Go Angels Baseball!

大谷ゲットのエンジェルス、今後はどう動く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷を獲得したことによって、がぜん「勝ちに行くモード」に入ったエンジェルス。

さあ、じゃんじゃん金を使って大補強!

と言いたいところなのですが、残念ながらウチには今そんなに余裕がないのです。 プホルスの巨大契約に縛られているのは周知のこと。そしてトラウトアップトンの年俸も高額です。

さらには二塁の大穴を埋めるのに必ずお金が必要になります。 また、いわゆる贅沢税に関係する「ペイロール」には載りませんが、大谷の獲得には結局22億という大金がかかっています。

確かにLAAはお金はあるほうの球団ですが、さすがにドジャースやヤンキースとの間には超えられない大きな壁があります。 贅沢税ラインは決して超えないようにしていますし、日ハムに払ったお金はやはりモレノ・オーナーの財布を痛めています。

ですからこの勢いでダルビッシュだ!ジェイク・アリエッタだ!ウェイド・デイビスだ! とはならないのです。。

じゃあトレードだ!

いえいえ。ここでも、ウチは深刻なプロスペクト不足に悩まされています。 先日しれっとMLB機構によるブレーブスへの制裁によってFAになった17歳のメイタンをゲットしましたが、昨季までのファームランキングでは見事にドベの30位。。 トレードでも、現存戦力を大きく削らずにマチャドみたいなスター選手は獲れないのです。


なんだか盛り下がる記事になってすみません。

先ほども述べましたが、まずどうしても埋めないといけないのはセカンド。 そのターゲットとなるのは

・ニール・ウォーカー(32,FA).265/.362/.439 ・ザック・コザート(32,FA).297/.385/.548 ・ジェイソン・キプニス(30,CLE).232/.291/.414 ・ジョシュ・ハリソン(30,PIT).272/.339/.432 ・シーザー・ヘルナンデス(27,PHI).294/.373/.421 ・イアン・キンズラー(35,DET).236/.313/.412

あたりです。

理想は、PHIのヘルナンデスでしょうか。昨季は少し負傷離脱しましたが、LAAが喉から手が出るほど欲しがっているOBPが優れた選手です。パワーはないものの、スピードがあり、渇望されてやまないトラウトの前を打つリードオフマンの座を埋められる選手です。問題はPHIが求めるであろう見返り。年俸調停権利を持ったばかりで、FAまで3年あるので安くはないでしょう。

キプニスハリソンは故障の不安がありますが、健康なら両者とも優秀。キプニスはパワーと天井の高さ、ハリソンは複数ポジションを守れる器用さを持っています。ただし、こちらもトレードで十分な見返りが提供できるかが不安です。 FA組も非常に優秀。ただしFAの性質上、獲得するにはどうしても成績が落ちる30代後半まで契約しなければならないのがネックです。コザートは本職がショートなので、遊撃手として使ってくれる球団を優先する可能性もあります。 キンズラーは、最終オプションでしょうか。テキサス時代から因縁のある選手ですが、まだまだ穴埋めくらいはできそうです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エンゼルス
タグ:
ストーブリーグ
大谷翔平
エンジェルス

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「オープンな、まっさらな気持ちで」という大谷翔平の言葉の真意を曲解してはならない【MLB 戦いの原理を求めて】

25年来のエンジェルスファンから見た「大谷翔平」【Go Angels Baseball!】

大谷を獲ったエンゼルス、返す手でダルビッシュ?【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

ブロガープロフィール

profile-iconangelsbaseball

小学生の頃からのエンゼルスファン。
以前にはパートタイムながら、MLBの速報記事などを書いており、その延長でブログをスタート。

ヤンキースでもマリナーズでも、MLBに関する話題すべてをエンゼルスファンの視点で捉えたいと思っています。



MLBエンゼルスがNo1ですが、その他スポーツも大好きなスポーツオタクです。
NFLが2番、テニス、NBAも好きです。

あと、
アナハイム・ダックス、マニー・パッキャオの大ファンです。

その他話題もじゃんじゃんどうぞ。
  • 昨日のページビュー:490
  • 累計のページビュー:1617222

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 386億円契約!いつまでも学習しないのはオーナー、それとも。。?
  2. マイク・トラウトを知っていますか?
  3. ヨハン・クライフの名言ランキング!!
  4. 三冠王なんてもう古い?トラウトかカブレラかの大激論
  5. ピネダの不正投球、ボラスの失態 ーメジャーの話題3つー
  6. 実は知らなかった走塁妨害のルール、野球の奥深さ
  7. 大谷が200億円損しても、平気顔のNPB
  8. サイヤング賞投票、ダルにとっては2位争いも大事だったり
  9. イチロー移籍に見るマリナーズ愛
  10. NBAの偽善、クリッパーズオーナー追放劇

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
2016
08
04
03
2015
07
04
2014
11
07
06
05
04
02
2013
12
11
10
02
2012
10
07
06
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
06
05
04
03
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss