ジャンル別一覧:高校野球

高校野球・夏2017 早実が決勝進出! 清宮の史上最多となる107号HRは貴重な追加点に!(西東京大会・準決勝)

【0 to zeroのhorizon】

春・夏の連続出場を目指す早稲田実業、2年連続で夏の甲子園を目指す八王子が準決勝で対戦しました。 昨年も同一カードがありましたが、準々決勝で早実が敗れています。 試合前に八王子の安藤監督は「7、8点は取らないと苦しい」「強いチームで、清宮君、野村君をどう抑えるか」と語っています。 打撃戦も予想されましたが、両チームとも先発が好投、投手戦となりました。                         ......続きを読む»

高校野球・夏2017 西東京 清宮擁する早稲田実業、準決勝は八王子と対戦!

【0 to zeroのhorizon】

夏の高校野球・西東京大会は、7月26日に準々決勝の残りの2つのカードが行われました。 しかし、雨のため日大二VS佼成学園は1回でノーゲームとなっています(1回表に日大二が3点を取ったが)。 一方、もう1つのカード、明大中野八王子VS八王子は試合が行われ、八王子が12-8と乱打戦を制しました。 この結果、準決勝の第1試合は、第1シードの早稲田実業、第5シードの八王子が対戦します。 また、現段階で、第......続きを読む»

福大大濠の春夏連続出場は なるか?

【スポーツ えっせい】

 9日から開幕した今年の夏の高校野球福岡県予選は今日でベスト 8の試合が終わり、福大大濠・久留米商・西日本短付に東筑が明後 日行われるベスト4に進出した。  今大会は選抜でベスト8進出した福大大濠と東海大福岡の2校に 4年連続出場を狙う九州国際大付や西短が絡むという予想だった のだが、東海大福岡はベスト16への代表決定戦で折尾愛真に9回 2アウトから6失点して逆転サヨナラ負けを喫しているし九国大付......続きを読む»

高校野球・夏2017 西東京 早実が4強に1番乗り! 清宮は2打数1安打、打率は5割8分3厘に…!

【0 to zeroのhorizon】

注目の西東京大会ですが、7月25日、7月26日に準々決勝が行われます。 ベスト8、最初のカードは第1シードの早稲田実業VS第5シードの日本学園となりました。 昨年の秋に対戦があり、その時は早実が10-1で圧勝しています。 日本学園がどこまで善戦できるか…注目となりました。                                                      試合結果 日本学園1-......続きを読む»

広島県大会準決勝・広島商v広陵

【高校野球観戦日記】

上空は雲があるもののかんかん照りの日差しが照りつけ、時おり少し舞う風が吹き抜けるなかでの試合。さすがに伝統校同士の試合だけあって、スタンドには多くの観衆が詰めかけている。他県から来ている私と同様に、地元の人たちにとってもこの組み合わせは注目なのだ。試合前にはグランドの土の部分に散水されたが、量が十分ではないためグランドの所々が黒く、所々は白っぽい状態で試合が開始された。広陵は2回裏、安打と敵失で一死......続きを読む»

高校野球・夏2017 西東京大会 清宮の早実など8強決定 ノーシードは2校!

【0 to zeroのhorizon】

7月23日に雨天延期となっていた八王子VS創価の5回戦が行われ、8強が出そろいました。                                               準々決勝の対戦カード 早稲田実業VS日本学園 八王子VS明大中野八王子 日大二VS佼成学園 東海大菅生VS日大三                                                …となりました......続きを読む»

今年の甲子園出場校のOBの方ならば見てた オープン戦~札幌学院大×旭川大

【僕の中の大投手 諭】

旭川大   0 0 2 3 0 0 0 3 0 8 札幌学院大 0 0 0 0 1 1 1 0 5 8 7月22日:札幌学院大総合グラウンド 旭川大   藤原、前川、山本 - 肥後、山川 札幌学院大 小野寺、加藤雄、佐藤迅、大森 - 西里、内林 本塁打:西里(札学院) 高校野球・北北海道大会決勝は滝川西高が白樺学園との接戦を制し、19年ぶりに夏の甲子園出場を決めました。 テレビやWeb等で......続きを読む»

岡山県大会1回戦・津山東v倉敷古城池

【高校野球観戦日記】

午前中に大雨が降ったため第一試合が一時中断したらしく、午後2時にマスカットスタジアムに着いてみるとまだ第二試合の最中だった。今日は諸事情あってスコアは付けず、ファインダー越しにグランドの選手を追うことが目的で球場へ足を運んだ。いささかぬかるんだグランドで試合が行われており、まだ3回裏。その段階で7-2で翠松がリードしており、その後も中盤に得点を重ねて9-2とし、7回コールドで試合が終了した。そのあと......続きを読む»

高校野球・夏2017 清宮幸太郎は3試合で打率6割、3HRで通算106号到達! 早稲田実業が8強!(西東京大会)

【0 to zeroのhorizon】

第99回の高校野球ですが、7月の下旬には各都道府県で決勝戦が行われ、甲子園の出場校が決定します。 ※文章の最後から各都道府県の決勝の日程ページを確認できます。 すでに出場を決めているのは沖縄の興南、鹿児島の神村学園になります。 7/22には北北海道・福島、7/23には南北海道・秋田・山形・栃木・山梨・新潟・長野・香川・佐賀・長崎・宮崎と多くの地域で決勝が行われる予定です(雨などで変更もあり)。 ......続きを読む»

戦力分析ーー興南(2017年・夏)

【Memories of the game】

 やはり課題は、バッティングにある。  決勝戦では15点を奪ったものの、二回戦から準決勝までの四試合は、ヒット数がいずれも1ケタに抑えられている。  これは対戦校のバッテリーが警戒し、外角を丹念に突いたり、変化球主体の投球をしたりしてきたためと思われる。この“かわすピッチング”を攻略する各打者の技術が、あと一歩だったという印象だ(おそらく甲子園大会へ向けて、変化球をカットし直球を狙う等の対策は......続きを読む»

兵庫県大会3回戦・須磨翔風v神戸第一

【高校野球観戦日記】

午前中、選手権大会の連券を探し求めて右往左往したあとでほっともっとフィールド神戸へ向かった。予定では10時過ぎには球場に着いていて、第二試合から観戦予定だったのだが、かろうじて第三試合の開始に間に合う羽目になってしまった。上空は曇り空で時おりライトからレフトに風が吹く中での試合。到着が遅かったため試合前のフィールディング練習も見ることができなかった。 試合は初回に翔風が1点を先制したが、2回表に神......続きを読む»

2017年選手権東東京大会3回戦(帝京×立教池袋 関東第一×都立雪谷)

【北のお部屋】

■神宮球場 17/7/14 ■第99回全国高校選手権大会・東東京大会3回戦 立教池袋 100 100 000=2 H5 E1 001 010 30x=5 H8 E0 帝京 立:小幡-浅沼 帝:仁田、松澤-田中麟 本塁打 金村(帝)山根(立) 二塁打 佐々木(帝)小幡(立) 1回表 2アウト 3番山根のセンターバックスクリーンへのソロ。 3回裏 2アウト1,3塁 3番田中悠のレフト前タイムリー。 4回......続きを読む»

2017年選手権埼玉県大会2回戦(聖望学園×越谷南)

【北のお部屋】

■県営大宮 17/7/12 ●選手権埼玉大会2回戦 越谷南 100 000 00 =1 H 3 E1 010 001 06x=8 H12 E0 聖望学園 越:高橋遼、石橋、栗林-本間 聖:遠藤、西澤-國領 三塁打 川上(聖) 二塁打 川上(聖)坂本(越) 1回表 1アウト3塁 3番岡のスクイズ。 2回裏 1アウト満塁 1番川上の押し出し。 6回裏 2アウト3塁 1番川上のセンターへのタイムリー二塁打......続きを読む»

美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ

【Memories of the game】

【決勝戦】興南 15-1 美来工科  いやぁ、参りました……と言うほかない。  春から夏へかけて、興南がかなり戦力的に上積みされていることは理解していた。ロースコアの試合が続いてはいたものの、“ここ”という時には確実に得点する打線の集中力の高さも、感じ取っているつもりだった。  それでも、ここまでとは。過去二度も敗れている難敵を相手に、この決勝戦でその力を爆発的に発揮するとは予想し得なかった。......続きを読む»

沖縄県大会、準決勝の戦評&決勝戦の展望

【Memories of the game】

【第一試合】興南2-0糸満  引き締まった好ゲームだった。とはいえ要所でベストプレーをした興南と、ミスが出てしまった糸満の、小さいようで埋めがたい“差”が勝敗を分けたように思う。  最初のポイントは四回裏。一死一・三塁の場面で、糸満はスクイズを敢行するが、打者が空振り。三塁走者が飛び出し、タッチアウトとなった。結局、この回無得点。  スクイズを選択したことは、かえって興南を助けてしまったと感じ......続きを読む»

好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの

【Memories of the game】

 先に結論を言う。コントロール、度胸、スタミナ――この三つを備えていれば、全国レベルの好投手と見て差し支えないと思う。  極論に思われるかもしれない。投球フォーム、球威、決め球があること、体格(身長や手足の長さ)……その他の要素も、もちろん大切だ。ただ、これらは上記三つがなければ、まるで張子の虎である。  例えば、投球フォーム。度胸がなければ、腕が縮こまったり力みがあったりして、簡単に崩れてし......続きを読む»

工藤が名電、江川が作新 意外な進学先決定への道!江川は早大を辞退!工藤は槙原をこう見ていた!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

進路の選択は人それぞれ。スポーツの世界も同じ。 中学生だった工藤公康は何故名電に進学したのか?江川卓は作新以外にどんな高校が候補だった? かつて友人がチケットがあるからと誘ってくれたおかげで多くの野球関係者のトークショー(講演会)を観覧した。最後には質問コーナーもあり、私は子供達に交じって(笑)積極的に手を挙げて幸いほぼ当ててもらった。 そんな中、2名のレジェンド達には高校進学に関する質問をし......続きを読む»

今、日本では、熱中症で倒れることが大流行しております。気をつけましょう。

【Armar know Jack Bigwild】

全国高校野球選手権大会の埼玉県と茨城県の予選の開会式で、野球部員たちが熱中症になったそうです。 同じ会場でずっと立ってた役員のおじさん達は平気だったらしいのに……… あれって集団ヒステリー的な人数の広がりもありますよね、絶対。 野球部員だからと言って、どの学校も、どの部員も厳しい練習をしてきたわけではありません。練習中に倒れられたら大変なことになりますから暑い日中は練習をさせてくれない学校もあるで......続きを読む»

沖縄県大会、準決勝・決勝の展望

【Memories of the game】

【第一試合】興南-糸満  準々決勝における糸満の沖尚撃破は、今大会のサプライズの一つだった。強打者揃いの相手に投手戦へと持ち込み、1-2とリードを許しても崩れることなく、足を絡めて2点を奪い取った。個人能力で上回るチームと対する際の、まさにお手本のような戦いぶりである。  ただ、準決勝で対戦する興南は、沖尚とは特徴が違う。  今年の沖尚は、やや攻撃に偏ったチームだった。そのためか、ロースコアの......続きを読む»

一本のクリーンヒットよりも…… ~ 沖縄尚学、まさかの準々決勝敗退 ~

【Memories of the game】

 夏の甲子園大会を目指す沖縄県大会・準々決勝で、大波乱があった。第1シード・沖縄尚学が、準々決勝で敗れたのだ。  相手は糸満。強豪とはいえ、今大会はノーシード。秋季大会は三回戦、春季大会は初戦で敗退。決して前評判の高いチームではなかった。  下馬評では、圧倒的に沖尚が有利。ところが、2-1で迎えた八回表。スクイズとホームスチールで2点を奪われ逆転を許した。八・九回の反撃も散発に終わり、春の優勝......続きを読む»

広島にもまた、若き球音の季節がやってきた。

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年7月8日、土曜日。 この日、私は広島市内に外出していまして、広島駅の新しい通路を見に行ったりしてました。 カープの試合は神宮、しかもナイトゲームだったので、試合がある日ほどの混雑ではない、と見越しての出動でした。 しかし、私は全く知らなかったのです。この日、マツダスタジアムで、全国高校野球選手権広島大会が開幕を迎えていたことを。 それを知ったのは某書店のスポーツコーナーだったのですが、ち......続きを読む»

松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高

【僕の中の大投手 諭】

北海高  0 1 0 0 0 4 0 3 3 11 札幌南高 0 0 1 0 1 3 0 0 0 5 7月2日:札幌麻生球場 北海高  多間、阪口 - 佐藤 札幌南高 井澤 - 三戸 本塁打:井上1号・2号、鈴木大1号、川村2号・3号 私、この日に岩見沢へ行って社会人野球クラブ選手権北海道予選の準決勝&決勝戦を観戦しに行こうと思っていたんですよ、でも寝坊してしまいましてねぇ…北海道でおきた最......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(6)九州

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 福岡:選抜出場の大濠、東海福岡の2強中心も両者とも控え投手の整備がどこまで進むか。 3年連続出場を果たしている九州国際大付の盛り......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(5)中国/四国

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 岡山:選抜出場の創志学園を昨夏準Vの玉野光南が追いかける 伝統校の関西、倉敷商が好投手を擁し2強崩しを狙う 広島:3年連続を狙......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(4)近畿

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 滋賀:滋賀学園VS彦根東の一騎打ちも層の厚い滋賀学園やや有利か 夏に強い近江や北大津がどこまで上げてくるかも注目 京都:春を制......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(3)北信越/東海

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 新潟:久しぶりに戦力的に抜けている日本文理を3連覇目指す中越が追う 文理大井監督が今年で勇退されるとのこと。花道を飾れるかどうか......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(2)関東及び東京

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 茨城:新チーム振るわない常総がどこまで巻き返すか 普通に見れば秋春制した明秀日立が本命。好投手擁する霞ヶ浦が続く。 栃木:作新......続きを読む»

米満主将"日本一の応援団がついている”駒大 楽しみな秋

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

駒澤大学の一部復帰はこの秋成し遂げられる!? ちょっとだけ昨日観覧した駒澤大学内で実施されたイベントについて触れたい。 駒澤大学応援指導部ブルーペガサスによる「第12回神宮への誘い」。今年は2004年を最後に遠ざかっていた駒大、東洋大、亜細亜大の鼎(かなえ)3校による合同ステージ(チアリーディング)や各校の野球応援を再現するステージが実施され、これまで観てきた中でダントツに楽しい内容であった。亜......続きを読む»

2017選手権代表校一言展望(1)北海道東北

【野球傍目八目】

すでに予選が一部始まっていますが、ちょっと時間が取れたので書いておきます。 今年については以下の方針で書きました。 ・短い文章を目指し、大きな見出しとちょっとだけの補足で完結させる ・予想ではなく展望という形にする。 方針に関する補足は各コラム最後に付記しておきます。 北北海道:春躍進の大谷勢VS強豪校 特に白樺とクラーク、旭実がどこまで上げてくるかがポイント 南北海道:駒苫、第一が本命も投手......続きを読む»

鹿児島大会、開幕 17日間の熱戦始まる

【no title】

 第99回全国高等学校野球選手権鹿児島大会が1日、開幕した。全国的には、愛知とともに4番目に早い幕開けだ。  初日から接戦が繰り広げられた。昨秋・今春の九州大会鹿児島県予選では合同チームとして出場した鹿児島第一と市来農芸が、今回は別々のチームとして出場。奇しくも、初戦で両者が戦うことになった。両チームとも、互いに同じチームとして戦った相手と、互角の勝負を展開した。市来農芸が先制すると、鹿児島第一が......続きを読む»

市神港が閉校とは

【スポーツ えっせい】

 先日の新聞に初夏通じて甲子園出場15回、うち選抜優勝2回を 誇る神戸市立神港が18年度をもって閉校になるという残念なニュ ースが載っていた。  市神港といえば第一神港商時代に29年&30年と連覇を果たした 古豪でOBにはブレーブスで活躍した豪腕・山口高志や、ジャイア ンツの吉田孝司らがいるものの最近は76年夏を最後に甲子園から 遠ざかっていた。  市神港に関しては私が高校野球を熱心に見始めた頃......続きを読む»

水と油と大学ジャパン

【今日も神宮】

【No.51 2017/6/17 亜細亜大 4-7 慶應義塾大 亜細亜大学グランド オープン戦】 「エンジョイ・ベースボール」を標榜する慶應義塾大と「野球道」を邁進する亜細亜大。水と油とも言えるコンセプトのチームのオープン戦。 試験休みなどもあってあまりオープン戦を行われないこの時期にオープン戦を組むのは、春のリーグともに2位の終わった両校に秋に向けて早くスタートしたいという意図があるのだろう。......続きを読む»

高校野球・福岡県予選組み合わせ決まる

【スポーツ えっせい】

 7月8日に開幕する今年の福岡県予選の組み合わせ抽選会が今日 行われた。  今年の参加校は134校で選抜では福大大濠と東海大福岡の2校が 秋の九州大会ファイナリストとして出場し大濠は滋賀学園との延 長15回引き分け再試合の死闘の末に、東海大福岡は清宮幸太郎を 中心とした強打の早稲田実に打ち勝つなど活躍して2校がベスト8 進出するという快挙を達成した。  この勢いで夏に挑んで欲しいものだが福岡県か......続きを読む»

余談・少しくらい人間教育の要素があってもいいのではないかと

【高校野球観戦日記】

夏の地方大会が本格化する前に、ここに綴っておきたいと思っていたことがある。今年になってから私が現場で見ていた、とある試合での出来事だ。 ある試合の序盤、投手がスライダーを投じたところ、スイングしかけた打者がバットを止め、この投球が打者の身体に当たった。この場面を私はネット裏から見ていたが、スイングしていればストライク、スイングしていなくてよける意思があれば死球、という感じに思えたが、主審の判定は死......続きを読む»

センバツからのタイブレーク導入に賛成、やる方も見る方も慣れなければいけない

【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

報道によると、来春センバツからタイブレーク制の導入が濃厚とのこと。 過去話題になっては消えを繰り返してきましたがついに健康面配慮の声を無視できなくなったということでしょう。 プレイする側も見る側も長年親しんできた延長再試合制を変えるのに抵抗が大きいのはやむを得ないと思います。 しかし選手(特に投手)に大きな負担がかかったままの現状はどう考えても問題です。 無理を重ねて関節や骨を痛めてしまったら誰が責......続きを読む»

立教大学 59年ぶり全日本優勝!神宮応援席は超満員!中川&田中で明るい立大の未来!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

甲子園優勝経験者達が投打の柱となり立教大学を59年ぶり全日本大学野球選手権優勝へ導いた! 全日本大学野球選手権は立教大学×国際武道大学という主力として甲子園優勝経験したメンバー達、また甲子園スター達をズラリ並べるteams同士の対決という決勝にふさわしいカードとなった。 立大はこの日は登板がなかったがエース左腕田中(2年大阪桐蔭)が投手陣の軸、野手陣は2番熊谷(4年仙台育英➡神宮大会優勝)、4番......続きを読む»

『行け立教健児』ドームに轟く

【今日も神宮】

【No.46 2017/6/7 立教大 6-2 富士大 東京ドーム 第66回全日本大学野球選手権大会】  “われらの行く手に敵ぞなし 立教!セントポール おおわが母校 ♪”  得点時のアップテンポな『行け立教健児』が流れ続ける展開になって、ようやく一息ついた。  立教打線は富士大の加藤弦(4年 八重山商工)の縦の変化球(スプリット?)にクルクル。6回まで毎回2個づつ三振を奪われ計12三振。  0-2......続きを読む»

練習試合を含めた通算ホームランに何の価値があるのか?

【スポーツ えっせい】

 早稲田実の清宮幸太郎が4日に小牧市民球場で行われた練習試合 の享栄戦で高校通算100号HRを放ったようだが、そのボールが野球 殿堂博物館に展示される可能性があるという記事がスポーツ紙に載 っていた。  清宮という凄い打者がいるからか今年の選抜終了後は毎週のよう に招待試合で全国を飛び回っている形だし、高校通算HRについての 話題が沸騰し始めているわけで通算100号に達した時にはスポーツ 紙の一面......続きを読む»

アマチュアNo.1超エリート軍団ENEOSが2年連続都市対抗出場ならず!ライヴァル東芝に敗退 あの応援がまたも観られない夏

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

都市対抗に出ることは簡単ではないことをまたも思い知らされた。 日本のアマチュア野球ではNo.1の超エリート野球選手が大量に所属するJX-ENEOS野球部が第88回都市対抗野球出場をかけた東芝との大一番で敗退し、昨年に続き2年連続で都市対抗出場を逃すこととなった。 現在の神奈川の社会人野球はかつてとはずいぶん状況が変わり西関東という位置づけで2teamsのみが出場。本当なら3つでも良いのだろうが、......続きを読む»

NHKの早慶戦中継は立教18年ぶり優勝に触れず!中継の質が低い!立教59年ぶり快挙なるか!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

これは酷い(笑)何だこれ...NHKの早慶戦中継は早慶以外の大学へ一切フォーカスしない主義なのだろうが...立教大学優勝しちゃあマズいのかな。 早慶戦は第1戦で慶應が勝利し、今日の第2戦に勝利すれば慶應が35回目の優勝となる試合。慶應が負ければ立教が18年ぶり(35シーズンぶり)の優勝となる大一番。 試合は投手力が苦しい両校による予想通りの打撃戦となった。 慶應が初回表に5番郡司(2年/仙台育......続きを読む»

立教18年ぶり優勝は早慶戦で慶應が1敗で決定!早大 加藤は三冠まで1HR&3打点!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

立教大学がついに1999年秋季リーグ戦以来となる東京六大学野球優勝を果たす!? 東京六大学野球春季リーグ戦は近年まれに見る大混戦で第7週に突入した先週末。東大以外の5大学に優勝の可能性があった。結局立教大学が3連覇を目指した明治大学から2勝1敗で4つ目の勝ち点を挙げ9勝4敗2分けとした。2位が6勝3敗2分けの慶應大学。この2校に優勝の可能性が残されている。 今週末の早慶戦で慶大が1つでも負けた時......続きを読む»

巨人よ「くそ!清宮に打たれて巨人に負けた!」と我々に言わせてくれ!

【no title】

私はソフトバンク&広島ファンで、巨人に特別な感情はない。 だがしかし、清宮は巨人に入団してほしい。 清宮は大成ないだろうから、とかそういった理由ではない。 巨人に入団してバカスカ打って、我々をたくさん悔しがらせてほしいと思っている。 自分が野球を見始めたとき、巨人は松井を中心としたミレニアム打線を擁し 圧倒的な破壊力で我々他球団ファンを大いに嘆かせた。 しかしメディアを中心とした巨人一強の時代......続きを読む»

敬遠といえば・・・ <秀岳館-早実の敬遠&4.22 大垣南-美濃加茂>

【藤本バント ムーアタイムリー】

大リーグで申告制の敬遠がスタートした今年。日本のプロ野球にも申告制の敬遠を導入するべきか否かという話は賛否が分かれるところですが、敬遠策自体に賛否がある高校野球ではどうなのでしょうか? 昨日熊本県での招待試合。センバツ4強の秀岳館と春都大会優勝の早稲田実の一戦は5-1で秀岳館がリード。9回2死、あと1つアウトを取ればゲームセットという場面で2番打者に敬遠。3番打者のプロ注目の清宮選手との対戦を選択......続きを読む»

甲子園出場に関係なければ こんな試合もアリ

【スポーツ えっせい】

 先日 高校野球・春の関東大会の組み合わせ抽選が行なわれ東京 大会で優勝した早稲田実は初戦で埼玉2位の花咲徳栄と、準優勝の 日大三は千葉1位の専大松戸との対戦が決まった。  春の関東大会は秋とは違って東京勢も参加するわけだが、今年の 東京勢は秋同様に早実と日大三の一騎打ちになっており東京予選の 決勝が18-17という大激戦だっただけでなくナイター開催だった 事など多くの話題を呼んでいた。  両校......続きを読む»

2017年春季埼玉県大会準決勝(浦和学院×市立川越 花咲徳栄×春日部共栄)

【北のお部屋】

●春季埼玉大会準決勝 17/5/5 県営大宮 ●第一試合 市立川越 000 000 100=1 H6 E1 001 030 00x=4 H8 E0 浦和学院 市:メンディス、太賀、小川-中山 浦:近野、佐野-秋山 二塁打 家盛2(浦)瀬山2(市) 3回裏 2アウト2,3塁 4番蛭間のセンター前タイムリー。 5回裏 1アウト2塁 3番家盛の右中間を破るタイムリー2塁打、4番蛭間のライト前タイムリ......続きを読む»

2017年春季埼玉県大会3回戦(春日部共栄×山村学園 ふじみ野×東農大三 叡明×武南)

【北のお部屋】

●春季埼玉大会 17/4/30 上尾市民球場 ●第一試合 山村学園 000 000 000=0 H5 E2 103 020 000=6 H5 E0 春日部共栄 山:矢口-寺嶋 春:内藤-又吉 二塁打 山本(春) 1回表 1アウト3塁 ワイルドピッチで1点先制 3回表 0アウト1,2塁 1番川畑のレフト前タイムリー、4番山本のライトへの2点タイムリー。 5回表 2アウト2,3塁 4番山本のライト......続きを読む»

加藤雅樹 笑顔見せる!宮台から左中間へ2号!三冠なるか!早実後輩達から刺激もらう!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

清宮から!野村から!後輩達から刺激を受けちょっと笑顔の宮台からの3ランHRだった! 母校、早実が高校野球史上に残る伝説試合を繰り広げてから2日。3名の早実出身者が名を連ねた早大。先発投手は甲子園3回出場計5勝、また高校選抜メンバーとして大活躍した木更津総合出身1年生左腕の早川が六大学初先発。対戦相手は県立湘南高校出身でドラフト候補の宮台康平が先発マウンドの東大。 東大 宮台は先頭打者に四球を与え......続きを読む»

【スポーツ聖地巡礼・22】京都学園高校の沢村栄治像(京都府京都市)

【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

2017年は沢村栄治投手の生誕100年にあたる。1917年(大正6年)2月1日に三重県宇治山田市(今の伊勢市)で生れた沢村投手は、京都市にある京都商業学校(当時)に進学した。「野球留学」は100年も前からあったようだ。 その京都商業学校は戦後に商業高校となり、1990年には校名を京都学園高校と変えた。高校の敷地には、偉大なOBである沢村投手の銅像が建つ。正門を入ってすぐのあたりだ。 ......続きを読む»

高校野球・大分県代表が勝てないのは

【スポーツ えっせい】

 神村学園の優勝で幕を閉じた今年の春季高校野球九州大会だが、 最近の九州の勢力図を見ると大分代表の低迷が目に付く。  昭和40年代は津久見が九州勢唯一の春・夏での優勝を飾っている だけでなくベスト8も1度あるし、ライバルの大分商も春夏通じて 3度のベスト8に入っているだけでなく夏の甲子園での初戦敗退は 3度というように九州勢のエース的な存在だった。  それが最近の10年間では07年の楊志館と09......続きを読む»

2017年春季埼玉県大会2回戦(浦和学院×聖望学園 春日部共栄×越谷西)

【北のお部屋】

ようやく今シーズン初の高校野球を見に県営大宮へ行ってきました。 元々高校野球取り扱っていたブログのはずが今や大学・社会人野球のブログと化してますので、少しは忘れないように住んでる地域の高校野球も見とかないとねという感じで・・。元々大田でやってる関東選抜リーグを見に行こうと思っていたのは内緒です(爆)。 今回は2試合だけ取り上げてますが、3試合目の3回までは見ていたのです。というのもこの日の試合で......続きを読む»

清宮&野村計4発!4時間7分究極乱打戦!日大三下し早実35年ぶり春制覇!アメーバTV大成功!関東大会決勝再戦は!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全国の高校野球ファンが史上初平日ナイター決勝生中継を堪能した! 高校野球史上初となる高校野球のナイター試合。東京都高野連が春季東京都大会準決勝を前に急きょ決勝を27日(木)18時開始@神宮球場に変更したことが衝撃的大成功という成果を治めることとなった。 決勝は全国の高校野球ファンが大注目となる早実×日大三。秋季大会決勝で早実が2点を追う9回裏に同点➡野村のサヨナラ2ラン本塁打という幕切れで早実の......続きを読む»

春季高校野球九州大会から見えるもの

【スポーツ えっせい】

 23日から今年の春の高校野球九州大会が沖縄で始まり昨日までに ベスト4が出揃ったのだが、顔ぶれを見ると選抜ベスト4の秀岳館と 残りは鹿児島実&神村学園の鹿児島勢に沖縄の美里工になっている。  春の九州大会は甲子園に直結しない大会なので選抜出場校は推薦 で出場するわけだが甲子園での戦い明けだからモチベーションが今 ひとつ上がってない感じなのに対し、選抜出場を逃したチームには 選抜出場校を食......続きを読む»

第89回選抜が終わって

【高校野球観戦日記】

雨天や引き分け再試合による日程の順延が相次いだ今年の大会で優勝したのは大阪桐蔭だった。第7日に引き分け再試合が連続して大会の日程が一部変更になった段階で、大阪桐蔭に追い風が吹いているなと感じた次第で。2003年の広陵や2014年の龍谷大平安などBブロックから優勝チームが出るときは、引き分け再試合や雨天による順延と日程変更が優勝するチームに有利に作用していることは、ただの偶然ではないだろう(注:200......続きを読む»

甲子園大会の出場校は偶数が いい

【スポーツ えっせい】

 高野連は来年の夏の甲子園が100回の記念大会になる事から過去 2回記念大会の時だけ増やしていた千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪 ・兵庫の6府県に福岡を加えた56校での開催になる事を発表した。  これで来年の100回記念大会は史上最多の出場校での大会になる と話題になっているが、個人的には‘やっとか’と言う感じが拭え ない。  というのも参加校数が75年以来の偶数になる事に意義があると 思っている......続きを読む»

秋田さんしてやったり 〈2017 3.27 市岐阜商ー県岐阜商〉

【藤本バント ムーアタイムリー】

第1試合の記事から別記事を挟んで大分時間が空きましたが、今回はこの日の第2試合市岐阜商ー県岐阜商の試合について。 市岐阜商 000 102 002 R5 H11 E1 県岐阜商 001 101 000 R3 H8 E0 この日の観戦のお目当ては市岐阜商の中神拓都選手(2年)。昨夏の岐阜大会では背番号15ながらショートでスタメン抜擢。準々決勝では5番を任され、1-1の8回 1死1、3塁のチャン......続きを読む»

加藤雅樹 ひたすら厳しい表情! 六大学第1号弾!甲子園スター達 明大14名,早大8割が甲子園組!法大も!開幕悲喜こもごも

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

東京六大学野球春季リーグ戦が今日開幕!甲子園スター達がどんなスタートを切ったのか!? 朝から雨が降りしきり、予定より1時間遅れで開会式が11:15~、第1試合が12:00開始ととなった東京六大学野球の開幕日。さっそく神宮で観戦してきた! 第1試合は東大×明大。明大は六大学史上初となる新宅団長による校歌指揮がまず新鮮であった。箱根駅伝以来だったが新宅団長は更に風格が増していた。 最大の注目はやは......続きを読む»

もはや複数投手制でなければ甲子園で優勝できない

【スポーツ えっせい】

 大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた今年の選抜高校野球だがWBCの開催 時期と重なっただけでなく、延長15回引き分け再試合が2試合連続 になった事から例年以上に球数に対する注目度が増した大会だった。  何せMLB選手をはじめとした超一流の投手達がシーズン開幕前と いう事から厳格な球数制限に従って投げているのに対し、体ができて ない高校生の投手達が1試合に200球前後投げるだけでなく連投も辞 さずというのだ......続きを読む»

選抜高校野球大会:21世紀枠の成績をレーティングで考察してみる.

【konakalab】

本記事の結論 選抜高校野球の21世紀枠で選出された高校の成績は,残念ながらあまりよくない. しかし,一般選考で選出された高校であっても,県によっては21世紀枠と同等,もしくはそれよりも成績がよくないところもある. 従って,21世紀枠が選考方法に依存して明確に実力が劣る,ということまでは言いづらい.一般選考の当落線上のチームと同等である可能性......続きを読む»

第89回センバツ~総括

【北のお部屋】

■最終日結果 ●決勝 1.大阪桐蔭(大阪)8-3 履正社(大阪) 大阪桐蔭(大阪) 110 001 005=8 H14 E0 010 000 030=3 H 6 E0 履正社(大阪) 大:徳山、根尾-福井 履:竹田、松井-片山 本塁打 藤原2、坂之下、西島(大) 三塁打 藤原(大) 二塁打 中川(大)濱内(履) 今年もその日の展望は書けなかったというか、傍観者的に見ていたのであしからず・・。こ......続きを読む»

第89回センバツ 決勝

【藤本バント ムーアタイムリー】

大学の準備が色々とあり投稿が遅くなりました。 史上初の大阪対決となった決勝でしたが、決勝戦にふさわしい熱戦だったと思います。では、決勝戦を振り返っていきましょうか。 履正社3-8大阪桐蔭 (履)竹田、松井ー片山 (桐)徳山、根尾ー福井 本塁打 藤原2 坂之下 西島(桐) 試合開始前にスタメンを見た時、根尾はリリーフ待機なんだと思ったと同時に、西谷監督は1番藤原にこだわっているんだと感じました。こ......続きを読む»

センバツ201712日目結果

【野球傍目八目】

優勝は大阪桐蔭でした。関係者の皆様おめでとうございます。 <本日の結果>   12日目 決勝 大阪桐蔭8-3履正社 途中経過は置いておいて、終盤を大阪桐蔭打線を抑えるのが難しいのは静岡戦で証明されていて、そこを最小限に耐えたのが東海大福岡の安田投手で、打たれるのを前提に投手交代したのが秀岳館だったということを考えると、8回に追いついた段階で投手を変えておく必要があったと思う。それが難しいとするな......続きを読む»

2016選抜高校野球,第12日・ファイナル

【スポーツ えっせい】

 史上初の大阪勢同士による対戦となった今年の選抜高校野球の決 勝は、雨で1日順延されて仕切り直しとなったので両校ともエース が休養十分で登板できる事になった。  府大会では履正社が大阪桐蔭に勝っているので有利とは思えるが、 西谷体制になってから甲子園の決勝では過去4戦全勝という桐蔭の 勝負強さも侮れないので互角の勝負だと思われた。  ちなみに履正社は4試合全てで緊迫した試合を勝ち抜いているの に......続きを読む»

【番外編】(3)センバツ回顧~決勝・閉会式~

【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

今年の年度末、3月は実にここ最近では最高に忙しかった。センバツをもう少しゆっくりと楽しめるかなと思っていたが、ブログで試合を振り返れるほど見れなくて、自分の中ではいきなりの決勝って感じでしたね。雨で早々と順延を決めた大会本部の判断、「あっ、そんなキチッとした判断も出来るるんや」と珍しく褒めそうになったが、まぁ一日延ばせば土曜日だし、「なるほどな」と納得。史上初の大阪勢同士の対決、などと煽るだけ煽るマ......続きを読む»

【閑話休題・22】高校野球での同県対決はどれほどまれな事象なのか?

【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

2017年のセンバツ大会の決勝は履正社高校と大阪桐蔭高校という大阪勢同士の対決となった。 ニュースでは「史上初の大阪勢対決」などと取り上げられていたが、この表現にはやや問題がある。「大阪勢同士による・決勝での・同県対決」が初めてなのであり、「大阪勢同士による・同県(府)対決」も「決勝での・同県対決」も前例があるからだ。 大阪勢対決は1961年の第33回大会で実現しており(2回戦の浪商高校と明星高校)......続きを読む»

センバツ201711日目結果と12日目展望

【野球傍目八目】

大差がついた試合の多かった準々決勝から一転、準決勝は2試合とも接戦になりました。 <本日の結果>   11日目第一試合 準決勝 履正社6-4報徳学園 最後に履正社が底力を見せたという試合。なんだけど、報徳から見たら最後に池上投手が捕まってしまった。彼が早いタイミングで投げざるを得なかった状況があり、その結果最後に捕まってしまったということになると、西垣投手がもう少し、1イニングでも2イニングでも......続きを読む»

毎日の記事に失望 高校生の将来を無視する姿勢しか感じられない エース連投当たり前か!?ローテを定着させよう!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

竹田も徳山も31日の決勝は1球たりとも投げてはいけないんだよ!当たり前だろう!この2人の将来をどう考えているんだ大会主催の毎日は? センバツはセンバツ史上初の大阪勢同士、しかもとてつもないスター軍団で優勝候補同士の決勝、履正社×大阪桐蔭というカードになった。 この2校は日本でも1,2を争う超パワーハウス軍団。大阪桐蔭は全国から超一流の素材を集めるし、履正社も近年地元で全国一の野球どころ大阪の最高......続きを読む»

第89回センバツ 12日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

甲子園は準々決勝が1番面白いとよく言われますが、センバツに関してはここ2年準決勝の方が面白い試合のように思いますね。今日の2試合も紙一重であり、どちらが勝つかは最後まで分かりませんでした。では、まず準決勝2試合を振り返ります。 第1試合 履正社6-4報徳学園 決勝見据えて竹田投手以外のピッチャーがどこかで出てくると思っていましたが、準決勝にしたのは順当といったところでしょうか。試合は、報徳学園の西......続きを読む»

2017選抜高校野球,第11日

【スポーツ えっせい】

 大会11日目の準決勝は第1試合が履正社-報徳学園戦で初戦で 日大三に逆転勝ちして波に乗った履正社はエースの竹田が好調だが、 かなりの球数を投げているので先発起用しない可能性があるため報 徳の西垣を安田らの打線がどこまで攻略できるか。  報徳は大濠戦で機能した西垣-池上のリレーのタイミングがカギ になるだろうが、上位打線が履正社以上に好調なので好勝負が期待 できる。  ちなみに履正社の岡田監督は......続きを読む»

兄譲りの走塁センスと代走の鏡 <2017 3.27 春季高校野球大会岐阜地区予選 岐阜城北-岐山>

【藤本バント ムーアタイムリー】

甲子園大会は明日決勝ですが、全国各地では春の県大会に向けた地区予選が始まっています。今回は今週の月曜日に岐阜ファミリーパークで行われた春季高校野球大会岐阜地区予選準々決勝の岐阜城北-岐山の観戦記を書きたいと思います。 ↗試合会場の岐阜ファミリーパーク野球場。夏の県予選では使われませんが、春の県大会や岐阜地区の予選では使用される球場です。近いうちに改修されるかもという噂を聞きました。ただ、アクセス......続きを読む»

【選抜高校野球2017 プロが欲しい投手は誰だ?C枠】 ~ドラフト的視点で見る甲子園~

【埼玉県に2つ目のプロ野球チームがあったなら】

昨日のB枠に続いてC枠です。 C:大学・社会人での成長次第ではいずれ指名されそうな投手 ■小野(建大高崎) 右オーバースロー ストレートは140キロ前後。最速は145キロでした。 今大会で見た右投手の中で一番フォームがかっこいいと思ったのがこの小野です(「センバツLIVE!」秀岳館戦1時間8分頃参照)。 きれいなテークバックからフィニッシュの片足立ちに至るまでの流れはイケメンそのもの。 彼の投げ......続きを読む»

センバツ201710日目結果と11日目展望

【野球傍目八目】

いろいろあって休養日のない今大会。これからの投手起用が優勝戦線を大きく左右する状況になってきました。 <本日の結果>   10日目第一試合 準々決勝 履正社8-1盛岡大付 盛岡大付から見て5回のエラーが痛すぎた。その影響があるのか、後の若林の打席で配球が弱気に過ぎて歩かせてワイエルドピッチして連打を食らう感じになって実質的にそこで勝負あった。 それにしても竹田投手をあそこまで打てないとは思いませ......続きを読む»

第89回センバツ 11日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

ベスト4が出揃いました。西日本勢、近畿勢の強さが目立つ大会ですね。再試合があった関係で決勝までは3連戦。4強のうち報徳学園以外の3校は先発投手を完投させました。この判断がどう出るのでしょうか? 第1試合 履正社8-1盛岡大付 中盤までは投手戦でしたが、“野球は2アウトから”というのがよく分かる5回表の履正社の攻撃でしたね。セカンドのエラーもあり。連続四球・連続長打で試合を決めてしまいました。竹田投......続きを読む»

2017選抜高校野球,第10日

【スポーツ えっせい】

 大会10日目は大会の華ベスト8が行なわれる。  注目カードは第2試合の報徳学園-福大大濠戦で引き分け再試合 を勝ち抜いた原動力のエース三浦が投げられるかがテーマで、仮に 投げられても そこそこの失点は免れないだろうから2試合連続で 完封している西垣から最低でも5点は取らないと勝ち目は無い。  第1試合は過去2試合で打ちまくった強力打線を擁する盛岡大付 が履正社の竹田をどこまで攻略できるかで、2......続きを読む»

【選抜高校野球2017 プロが欲しい投手は誰だ?B枠】 ~ドラフト的視点で見る甲子園~

【埼玉県に2つ目のプロ野球チームがあったなら】

昨日のA枠に続いてB枠です。 ~B:「AとCのどちらに入るか」を秋までに見極めたい投手~ ■山口(熊本工) 右オーバースロー ストレートは140キロ台前半。最速は148キロでした。 昨日までに登板した全投手の中で1位タイ。 横に滑るスライダーもよく曲がります。 しかし、一番の問題はコントロール。148キロぐらいではちょっと割に合いません。 テークバック回収のタイミングがことごとく遅れるため、多く......続きを読む»

センバツ20179日目結果と10日目展望

【野球傍目八目】

今日は再試合2試合。前の試合と同じ先発だったのは4校のうち1校だけでした。 <本日の結果>   9日目第一試合 福岡大大濠5-3滋賀学園 とりあえず三浦投手に謝っておきます。力を抜いてコーナーを狙い、ここぞの時に全力投球。これはこれで素晴らしいピッチングでした。 ただ、滋賀学園の敗因は先発に光本投手を使ったことだと思います。あれで大濠有利の序盤になってしまった。前の日宮城投手でうまくいったので調......続きを読む»

第89回センバツ 10日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

大会9日目は引分再試合が2カード。投手起用について色々議論になってますが、私たち外部よりも監督をはじめとする指導者の方が選手のことをよく知っていることは確かなのであまり深く問い詰めることはできないなと感じます。ベスト8は近畿3、九州3、東北1、関東1と西高東低の傾向に。神宮大会出場校は履正社(優勝)、福岡大大濠(4強)の2校のみと秋の結果はあまりあてにならないなと。ただ、右側のブロックに出場校が被っ......続きを読む»

2017選抜高校野球,第9日

【スポーツ えっせい】

 大会9日目は一昨日延長15回引き分けとなった再試合2試合が 行われるのだが、中1日でエースを投げさせるチームがどれだけ あるのかが注目。  特に第1試合は新チーム結成以来公式戦の全イニングを投げて いる福大大濠がエースの三浦を登板させる可能性が高いのに対し、 滋賀学園はどの投手が投げるのかが問題だろう。  第2試合も健大高崎が3人で まかなったのに対し福井はエース の摺石に依存していたが、2番......続きを読む»

【選抜高校野球2017 プロが欲しい投手は誰だ?A枠】 ~ドラフト的視点で見る甲子園~

【埼玉県に2つ目のプロ野球チームがあったなら】

今年もやってまいりました「ドラフト的視点で見る甲子園」。 2014年の夏から始めて今回が7回目(うち1回は2016夏・東西東京大会編)です。 将来プロで活躍する可能性を秘めた投手はいないか。 今大会もプロ野球(NPB)のドラフトにかかるかどうかという視点でこれまでに登場した全投手をチェックしてみました。 ここで挙げるのは以下の枠に入る投手。そして「3年生」のみ。 A:高校生の時点でドラフト指名して......続きを読む»

センバツ20178日目結果と9日目展望

【野球傍目八目】

昨日の延長引き分け2回を受け、タイブレークの検討を行うそうです。ある意味当然だとは思いますが、それはそれとしてタイブレークといえば先日のWBCスタイルが標準ということになるんでしょうかね。 まあ、ボールストライクの呼称も世界標準でボールを先に呼ぶようにしてるし、やるとしたらあの方式なんでしょうかね。 <本日の結果>   8日目第一試合 秀岳館3-2作新学院 実力校同士の伯仲の展開でしたが、チャン......続きを読む»

第89回選抜・第8日の3試合

【高校野球観戦日記】

甲子園球場のスタンドの階段は、一段ごとの段差が微妙に違っており、しかも段の大きさが不ぞろいだ。このためスタンドの階段を歩いていてずっこける人をよく見かける。しかしまさかこの私が、今日はその階段の餌食になってしまうとは…。転倒して腰を強打したものの、大きな影響もなく観戦を続けることができて不幸中の幸いだった。今日は雨が降った翌日で晴れ上がって上空を風が強く吹き抜けていたが、その風向きが何度も変わるため......続きを読む»

第89回センバツ 9日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

本来であればベスト8が出揃っているはずですが、引分再試合が2試合あるため決まったイスは6つ。地区別に見ると近畿、九州勢の健闘が目立つ形に。西高東低の大会でしょうか。今日は自県の春季大会の地区予選を観戦に行ったため、録画をチラッと見た感じだけですが、8日目の振り返りから。 第1試合 秀岳館3-2作新学院 第2試合 東海大福岡11-8早稲田実 第3試合 静岡高8-11大阪桐蔭 第1試合はやはり3点目......続きを読む»

2017選抜高校野球,第8日

【スポーツ えっせい】

 大会8日目の注目カードは第1試合の秀岳館-作新学院戦で昨夏 ベスト4で秀岳館が勝っていれば決勝で実現したカードだが、共に 初戦は格下チーム相手に大勝しているので本当の実力が分かる一戦 であり鍛治舎体制になって関東勢相手に3連勝中なので作新がそれ を止められるか。  第2試合は清宮&野村を中心にした早実打線を初戦を91球でクリ アした東海・安田がどこまで抑えられるかだが、東海の攻撃力を 考......続きを読む»

17.3.26 再試合よりサスペンデッドの方がいいのでは

【巨人を見る】

 歴史というのは、そう簡単に刻めるものではない。しかし、第89回センバツ、もっと言えばこの2017年3月26日は間違いなく歴史に刻まれる、そんな一日であろう。  9時開始の報徳学園対前橋育英の一戦は、報徳が初回に4点を取って逃げ切り、いわば「スミ4」か。そして第二試合。初回に滋賀学園が先制し、以降両チームとも点の動きがなかったが、福岡大大濠が八回に同点に追いつくと再び、試合は膠着する。そこから福岡大......続きを読む»

第89回センバツ 8日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

2017年3月26日。この1日は高校野球の歴史の中で間違いなく語り継がれていくでしょう。それくらい衝撃的な2試合連続引分再試合でした。再試合が2試合続くため、中1日空く形となりましたが、休養日は無くなることに。この4校の上位進出は厳しくなったかな… 昔の東洋大姫路-花咲徳栄のような再試合でも延長なんてことがあるような気もしてならないですが… では大会7日目の振り返りから。 第1試合 報徳学園4-0......続きを読む»

第89回選抜・第7日の3試合

【高校野球観戦日記】

諸事情があって今日はチケット売り場に並ぶ必要に迫られ、いつもより早く7時過ぎに球場に着くように出かけた。すでにできていた列に加わりチケットを買って入場して、スタンドの普段と同じ場所に陣取ったのが8:20頃。まさかこのとき、このあと10時間以上も球場に居つくことになり、3試合見ただけで4試合分以上のイニングを観察することになるとは思いもしなかった。こんな日に現場へ身を置くことができたことは記憶に残るだ......続きを読む»

2017選抜高校野球,第7日

【スポーツ えっせい】

 大会7日目の注目カードは第1試合の報徳学園-前橋育英戦で、 初戦を共に21世紀枠校相手に快勝しているのだが継投のタイミン グが明暗を分けるのではないか。  第2試合は初戦を快勝した福大大濠と東海大望洋相手に延長14 回の末に振り切った滋賀学園の対戦で、滋賀が継投で大濠打線を どこまで抑えられるか。  第3試合は初戦で大勝した健大高崎と逆転勝ちした福井の対戦で 福井の左腕・摺石が高崎の機動力を封......続きを読む»

高校野球球数ハラスメント問題

【サンチェス・ピスファン】

こんばんは。 それもこれも全部稀勢の里のせいで、いや稀勢の里のおかげで とてもエモーショナルな気分になっているので このジャンルにおいて記事を書くのは初めてだが投稿をさせていただく。 2試合連続で15回引き分け再試合となった本日のセンバツ大会。 それはそれでドラマチックで感動的な1日であった。 特に地元でもなんでもないのだが 最後の試合はなんとなく福井工大福井を応援していて 9回あのダブルス......続きを読む»

センバツ20176日目結果と7日目展望

【野球傍目八目】

今日は強力打線と思われていたところが意外と打てない日でした。(一部を除く) 共通点は相手投手が左投げでチェンジアップを武器にしているというところ。 低めに集めてしっかり緩急を付ければなかなか打てないということなんでしょうね。 <本日の結果>   6日目第一試合 大阪桐蔭11-0宇部鴻城 初回で決まっちゃいましたね。ああなってしまっては大阪桐蔭相手だと試合にならない。 厳しくいえば初出場ってわけじ......続きを読む»

第89回センバツ 7日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

センバツも6日目を終え、出場32校全て試合をし、ベスト8をかけた戦いが始まりました。この2日間天気が悪い予報ですが、既に1日順延してますし、多少の雨なら決行しそうな感じがしますね。では、大会6日目を振り返ります。 第1試合 宇部鴻城0-11大阪桐蔭 一冬を越えた大阪桐蔭の強さ、初戦の入りの巧さを感じるとともに、初回で全てが決まってしまった感じがありますね。初回については大阪桐蔭の強さというよりも、......続きを読む»

2017選抜高校野球,第6日

【スポーツ えっせい】

 今日の2試合目から2回戦に入る大会6日目の注目カードは第3 試合の智弁学園-盛岡大付で、両校共に初戦で活発な打撃を見せて いるのだが初戦で完封した智弁に対し打ち込まれた盛岡の平松&三 浦の両投手がどこまで踏ん張れるか。  第1試合は中国王者の宇部鴻城と選抜初戦負けなしの大阪桐蔭の 対戦で、宇部の左腕トリオが桐蔭打線をどこまで抑えられるか。  第2試合は初戦で延長戦を制して初勝利を挙げた......続きを読む»

第89回選抜・第6日の3試合

【高校野球観戦日記】

今日は大阪から出場する2チームが試合をするため多くの来場者が見込まれると思い、いつもより早めに球場に向かった。7時半過ぎに着いたところまだ開門しておらず、チケット売り場には長い列ができていた。入場門にも開門を待つ人の列ができていたのでそれに加わり、7:40の開門を待ってスタンドに入場した。今日は比較的ひんやりとした空気の中で予定通りに3試合が行われた。 宇部鴻城v大阪桐蔭 朝から上空は薄曇りで弱い......続きを読む»

センバツ20175日目結果と6日目展望

【野球傍目八目】

清宮選手が登場、明徳北本投手との対決は4打数1安打でした。 ヒットは素晴らしい当たりでしたが、どちらかと言えば抑えられた方だと思うんですが、 「清宮が“オーラ”で初戦突破に貢献相手失策を誘い、ひと振りでびびらせる」 てな記事があるのにはちょっとどうかと思いました。素晴らしい選手だとは思うが、この論調でいいなら何でもありになっちゃいますよね。普通に打ったら褒めるし打てなかったら次がんばろうでいいと思う......続きを読む»

第89回センバツ 6日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

高校に挨拶にいったり、大学の準備をしたりとバタバタしていてここまで試合をなかなかゆっくりと見られなかったんですが、今日の3試合は家族が外出していたこともあり、ゆっくりと見ることができました。やっとセンバツらしい試合が増えてきたなというところですが… では、大会5日目の感想から。 第1試合 東海大福岡2x-1神戸国際大付 東海大福岡としては、理想の展開に持ち込めました。エースの安田投手はストライク先......続きを読む»

2017選抜高校野球,第5日

【スポーツ えっせい】

 大会5日目の注目カードは何といっても第2試合の早稲田実-明徳 義塾で、清宮&野村という強打者の2枚看板を擁する早実打線対明徳 の投手陣という事になるのだろうが明徳も西浦をはじめとした昨夏の メンバーが残っているので地力はあるので5点が分岐点になるか。  第1試合は東海大福岡・安田と神戸国際付・黒田という好投手を 共に擁しているのだが、打力は神戸の方が上なので東海が勝つには ロースコアゲー......続きを読む»

春の甲子園 16強に進んだ高校は!? 21世紀枠の3校は敗退、清宮の早実は初戦突破!(選抜高校野球2017)

【0 to zeroのhorizon】

春の訪れを告げる選抜高校野球2017は、16強のうち15校が決まりました(3/25に1回戦の最後のカード宇部鴻城VS大坂桐蔭戦が行われる)。 注目の清宮幸太郎擁する早稲田実業は、1回戦を延長の末、逆転で勝ち上がりました。                                            1回戦の主な結果 早稲田実業(東京)5-4明徳義塾(高知) 日大三(東京)5-12履正社(大坂......続きを読む»

Big2の顔でミラクル勝利した早実 投ゴロで敗戦から一転!エース故障か?GAORAの偏り実況(笑)

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

まさに九死に一生を得る早実の初戦となった。 センバツ高校野球は第5日に入り、最大の注目校、早稲田実業が登場。第2試合で明徳義塾と対戦。 驚いたのは早実の先発投手が主戦投手の2年生右腕、中川ではなく、同じく2年生右腕の池田であったこと。正直???だった。あれ、故障かな。ただ、中川に何かあったとは伝えられないので疑問が残るままだった。池田がよほど成長して中川は絶不調なのかもしれない。中盤からリリーフ......続きを読む»

第89回選抜・第6日の展望

【高校野球観戦日記】

現在も試合は続いているが、今夜からまた関西方面へ出向くことにした。今日の試合が終わっていないうちにいささか気が早いとも思うが、明日行われる予定の3試合についてどんな展開になるのかを想像してみよう。 宇部鴻城v大阪桐蔭 実に興味深い初戦の組み合わせだ。名前だけ聞けば初戦突破率の高い大桐蔭が有利なのだろうが、宇鴻城は左腕の#1が先発するだろう。春の大会の初戦から大桐蔭打線が変則左腕の投球に果して対応す......続きを読む»

「夏の高校野球、改革案」

【「完封さ!ヤクルトなんて打ちそうなの若松さんだけじゃないか」】

最初に言いますが、そんなに改革してません。てか、やっと書いたね(笑) これを書くきっかけとなったのが、どこぞのアメリカ人が夏の甲子園で、高校生が5試合700球投げたのを聞いた時、 「クレイジー!!!」 と言ったのがきっかけです。当事者やその国民は、それが当たり前だと思ってしまいがちですが、(例えると、自分が生まれた地域の風習に疑問すら持たない)傍からみたら、狂ってると映るものなのでしょう。 ......続きを読む»

センバツ20174日目結果と5日目展望

【野球傍目八目】

WBCが終わりました。日本にとっては若干残念な結果でしたが、改めて野球というスポーツの持つ面白さを体現してくれたような気がします。 今甲子園でプレイしている選手の中で4年後の大会に出るような選手がいるかも知れませんね。 <本日の結果>   4日目第一試合 福井工大福井6-4仙台育英 それだけが勝負を分けた原因では無いとは思うんですが、そもそも両投手の球数が違いすぎるってのがあります。 それを辿っ......続きを読む»

第89回センバツ 5日目展望

【藤本バント ムーアタイムリー】

第1試合見て思ったのですが、今大会は9回または延長で表のチームは2点以上差をつけておきたいなと。市呉、履正社、滋賀学園、そして第1試合の工大福井は2点以上のリードをつくって裏の攻撃を迎えました。一方で高岡商は1点しかリードできず、裏の攻撃で2点取られサヨナラ。表攻撃の2点というのは今大会の1つのポイントかもしれません。では今日の感想から。 第1試合 工大福井6-4仙台育英 7回までは仙台育英が少な......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss