BOAT RACE ビッグレース現場レポート

丸亀オーシャン優勝戦 私的回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

無言の涙

12R優勝戦 ①峰 竜太(佐賀)19 ②辻 栄蔵(広島)18 ③井口佳典(三重)14 ④前本泰和(広島)21 ⑤丸岡正典(大阪)17 ⑥坪井康晴(静岡)22

 泣き虫竜太が、私の知る限りはじめて嬉し涙を流した。単に嬉しいだけではない、安堵の涙でもあっただろう。やっとやっと、おめでとう、峰リュー!  スリット隊形では、ヒヤリとさせられた。3コースの井口が、舳先をツンと突き出している。瞬間、これまでのあれやこれやの“悲劇”が脳裏をよぎる。

 まさか、今回も……??  ほんのわずかなビハインドで悲観的になってしまうのは、ずっと峰のSGを観てきた私の心の中にもトラウマが宿っているせいか。そんな不安をあざ笑うように、完璧に仕上がっていた峰44号機はグイグイ伸び返し、1マークの手前ではぴったり舳先を並べていた。峰の上体が激しく傾く。極めて独創的なモンキーフォームとともに鋭角に180度旋回したその舳先は、一瞬にして後続を2艇身ほど突き放していた。渾身の全速差しを放った丸岡も前本も、卓越したスピードの前になす術なく敗れ去った。見てくれこのターン、これが峰竜太だ。

 一人旅のゴール。峰は右手を上下に小さく揺さぶったが、それはガッツポーズとしてはひどく半端で不器用なものだった。 「3周目くらいから泣きはじめて、ゴールでは震えてました」  やっぱり、泣いていた(笑)。ヘルメットでそうとは気づかない観衆は、ゴールの瞬間、ほぼ一斉に拍手しはじめた。何人かが叫んでいる以外は、みんな無言で手を叩き続けていた。白井英治のときは本人も若い観衆も拳を突き上げて喜びを爆発させたが、そうではなかった。ひたすら拍手、拍手。ちょっと意外なリアクションではあったが、すぐにこんなことを思った。  みんな、それぞれの思いを巧く言葉にできないのではないか。

 白井英治の場合、ニュージェネレーションなど若手が一気に台頭して彼の地位を脅かし「もしかしたら、このまま一生獲れないのではないか」という不安の中での劇的な初優勝だった。そんな本人とファンたちの不安(フラストレーション)が一瞬にして解放されたような光景だった。峰の場合は、リアルタイムの最強者(老若男女の誰もが認めるところだろう)が悔し涙とともに敗れ続けてきたのだ。 「あなたの思いは、ファンの思いです」  荻野アナの言葉そのまま、「いつか必ず来るべきものが、いつ本当に実現するのか、いつまで待てばいいのか」というもどかしい思いが、峰とファン(おそらく峰のファンでなくとも)の心に蓄積されていった。それが今日、ついに実現したのだ。リアルタイムで待ち焦がれたものの実現。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017オーシャンカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:4430
  • 累計のページビュー:33539347

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss