ジャンル別一覧:Jリーグ

今野と同い年、田中達也が好きなんです

【千葉からスポーツを語る】

今シーズン、アルビレックスの最初の4点全てが田中達也から生まれている。今与えられている役割は2列目のワイド、の控え。限られた出場機会の中で、本来のポジションから1列下がっても、その決定力は特筆に値する。 もちろん、もともとの能力に疑いの余地はない。強い時代のレッズを攻撃的に牽引し、ワクワク感を与えてくれる選手。豊富な運動量に両足を使える高い決定力、小柄な体格ながらヘディングでの得点も多く、多彩な引......続きを読む»

惜別の記事を書く ~キキアシさん、ブログ止めるってよ!(悲)~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

彼は、その記事に、共通ジャンルを設けませんでした。 彼は、密やかに、ブログを収めようとしたのかもしれません。 よって、私がこの記事を書くことは、彼の本意に逆らうものかもしれません。 しかし、書かずにはいられませんでした。 彼のブログを愛した人たちが、このことに気が付いていないかもしれない、と考えた時、私は、この記事を書く決心をしました。 彼が多くの記事を掲載した「Jリーグ」のカテゴリーに私の記事を......続きを読む»

【プロの厳しさ】ザスパクサツ群馬-ファジアーノ岡山(J2第5節 2017/3/26@正田スタ)

【すべてはファジのため】

【フォワードとして、プロとして、必要な資質】 前節に続き、またしても赤嶺が流れを変える結果となりました。 4連敗と厳しいスタートの群馬は、立ち上がりから明らかにオーバーペース気味のハイプレス。これを岡山はまともに受けてしまいます。ビルドアップが出来ず、ボランチに入ってもすぐにプレスを受け、ロストするシーンも。これを避けて前線へ蹴るも、豊川・藤本の2人にはまったくボールがおさまりません。とりわけ藤......続きを読む»

群馬戦などについて

【ファジアーノ頑張れ!】

昨日の群馬戦、内容は悪くても勝利をもぎ取り、勝負強いチームになって来ているのかなと思う面もありますが、得点の匂いというものはあまりしない試合でした 今シーズン、ラインを高くして、コンパクトにし、ショートカウンターや縦に速い攻撃を志向しているように感じていますし、それ自体は非常にいい考えだと思います ただ、直近の試合では、特にボランチが(ボランチ以外もそうですが)ボールを受けても、ボールを置く位置が、......続きを読む»

【浦和レッズ】3/19 やっぱりサッカーは難しい!

【スポーツが好き過ぎて】

2017年3月19日 2017年J1リーグ 第4節 <浦和レッズ 1ー1 ガンバ大阪> GK 西川 DF 森脇、那須、槙野 MF 関根(67分→駒井)、阿部、青木(76分→武藤)、宇賀神、柏木 FW 興梠、ラファエル・シルバ 浦和 得点 93分 ラファエル・シルバ G大阪 得点 57分 今野 試合から随分と経ってしまいました。 更新するか迷いましたが、現地観戦の記録も兼ねて、記......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~FC岐阜~

【This is J-league】

 Jリーグのお荷物”J2で万年最下位争いを演じ、財政危機にJ陥ったことで、かつてこのように呼ばれたクラブがあった。日本のほぼ中心、県の面積の82%を森林が占める自然豊かな岐阜県をホームタウンとするFC岐阜。かつて“Jリーグのお荷物”と言われたクラブのホームスタジアムである岐阜メモリアルセンター長良川競技場(以下長良川)を訪れると、そこにはJリーグ昇格10年目を迎え、かつてのから脱却し、大きな期待を抱......続きを読む»

5連敗ですが、今のところ内容は悪くない。こじらせることになっちゃったらわかりませんけどね。〜群馬vs岡山(3月26日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

キックオフ前の前説に登場したJOYさんがその場で語るには、JOYさん、岡山理科大学系列の通信制を出ているんだそうな。ってなわけで、この試合はJOYダービー。 ■前半 開幕から負け続けている群馬。さぞかしチームはボロボロなのだろうと構えていたところ、どっこい、ちゃんとサッカーをやっている。ボールを大切にするスタイルのポゼッションサッカーでしたよ。それ相応のクオリティながら。対するファジアーノも、実......続きを読む»

たぶん、こういうのがサッカーにおける“スモールベースボール”になっていくのかな〜沼津vs藤枝(3月25日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

静岡にはJクラブが4つ存在ますが、共通点があります。それは、「新幹線が止まる街の隣をホームタウンとする」ということ。静岡の隣の清水、浜松の隣の磐田、そして、掛川の隣の藤枝と三島の隣の沼津ですね。そんな1戦。   ■前半 キックオフのホイッスルが鳴る前から沼津サポーターは「藤枝だけには負けられない〜♪」というチャントを繰り返しておりました。J3という同じカテゴリーでの同県対決ですから、やはり意識する......続きを読む»

アウェーで引き分け

【avi背番号12】

福岡0-0山形 えがおスタ 6110人  第5節 前節まで5位のアビスパ福岡はアウェーで10位のモンテディオ山形とえがおスタで対戦。今季初の無失点に抑えましたが、これまた今季初の無得点で結局0-0のスコアレスドロー。勝ち点1をゲットしました。 アビスパのシステムは前節とは違い3バック。冨安がU-20日本代表のキャンプで欠場、DF岩下、ボランチのダリルソンがともに体調不良?で欠場したためスタメンが......続きを読む»

『グランパス』VS 松本戦

【赤の血潮と、青の魂】

敵地アルウィンで、難敵松本に逆転勝利したことは大きい。 昇格するにはある種の運も必要だし、内容が伴わなくても勝ち点を積み重ねて行かなくてはいけない。 収穫と思える物も持ち帰れたのではないでしょうか。 前半は松本の狙い通りの展開だったのではと思います。 グランパスのCBがワイドに広がってボールを受けた瞬間に、囲い込みポゼッションを寸断する。 ボールを奪い返したグランパスの選手が、丁寧にショートパ......続きを読む»

2017:J2:5節:A:vsザスパクサツ群馬「ハイラインと攻撃の厚み」

【蹴鞠談議2】

群馬vs岡山:1-2 得点者:26高井 和馬、24赤嶺 真吾(PK)、30豊川 雄太(14喜山 康平) 観客数:2,204人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:飯田 淳平:3.0 副審:松井 健太郎、高寺 恒如:3.0 A:岡山 監督 長澤 徹:2.0 スタメン 20藤本 佳希:4.0 7伊藤 大介:2.5、30豊川 雄太:1.5 17朴 亨鎮(パク・......続きを読む»

J2リーグ 第5節 山口x讃岐(1:0)

【J2にしがみつく】

3/26(日) 13:00~ 維新百年記念公園陸上競技場 J2リーグ 第5節 山口x讃岐(1:0) 天気:晴れ 気温:15℃ 風:中風 動員:4,254人 ・讃岐の最近4試合 熊本 ●1-2(A) ※完敗 町田 ▲2-2(H) ※悔しい引き分け 愛媛 ▲2-2(H) ※何とか引き分け 山形 △0-0(A) ※充実した内容 ここまでの成績 第16位 勝点 3 得失点 -1 対戦相手(......続きを読む»

清水エスパルス戦に見る 植田の成長

【no title】

3月18日、鹿島アントラーズはアウェイの地で清水エスパルスと戦った。 2-0のビハインドをひっくり返し、2-3と逆転勝利を収めることができたが 素直に喜んでよい内容とは言えない 今後はそう簡単に逆転することは許してくれないだろう。 2失点共に、植田が関与していた。 1失点目は前半41分、自陣ゴール前でのクリアを金子にブロックされ キーパーと一対一になりゴールを決められる。 2失点目は後半26......続きを読む»

【GVK】スマートか?ガムシャラか?(VS C大阪U23)

【向日葵よ前へ進め!】

中一週空きまして、第3節ですけど2試合目のギラヴァンツです。 本日は、C大阪U23との対戦です。 J3には、アンダーカテゴリーのチームもあったなぁと、改めて実感させられる訳です。 しかし、スタメン確認にて・・・ んっ?えっと・・・なんで!?という事態に。 #21 GK キム・ジンヒョン ケガは知ってましたが、ここで復帰ですか~~ セレッソのエースGK相手にしっかり点を取れるんだろうか・・・という、一......続きを読む»

【山口】応援してます【岡山】

【紫熊のサンフレ観戦記】

わたくしは広島のサポーターでありますので当然常に広島の勝利を願っております。 そして、広島以外に姉家族がサポーターのサガン鳥栖も広島戦以外では応援しています。 あとは基本的にはイーブン、ないし順位なりでスタンスは変わるといった感じでしょうか。 数年前までは。 日本にもたくさんダービーがありますが、現在広島に該当するダービーはありません。 因縁的に浦和やガンバとの試合も気合が入りますが、やは......続きを読む»

山形0-0福岡

【吉塚FC日記+】

本日もDAZNで観戦でした。Chromecastを購入してテレビで見ることができました。予想していたより画質良かったのですが、要所要所で止まったりするので、最後はタブレットで見ました(笑) スタメンは GK杉山 DF堤 DF濱田 DF實藤 MF亀川 MF三門 MF山瀬 MF駒野 FW石津 FW松田力 FWウェリントン 今節は岩下とダニルソン欠場で3-6-1のミラーゲームで臨みました。 前半は......続きを読む»

それでいい

【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

代表戦に入り、しばしの休息期間のJリーグ。色々と感想を述べていきます。 1.鹿島FW赤崎選手がガンバにレンタル移籍 それでいい。ギリギリです。赤崎選手からすれば日本代表を狙ってサッカーをプレーしているはずです。結果が伴えば決して夢物語ではないそんな選手だと思います。鹿島では大きく崩れない安定した選手、赤イオはそのような印象です。FWとして得点が計算できない。スタメンで出ても最低0−0で試合終盤まで行......続きを読む»

2017 J1リーグ1節 J2リーグ1節

【no title】

初回なのでmixiでの日記をそのまま引用しますf(^^; 呟いてもすぐ消えてしまうし、たまには日記でも書こうとmixiを開く 最後に書いたのが2015年。…あれ、去年は全く書かなかったのか( ̄□ ̄;) 仙台行ったり、北海道行ったり、大阪行ったり珍しく遠出したのに..。すっかり筆不精になってしまった サッカーも以前ほど熱意を持って見れなくなってしまったなー。まあ応援してるクラブが振るわないって......続きを読む»

戦術とがんばりと。パーより強いグー。<2017・J3リーグ第3節/沼津4-1藤枝>

【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

J3リーグ第3節は沼津×藤枝の静岡ダービー。観に行きたい気持ちと、休みはダラダラ過ごしたい怠惰な自分との綱引きは…怠惰な自分が勝ちそうだったところ、同僚の誘いという助け舟が入って観に行くことに。 行くと決まれば楽しいもの。車を飛ばして沼津に向かうと、近づくにつれ富士山が大きくなっていきます。連れて自分のワクワク感も。沼津にしろ藤枝にしろ、下部から上がってきた両クラブがJの舞台で戦えることがやはり嬉......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月開催によって札幌と山形は苦行を強いられている。 ~秋春制。我慢というなら降雪地クラブだけに強いるのではなく、Jリーグ全クラブに公平に強いるべきです~

【白鳥城の騒霊】

秋春制。なぜJリーグは秋春制移行を20年近く議論していて、いまだに移行が実現しないのでしょう? ここはいったん根本的な問題に立ち返ってみませんか。 なぜ秋春制が実現しないのかは、秋春制に反対する人たちが少なくない人数の単位で存在するからです。 反対する人たちには反対する人の理由と根拠があって、その問題となる根の部分を解決しない限り、反対する人たちの反対する声がなくなることはない。 だから秋春制移行は......続きを読む»

【予想のまとめ】第916回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 今節はレーティング100pt以上の差が栃木SC(+172pt)の1試合しかありません。もちろん、この試合は栃木SCの勝ちと予想します。 その他90以上100未満のpt差があるのが、湘南と松本山雅ですので、こちらを私の予想とさせていただきます。 今節はJ2とJ3ですので、予想が難しいのは覚悟の上ですね。特にJ3の沼津は今年......続きを読む»

『グランパス』寿人が変わるか、寿人を代えるか。

【赤の血潮と、青の魂】

キャプテンである佐藤寿人はチームにフィットしていない様に見える。 最近の2試合で、交代カード対象の一番手。 ゲームへの影響力は、副キャプテンの玉田の方が大きいと言えます。 寿人の持ち味は、ボックス内での得点感覚。 DFラインの裏を取る駆け引きの巧みさ。 攻撃のスイッチを入れる縦パスを受ける絶妙な動き出し。 しかし、現状のグランパスは、相手を押し込みボックス周辺でのプレー回数自体が少ない。 寿......続きを読む»

G大阪U23vs相模原(3月20日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

バカンス最終日は大阪。福岡からフェリーなんぞに乗って移動してみた。実は、昔からけっこうフェリーをご贔屓にしておりまして、機会が合えばそれなりに利用したりします。乗船して、すぐに寝て。みなが寝静まっている早朝にふらふらとパブリックスペースで読書とかするのが大好きです。 マッチレポはコチラ     とりあえず、関西のローカルチェーンなファミレスである「トマト&オニオン」でランチを食べてか......続きを読む»

福岡vs熊本(3月19日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

レベスタに行くのは2回目ですかね。アクセス抜群。トラックの付いていない球技場ですし、環境としては申し分ない。その後のスケジュールの都合上、あせあせとスタジアムを後にしなければならなかったのが心残り。そして、空港の売店で買った地ビールが、非常に美味しかったです!! マッチレポはコチラ     熊本の震災から、もう少しで1年になるのですね。去年の夏は熊本城を見にいったのですが、現在はどう......続きを読む»

長崎vs金沢(3月18日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

広島でバカンスを満喫した後は、適当に観光とかしつつ、3日かけて長崎へ。長崎県内における諫早って、けっこう川崎市における等々力みたいな位置づけなんですね。南北に長くて、長崎市は位置的には長崎県の外れにある。そういう意味では、長崎県を一つにする重要なコンテンツになるのかも。 マッチレポはコチラ     それまでの数日間はずっと天気が良かったのに、この試合の前後の時間だけ雨が降ってしまった......続きを読む»

広島vs甲府(3月15日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

バカンスに出掛けたのですよ。大江戸温泉から出る早朝のバスで成田空港に行き、春秋航空で広島空港まで。そこまで西条とかをうろうろ徘徊してから、かつて「ビッグアーチ」と呼ばれていたスタジアムへ。 マッチレポはコチラ     人づてに、「エディスタは遠いんだよ」って聞いていたのですが、「でも、電車で行けるんだから、贅沢な悩みだなぁ」と思っておりました。実際に訪れてみると、なるほど、アストラ......続きを読む»

《放送予定》3月25日 J2ツエーゲン金沢vs長崎結果、「ヤングツエーゲン」特集①大橋尚志選手ロングインタビューほか

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 「Road to J1」 J2 第4節 ツエーゲン金沢 vs Vファーレン長崎 結果をお伝えします 不定期連続ロングインタビュー企画 「ヤングツエーゲン」 第1回 MF 大橋尚志選手 この4試合を振り返って、ボランチとしてのこだわり、若手選手との交流など・・・ コーナー最後には、大橋選手が選ぶ1曲を紹介! そのほか、県選手権準決勝・決勝日程について ......続きを読む»

切らしてはいけないものがある(自らの反省も込めて) ~札幌戦レビュー~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

0.まえがき ブログというものは、基本的には、書き手が自由に書きたいことを書けばいいものだと思います。 ブログプロバイダの規約とか、汚い表現は使わないとか、一定の制限事項は免れませんが、そうした則を越えさえしなければ、自分が思ったこと、考えたことを自由に書いてもいいのです。 そして、できれば、自分の意思というか考え方を確立して、常にそれに基づいて書くのが望ましい。 もちろん、他人の意見を受け入れ......続きを読む»

『グランパス』松本戦に向けて

【赤の血潮と、青の魂】

松本戦は26日の日曜 14:00 開催です。 昇格のライバルとなるチームだけに、負けられない試合となります。 “プロフェッサー”反町康治監督率いる松本の印象は堅守速攻。 トラッキングデータを導入で分る範囲の2015年、松本が記録した1試合平均の総走行距離は114.725km(リーグ2位)。 この路線は現在も継続され、走行距離とスプリント回数はJ2でもトップクラスを維持しています。 得点に......続きを読む»

凱旋【鳥取】

【強小の力】

開幕戦を勝利で飾ったガイナーレ鳥取。 第2節は昨年の2位、栃木SCを迎えてのホーム開幕戦です。 今季から駐車場台数が増台したり、地元の有名なカフェやスイーツのお店をスタジアムグルメに呼んだりと興行面でもあちこちに改革の兆しが見られました。 この日は前節の先発から黒津に代わって前俊がトップに。 戦い方のコンセプトは変わらず、後ろからしっかりとパスを回して組み立てていくスタイルを構築している途上です......続きを読む»

【J2・第4節_vs愛媛(A)】 『ウイークポイント』○1-0

【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

試合中から、腹が立って仕方がなかった。人数をかけて攻め込んで、ボールを奪われた瞬間に間延びしたスペースでボールを受けられて、ピッチ中央をカウンターで攻め上がられる。3対3の状況を何回作られたことか。秋元のスーパーセーブ連発のおかげで勝ったようなものだ。 カウンターで攻め上がられることなんて、今まで何度でもあった。ただしそれは3バックのサイドを使われてのものが大半で、サイドを使われる分には、方向が限......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~アスルクラロ沼津~

【This is J-league】

 Jリーグ54クラブ目、そして静岡県にとって清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝myFCに続く4クラブ目のJクラブとして今シーズンより晴れてJリーグの仲間入りを果たしたアスルクラロ沼津。そんなアスルクラロの記念すべきJリーグデビュー戦という晴れ舞台を目に焼き付けるべく、アスルクラロのホームスタジアムである愛鷹広域公園多目的競技場(以下愛鷹)を訪れると、この地域にJクラブが誕生した重要性、そして地域型総......続きを読む»

強気ばかりが鈴木優磨の本当の姿ではない。

【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

第4節 清水vs鹿島のアウェイ戦 敗戦ムードの中、永木亮太が上げたボールがファーサイドの絶妙な位置に飛んだ。 GKとDF二人に挟まれながら、鈴木優磨が競り勝って同点弾を叩き込んだ。 鼻血を出しながら雄叫びを上げる鈴木優磨の姿に、ゴール裏は一気に沸き上がった。決して技術があるわけでもなく、スピードで振り切るタイプでもない。 戦う気持ちと得点感覚が、今の彼の持ち味なのは間違いない。 そしてマスコ......続きを読む»

【2017年J2】 J2の外国籍選手リスト ~後編~

【せんだいサッカー日和】

昨日の続き。 今シーズンにJ2に所属する外国籍選手についてです。 以下はクラブ別の外国籍選手です。 名前の前の「※」表示は在日選手です。なお、通称「在日枠」は日本国籍を有しない場合でも、外国籍の選手とはみなさないことになっています。 【山口】 POS. 選手名  国籍  在籍 試合 時間 得点 DF パク チャニョン (韓国) (新加入) なし 【水戸】 POS. 選手名  国籍......続きを読む»

【これがストライカー】ファジアーノ岡山-京都サンガF.C.(J2第4節 2017/3/19@Cスタ)

【すべてはファジのため】

【赤嶺真吾がチームを変えた】 内容的には本当に厳しい、とても勝つに相応しい内容とは言えないものでしたが、それでもなんとか今シーズン初勝利を挙げることができました。 立ち上がりは岡山が勢いを持ってゲームに入ります。開始早々のセットプレーは、弾き返されるもそのあと藤本がうまくゴール前へ入れると、ボールウォッチャーになった京都ディフェンスを尻目に久々出場の久木田がダイレクトシュート。絶対に決めなければ......続きを読む»

姫路独協大学とのTMを見ての感想

【ファジアーノ頑張れ!】

姫路独協大学とのTMを見学させてもらいましたが、幻滅してしまいました 前日に、劇的な勝ち方をしたチームの雰囲気かと思うほど、覇気がないと言うか、活気がないと言うか、声がほとんど聞こえず、本当に控えからスタメンを奪い取ろうと思ってサッカーをしているのか、これでお金をもらっているという自覚があるのかと言いたくなるようなTMでした J1を目指すと言っているなら、大学生相手に得点も内容も圧倒しなければいけな......続きを読む»

見ごたえのあった強豪対決 G大阪vs浦和レッズ

【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

Jリーグ第4節、G大阪vs浦和レッズは序盤戦の行方を占う好カードだった。 どちらも日本を代表してACLも戦いながらの直接対決だったが、置かれた状況は違う。 浦和はJリーグ初戦で横浜FMにまさかの敗戦となったものの、その後は実力通りのサッカーをみせタイトルに一番近いチームらしい強さを発揮している。ACLで上海上港に敗れたとはいえ、後半に1点差に迫ったところは素晴らしかった。 興梠の不用意な退場が流......続きを読む»

ふがいない&もったいない2戦

【SPORTS BULLetin】

3/15にセレッソ大阪とルヴァンカップ初戦(アウェイ)、3/18にアルビレックス新潟とリーグ戦第4節(ホーム)が開催された。 感想は題記の通り、ルヴァンカップは「ふがいない」、リーグ戦第4節は「もったいない」に尽きる。 セレッソとのルヴァンカップはスタメンを完全ターンオーバーで挑んだとは言え、 0-2で敗れる相手では無かった。ただ、マリノスは0-2に値するパフォーマンスしか発揮出来て居なかった。 ......続きを読む»

きっと何年経っても

【素の人】

こうして~♪変わらぬ思いを~♪ あ、こんにちは。お久しぶりです。(平然と 素人に毛が生えた程度、のブログ登録から、実に9年! 「9年間も・・・待たせやがって・・・」 と万感の思いでアクセスしてくれるような方のために(? 気分転換で思い切って投稿します。 一応、セレッソは追いかけ続けており ポポヴィッチのワンツー地獄、フォルラン騒動からの内輪揉め地獄、そして熊さんの無策地獄。 全て見届けており......続きを読む»

作りかけの横浜F・マリノス 右サイドの潜在能力

【多趣味過ぎるブログ】

リーグでベストのウインガーという認識される齋藤学がいることもあり、左サイドばかりが注目されやすいマリノスのサイドアタック。 だが、今節DAZNベストゴールに選ばれたマルティノスのゴールは、昨シーズンは見られなかった縦のコンビネーションがもたらしたものであった。 開幕2連勝したことで、好調のFマリノスと言われるが、違和感しか感じない。 もの凄く作りかけなんですけど、何を言ってるんですか、私はまだ......続きを読む»

【2017年J2】 J2の外国籍選手リスト ~前編~

【せんだいサッカー日和】

現時点において、今シーズンにJ2に所属する外国籍選手についてです。 きょうは半分の11クラブについて。 ◆国籍別選手数 J2全22クラブで総勢72人。最多国籍は韓国の25人、次いでブラジルが24人、北朝鮮が6人、スペインが4人など。 ◆大陸別選手数 アジア・オセアニアが46%、南米が39%、ヨーロッパが15%、北米、アフリカは0% 以下はクラブ別の外国籍選手です。 名前の前の「※」表示は在日選......続きを読む»

ときどき審判が目立つ試合に遭遇します〜G大阪U23vs相模原(3月20日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

ああ、バカンスが終わっていく。。。水曜日からの6日間で4試合も見れたので、完全に満喫したんですけどね。「明日からは、企業戦士に戻るぞ!」って宣言すると、語弊でしかない!! ■前半 少なくとも日本の教育において、育成というのは基本を叩き込む場所とされております。ゆえにG大阪U23は育成チームらしく、大変にオーソドックスなサッカーを展開します。システムは442(見方によっては4231)ですし、基本的......続きを読む»

チーム力を観れる力

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

サッカーって、相対的スポーツの一面を持っています。 というか、敵と相対するスポーツは、ほとんどの方々が相対的な力の差を観て、強い・弱いと判断してしまいます。 大相撲を見ればよくわかります。 横綱同士の相撲内容と平幕同士の相撲内容を比較してみると、力の差が僅かでは、あまりやっていることは変わりませんし、力の差をあまり感じません。 では、どこが違うのか? ちっとした前さばき、ちょっとしたハ......続きを読む»

「諦めた」という言葉の2つの意味

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

その昔、ダウンタウンの漫才ネタで、「あ」という言葉の言い方で様々な場面を表現する、というのがありました。(「あ研究家」というネタ名らしいです。) 私は漫才ネタとかを覚える性質は持っていないのですが、このネタはかなり印象深かったので、記憶に残ったみたいです。 サンフレッチェ広島が、2月と3月を未勝利で終える、などとは、全く想像だにしていませんでした。 第4節を終わって、実に降格圏内の17位。 勝ち点......続きを読む»

予想外(●2-3鹿島)

【m_maruのエスパルス観戦日記】

1つ目の予想外は後半途中までの試合展開。J1王者&クラブW杯準優勝の鹿島の圧力は、今までに対戦した3チーム(神戸、広島、新潟)よりも確実に上でしたが、そんな相手に粘り強い守備から数少ないチャンスを生かして先制、その後も守備の集中を切らさずにカウンターから追加点と、王者を「カタに嵌め」て勝利する一歩手前まで迫ってましたからね。 まあ、鹿島サポの方やスポーツライター()の方からすれば、鹿島の逆転......続きを読む»

ロングパスとスプリントを繰り出せ!

【綾フレッチェblog】

J1第4節、コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島のゲーム(@札幌ドーム)を簡単に振り返ります。前半はあっけなく12分、44分に失点したものの、ボールを失った後の切り替えはまずまず。しかし、得点は21分、コーナーキックから水本選手が頭で合わせたシュートのみ。後半は単調な攻めに終始し、中盤ではボールロストを連発。結局、2対1のまま、試合終了。 コンサドーレ戦は悪い意味でフェリペ・シウバ選手が目立っ......続きを読む»

快勝◎の多摩川クラシコ!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 ずっとこんなファインGOALが観たかった!  渇望を満たしてくれるかのような見事なGOALが決まったのは86分だった。粘って左サイドを突破した太田宏介のクロスを、中で詰めてきたピーター・ウタカがドンピシャ!タイミングの右足ダイレクトで合わせてGOAL中央へズドン!  ゴールエリア内へのクロスながらGKに触れさせない質のボールを蹴った太田のキックの質も非常に高いモノがあったが、それにキッチリ!詰め......続きを読む»

悪くはなかったが…

【ゆるゆるレッズサポ】

浦和1-1G大阪 G大阪との一戦。昨年は4-0で勝ったこともあったが、このチームとの一戦が簡単なわけがない。試合全体としては浦和が押していたと言えるかもしれないが、さすがはガンバ。浦和の攻撃のしのぎ方もカウンターの発動の仕方もわかっている。頭の中でわかっていても力がなければ実践できないが、その力がある。 ・守備 スタッツを見ると        G大阪  浦和 シュート    4   16 枠内......続きを読む»

福岡2-1熊本

【吉塚FC日記+】

今日はDAZNで試合を見ました。 スタメンは GK 杉山 DF 駒野 DF 岩下 DF 冨安 DF 亀川 MF 城後 MF 三門 MF ダニルソン MF 石津 FW 松田力 FW ウェリントン 山瀬欠場、城後初スタメン、邦本サブでした。熊本のCBには今季アビスパから移籍したアビスパユース出身の光永が先発でした。 <熊本に押される前半> 前半は圧倒的に熊本ペースでした。熊本のハイプレスに苦しみ、......続きを読む»

TEAM AS ONE募金活動(全クラブチェック)(3/5現在) 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 (あくまで3/5時点の情報であり、後日このまま更新いたします)  今年もまた3月11日が来ます。当ブログでは復興支援等社会貢献活動を、今までしっかり紹介してきました。その中で地域に根差した公共財として、積極的に取り組むところ(しかも継続事業として)もあれば、商業活動ばかりに目が向いて消極的(今までチャリティーグッズを主催販売した事が無いところもあるようですね)なところといろいろ浮かび......続きを読む»

ベガルタ仙台 J1通算100勝を記録 ~J史上21番目の100勝到達

【せんだいサッカー日和】

ベガルタ仙台がJ1リーグ戦で通算100勝を達成!! J史上21番目の100勝到達クラブとなった。 オリ10以外では11番目(磐田、柏、F東京、C大阪、川崎F、神戸、新潟、大宮、湘南、京都)。 仙台の上は、今季J2の京都で104勝。さらに湘南の123勝。 【ホーム or アウェイ】 ホームでの勝利が61勝、アウェイが39勝と、ホームでの勝利が全体の約6割。アウェイが4割。 【対戦クラブ別......続きを読む»

スタイルとスタイルのぶつかり合い〜福岡vs熊本(3月19日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

バカンス真っ只中も真っ只中。この日はアビスパvsロアッソ。結局、加藤清正と黒田長政ではどっちが強いんだ?と。 ■前半 この日のスタメンを眺めていると、巻とウエリントンなるターゲットマンが、それぞれのチームにいましたので、特に序盤の戦いにおいては、そこに向かってロングボールを放り込んで、状況を伺うような応酬が続きます。とはいえ、こと熊本に限っていえば、決して縦ポンサッカーといった類ではない。巻に向......続きを読む»

2017Jリーグ第4節 G大阪×浦和

【浦和な生活】

昨年より遠征は控え目になっており、この日も自宅で観戦しようかなと思っていたんだけど、キックオフが17時と息子にとっては良い時間帯だったので、北越谷のサポーターが集まるお店でPV参戦してきました。 久しぶりのPV参戦でしたが、やはり多くの仲間と共感できる空間は良いですね。息子も皆さんに可愛がって頂いて大助かりでした~♪ 明治安田生命J1リーグ 第4節 2017年3月19日(日)17:03キックオフ・......続きを読む»

連勝で〆。このインターバルを活かせるか

【サッカーをぼそぼそつぶやく】

うむ。 なんだかんだで公式戦4連勝ですな。 ヒヤヒヤする試合も多かったですけど、何より結果がついてきて、リーグ、ACLともにいい順位でインターバルに入れたことは良かったです。 このインターバルでは、過密日程でなかなか出来なかった連携の確認と戦術の確認を入念にしてもらいたいですね。 色々な組み合わせも試せますし、修正点も改善出来ますね。 石井監督は就任以来、前からの守備ではめ込み、手数をか......続きを読む»

2017:J2:4節:H:vs京都サンガF.C.「前進!上昇!エース復帰で今季初勝利!」

【蹴鞠談議2】

岡山vs京都:2-1 得点者:18望月 嶺臣、24赤嶺 真吾(10大竹 洋平)、24赤嶺 真吾(PK) 観客数:10,214人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:佐藤 隆治:2.5 副審:西橋 勲、亀川 哲弘:2.5 H:岡山 監督 長澤 徹:2.0 スタメン 20藤本 佳希::3.0 7伊藤 大介:2.5、30豊川 雄太:3.0 17朴 亨鎮(パク・......続きを読む»

J2リーグ 第4節 山形x讃岐(0:0)

【J2にしがみつく】

3/19(日) 14:00~ NDソフトスタジアム山形 J2リーグ 第4節 山形x讃岐(0:0) 天気:晴れ 気温:11℃ 風:中風 動員:9,828人 ・讃岐の最近3試合 熊本 ●1-2(A) ※完敗 町田 ▲2-2(H) ※悔しい引き分け 愛媛 ▲2-2(H) ※何とか引き分け ここまでの成績 第16位 勝点 2 得失点 -1 対戦相手(山形)の最近3試合 京都 〇1-0(A)......続きを読む»

アビスパ福岡3連勝

【avi背番号12】

福岡2-1熊本 レベスタ 9008人    福岡が九州ダービー第2戦の熊本戦で2-1で競り勝ちホーム連勝、そしてリーグ戦3連勝!  今日もレベスタで観戦しましたが、子どもたちが仕事で参戦できず一人だけでの観戦でした。  アビスパのシステムは前節と同じで4-4-2。スタメンはMFの山瀬と城後が入れ替わりました。 GK杉山 DF岩下 冨安 亀川 駒野 MF三門 ダニルソン 城後 石津  FW......続きを読む»

コンサドーレ札幌戦に関して

【サンチェ体操が出来ました!】

関東在住の広島出身、 アウェー戦を中心に年間10試合近くを観戦するものです! クラブが大変な時期ですが、 今日はどうしても物申したくて、初投稿です 昨日のコンサドーレ札幌戦、 負けた言い訳をしない監督・選手に潔さを感じつつ、 前半最初に感じた違和感、 オフィシャル携帯サイトでようやく納得! 水本が顔を押さえ、立ち上がれなかったプレー、 千葉が倒され、完璧な抜け出しを食らった1失点目 なんで前......続きを読む»

【ベガルタ】第4節 VS柏 くせになりそうな辛抱の末のウノゼロ勝利

【ことサッカー】

J1リーグ第4節 柏レイソルVSベガルタ仙台 2017年3月18日(土)15:00K.O. 柏0-1仙台 @日立柏サッカー場 3.11の敗戦、ルヴァン杯初戦の屈辱的大敗を経て、 休む間もなく、アウェー柏戦。 とはいえ、ルヴァン杯も含めてフル参戦してるのは、 三田、大岩だけ。 (この二人は、昨年から、警告累積や契約上出れない場合を除き、 ほぼフル出場。これに富田も加えて、 ケガ人の多いベガルタの中......続きを読む»

2017 J1 第4節 柏レイソルvsベガルタ仙台@日立台

【太陽王発電観測所】

そんなに強く来ないベガルタ。けれども、前へ運ぶのに苦労するレイソル。 効果的な縦パスを入れられず、外から攻めざるを得ない。 ならばと、ディエゴとクリスの外国人パワーを前面にして仙台ゴールに襲いかかる。 が、ゴールを割るには至らず。 守備では、中川をはじめとした前線からの献身的な動きにより、ベガルタに思うように攻撃させていなかった。 後半序盤、ベガルタ永戸のロングスローや奥埜のダイア......続きを読む»

《セレッソ》とりあえず1勝。勝ち点3ゲット

【南大阪に吹くマリンの風】

J1 第4節 @キンチョウスタジアム セレッソ大阪 1 - 0 サガン鳥栖 ミッドウィークのルヴァンCで今季公式戦初勝利のセレッソ。 ゆーてもメンバー総入れ替えで挑んだ1戦だったんで、この試合に繋ぐどうこうは考え難い1戦でありましたが、見事とは言い難いですが、まず1勝取れたことは前向きに考えるとします。 スタメンは前節と同じ布陣。山村とヨニッチはルヴァンでも途中出場してたのでこの2人は中2日での......続きを読む»

Jリーグ的指揮官同士によるJリーグ的好ゲーム〜長崎vs金沢(3月18日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

バカンス真っ只中。広島から長崎へ。戦後日本の繁栄の起点となるシンボリックな2都市ですが、修学旅行なりなんなりで、その辺の学習は経験済みですので、今回は純粋にフットボールを楽しみます。 ■前半 高木琢哉と柳下正明、かつての青年監督もいまやキャリアをたくさん積んで、貫禄さえ感じるのはワタクシだけでしょうか。どちらも、その特徴は「安心安全」とか「信頼と実績」みたいな感じ。特別に目立つようなところはない......続きを読む»

J最強のアタッカーコンビ誕生か~ウタカと大久保~

【ダブルボギーの憂鬱】

多摩川クラシコを見ての感想です。 川崎に移籍して大久保が復活し得点王に輝いたのは中村憲剛の存在が大きく取り上げられます。もちろん否定するつもりはありません。しかし一番大きかったのはレナトという当時リーグ最強の助っ人の存在こそが大久保を3年連続得点王に導いたと考えています。 レナトの存在なくして大久保の得点王は無かったと私は断言します。 2015年、シーズン途中でのレナトの電撃移籍で少しずつ得点のパタ......続きを読む»

初黒星

【ダブルボギーの憂鬱】

フォワードの枚数が足りないチームなので点が取れない事を悲観しても仕方ないですが、昨夜はセットプレーのキッカー不在を大きく実感してしまった試合でした。特に終盤の正面のフリーキック(2~3回あったと思います)はガッカリでしたね。キーパー林も含め高さでは敵わないのにあのキックを見て中村憲剛の意図を図りかねました。1つくらいは直接狙って欲しかった。 カウンターやサイド攻撃など他に得点パターンを持たないチーム......続きを読む»

ナカユビ

【しみずにっき】

こんなことで更新したくはありませんでしたけれども言いたいことは非常に単純です。 松原と鈴木の煽り合いは、歳も近いし、いいんじゃないかと思うんです。 松原は悔しい思いをして、糧にして欲しいし、気持ちを前面に出す鈴木も僕は割と好きだし。 ただし、、、33歳ですよ。 真剣勝負の最中とはいえ、一回り下の選手相手に中指たてますかね。 プレイヤーとしては勿論、私生活の立ち振る舞いも後輩たちの見本であるべき......続きを読む»

J2第4節 大分 対 徳島

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

チームとしての完成度の高さを見せつけた徳島が、前半の1点を死守して、1対0で逃げ切った。 徳島のようなすばらしいチームと対戦できる。そのことはサッカーファンにとっては、無常の喜びである。 試合は緊迫した状態が続き、好ゲームとなった。 ここまでお互いに2勝1敗同士、スペイン人監督に率いられた徳島が、どのようなサッカーをするのかに興味があった。 実はこの試合の前にAコートではJFLのヴェルス......続きを読む»

頑張ろう、スポナビブログ!(特にサンフレ系ブログ)

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

個人の感想なのですが、最近、スポナビブログ全体の閲覧数が若干少なくなったような気がします。 私の3つ前の記事(腰が引けちゃってたやつ)が、1万そこそこの閲覧数で2位になってしまいましたからねえ。 いや、有難いんですよ。 有難いんですけど、本来なら、ベストテンに載るかどうかくらいだと思うので、これは全体的に総数が少なかったからなんじゃないかと感じたわけです。 今日(17日)だって、1万越えは1記事だけ......続きを読む»

大久保が入れたから嬉しいような気もする

【にわかフロンターレファンの試合分析】

クラシコ(クラピコ)久々の敗戦 今シーズン初の敗戦が大久保のとどめで入るという運命的な。 やはりキーパーのミスでの失点は勢いを渡してしまう。 あれさえなければと言えるシーンだったと思う。 開始早々のチャンスやノボリの突破など、多々ターニングポイントとなりうるシーンは好守にあったが、ソンリョンのあれに尽きる。 中島の落ちるミドル いい近距離フィード 林よりも長距離のパスでも質で上回ってた 等々、大......続きを読む»

【第4節】 vsサガン鳥栖~ピッチの王様「山村」。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs サガン鳥栖 3/18(土)14:00 K.O.  at キンチョウスタジアム ①スタメン    健勇          山村  曜       清武        ソウザ  蛍 丸橋 達也 ヨニッチ 陸      丹野 ②結果  セレッソ大阪 1-0 サガン鳥栖   71分 山村 リーグ戦初勝利です。 ③雑感 何を言ってもこの試合は山村ですよね。 前節から見事な修正!......続きを読む»

【鹿島】 vs 清水。凄まじい逆転劇。吼えろ!鈴木優磨!

【常勝紅鹿】

J1第4節 清水 2-3 鹿島 (41, 失点) (71, 失点) 74, 植田 79, 鈴木 85, 金崎 敢えて言えば、最後の最後で強引に勝利をむしり取っていくような、そういう試合だった。忙しくて後半からしか見れていないが、自分の応援するクラブながら、身震いすらするような逆転劇だった。 1点のビハインドを追いかけて後半がスタートし、ボールはキープできるがシュートにはいけず、相手の攻撃をう......続きを読む»

【アウェイ】危機感【札幌戦】

【紫熊のサンフレ観戦記】

気が付けば3連敗…。 そろそろ内容は良くなってると言っている場合では無いのかもしれません…。 先制点はファール取って欲しい場面ではありましたがねぇ。 2失点目は折り返された時点でやられた様なもんだから。ファールも不用意でした。 鳥栖戦の原川選手よろしく、福森選手という飛び道具を備えている事を頭に入れとかないと。 ふっ、と頭に浮かんだのは、 今までが上手くいき過ぎてたのかもなぁ…。って。 ......続きを読む»

『グランパス』VS水戸戦~まだまだ、相手次第のサッカー。

【赤の血潮と、青の魂】

課題を挙げればきりのない、苦い後味を残す2-1での勝利となりました。 不正確なトラップ、コンパクトでない選手間の距離、パス回しの途中で中盤が空洞になるポジショニングの悪さ、ボールを受ける際の体の角度。 チーム全員が、技術的、戦術的に、もっと成長が望まれます。 前半は水戸が引いて5バックとなり、グランパスは余裕を持ってポゼッションすることが出来ました。 後半に水戸が4-4-2と本来のシステムに......続きを読む»

4節を終えて、大分トリニータに思うこと

【サッカー馬鹿蔵の戯言】

J2リーグ第4節、大分対徳島の一戦は0-1で大分は敗れた。 前半の10分から20分の間くらいはよい場面も見られたが、その他の時間帯は徳島に支配されていたと思う。 完敗といってよい試合だった。 よかった場面では相手のゴールに向かう攻撃的なパスと前線の選手の呼吸が合う場面が多く見られ、フィニッシュまでいくこともできていた。 残念ながら、シュートはディフェンダーやキーパーの正面を突くものや枠を外れる......続きを読む»

サンフレ界隈ズ ~観てない観戦記とウタさんとアナさんと芸人さんが登場します~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年3月17日。金曜日の夜中です。 まもなく12時になりますので、書き終える頃には18日になっているはずですね(笑)。 私は無事、3連休をそのまま頂けることになりました。 できる限りのんびりと過ごして、英気を養いたいと思っているのですが、18日に関しては重大な作業が1つ控えておりますので、そこだけは集中しなければなりません。 それは何?って、まあ分かりますよね。また後ほど。 さて、この1週......続きを読む»

第915回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 まだ、2017シーズンは始まったばかりですが、私のレーティング予想では昨年のJ1・2ndステージからのデータを元にレーティングを算出しておりますので、データ的には十分になります。 今節は100pt差が2試合しかありませんでしたので、90pt以上差がついている3試合のピックアップです。 2.横浜F・M   +216pt 4.......続きを読む»

『グランパス』ちょっと訂正。ポゼッション率は過程の話

【赤の血潮と、青の魂】

昨日書いた水戸戦は、恩返しに要注意。で、少し言葉が足りなかったと思ったので補足します。 読み方によっては、数字(ポゼッション率)が高ければいい様に見える文章だなと感じたからです。 サッカーはポゼッション率を競うゲームではない。 ポゼッションは手段であって目的ではありません。 ボールを失わないことが目的となった、消極的なプレーを選択した結果、高いポゼッション率を計測しても意味はありません。 あく......続きを読む»

2017シーズン開幕【鳥取】

【強小の力】

2017シーズン開幕戦。 新生ガイナーレの初陣はアウェイでのガンバ大阪U-23戦でした。 今季から森岡隆三新監督を迎えたガイナーレ鳥取。 対するガンバ大阪U-23の宮本恒靖監督。 2002年の日韓W杯を含む2000年代序盤の日本代表を支えた2人のDFが監督として対峙します。 今季よりJ3の試合もDAZNでの配信があるため、アウェイの試合も映像で見ることが出来るようになりました。 いろ......続きを読む»

皆でJ1とJ2とJ3の順位を当てよう!(J1全順位予想)

【【中小企業診断士】「読裏クラブ」のワンツー通し】

いよいよ開幕した今年のJリーグ!そんな「開幕ムード」に乗って試合結果を含め各クラブのニュースも賑やかになってきました。まぁ、私も、ベタ中のベタとは解りつつも、ここはひとつ今シーズンの「展望・予想」とまいらせてもらおうかな・・・と思います。 え?「おいおい!ベタな事すんなよぉ~~」と、いう声があちらこちらから聞こえそうですが、そこはそこ。ほら・・・よくある「4月上旬のGW大特集」のように、12月に......続きを読む»

20170311 ベガルタ仙台-ヴィッセル神戸

【気の向くままに】

 今回は少し遅い感もありますがJ1リーグの3節、ベガルタ仙台-ヴィッセル神戸戦を主要スタッツを中心に振り返ってみたい思いますのでよろしくお願いします。  中心にというのは、この試合はユアスタ行ってましたのでプレー内容に関する情報があるというところで、補完として実際のプレーに触れていく部分もありますということで。  試合前の状況としては、両チームとも2連勝で迎える試合。  仙台としては前節の磐田戦の......続きを読む»

サンフレッチェ応援!対札幌戦をより楽しむために

【福山から応援するサンフレッチェブログ☆人生の悲哀と喜び、サッカーと重ねて】

サンフレッチェファンの皆様 サッカーが大好きな皆様 はじめまして! 広島県東部で自営業をやっております 車熊治郎と名乗らせていただきます(^o^)/ DAZN加入でやっと試合が見れる喜び! 感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 他チームの試合も丸観れるって、イイっすね♪( ´▽`) 早速今日は前節の【コンサドーレ】対【セレッソ】を観ました。 土曜日に対戦しますからね〜 正直、......続きを読む»

”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言

【でぷスポ13号館】

小倉純二最高顧問、日本代表人気に危機感を示す 日刊スポーツ 3/16(木) 12:29配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793027-nksports-socc 日本サッカー協会の小倉純二最高顧問 (78)が16日、低迷気味の 日本代表人気に危機感を示した。 15日にテレビ朝日系で生中継された 第4回ワールド・ベースボール・ クラ......続きを読む»

『グランパス』水戸戦は、恩返しに要注意。

【赤の血潮と、青の魂】

グランパスは、3/18の14:00に瑞穂で、水戸と対戦します。 グランパスOBの西ヶ谷隆之が監督として、水戸を率いています。 そして水戸のエースは、グランパスに在籍していた橋本晃司です。 残念ながら、グランパスU-18出身の佐藤和樹は、開幕からの3試合ベンチ外。 同じくグランパスU-18出身の石井綾は、アスルクラロ沼津への期限付き移籍中です。 橋本は、玉田と仲が良く、風間監督の指導を受けていた......続きを読む»

次節はFC東京VS川崎フロンターレの多摩川ダービー、大久保爆発か?

【当てtoto】

第915回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。次節の注目カードはやはりFC東京VS川崎フロンターレの多摩川ダービーでしょうか。 大久保嘉人選手も早くも古巣と当たる訳で、いつも以上に気合が入りそうですね。まあ前節(対ガンバ大阪)はPKは外すは、試合後にユニフォームを投げ捨ててクラブから厳重注意されるなどさんざんでしたが。次節こそは大久保嘉人選手のプレーが見れること......続きを読む»

【ベガルタ】ルヴァン杯GS第1節 VS FC東京 歴史的大敗でメンタル心配

【ことサッカー】

ルヴァン杯GS第1節 ベガルタ仙台 VS FC東京 2017年3月15日(水)19:00K.O. FC東京6-0仙台 @味の素スタジアム なんというか・・・。 ここまでいいところなく負けると、 コメントのしようもない。 ルヴァン杯といえば、 主力温存、控えメンバーどうしの対戦、 というのがここ数年の通例。 おまけに今年からは、U-21スタメン規定なるものも 始まり、普段観れないサブの奮闘を期待......続きを読む»

ルヴァンカップ第1節 FC東京戦

【生涯ベガルタ宣言Ⅱ】

6-0の完敗だった。 たしかに、FC東京のメンバーはリーグ戦から8人代わったとは思えないほど豪華なメンバーだった。 でも、この日仙台が戦う相手は彼らFC東京では無く自分たちだった。 今年から3-4-2-1 を導入。  この新システム、リーグ戦のメンバーでは及第点までに仕上げてきていた。 しかし、今日のメンバーでは公式戦に耐えるほどの理解が浸透していなかった。 そもそもこの新システムは4バック......続きを読む»

《放送予定》3月18日 J2第3節ツエーゲン金沢vs湘南結果 柳下監督会見、廣井・作田・野田・宮崎・佐藤選手インタビュー ウェルカム活動についても

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 「Road to J1」 ホーム開幕戦! J2 第3節 ツエーゲン金沢 vs 湘南ベルマーレ 結果をお伝えします 柳下正明監督会見 DF 廣井友信選手 DF 作田裕次選手 MF 野田紘史選手 MF 宮崎幾笑選手 FW 佐藤洸一選手のインタビューをお送りします 試合前、金沢駅でのウェルカム活動についても! ヴィンセドール白山の全日本フットサル選手権大会結果......続きを読む»

ACL2017 第3戦 上海上港☓浦和

【浦和な生活】

今シーズンの日程が出て最初に遠征情報を調べたのが上海。上海が予選を勝ち上がって来る前に、既にどうやって休もうかなって考えていたんだけど、やはり年度末の平日に3日間休むにはインフルエンザ以外はなく、会議をほったらかしていくわけにも行かず、結果遠征どころか連日の残業でした・・・ ラウンド16のアウェイにはいくぞ!チェジュに行きたいぞ!って思ってますが、立場上そんなに休むわけにも行かないし、果たしてどうな......続きを読む»

2017 ルヴァン杯 GS 第1節 柏レイソルvs清水エスパルス@日立台

【太陽王発電観測所】

リーグ2連敗でいろいろ課題が見えた中、迎えたルヴァン杯緒戦。 レイソルのスタメンは、 GK:桐畑 DF: 小池、中谷、中山、古賀 MF:ドゥドゥ、栗澤、手塚、大津 FW:大島、中川 小池、手塚、大島がどんなプレーをするか期待していた。 一方のエスパルスは、リーグ戦から10人を入れ替えた模様。 試合は、開始3分にペナルティアーク付近からの手塚のボレーが決まり早々に先制。 その後も、レイソル......続きを読む»

皆でJ1とJ2とJ3の順位を当てよう!(J2全順位予想)

【【中小企業診断士】「読裏クラブ」のワンツー通し】

いよいよ開幕した今年のJリーグ!そんな「開幕ムード」に乗って試合結果を含め各クラブのニュースも賑やかになってきました。まぁ、私も、ベタ中のベタとは解りつつも、ここはひとつ今シーズンの「展望・予想」とまいらせてもらおうかな・・・と思います。 え?「おいおい!ベタな事すんなよぉ~~」と、いう声があちらこちらから聞こえそうですが、そこはそこ。ほら・・・よくある「4月上旬のGW大特集」のように、12月に......続きを読む»

《セレッソ》両チームのスタメン総入れ替えの試合観戦(後半から)

【南大阪に吹くマリンの風】

ルヴァンカップ グループステージ第1節 @キンチョウスタジアム セレッソ大阪 2 - 0 横浜Fマリノス 試合前日からセレッソは11人総入れ替え、マリノスさんも大量入れ替えが噂されたルヴァンカップ。 どちらもターンオーバー採用とのことやったんで、なにかこの『総入れ替え』のコトバに惹かれ、後半からですがキンチョウスタジアムに足を運びました。 ウィークデーの試合は後半のみ観戦可能な『ハーフタイムチケ......続きを読む»

若さのせめぎ合い〜広島vs甲府(3月15日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

「もはや、そこは中国山脈だろう!」ってところにグランドがあるサンフレッチェと、「これを盆地と言います!」ってな地域の雄であるヴァンフォーレの試合を見に、はるばる広島へ。ただいまバカンス真っ最中。 ■前半 平日のナイトマッチですから、そりゃ、もうルヴァンカップなわけですよ。しかも初戦。ありがたいことに初戦からルヴァンを配っていただきました。さすがヤマザキさんは太っ腹。ランチパックが黙ってないわけ......続きを読む»

ACLのGLは前半終了。アジアの勢力図は

【常勝紅鹿】

鹿島アントラーズはホームでブリスベン・ロアーを3-0で下し、ACLのGL前半3試合を首位で折り返した。 各グループの様子から、東・東南アジアサッカーの勢力図を見てみたい。 ①中国勢の猛威 中国のクラブが入っているグループF、G、Hのいずれもで、首位を中国クラブが占めている。しかもいずれも無敗。 これはアジアサッカーにおいて中国が台風の目であることを如実に語っているといえよう。日本のサッカーメディ......続きを読む»

【J2・第3節_vs金沢(A)】 『FW島村』△0-0

【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

金沢の柳下監督は、湘南の持ち味を消しに来た。システムを湘南とタイマンはる3-4-2-1に変更して、積極的に前からハードにボールを奪いに来た。運動量とハードワークでは負けたくない湘南、ボール支配率とシュート本数では上回ったもののスコアレスドローに終わった。 湘南は、星矢が初スタメン、サブに神谷が初選出。ここでのサプライズは、しまむーFWでのサブ登録だろう。サポになってからFW登録って見たことあ......続きを読む»

【ルヴァン】寒い寒いサムイ【甲府戦】

【紫熊のサンフレ観戦記】

ルヴァン杯開幕。 甲府さんをホームに迎えての本日。 残業中のみんなを横目に颯爽と会社を飛び出し(まぁいつも僕が最後まで居るんだからたまにはいいじゃろ)愛車(50cc)にまたがりいざEスタへ! 広島市内から己斐峠の坂道を悲鳴を上げる原付と共に走り抜き、なんとかキックオフ5分前にスタジアムに到着。 まず目に飛び込んできたのは30人くらいでしょうか、アウェイゴール裏に陣取る甲府サポさん(平日のアウェ......続きを読む»

【ルヴァン杯第1節】 F東京戦@味の素スタジアム

【せんだいサッカー日和】

きょう、「YBCルヴァン・カップ」が開幕! 第1節は19時からアウェイでF東京戦。 先発メンバーには、FW西村、MF野沢、MF金久保、DF増嶋、DF常田、GKシュミットなどリーグ戦からの大きな入替えが予想されています。 【仙台のルヴァン杯日程】 第1節 3/15(水) F東京  A @味スタ 第2節 4/12(水) 磐田  H @ユアスタ 第3節 4/26(水) 清水  H @ユアスタ 第......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】やはり秋春制は厳しい。新潟の3月は「三寒四温」の時期。まだ「春遠からじ」の季節なのだ。 ~J1第3節 新潟vs清水戦~

【白鳥城の騒霊】

第3節ホーム、新潟vs清水戦。 清水戦は前半から76分の1点目の失点までは、イーブンの展開。新潟は悪くなかったと思います。 新潟も清水も、互いがプラン通りのサッカーがほぼほぼできていました。 あの失点前の清水の攻撃の前あたりから新潟の運動量が落ちたかなという印象。(結果論ですが) 清水にポゼッションされボールを回されマークがズレ始めました。 4-4-2の守備の約束事ができなくなった。 達也が下がって......続きを読む»

2017/3/5 J1#2 柏vsガンバ大阪「俺は戦術家じゃないんだよ!(ハイトーンボイスで)」

【継続は力】

西野監督退任以降苦手にしている日立台でのアウェイ戦。平日開催が多かったけれども、今季は週末。 前節ホームのACLで歴史的惨敗を喫しつつも、この試合もメンバー的には同じ3バック布陣だったことから、長いシーズン戦う上では絶対に必要なオプションだという監督の強い意志を感じる。 試合が始まってみると、布陣は流動的で三浦がSB気味に開く変則4バックから、3バックで両ワイドが駆け上がるような切り替え。アグレッシ......続きを読む»

ちゃんと押し込めてたからこその引き分け

【にわかフロンターレファンの試合分析】

いやはや…セレソンという連中は格が違うな。 全員前のポジションだが、そこらのDFより守備がキツい。 とくにパウリーニョ 昨年のCWC決勝を生で見たときのバルサの守備に通じるものを感じた。 ひっつくわけでもなく、ふわーっとした距離で球をむしろ呼び込む守備。 パスカットを何度もやられたが、毎回毎回待ってましたと言わんばかりの加速で狙い通りかっさらわれる。 あの域まで行くと、パスを出しやすい出した......続きを読む»

FC東京U23vs富山(3月12日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

夢の島に行って参りました。夢の島はメインスタンド以外は芝生席状態。なのでメインスタンドを目指すのですが、席数が少ない。にもかかわらず久保君が来るので記者席が拡大されている。一般観戦者的には迷惑この上ない! マッチレポはコチラ     この日は東京西川様がマッチデースポンサー。ということで「エアーポータブル モバイルマット/ストレッチマット(35000円相当)」の上に試合球が設置され......続きを読む»

若さゆえの脆さ〜FC東京U23vs富山(3月12日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

花粉症の季節ですね。ゴールデンウイークみたいなお日柄でしたので、今シーズンでもトップクラスに飛散していたのではなかろうか。 ■前半 浮気新監督となった富山と、毎年のようにチームを作り替えることになるであろうFC東京U23。果たして、どのようなシステムかと眺めていたら、どちらもよく似ていて、442というか、4231というか、みたいな感じでしたね。それぞれの、久保健英と衛藤をセカンドトップとみるかト......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss