BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――開戦前

このエントリーをはてなブックマークに追加

 優勝戦出場インタビューがイベントホールで行なわれている時間帯にピットに入った。選手の気配はあまりない。すでに前半レースのスタート特訓は終わっており、ペラ室に数人、係留ピットに数人いるくらい。むしろJLCや地上波などの放送スタッフの姿のほうが目立っている。  そんなガラリとしたピットでは、篠崎仁志と原田幸哉が話し込んでいた。話の内容はよくわからないが、手ぶりを交えて、昨日のレースを振り返っているような感じだ。ときに苦い顔をしたり、ときに笑ったり。ともに準優11レースで敗れた同士、終わったレースを自分の中で反芻して消化していた。

 そうこうしていると、イベントホールからファイナリストたちが帰ってきた。ファンの前でのインタビューが終わったあとは、地上波の優出インタビュー。優勝戦当日の前半はこの手の仕事がいくつかある。  最初に顔を見せた坪井は、いつもどおりの表情。すでにSG慣れしているし、6枠の気楽さもあってか、淡々としている。  坪井の艇はまだ陸に上がっており、ペラもついていなかった。一連のインタビュー仕事を終えてから整備をはじめるのだろう。

 つづいて帰ってきたのが前本泰和。平穏にインタビューに受け答えしている。前本の艇も陸の上で、ペラも未装着。まぁ、昼間と優勝戦では水面状況も環境もまったく違う。昨日は「ゾーンが狭い」と語っていたので、この時間から調整をしてもあまり意味がないのだろう。

 丸岡正典もいつもどおりの落ち着いた感じ。艇も陸に上がっており、整備もこれから。とはいっても、昨日の時点で「エンジン考えれば100点」と語っていた仕上がりなので、微調整程度で終わるのかも。

 辻栄蔵も戻ってきた。辻の艇も陸には上がっていたが、すでに早い時間に試運転を済ませて、それから艇をあげた模様。昨日から「やれることは全部やる」と宣言していおり、「いいエンジンで、伸びの延長線上に出足がある」と語っていた。2コースから勝つ算段をつけるため、調整を施していく。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017オーシャンカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:36903773

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss