席に立つ姿が!戸惑った......続きを読む»

移転のお知らせ

【The Bronx Bombers】

 あけましておめでとうございます。そしてお久しぶりです。未踏の地です。  スポーツナビ+が1/31で終了するとのことで、移転のお知らせです。 ・移転先  「未踏の地のブログ」に移ります。  更新自体は、2年半前からあちらに移っていましたが…。関連サイト:思いつき by 未踏の地として記載していたものです。  こちらのブログで告知していなかったので、遅ればせながらご案内です。数えてみたらこち......続きを読む»

新たなフェーズに入ったことを内外に示したトレード

【Rayを釣りたくて】

 例によって久しぶりで申し訳ございません。Seriseriです。いやはや、忙しいこと忙しいこと。海外出張とか入ると大変ですね。  そんなわけで今回はちょっととりとめもない感じで書いていきたいと思います。読みにくいとは思いますが…。  さて旧聞になりますが、チームの大切な、本当に大切な選手であった、Evan LongoriaがSFにトレードされていきました。トレード相手はDenard Span、C......続きを読む»

平野佳寿 Dバックスと2年6億8千万円で契約!クローザーを確実に視野に入れられる最高の球団!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

平野は最高の球団で夢のメジャーでのクローザーの座を掴み取る! 今しがたESPNのサイトを開いたら平野佳寿とアリゾナ ダイアモンドバックスが2年600万ドル(6億8千万円)、更に登板数等の条件クリアで1年ごとに100万ドルのインセンティヴが設けられているという契約で合意に至ったとの記事を目にして喜んだ。 Dバックスは昨季クローザーだった大ヴェテランのフェルナンド ロドニーが39セイヴスを挙げたが、......続きを読む»

なぜエンジェルスを大谷翔平は選んだのか、その最大の理由 歴史的にソーシアと栗山監督の違いを明らかにする

【MLB 戦いの原理を求めて】

日本ハムとエンジェルスがどれだけ違うチームかまず分析する。 日本ハムはセイバーメトリクスに基づいた「ベースボール・オペレーション・システム」(通称BOS)を運用し、それを土台として1軍2軍も含めた現場とフロントの全体に対してオープンとなった情報を共有し、互いの意識に齟齬がないように民主的に話し合い、戦略的に一体となってチームの理想的な未来像に向かって力を合わせるカルチャーを持っている。 一方、エ......続きを読む»

松井をスケーブゴートにしたソーシア、大谷翔平はいずれ栗山監督が如何に優れた指導者であったか改めて知るだろう。

【MLB 戦いの原理を求めて】

松井がFAで2010年にLAAに入団し、OPS820とピッチャーズパークを本拠地にしている割にはそこそこの結果は残したものの失敗と判定されるような成績もなかったが期待に大いに応えたというものではなかった。LAAのチーム成績はケンドリック・モラレスの負傷を境にして失速した。 この時、痛烈に松井をスケープゴートとしてこき下ろし、不調に終わったチームの責任を主砲松井に押し付けるかのようなコメントをソーシ......続きを読む»

ジーターはヤンキースの「内通者」だったのか? スタントンのトレードを分析する

【Go Angels Baseball!】

ジーターが新オーナーとなったマーリンズがヤンキースに今季MVPのジャンカルロ・スタントンをトレード。 そして見返りはスターリン・カストロとまだシングルAのプロスペクト2人。 ファンからは 「ジーターは引退後も真のヤンキーだった」 「ヤンキースはマーリンズでのジーターも殿堂入りさせるべき」 「これは2003年のWSのリベンジ」 「ミスターノーベンバー?ディセンバーもだ」 などとトレードに呆れた人た......続きを読む»

大谷ゲットのエンジェルス、今後はどう動く?

【Go Angels Baseball!】

大谷を獲得したことによって、がぜん「勝ちに行くモード」に入ったエンジェルス。 さあ、じゃんじゃん金を使って大補強! と言いたいところなのですが、残念ながらウチには今そんなに余裕がないのです。 プホルスの巨大契約に縛られているのは周知のこと。そしてトラウトとアップトンの年俸も高額です。 さらには二塁の大穴を埋めるのに必ずお金が必要になります。 また、いわゆる贅沢税に関係する「ペイロール」には......続きを読む»

「オープンな、まっさらな気持ちで」という大谷翔平の言葉の真意を曲解してはならない

【MLB 戦いの原理を求めて】

「理想的な環境だけを純粋に求めた結果、一切の義理や金銭という条件を括弧に入れて、すべてを白紙の上において眺めて比較考慮した結果、エンジェルスを選択した大谷翔平という人物の決断力の凄まじさを痛感させられた。」 大谷が入団記者会見をする前にそう当ブログでは書きました。「すべてを白紙の上において眺めて」というフレーズを実際の記者会見で大谷は「オープンな、まっさらな気持ちで」と表現したのではないかと個人的......続きを読む»

25年来のエンジェルスファンから見た「大谷翔平」

【Go Angels Baseball!】

「椅子からひっくり返りそうになった」 これは大谷の入団が決まったときのビリー・エップラーGMの言葉です。 さらには 「結婚式のときや、子供が生まれたときのよう」 とさすがに大げさに聞こえるようなことも言っていましたが、歴戦のGMにここまで言わせた大谷のインパクトとはなんだったのでしょうか。 そこには本当にMLBを長年見ていて、エンジェルスを応援していないと実感できないものもあると思います。 つた......続きを読む»

大谷を獲ったエンゼルス、返す手でダルビッシュ?

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

 本日、エンゼルスタジアムで行われた大谷選手お披露目のプレス・カンファレンスに行ってきました。開始の40分ほど前に到着したのですが、すでにフェンスには3重、4重に人垣ができており、その昔タイガー・ウッズのティショットを見た時を思い出しました。  時間通りにスーツ姿で現れた大谷選手。ナマ大谷を初めて見た感想は「カ、カッコいい・・・!」  日本人離れした長身に、小顔、広い肩幅、スラっと伸びた手足、厚い......続きを読む»

したたかな日本ハムの戦略と大谷翔平の決断に凄みを感じたエンジェルスへの移籍劇

【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷翔平の大争奪戦は獲得に対して最も遅い時期に手を挙げたチームであり、誰もが予想しなかったまさしく大穴のエンジェルスが獲得しました。 日本ハムは中垣征一郎トレーナーをすでにパドレスへ送り込んでいたように、業務提携もしているパドレスにおいて実に戦略的に二刀流受け入れの体制を築いていたことは間違いありません。たとえポスティングをしても二刀流を受け入れるチームが複数存在する保証など1年前にはなかったわけ......続きを読む»

<重要>ブログお引越しのお知らせ   大谷翔平、エンジェルスへ来る

【Halos In Another Sky】

<重要>ブログお引越しのお知らせ こんばんは。申し訳ありませんが、ブログの更新期限を過ぎてしまいましたのでこちらでご報告させて頂きます。 Halos In Another Sky ブログタイトルは変わりません。 現在は改装中ですが1月中の完成を目指しています。 大谷選手も加入し盛り上がりそうなエンジェルス。今年も更新と応援を皆さんと共に頑張りますので、 よろしくお願い致します。 bl......続きを読む»

大谷翔平はLAエンゼルスへ

【スポーツ えっせい】

 ファイターズからポスティングでMLB入りを表明していた大谷 翔平の移籍先が、LAエンゼルスに決まったらしい。  LAエンゼルスといえばアメリカンリーグ西地区で長谷川滋利が 最初に入団したチームだし、松井秀喜や高橋尚成も在籍していた事 から日本でも馴染みのチームである。  当初は大谷陣営も熟慮するだろうから基本的に11日から始まる ウインターミーティング以降だと考えていたし、年を越す可能性も と......続きを読む»

キター!大谷、エンゼルス!

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

お昼前のLAに飛び込んできたニュース! 大谷、エンゼルス入り! キター!やっぱりー! 正直に言うと、可能性は高いと思っていました。本人の西海岸志向は聞いていましたし、二刀流を追求するならやはりDHのあるア・リーグだと思っていたからです。アスレチックスは早々と脱落していたので、マリナーズかエンゼルスかと。 気候から言えばシアトルよりも断然暖かく、そして暮らしているとわかりますが、外国において、LAほど......続きを読む»

続編捕捉 なぜ野村克也は大谷二刀流がメジャーで失敗に終わって欲しいのか 30チームに拡張されたメジャーのレベルはほんとうに下がったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

挙げ足取りレベルの反応があったようなので、ふだんは一切言わせるがままに放置ですが、今回は珍しく一言書き添えておきたい。 ジャイアンツが日米野球で張本や野村に衝撃を与えた年は、エキスパンション直前の1960年。 1960年 16チーム  アメリカの人口 1億8600万人  アメリカ 574人 その他13か国  63名 (ドミニカ 7名 プエルトリコ11名 ベネズエエラ3名 キューバ25名他) ......続きを読む»

大谷翔平の移籍先、本命であるパドレスの対抗馬は果たしてどこか

【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷二刀流はチーム(組織)で動いているプロジェクトであり、パドレスにおいて二刀流のサポート体制を作るために、日本ハムは出来得る限り重要なキーとなる人材や情報をパドレスに投資していることにほぼ疑いの余地はない。 日本ハムはパドレスにおいて最高の二刀流に対する環境を作り上げようと努力してきたことを、主役である大谷翔平は当然のことながら十分に知っている。よって他のチームがパドレスが現時点で整えている二......続きを読む»

大谷翔平の移籍先予測にまつわる いい加減な解説者たち

【MLB 戦いの原理を求めて】

この記事は完全にリラックスして書きます。 金村という解説者はある信頼できる関係筋からダイヤモンドバックスだと断言していました。ふたを開けてみればタブロイド紙の受け売りだったことが判明しました。やけに自信満々でダイヤモンドバックスと断言していましたが、ぶっちゃけ金村が言うならばメジャーのこともほとんど知らないし大丈夫だろうとも思っていました。(笑) 「大谷の賢い選択 ヤ軍は二刀流不向き/福島良一の......続きを読む»

大谷翔平の移籍先、やはり本命はパドレス!ヤンキース、ダイヤモンドバックスは脱落する

【MLB 戦いの原理を求めて】

まだ霧がかかったような薄らぼんやりとした中で、当ブログでは一年前から大谷翔平は金では絶対に動かない、超売り手市場故に、どちらか一本に絞り込むことなく必ず二刀流でメジャーへ移籍することなる。その移籍先はパドレスこそが最有力であると断言してきました。 「2017年、大谷翔平の移籍先としてパドレスが最有力な理由」 そして今やパドレスが本命であることはもはや疑いようもなくなってきました。例えば最終候補......続きを読む»

大谷 最新MLB FAランキングでダルビッシュを抜き1位に!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

大谷翔平がMLB史上ダントツの超大物“FA”選手としてMLBストーヴリーグを盛り上げる今後3週間となる! ポスティング申請が正式に決定した今、MLB公式サイトはトップページの左側に常に載せているFAランキング「Notable Free Agents」の1位をこれまでのダルビッシュ有から大谷翔平に変えた。 2位がダルビッシュ、3位がJDマルティネス、4位がエリック ホズマー(KC)、5位がジェイク ......続きを読む»

なぜ野村克也は大谷二刀流がメジャーで失敗に終わって欲しいのか 30チームに拡張されたメジャーのレベルはほんとうに下がったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷二刀流の成功によって日本のプロ野球の歴史を大きく変えたと言っても過言ではない栗山監督への世間の高い評価が認めがたく、強烈な嫉妬も相俟って、野村克也はどうしてもメジャーで大谷二刀流が失敗に終わってほしいことが先日のインタビューでも透けて見えてきました。もしこのまま大谷二刀流がメジャーでも成功すれば、栗山監督への評価は日米の野球とベースボールの歴史を変えた人物ということになり、栗山監督へ向けられる更......続きを読む»

ボラス氏が大谷ポスティングを痛烈批判、「グレーな裏技ある」

【Go Angels Baseball!】

先日、大物代理人スコット・ボラス氏が大谷のポスティングについて意見し、痛烈に批判。不公平な抜け道があることも示唆しました。 念のため書いておきますが、ボラスは大谷の代理人ではありません。今回の意見は名物記者ローゼンサル氏のインタビューに応えて話したものです。 さて、ボラスが怒っているのは当然、総額170億の契約をもらった田中に対し、マイナー契約どまりになってしまう大谷の扱いはひどすぎるからで......続きを読む»

プレゼンするにあたって大谷翔平を獲得するための最重要ポイントとは何か、かくしてヤンキースは選ばれない!

【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷翔平の軸足である左足が浮いて右足一本打法で打っていたバッティング練習のシーンが流れた際、昔、書いたハーパーの記事のアクセス数が伸びたことがありました。 それがこの記事。 左の軸足が完全に浮くブライス・ハーパー  そのバッテング技術 大谷はハーパー好きでその打撃技術を研究しているから、同じ軸足の使い方をしているのだということが最近知りました。いきなりタイトルとは全く関係のない話でしたね。 ......続きを読む»

シーズン前予想 答え合わせ編

【Rayを釣りたくて】

 高校野球とかもやらないとですよね。テキストは何回か書いているのですが、そのたびに没としております。ちょっとね、難しい。数字なしで語るだけなの。 (目的/動機)  シーズン前に行った成績予想の答え合わせを行う。そして反省をする。反省しない投げっぱなしなことはしない(趣味においては)。 (方法)  今シーズン開始前に行った成績予想に対して、実際に残した成績を並べてみて、比べます。そして、如何に私の......続きを読む»

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

【Go Angels Baseball!】

大谷ポスティングの詳細が決まり、いよいよMLB球団への移籍もカウントダウンが始まった。 大谷は行きたかったMLBに行けることになり、日ハムはポスティングフィーをゲットし、MLBもスター選手が新しい客層を呼ぶ。 めでたしめでたし。 ん? 契約の内容を見ると、明らかに不公平な部分がありますね。 日ハムは前回の大物、田中のポスティング時と同じ金額、22億円強を手にした。 では大谷が受け取るのはい......続きを読む»

大谷二刀流を実践できるポテンシャルを持ったメジャーリーガーにゴロゴロいる、というメジャー通の言説に惑わされるな

【MLB 戦いの原理を求めて】

例えばアーロン・ジャッジは強肩であり、最速97~8マイルのスピードは出せる。しかしアーロン・ジャッジは実際にマウンドにあがって後ろから勢いもつけずに、制球や時にはランナーを気にしながらいったい何マイルの4シームを投げられるというのか。 イチローというメジャーでもレジェンドレベルの強肩外野手がいる。実際にそのイチローがマウンドから投げた4シームは若いころの全盛期でもせいぜい93マイル程度である。イ......続きを読む»

大谷翔平は戦略的にチームを厳選すべきである 二刀流にフィットするチームの条件を戦略的に考える

【MLB 戦いの原理を求めて】

メジャーの歴史においてセイバーメトリクスを戦略に組み込んで目覚ましい結果を出したチームと言えば、言うまでもなくマネーボールでも有名なオークランドです。スモールマーケットのチームを如何に強いチームにするのかとビーンが考え抜いた結果、それまでの常識を捨て去って、セイバーメトリクスを駆使することによって、一定の成果を出しメジャーの歴史に大きな足跡を残すことになります。 そのオークランドの成功を後ろから見......続きを読む»

未だに過小評価の出塁率! (ボットーがMVPにふさわしかった理由)

【Go Angels Baseball!】

今、打者にとって最も重要な単体スタッツは何?と聞けば、「出塁率」と答える人も多いでしょう。 アウトカウントを増やさないことが得点に与える影響の大きさは、MLBではもう周知の事実になっています。 でも本当にそれが意識にまで浸透しているのかと言われたら、疑問が残ります。 昨日発表されたNLのMVP投票で、ジョーイ・ボットーがジャンカルロ・スタントンに負けて2位に終わったことが、それを物語っているように......続きを読む»

メジャーリーグ、メキシコへ帰る

【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

MLBは、サンディエゴ・パドレスとロサンゼルス・ドジャースが、来年5月4日から6日にメキシコ、ヌエボレオン州モンテレーで公式戦を行うと発表した。メキシコで、MLBの公式戦が行われれるのは、1999年以来実に19年ぶりのこととなる。 メキシコでは、来年首都メキシコシティに新球場が完成する予定で、ここでメジャー公式戦の話もあったが、先日の大地震で開催球場が変更になったようだ。    メキシコの英雄......続きを読む»

大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて

【MLB 戦いの原理を求めて】

日本ハムが大谷翔平のポスティングに際して、もしも一つだけ大谷に対して注文をつけたとするならば、それは「メジャーへ移籍する以上、二刀流でプレイすることが条件である」というものではなかったかのかと考えています。 さてこれまで大谷のメジャー移籍についてウォッチしてきた当ブログですが、昨日の大谷のメジャー移籍への記者会見を見て、改めてヤンキースという線はまずないだろうと結論するに至りました。 なぜなの......続きを読む»

大谷翔平MLB移籍の意思を固める

【スポーツ えっせい】

 来シーズンからのMLB移籍が噂されていた大谷翔平がアメリカ での代理人が決定した事から、事実上MLB挑戦の意思を表明した らしい。  大谷翔平は高校時代から直接のMLB挑戦を希望していたが12年 のドラフトでファイターズから1位指名され5年間プレーし、一昨 年は15勝での最多勝に2,24の最優秀防御率と750の最高勝率の 投手3冠に輝き昨年は22HRを放ってファイターズの日本一に貢献 していた。......続きを読む»

田中将大 オプトアウトせず残留 決断に至った理由とは!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田中将大にとってヤンキース残留の判断は難しくなかった。 多くのメディアは田中のオプトアウト選択を予想した。私自身もしてもらいたい思いがあった。 しかし今回残留を表明。ヤンキースファン達、地元メディアも安堵している↓ Masahiro Tanaka declines opt-out, will remain with @Yankees through 2020: https://t.co/drF......続きを読む»

グリエルにみせたダルビッシュの寛容さの中には、思索しうる者だけ持つたしかな知性がある

【MLB 戦いの原理を求めて】

私自身、世間における多数の意見は反対の立場を取ることが極めて多く、最下位のジラルディを擁護するかと思えば、二刀流・大谷がバッシングにさらされた時も栗山監督を擁護しました。 殿堂入り 私ならバリー・ボンズへ投票する ジャーナリズムの精神とは何か にもあるようにボンズも擁護すれば、永久追放の大合唱に晒された巨人の福田も擁護し、賭博はしても八百長はしていないピート・ローズに対しても擁護する姿勢を当ブ......続きを読む»

ダルビッシュ伝説のWS第7戦へ!グリエルとの世紀の対決は?滑るボール対策 スライダー以外の精度を上げられるか!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダルビッシュが第7戦で伝説を作るチャンスを手に入れた!この世紀の一戦を世界は固唾をのんで待つ! ダルビッシュ vs. グリエルは最大の注目点の一つ。 こんなに注目される投手 vs. 打者の対決は近年記憶にないかもしれない。第6戦はグリエルへのブーイングが強烈だったが、明日はダルビッシュへの声援がどのようなものになるのか?ブーイングよりはダルを応援する方を優先させるドジャースファン達であろう。でも......続きを読む»

戦略なき者は敗れる!ワールドシリーズ、すべてを勝ちにいかないという戦略

【MLB 戦いの原理を求めて】

前回の記事の補足 === 例えば、立憲民主党の躍進があったその背景には、共産党との共闘がありました。60以上もの選挙区で共産党が立候補を取りやめたからこその立憲の躍進。もし立憲も共産も、全力で全選挙区で勝ちにいけば、共倒れになったことは明らかです。弱者である立憲や共産が選挙で議席を確保するためには、当然そこには戦略が求められます。 スポーツでもインパクトの瞬間に至るまで、如何に力を抜いて、ここ......続きを読む»

史上最大ブーイング必至!グリエルへの圧力 第7戦ダル先発へWS第6戦56000大観衆は容赦なし!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

史上最大級のブーイングを世界の野球ファン達は観客席で、テレビ画面を通して経験することになる!? ワールドシリーズ第3戦で起こったユリ グリエル(アストロズ)によるダルビッシュ有&アジア系に対する人種差別ジェスチャーと発言。ここまでヒューストンではグリエルに対しスタンディングオヴェイションが起こる等グリエルは気持ち良くプレイできる環境あった。しかし場所をLAに移しての第6戦は想像を絶する凄まじいブー......続きを読む»

ワールドシリーズを勝ち抜くための戦略!もはや意味不明のロバーツ監督の継投

【MLB 戦いの原理を求めて】

すべての元凶は、第2戦7回のストリップリングにあったと私自身は考えている。 シーズン中でさえ、僅差勝ちパターンでストリップリングの継投は基本はなかった。そのストリップリングが投入された場面、対戦バッターは左投手を苦手としておりジャンセンからも値千金の本塁打を放ったゴンザレスであり、次の打者はレディックであった。左のシングラーニ投入で十分であったと考えている。 このストリップリングの意味不明の継......続きを読む»

「国歌ひざつき」をしたA's選手のビックリ仰天する顛末

【Go Angels Baseball!】

NFLで話題となっていた国歌斉唱中の「膝つき」抗議がMLBに飛び火したとき、それは大きな話題となった。 オークランド・アスレチックスのブルース・マックスウェル捕手は一気に知名度が上がり、MLB界における「社会的不平等を抗議する」人たちのリーダーに躍り出た。 そんなマックスウェルがレストランで「自分がひざをついたからトランプ支持者にサービスを拒否された」と訴えたのは先週のこと。人種差別問題でたびたび......続きを読む»

ドジャース、ダルビッシュのために組んでくれた円陣

【Go Angels Baseball!】

日本のメディアがまだ伝えてないようなので。。 今日の試合中、Wシリーズを中継していたFOXスポーツはドジャースが試合前に円陣を組んでいた様子を映してくれた。 その中心にはダルビッシュの姿が見られた。 ネイティブスピーカーでないダルビッシュが中央にいるのは不自然。 最後に解散の掛け声をする前にコーリー・シーガーがダルビッシュに何か話しかけ、ダルビッシュがうなずいていたのが非常に私の注意をひきました......続きを読む»

グリエル問題で全米がアストロズ応援➡ドジャース応援へ!ダルビッシュのコメントを大絶賛!グリエル在籍で球団を誇れない悲劇

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

1人の愚かな行動は全米の、いや世界のスポーツファン達を失望させてしまった。アストロズはもう世界中の野球ファン達が応援したい球団ではなくなってしまった。そしてアストロズ選手達と地元アストロズファン達は最大の被害者かもしれない。 ユリ グリエルがワールドシリーズ(WS)第3戦でダルビッシュから放ったホームラン後にベンチ内でとったアジア人に対する人種差別ジェスチャー、そして発言は全米のスポーツファン達を......続きを読む»

「データ」のドジャースと「フィーリング」のアストロズ

【Go Angels Baseball!】

昨日ドジャースのデータ野球について触れましたが、メジャーには今や、アドバンスト・メトリックス(先進データ)を用いてない球団などありません。 アストロズもその例外ではなく、どの球団よりも大胆な内野シフトを使ったり、数字と確率の世界にどっぷりです。 しかし、そんな「確率」のことなんて忘れてしまわないといけない局面もあります。 その舞台がプレーオフだと、アストロズのAJ・ヒンチ監督は今ポストシーズン示し......続きを読む»

人種差別行為を受けたダルビッシュの素晴らしいコメント

【Go Angels Baseball!】

まだニュースを見ていないかたには一応説明。 ワールドシリーズ第3戦、ダルビッシュからHRを打ったアストロズのグリエルがダグアウトで目を細める人種差別的ジェスチャーをして、問題になっています。 この目を細める仕草は「対アジア人」の人種差別の代表的なもの。人種問題に敏感なアメリカでは過剰なほど注目される「タブー」で、大問題となります。 この行為に対し、初めはダルビッシュは非難するコメントを発してい......続きを読む»

マリナーズ2017の終わり&スポナビブログの終わり

【Tokyo & Seattle Power】

皆様こんにちは。 MLBはワールドシリーズの真っ只中、HOUとLADが激闘を繰り広げています。 第2戦の展開も凄かったですね。 さて、マリナーズの2017年シーズンは一足先に終わりました。 結局成績は78勝84敗の地区3位でした。 「ここ10年、2年連続で勝ち越せない」という沼からまた抜け出せませんでしたね・・・ その中で再建をしているシーズンはほぼ無いことが悲しいところ。 ポストシーズンも20......続きを読む»

ジラルディ退任。ヤンキース次期監督に松井秀喜氏を懇願する・・・・。

【東京憂巨会】

ヤンキース・ジラルディ監督が監督を退任した。 で今、次期監督候補は誰なのか。 ほとんどその情報が入ってこない。 いろいろ候補はいるだろうけど、松井秀喜はその候補に入っていないのだろうか。 ゴシップ記事で有名な東スポですら「ヤンキース次期監督候補に松井秀喜氏浮上」というものが出ない。 ってことは限りなくその可能性が低いのだろう。 今私があまりMLBを見なくなったのは野手で毎試合出場できる日本人......続きを読む»

セイバーメトリクスの誤算 ドジャース敗因を分析する

【Go Angels Baseball!】

主要スポーツの中で、野球以上にアナリティクス(分析)が活躍しているものはないでしょう。 そしてその中でもさらにロサンゼルス・ドジャースは、アナリティクスの最高峰といえるかもしれません。 ここはアンドリュー・フリードマン(ユダヤ系の名前)、ファラン・ザイディ(インド系)といういかにも数字に強そうなセイバーメトリクスの最高峰をお金で招聘することによって運用されています。 ハーバード卒がずらりと並び、野球......続きを読む»

WS新記録の計8HR!アストロズ 9回同点弾から両軍5発の乱れ打ち!アストロズがスプリンガーで決めタイに!全米が揺れるワールドシリーズ第2戦!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アストロズは15年ロイヤルズの再現か!? ワールドシリーズ(WS)第2戦はヒューストン アストロズが1-3と厳しい終盤にMLB屈指のドジャース救援陣から2点をもぎ取り延長10回に2本のホームランで5-3と逆転。しかしドジャースも10回裏に2点を返し同点。11回表の2ランHRでアストロズが7-6と勝利。WSを1勝1敗のタイとした。 2年前のロイヤルズがWS初戦で1点ビハインドの9回裏に1死走者なし......続きを読む»

WSのカギを握るカーショー対アルトューベ/コレア

【MLB、NPB四方山話】

いよいよワールドシリーズが始まる。 最近のシリーズでは珍しく、レギュラーシーズンの両リーグ最強チームのぶつかり合いとなる。 戦力的にはまさにがっぷり四つだ。レギュラーシーズン中、アストロズはfWARが33.0でメジャー全チーム中1位、ドジャースは30.1で2位。Defensive fWARはドジャースが59.9で1位、アストロズが56.8で2位。ポストシーズンでも両軍、素晴らしい守備を見せている......続きを読む»

WSドジャースの相手は、ダルと因縁のアストロズ

【MLB、NPB四方山話】

アストロズがヤンキースを下し、ワールドシリーズ進出を果たした。 歓喜に沸く選手たちの中には、昨季までヤンキースにいたベルトランやマッキャンもいた。特にマッキャンは、昨シーズン前半までヤンキースの正捕手。マー君やベタンセスと対戦している打席でお互いやりにくそうに見えたのは気のせいか?所属チームがどこであれ、目の前の勝利、究極的にはWS制覇を目指すメジャー選手のプロ根性を見せてもらった。 ● あの試......続きを読む»

アストロズ15年ALDSの悪夢乗り越え夢舞台へ!KCと似るパターンとは!?初WS制覇を賭けドジャースと激突!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アストロズは長年の強化策がついに大きな結果として実を結んだ!2年前ALDSの悪夢を乗り越え球団史上初のワールドシリーズ(WS)制覇を実現させるのか!? 15年に両球団はALDSで対戦。アストロズが第1戦をモノにし、第2戦もかなり有利に試合を進めながらロイヤルズが辛勝。第3戦アストロズ勝利。 アストロズがホームでALCS進出に王手を賭けた第4戦。試合はアストロズがロイヤルズ投手陣に自慢の長打力で7回......続きを読む»

突如出現、ドジャースWS進出打の立役者

【MLB、NPB四方山話】

ドジャースがカブスに11-1で大勝し、5戦目でワールドシリーズ出場を決めた。 打のヒーローは6番レフト、エンリケ・ヘルナンデス。ポストシーズン、左投手相手にしか出てこない。シーズン中はセンター34試合、左翼28試合、右翼18試合、ショート24試合、サード14試合、セカンド9試合、ファースト3試合、代打52試合という、故キムタク真っ青のユーティリティプレーヤーだ。 今シーズン11本塁打、打率.21......続きを読む»

巨人軍、閉塞感打破には掛布氏を招聘するのがいいと思う。

【東京憂巨会】

阪神で2軍監督だった掛布雅之氏がこのたび退団した。 様々な報道が出ていて憶測などもあるので確かなことは言えないが、指導方法の方針が違うということらしい。 それでも他球団から声がかかるとコーチは引き受けるとのこと。 私は井口新監督が招聘するのかなと思っていたが違った。 掛布氏は選手の長所を伸ばすというやり方で「気合」「根性」などを否定したらしい。 もしそれが本当であれば当然「練習の虫」と言われた金......続きを読む»

田中将大 圧巻7回無失点!Twitterで大絶賛の嵐!NY最大のヒーローに!オプトアウトは決定!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田中将大のポストシーズンはもはや伝説に近づきつつある! ALCS第5戦、アストロズ@ヤンキースは第1戦に続き両軍エイス2名による激突となり7回を8奪三振無失点に抑えた田中将大がダラス カイクルとの投げ合いを制した!(現在試合は7回裏だが) 本来はMLBでもNo.1の超強力アストロズ打線が絶不調に陥っている。田中将大はアストロズの打線をこのまま眠らせることに成功した今日のマウンドだった。 田中最......続きを読む»

ジャッジの盗塁は無意味だったのか

【野球観戦三昧】

ヤンキースvsアストロズのリーグ優勝決定シリーズ第4戦。グリエルの走者一掃3点タイムリーで先制し、なおかつ追加点を加え、そのまま逃げ切るかなと思った矢先、ジャッジのソロホームランで反撃開始。8回は見事な集中打で逆転。明日田中が控えるヤンキースにとっては、なんともハッピーな夜になったことでしょう。 さて、反撃の狼煙のホームランを放ち、起死回生の同点打を打ち、そして相手のホームランまでもぎ取る大活躍を......続きを読む»

ダル契約は35億円×5年!?ダル&田中?MLBオフFAのNo.1&2!?現地記者ダルの年数&金額予想は驚愕!ホズマー、JDマルティネスとビッグ4!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダルビッシュ有は今日のNLCS対カブス戦での圧巻のパフォーマンスでFA市場でオフNo.1に!?契約予想は? ダルビッシュが世界中の野球ファンに超一流の凄味を見せつけた!明日ALCS対アストロズ第5戦に先発する田中将大がオプトアウトでFAになる場合、このオフ投手市場では間違いなくNo.1&2が両者になるだろう。他の好投手(先発)はカブスのアリエタ位である。果たしてどちらがNo.1に?そして野手を含め......続きを読む»

明日の大事な一戦。田中将大投手とコンビを組むのは?

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

 ヤンキースの1勝2敗で迎えたア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦。 ヤンキース・グレイ投手、アストロズ・マッカラーズ投手の投げ合い で5回まで0対0。しかし、アストロズが6回に3点、7回に1点 を奪い、7回表を終わって4点差がついてしまった。だが、ここから ヤンキースの逆襲が始まった。7回に2点、8回に4点を奪い、劣勢だった 試合を一気にひっくり返すことに成功。9回をチャプマン投手が締め、 ......続きを読む»

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

【MLB 戦いの原理を求めて】

ALCS第4戦をジャッジの大活躍もあって見事な大逆転で2勝2敗のタイに持ち込みました。34打数21三振のジャッジを2番から下位へ下げるという選択肢もあったはずです。しかしジラルディは将来も見越してどれだけ三振を重ねても2番ジャッジは梃でも動かさなかった。それで負けても甘んじて批判を受け入れて自らの責任として負う覚悟ではあったのだと思う。 何か派手に動いてそれが成功すると、変化が目に見えるだけに多く......続きを読む»

こんなにも違う、前田とダルビッシュの先発成績

【MLB、NPB四方山話】

いよいよダルビッシュ先発のナ・リーグ優勝シリーズ第三戦。マエケンが中継ぎで大活躍しているのもうれしい。 ところで、日本のマスコミはよく、MLBの日本人投手の動向を報じる時「地元メディアの評判」「選手談話」と並んで「勝ち投手になったかどうか」を中心に記事にする。それだけを追っていると「なぜ13勝もしているマエケンが中継ぎで、10勝のダルが先発?」という疑問が上がりかねない。 今回のポストシーズンに......続きを読む»

ジラルディの攻撃作戦について フレイジャーに送りバントをさせるべきだったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

レギュラーシーズンを任せるには、新思考派のジラルディは有能でありもっていこいの監督であるとも過去、何度か書きました。 なぜ、わざわざジラルディはレギュラーシーズン(ペナントという言葉を使ったはずです)を任せるにはもってこいの監督と書いたかと言えば、裏を返せばジラルディにはスモールなセンスに欠けるため、短期決戦での作戦に関してはやや苦手であると考えていたからでもあります。 TEXのワシントン監督......続きを読む»

プイグはドジャーズのXファクター

【MLB、NPB四方山話】

ナ・リーグ優勝シリーズはドジャーズが2連勝。ターナーの劇的サヨナラホームランでケリがついた。が、9回裏先頭バッターで歩いたプイグが、この試合でも存在感を見せつけた。 7番ライトで先発出場。4回打席に立って3四球。明らかにカブスバッテリーは警戒していた。 それもそのはず。地区シリーズからこれまで6試合で17打数7安打1本塁打6打点、打率.438、出塁率.571。地区シリーズ、リーグ優勝シリーズ、と......続きを読む»

フライボールはガチでもう古い!これからのメジャーのトレンドとなるアストロズの攻撃戦略を紐解く

【MLB 戦いの原理を求めて】

タイトルの「フライボールはもう古い」が決して誇張ではないことが、最後まで読んでもらえたらきっと理解してもらえるものと考えています === 初戦 ヤンキースは14Kであるのに対して、アストロズは5K、第二戦もヤンキースは13Kであるのに対して、アストロズは4Kでした。なかなか三振を喫しないアストロズの攻撃陣、次々と三振を奪うアストロズの投手陣。いずれも2017年のアストロズのチームの特徴が良く出た......続きを読む»

「これが世界一の守備だ」 ヤンキースのミスを浮き彫りにするアストロズの中継プレー

【Go Angels Baseball!】

2試合連続の好ゲームで始まったALCS。 第2戦の勝敗を分けたのは、私が野球で最もエキサイティングだと思っているクロスプレーでの対応の差だった。 ヤンキースは3回二死、ガードナーがライト線に転がる痛烈な当たりを放つも三塁でアウトに。 一方のアストロズは9回一死、一塁走者のアルテューベがフェンスに届かない当たりで本塁に突っ込み、サヨナラの得点をたたき出した。 両者とも俊足のランナーが文句なしの快走......続きを読む»

田中将大を責めるなかれ

【スポーツ えっせい】

 MLBは今日からリーグチャンピオンシップに入りアメリカン リーグではヒューストンのミニッツメイド・パークで、中地区 優勝のヒューストンがワイルドカードから勝ち上がったNYヤン キースと対戦し2-1で逃げ切り先勝。  NYヤンキースの先発はディビジョナル・シリーズでクリーブ ランド相手に無失点の好投をしG3からの3連勝のきっかけを作 った田中将大で、これまで4度対戦し勝ち星がないヒューストン 相手......続きを読む»

田中将大 オプトアウトを掴み取れ!6年契約で獲得狙う5球団は!?ALCS進出で田中の人生激変!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田中将大が自らの右腕で奇跡のオプトアウトへのチャンスを引き寄せる!獲得を本気で狙う5球団はズバリ! 田中のオプトアウトを行使してのFA権取得に関しては全米メディアでもシーズン前から話題になっていた。しかしそれは完全に消滅したかに思われた。 レギュラーシーズンにおいては故障以外では初めて壁にぶつかることになり、178.1イニングス、被安打180、奪三振194、与四死球48、WHIP1.239で13......続きを読む»

シーズン終了と今後の予定

【Rayを釣りたくて】

 さて、また久しぶりとなってしまいました。気づけば、シーズンも終了し、PO真っ盛りです。TBは80勝82敗の借金2、地区3位、ワイルドカードでは5ゲーム差の3位タイでシーズンを終了しました。今年はAL全体でワイルドカード争いが団子状態でその中で7月まではTBは頑張っていて、珍しくフラッグディールにも積極的だったのですが、それ以降にズルズルと失速と、何度か見たような光景になってしまいました。それでも今......続きを読む»

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!

【MLB 戦いの原理を求めて】

ワールドチャンピオンの最右翼と見られていたインディアンズをALDSで撃破したヤンキース。 そのチームを率いるジラルディ監督に能力がないとなぜ結論できるのか、私には全く理解不能なのですが、当然のことながらミスは誰でもあります。しかしそれはジラルディに限ったことでもありません。例えばマドンのミスについてはスルーし、ファインプレーについては絶賛の声を上げる強い傾向が見受けられる一方、ジラルディ監督につ......続きを読む»

ストラスバーグ SDSU魂全開で圧巻!レスターまさかの牽制で窮地凌ぐ!NLDS第5戦へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

超見ごたえある投手戦を制したのは急遽ロアークから病み上がりながら先発直訴のストラスバーグ先発に変更したナショナルズだった! NLDS、ナショナルズ@カブスの第4戦の先発投手は元々はカブスがアリエタ、ナショナルズがロアークだった。しかし、ナショナルズは急遽先発をスティーヴン ストラスバーグに変更すると発表。これはストラスバーグの魂の訴えにより実現した。 ストラスバーグはホームで迎えた第1戦に先発し......続きを読む»

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ

【MLB 戦いの原理を求めて】

「短期決戦で重要な鍵を握る<継投> シャーザ―を降板させたベイカー監督の是非」というタイトルでもともとは2日前に下記の途中までアップしようと考えていました。 「 現在シャーザ―が降板しカブス戦の試合状況は7回1-1の同点。結果がどうなるかはわかりませんが、これほど愚かな継投を見たのは2014年10月4日、ナショナルズVSジャイアンツのNLDS第2戦以来かもしれません。ジョーダン・ジマーマンが先......続きを読む»

平野佳寿 ついにメジャーへ!鳥羽高校、京産大から初のメジャーリーガー誕生!契約年数、年俸総額は!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

正直昨年選択していればというのが本音だ。平野佳寿がついにメジャーリーグに挑戦する!契約年数や金額はどの程度になるのか? 鳥羽高校を応援していたので平野のことは高校時代から見てきた。高校時代は背番号二けたでエースではなかった。まさか将来プロに入って長年ティームの柱として活躍するような投手になるとは当時は微塵も思っていなかった。 京産大では大エースとして大車輪の活躍で高い評価を得て希望枠でオリックス......続きを読む»

ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

サンディー・コーファックスが受賞していたその設立初期、サイヤング賞は両リーグからたった一人しか選ばれないものでした。おそらく初期の厳しい基準をも満たしているサイヤング最有力候補でもあるクルーバーが逆転本塁打を打たれた瞬間に、交代させるべきだったと解説をしていたのが武田です。これほどフィーリング重視かつ結果論で語る解説者もきわめて稀だと言っていいでしょう。 調子がどうであれ2017年メジャー最高の投......続きを読む»

ピンチをチャンスへ変えろ!ヤンキース

【MLB 戦いの原理を求めて】

ALDSでおそらくメジャーで現在最強と言っても過言ではないCLEと対戦できることは、ある意味、ヤンキースにとっては僥倖であると私自身は考えています。なぜならばたしかにピンチと言えばピンチですが、3勝をもぎ取れば次のステージへ行けるわけであり、弱者にとっては強者から4勝をもぎ取るよりも、それだけシリーズを勝ち抜ける難易度は低くなることを意味しているからに他なりません。 もしALDSでヤンキースがC......続きを読む»

右翼が左翼か? 知ればアメリカスポーツを見る目が変わる

【Go Angels Baseball!】

最近、日本のインターネットニュースに海外スポーツサイトの翻訳記事が以前にも増してずらりと並ぶようになりました。 自分で取材するよりははるかに楽であり、知識もはるかに豊富ですし、日本の配信サイトもそれを使わない手はありません。 しかし共和党(右)と民主党(左)の溝がどんどん深まっているのに、同じように日本のサイトがアメリカ記事の翻訳を続けると大変なことになります。 アメリカのメディアは右と左にはっき......続きを読む»

「4番・ピッチャー大谷」は、二刀流という芸術作品をメジャーへ送り込む栗山監督の強い所信表明でもある

【MLB 戦いの原理を求めて】

未だに中四日のメジャーでは二刀流など不可能であるとして、打者か投手かどちらにすべきか、ああでもないこうでもないとする人たちは、この大谷翔平のメジャー移籍に関しては周回遅れというよりもスタートすら切っていない状況下にあると言ってもいいでしょう。将来的にはDHのクローザーに収まるかもしれないし、肩を壊して打者一本になっているかもしれない。いろいろなシナリオは考えられるものの、大谷翔平の2018年のメジ......続きを読む»

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

【MLB 戦いの原理を求めて】

結論から申し上げるならば、大谷翔平はおそらく、メジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームへ移籍することになるでしょう。 メジャーは5人ローテで回さなければならないという固定概念。メジャー通を自認する程、この固定概念に拘泥する余りに大谷二刀流の可能性はまずないと早計に結論しがちなわけですが、それこそが張本的な固定概念に他ならないことに気づかねばなりません。 「誰も歩んだことのない道を僕は......続きを読む»

スタントンの本塁打まとめ

【MLB記録navi】

今シーズン59本塁打を記録したスタントン選手。59本に隠された様々な記録を今日はご紹介します。 【7月,8月,9月の合計本数】 スタントン選手は38本を記録し歴代2位タイでした。 【複数本塁打試合】 スタントン選手は10試合で複数本塁打を記録。史上10人目の快挙となりました。そのうち7月は4試合もありました。 ベリンジャー選手とジャッジ選手も単月で4試合の複数本塁打を記録。......続きを読む»

動画:Royals FAになる黄金時代の中心4名 最終戦5回表途中4人揃って交代シーン!KCファン達の涙!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついにこの時がやってきてしまった!ホズマーが、ムスターカスが、ケインが... 感動のラストゲイムでファン達の涙が止まらない。 試合は負けた。2-14。80勝82敗となってしまい、また負け越しの時代が戻ってきてしまった。しかしそれはどうでもいい。2017年の来週戦。本当はワールドシリーズでこの時を迎えたかったが... マイク ムスターカス。2007年高校からドラフト全体2位指名でロイヤルズに入団し......続きを読む»

ボット歴代5位浮上で今季終了

【MLB記録navi】

現地時間の10月1日、レギュラーシーズン最終戦を迎えたジョーイ・ボット選手は4打数2安打(2出塁)で締め括りました。 今季のボット選手は162全試合に出場、そのうち150試合で出塁を記録しました。出塁の定義は安打、四球、死球のいずれかで塁に出た場合を指します。 出塁が150試合というのは歴代単独5位の凄い記録です。 歴代1位はウィリアムス選手でもボンズ選手でもなくウェイド・ボッグス選手。1......続きを読む»

ホズマー、ムスターカス、ケイン、エスコバー等 イニング途中交代で観客スタンディングオヴェイション!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

黄金グループ最後の2試合でロイヤルズ首脳陣による演出が予想通り実施されている。観客席のファン達にお別れのスタンディングオヴェイションの時間を与える為である。 今シーズン161試合目。今シーズンのラスト2試合はロイヤルズ史上最も感傷的な2日間となる。 まず土曜日の演出はスタンディングオヴェイション。大観衆で埋め尽くされるカフマンスタジアムのファン達がオフにFAとなる4名の主力メンバー達に対し観客が......続きを読む»

ラストに圧巻のピッチングをみせた田中は、ほんとうに給料泥棒なのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

7回15K0BBで締めくくったヤンキースの田中ですが、2017年のfWARは2.8で締めくくりました。1WARは800万ドルであり、2200万ドルの仕事をしたとセイバーメトリクスのファングラフスというサイトでは算定されています。つまりどれだけ印象が悪かろうが、セイバー的には給料相応の仕事を田中はしたと判定されています。 ところがこれまた出鱈目な記事が出ていました。あるスポーツライターは1WARは......続きを読む»

田中将大、低めへの変化球が冴え、13勝目

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

 ヤンキースの田中将大投手がブルージェイズ戦に先発し、 7回を投げ、被安打3、奪三振15の見事な投球で13勝目を あげた。1週間前のブルージェイズ戦では被本塁打3、失点8 と打ち込まれてしまったが、今日の田中将大投手は変化球を 低めに制球し、危なげないピッチングを見せてくれた。  ヤンキースの正捕手はサンチェス捕手だが、田中将大投手が 低めへの変化球を武器にしていることを考えると、リード......続きを読む»

アレナド3年連続130打点

【MLB記録navi】

現地時間の9月29日、ロッキーズのノーラン・アレナド選手がドジャース戦に先発出場しソロホームランで1打点を記録、これで今シーズンの打点が130に達しました。 3年連続3度目の130打点となり、3度目は史上24人目、3年連続は史上11人目となります。 まずは3度以上を記録した選手をご覧ください。 3度はプホルス選手が2009年に記録して以来8年ぶり。 初めて3度を記録したのは1895年......続きを読む»

アーロン・ジャッジはMVPを獲れるのか!セールはクルーバーに逆転を許す

【MLB 戦いの原理を求めて】

ワールドスポーツMLBではrWARのランキングを元に、アルトゥーベがMVPでありサイヤングはクルーバーであると結論をしていました。 rWAR アルトゥーベ 8.3 ジャッジ   7.7 クルーバー  8.0 セール    6.0 しかし、当然のことながらfWARも同時にチェックしなければなりません。そうすると順位が逆転していることがわかる。 fWAR ジャッジ   8.1 アルトゥーベ......続きを読む»

KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

あのトレイドがなければロイヤルズのワールドシリーズ制覇はなかった! タイガースとの最終戦をエイスのダフィーで1-4と落としたカンザスシティ ロイヤルズ。防御率5点台のダニエル ノリス相手に打線は繋がらずに得点できない今季を象徴する攻撃の甘さが露呈した。これで78勝81敗となり2連連続でシーズン勝ち越しならずである。情けない... 明日から今シーズン最後の3連戦。ホームで既にワイルドカード1番手で......続きを読む»

スタントンの時は話題になったのに

【MLB記録navi】

現地時間の9月27日、ダイヤモンドバックスのフリオ・ダニエル・マルティネスことJDマルティネス選手が快挙を達成しました。 本拠地でのジャイアンツ戦でDバックス在籍29本目の本塁打を記録したマルティネス選手。タイガースで記録した16本を合わせると今季45本目。スタントン選手、ジャッジ選手に次いでメジャー全体で3番目に多い本数を記録しています。 そんなマルティネス選手が達成した快挙とは『9月の月間本......続きを読む»

アルトゥーべが史上初の快挙

【MLB記録navi】

現地時間の9月27日、アストロズのホセ・アルトゥーベ選手が史上初の快挙を達成しました。 それは『2年連続で200安打-20本塁打-20盗塁』という記録です。 今まで2年連続で達成した選手はいませんでした。 こちらが過去の達成者です。 延べ31人が達成しています。リストを見ると「お前誰やねん」的な選手は1人もいない様な気がします。 昨年は3人も達成した豊作年でしたが、今年はアルトゥー......続きを読む»

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

FAを控える選手達の最後?のKCでのホームスタンドでヴァーガスが18勝目を挙げた!ファン達は何とも複雑な思いで試合を見つめる。 負けがこみ借金4でロイヤルズがホームに帰ってきた。最も残念な状態でこのファイナルウィークを迎える無念と共に。 試合は先発のジェイソン ヴァーガスが6回1失点で18勝目(10敗、防御率3.97)を挙げクルーバーに並び最多勝利数に並んだ。 8月終了時点。プレイオフコンテン......続きを読む»

ダルビッシュ 本番に向けてスライダーの大復活!

【MLB 戦いの原理を求めて】

予想が外れたことも含めて、率直に偽りなく話します。 ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする この記事でも分析したように、ダルビッシュ最大の武器であるスライダーの切れが著しく落ちたことによって2017年のパフォーマンスはキャリアを通じても厳しいものになる可能性が高いと結論していました。この点については、LADへ移籍してからスライダー改善の取り組みをしたことからも......続きを読む»

カーショー20代締め括り

【MLB記録navi】

現地時間の9月24日、ドジャースのクレイトン・カーショー投手がジャイアンツ戦に先発登板し、8回を投げて6奪三振という内容でした。 現在29歳のカーショー投手。バート・ブライレブン投手を抜き20代通算奪三振数で3位に浮上しました。 1988年3月19日生まれのカーショー投手。来年の開幕は30歳で迎えます。20代での登板は残り1試合と思われ、2位浮上は不可能ではありますが、堂々の3位で20代を終......続きを読む»

なぜ田中はフォーシーム・ファーストボールを投げないのか?について解説を試みる

【MLB 戦いの原理を求めて】

昨日、解説者今中は4シームを投げないのが田中の打ち込まれた原因と指摘していました。 昨日の配球数 全96球の内容です。 スライダー   37 スプリット   31 ツーシーム   5 フォーシーム  10 カッター    12 カーブ     6 スライダーとスプリットの割合が極端に大きくなっています。まずは下記の球種別 被OPSデータを見てください。 2017年の球種別 被OPS スラ......続きを読む»

新人ではなく年目に注目する

【MLB記録navi】

現地時間の9月22日、ドジャースのコディ・ベリンジャー選手がナリーグ新人記録を更新する39号本塁打を記録。 アリーグのジャッジ選手を含め、新人としての記録が日々注目されていますが、新人有無関係なく実働○年目で見た時に、彼らの順位はどうなのでしょうか。 まずは実働1年目の本塁打数ベスト10をご覧ください。 実働1年目と言う事は必然的に全員が“新人”でもあります。 1位はベリンジャー選手。2......続きを読む»

ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

遅すぎる。本当に遅すぎる。監督の能力が低いが為に大きなチャンスを逃したロイヤルズは新クローザーの確立で来シーズンは期待以上の年に! 現地9月21日の@ブルージェイズの試合。カンザスシティ ロイヤルズは1-0で勝利。先発ヴァーガスが6.1回を被安打2、奪三振7で無失点。これでリーグトップに並ぶ17勝目(10敗、防御率4.03)となった。リリーフ陣もしっかりと無失点リレーで危なげなく完封したロイヤルズ......続きを読む»

  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss