BOAT RACE ビッグレース現場レポート

“本紙予想”優勝戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

12R 優勝戦 注目データ 桐生1コース1着率=78.9% まくられ率=7.0% 差され率=14.0% 注目データ 菊地2コース逃がし率=39.2% 2コースまくり/差し=5/7 注目データ 石野3コースまくり/差し=3/10 注目データ 瓜生4コースまくり/差し=4/7 注目データ 井口5コースまくり/差し=0/5  注目データ 茅原6コースまくり/差し=0/1  茅原が動く可能性はあるが、ほぼ枠なりと想定する。桐生のイン信頼度はもちろん高い。機力などもあわせて考えれば、桐生を本命視するのが順当であろう。 ただ、菊地の逃がし率が低めなのがやはり気になるところで、データ的には穴を狙いたくなる一戦である。その菊地の2コースはまくり1着の回数も多いが、これらは持ち前のスタート力でスリットのぞいてのもの。桐生のスタート後手はあまり考えにくいだけに、ここは差し構えと想定するべきだろう。 菊地が差しなら、攻め手は石野。石野の3コースはまくりより差し1着が多い。差し1着10回中6回がまくり差しで、攻め筋はまくり差しになりそうだ。もし菊地がまくりを打ったとしても、最内差し1着も4回あるので、展開を突くことはできそうだ。 石野が攻め手ならば、瓜生は必然的に差し。井口の5コース差し1着5回はすべてまくり差しで、瓜生が差しに構えた瞬間に握ってのまくり差しを放ってくる。茅原はそれを見ての最内差しになろう。なお、茅原の6コース差し1回はまくり差し。 桐生を本命にしないとなれば、桐生のまくられ率の低さを考えると、差し勢の台頭を重視となる。本命は、今節3コースまくり差し1着がある石野。スタートぶち込めば井口も怖い。石野アタマから桐生本線で、井口のアタマも少々。 ◎石野 ○桐生 ▲井口  3連単3-15-全 5-13-全



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017ボートレースクラシック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2552
  • 累計のページビュー:34202610

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss