■booby論■

赤青懐古。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あれから10数年か。



ともに高校一年時から強豪校のレギュラーを張り、二年時には既に№1FWと№1DFの称号を受ける。
両者ともに大きな期待を受けJ入りし、成功も挫折も感受しながら。
紆余曲折の末、今日、当時とは逆の色のユニフォームで相対する。
それまでにも対戦はあったにしても、赤と青のユニフォームだと、自然に感慨を覚えてしまった。



市立船橋出身、ロアッソの北嶋秀朗。
東福岡出身、アビスパの古賀正紘。

青のエースストライカーは、赤いサポーターの前で加入後初を含む2得点の喜びを分かち合う。うち1点は、赤い彗星の絶対防壁だった同級のライバルを背負いながら、北嶋らしい反転シュートでサイドに突き刺した。地面を叩き悔しさをあらわにする古賀。



両者とも自分より年下。でも、すでにベテラン。
引退していった仲間も数多いなか、未だ元気にピッチを走り、身体を張り、期待を受け今期加入したものの低迷するチームを引っ張りながら悪戦苦闘している。



燃え尽きるのは、まだ。



 







 

・・・で、アビスパはまだ、燃えているのかな?



周りを燃えさせていないのは確かだな。



布陣を変えて、早々に失点。中央ノーマーク。
相手のミスからオズの、足では初ゴールで同点。
ロアッソ、やや前がかりに。この時間は惇も前目にポジションをとり、アビスパもボールを回せていた。
ロアッソは先制点の高橋が怪我で北嶋と交代、北嶋のそばに藤本主税が上がる。
前半終了間際、がら空きの右を突かれセンタリング、北嶋のヘディングでロアッソ勝ち越し。

後半、凌いでいたロアッソが、北嶋の北嶋らしいゴールで追加点。




歓喜のロアッソゴール裏では試合終了後、数千人が勝利の雄叫びとともに、選手に合わせてラインダンスってか。
オズのシュートは枠をはずれ、城後のシュートも石津のシュートも末吉のシュートもことごとくセーブされる。



なんだこりゃ?





開幕から半年たってもこんなもんか。
残留争いとは遠いところにいるけれど、その上のゾーンでは愛媛ととうとう勝点差2。





なんか、一昔前のサッカーだな。そしてその指導者の戦い方だな。
ボールを持ったときの技術は教えることができるけど、ボールを持っていないときの技術指導が疎かってやつね。
味方からのボールを受ける際、味方がボールを蹴りボールが軌道を描きだしてからしか動けていないから。
敵からボールを奪うとき、敵に合わせた後の先ばっかりだから。いいときなら今期でも、惇やリュウあたりがするするっとコースに入って先の先で掻っ攫えていたけどね。相手も当然対策を打つ。その次の手がないんだよな。未成熟なリアクション。





赤い旗がうち振られるKKウイング。出庫も時間がかかるし、嫌な家路だったな。
ネイビーブルー、旗ふれど踊らずなのか?それとも、振っているのが白旗なのか?
アビスパのカラーを取り違えるなや!

 

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アビスパ福岡
タグ:
アビスパ福岡
ロアッソ熊本
古賀正紘
北嶋秀朗

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

二度あることは三度あるというけど

再びコメントします。

何だか2002年、2007年を思い出させますよね。前年J1である程度結果を残した監督を代える、実績のない監督にJ1昇格を目指させる、その結果チームはガタガタになり低迷。何回繰り返すのかと。

まぁ、1~2年くらいでころころ経営陣や強化部がかわっていたら、こうなりますよね。もはやJ1昇格を急ぐ前に、ここをどうにかしない限り、何度も同じことを繰り返しますよ。千葉になるのか、鹿島になるのかはここから決まってきますし。

しかし、実績のない前田さんにチーム作りを任せて事実上失敗させてしまった責任はフロントにもあります。だからこそ、しっかりサポーターや選手に来期および数年後の展望を具体的に説明してもらいたい。なるべく早く。

そして大塚さん達は経営の専念と同時に、クラブカラーを出してそれに合ったチーム作りができる監督(もちろんJである程度育成とクラブカラーを打ち出した人)を呼んで、しっかりクラブ基盤を築いてもらいたいです。自分が赤帽さんや川勝さんを推したのはこの理由もあります。

しかし、フロントはどこに魅力を感じて、Jで実績のある人じゃなく前田さんを選んだんでしょうね。

>ネイビアンさん

コメントありがとうございます。

近いうちに細かいところを書こうかと考えています。一人でのプレーに頼りすがり、2人3人の複数から、11人でどういったサッカーを披露できるのか?ってことが未だできない状況ですから。

神野統括のS級取得で道はできています。辞任ではなく休養という形でも、刺激は必要だと思います。引くも勇気。

2007年の悪夢がよみがえる・・・

仰る通り、スペースを作る・作らせない・使う・使わせない・作る前にとる。これらが出来てないし、そもそもチームとして行おうとしているのかが疑問なくらい個人の頑張りに頼ってましたね。攻守両方とも。

J1でも通用し、相手チームの監督や解説者にも絶賛してもらったサッカー、今じゃ見る影もないですね。

こんな試合内容で結果も残せていないから、サポーターはもとより選手も苛立ちが隠せてないから相当不満や不信感が募ってますよね。そろそろフロントは来期も含めた今後の方針のアナウンスと、それに見合う行動を示してほしいですね。

まぁ、誰かさんの休養とその後任をさっさと確保してチームの風通しを良くするのが一番の特効薬だと思いますが。

こんな記事も読みたい

【名古屋グランパス】ちぐはぐな名古屋。戦い方が徹底されておらず、気持ちが裏目に…。<2012Jリーグ・第26節/名古屋×広島>【J特】【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

やっと勝てたよ☆ リーグ戦第26節vsFC東京戦 ~多摩川クラシコ~【主婦の目線でフロンターレ♪】

2012J2第35節:京都vs水戸【FOOTBALLING WEEKENDERS】

オジー賛歌。【■booby論■】

福岡1-1町田 【吉塚FC日記+】

壊れるほど愛しても3分の1も伝わってない【お父さんお母さんごめんなさい。私この人と結婚します。】

少人数制。【■booby論■】

あたしは君のメロディーやその哲学や言葉全てを守る為なら少しくらいする苦労もいとわないのです【お父さんお母さんごめんなさい。私この人と結婚します。】

ブロガープロフィール

profile-iconbooby

このブログをはじめ、いろんな場所で、いろんな形でboobyを応援してくれた方々に感謝します!

「盟主~」でちょうど500回でした。
これを区切りに、しばらくブログはお休みしています。
忘れられた頃にひっそりと復活するかもです。
それでは!
  • 昨日のページビュー:85
  • 累計のページビュー:2115777

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NO!アイドル。
  2. 訂正し謝罪します、が。
  3. 強く汚いものたち。
  4. 黄金時代。
  5. 違和感原因。
  6. いくらだろう?
  7. 魂の試合。
  8. 死にたくない。
  9. 言わんこっちゃない。
  10. 無意味。

月別アーカイブ

2017
11
09
08
02
2016
11
10
09
08
07
04
03
02
01
2015
12
11
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
03
01
2009
12
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss