車いす陸上競技 洞ノ上浩太

5連戦遠征期(ボストン・ロンドン・ソウル・大分・大連)

このエントリーをはてなブックマークに追加

5連戦遠征 報告書 4月17日のボストンマラソンを皮切りに、5週連続レースが続きました。 そして、先日の大連マラソンで無事終了しましたので、報告書を送らせていただきます。

4月17日ボストンマラソン 10位 4月23日ロンドンマラソン 6位 4月29日ソウルマラソン 3位 5月6日大分トラックミート 1500m2位、5000m3位 5月13日大連マラソン 3位

大会名 BOSTON MARATHON 2017 日時 4月17日 結果 10位

ボストンマラソンは、スタートから時速70km以上出る下り坂が続きます。 体重が軽く、下り坂を苦手としている私にとっては、他のレースには無い、緊張感があります。 スタート直後の下り坂で、4人の選手が抜け出しました。 その4人の先頭集団を追いかけましたが、追いつくことが出来ませんでした。 必死で追いかけたため、5kmほどで乳酸が溜まってしまい、第2集団からも遅れをとってしまいました。 30km辺りから、復活して自分のペースで走ることが出来ましたが、それまでは、リズムが悪く、上半身と下半身、左右のバランスがバラバラだったのが、自分でもよく分かります。 結果は、ボストンワーストの10位でした。 しかし、タイムは、パラ陸連の強化指定Sランクのタイムまで、あと1秒という好タイムでした。 ボストンはワンウェイですので、追い風の年、向かい風の年で全くタイムが変わってきます。 今回は、まさに追い風の年でしたので、なんとかゴールまで走りきることが出来ました。 結果 1 Marcel 1:18:04 2 Ernst 1:18:04 3 山本1:19:32 4 Kurt1:20:28 5 西田1:20:28 6 Josh1:21:47 7 Rafael1:22:09 8 Aaron1:22:09 9Jordi1:22:10 10洞ノ上1:23:07

スタート動画↓ https://www.youtube.com/watch?v=SCcSJ8sTcJ4

ボストンスタート地点。スタートラインもすでに下り坂です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大会名 VIRGIN MONEY LONDON MARATHON 2017 日時 4月23日 結果 6位

今回のロンドンマラソンは、2017World Para Athleticsマラソンワールドカップも兼ねていましたので、日本代表としての出場でした。 日本からは、6名の選手が出場しました。 レースは、スタートからハイペースで進みましたが、選手レベルも上がっているためか、集団が小さくなりません。 20km地点のタワーブリッジで、仕掛けましたが、抜け出すことが出来ず、集団は以前大きなままでした。 30km地点の金融街で再度アタックを試み、抜け出すことは出来たのですが、1kmほどで吸収されてしまいました。 結局そのままゴールまで進み、16名でのスプリント勝負となりました。 トップの3選手とは、まだ差は大きいと感じましたが、スプリント力がついてきているのは実感することが出来ました。 結果 1 WEIR, DAVID (GBR) 01:31:06
2 HUG, MARCEL (SUI)01 01:31:07
3 FEARNLEY, KURT (AUS) 01:31:07
4 VAN DYK, ERNST (RSA) 01:31:08
5 BOTELLO JIMENEZ, RAFAEL (ESP) 01:31:09 6 HOKINOUE, KOTA (JPN) 01:31:09
7 PIKE, AARON (USA) 01:31:10
8 GEORGE, JOSHUA (USA) 01:31:10
9 YAMAMOTO, HIROYUKI (JPN) 01:31:10
10 SCHABORT, KRIEG (USA) 01:31:11

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今年度のチーム力を左右するキーマンたち②【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

「サッカーなら、どんな障害も越えられる ~レオピン杯・アンプティサッカーより~」【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

今年度のチーム力を左右するキーマンたち①【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年成績まとめ(4年生・5月13日現在)【日本大学駅伝部を応援しています!】

限界を超えろ!国内最大級イベントが上野で開催!!「ノーリミッツスペシャル2017上野」Vol.2【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「NO LIMITS」限界は無い!!「ノーリミッツスペシャル2017上野」Vol.1【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

2017年4月度 高田裕士・千明選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

日本の障がい者サッカーを変えていきたい「ジヤトコ×横浜F・マリノス フトゥーロカップ」【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconbt_hokinoue

洞ノ上 浩太
ほきのうえ こうた

競技:車いす陸上
出身地:福岡県
所属:Yahoo! JAPAN

2008年、北京パラリンピックの5000mで日本人初のファイナリストとなり、5位入賞。
またフルマラソンでは、北京、ロンドン、リオと3大会連続での入賞。

2010年1月には10000mで日本記録を樹立。
2010年6月には自身の持つ日本記録を更新するとともに、5000mでも日本記録を樹立。

2013年4月に開催されたソウル国際車いすマラソン(韓国)にて、フルマラソンの日本記録を樹立。

現在は東京パラリンピックを見すえ、日々トレーニングに励んでいます。金メダル獲得に向けて、新たなチャレンジが始まっています。

2015年に車いす陸上チーム「チームブルータグ2アームドライブ」を立ち上げ、現在6名の選手が在籍しており若手の育成・強化にも取り組んでいます。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:582167

(11月06日現在)

関連サイト:team bluetag 2ARM DRIVE

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NYCハーフマラソン結果
  2. 鳥取ハーフマラソン結果
  3. ボストン、ロンドン、ソウルマラソン3連戦結果
  4. 10月のレース結果
  5. ベルリンマラソン結果
  6. ソウル中央マラソン結果
  7. Lisbon Half Marathon 2014
  8. 吉備ハーフマラソン結果
  9. 5連戦遠征期(ボストン・ロンドン・ソウル・大分・大連)
  10. 東京マラソン2015結果

月別アーカイブ

2017
10
05
03
01
2016
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
2014
10
03
01
2013
11
10
09
08
07
05
04
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss