いろいろ所持雑感

月別アーカイブ :2017年09月

戸柱先発マスクに想う これがラミレスなんだろう

ここで戸柱をもってくるとは思いませんでした。 戸柱と阪神。 相性的に良いイメージありません。 その相性の悪さは、脳裏に焼き付いています。 何度か記事化している通りです。 ですが、これがラミレスなんでしょう。 相手先発が右腕と言うのもあるかもですが、 戦力を、あます事なく使う、その姿勢に感動です。 やっぱり従来の監督とは一線を画しますね。 普通でしたら嶺井に総て賭けそうなモノなのですが、賭......続きを読む»

戸柱、吠えたヤスアキ、そして、短く三嶋(素晴らしい)の雑感

糸井に打たれた場面だけ切り取りますと(ボールゾーンのツーシム)、言うほど、と・ば・し・らでは、ないのですが、 変な流れを作っちゃったのは、戸柱君と思います。 ツーシム投げますよ的な空気が強すぎました。 そして、上本の場面で、一塁空いているし、歩かせようか的(厳しい所を投げて的な)な配球していましたが、上本一球も振りませんでしたね。 上本の場面、戸柱がマウンドに寄ったので、嫌な予感を覚えまし......続きを読む»

CS進出のキーパーソン、濱口の登板日について雑感

中日戦で石田が登板するとは思いませんでしたが、軸を石田に置くようです。 そう言う信頼が石田にあるでしょうね。 ワタシは阪神戦から登板するモノとばかり思っていました。 これで、石田は10/29の阪神戦に中5で登板する事が濃厚となりました。 本日、阪神戦で今永が登板しますから、後は濱口が、いつ登板するかです。 先日の巨人戦を観る限り、開幕時の剛球感は消失していた濱口です。 濱口と言いますと、ストレ......続きを読む»

横浜CSに向けて③、打線、捕手を除くなら二塁の起用と、対高橋対策に注目

反攻の見立ては、どんな感じなんですか?をトリガーに記事連載して来ました。 基本的に、9月上旬に書いた記事を被るのですが、 選択肢のある分野を中心に、ベストと言えなくても、それなりにラミレス横浜準備して来ています。 コメントでは打線の状態について聞かれたのですが、 2017年09月05日 横浜、9月の戦い②、横浜の伸び代と試金石 にて、書いている通りです。 打線は、何だか、かんだ言っ......続きを読む»

知って欲しいラミレス采配の根幹と、優勝を意識し始めたワタシ

横浜CSに向けて①、結局は捕手(見どころ) キーマンは嶺井? 横浜CSに向けて②、投手(中継ぎ) っと、 記事を書いて来ています。 この最後の10戦が、本当の意味で決戦でしょうか? 他球団の結果も含め一喜一憂する佳境です。 相手が一生懸命だからこそ、面白いわけですが、そんなガチンコ対決を通じてチームは成長して行きます。 連載記事はラミレス野球の根幹の一つでもある全体野球について触れていま......続きを読む»

横浜CSに向けて②、投手(中継ぎ)

ラミレス、キーマンは嶺井と言いつつ、他の捕手も使うと思いますが、この辺が難しい所ですかね。 おそらく、この4日間を利用してバッテリーで、この天王山(天王山の戦い、実はなかったらしいです。元々、明智は天王山を抑える気がなかったそうです)に向けての準備をしていると思います。 ただ、 濱口君だけは心配で、 この子の、配球記事は、やっぱり一度、書かないとダメかもですね。 あまり理解されてないかも。 こ......続きを読む»

横浜CSに向けて①、結局は捕手(見どころ) キーマンは嶺井?

コメント頂きましたので、反攻の見込み(見どころ)について所感を。 基本的に、 2017年09月04日 横浜、9月の戦い①、注目は捕手の使い方 横浜、9月の戦い②、横浜の伸び代と試金石 っと変わらないです。 もっと言うと、 2017年08月25日 数字上(セイバー上)、何気に弱い横浜について雑感と手短に展望 の頃と変わらないです。 広島をサヨナラ三タテした当時、横浜の失速を予感していたわけで......続きを読む»

広島三連戦とは違う、チームの変化点を覚えた9/16の巨人戦について雑感、大興奮の理由

温故知新さんの記事の補足記事のような形ですが、 私が興奮している理由でもあります。 記事書いてて思いましたが、昨日の勝利だけに興奮しているわけではないようです。 温故知新さんの記事です。 2017年09月16日 今日は今シーズン一番手応えを感じる勝ち方。こういう試合を阪神相手でも出来れば3位狙えます。 温故知新さんが仰っています通り、あの広島三連戦とは質が違う状況です。 2017年08月25日......続きを読む»

積極采配で引き寄せた勝利。勝ち切りました。そして軽く感動(その実、大興奮)。

戸柱の起用も含め監督らしい采配でした。 前記事で、休養が上手く作用するかもと書いてましたが、適度な休養、良い方向に作用したかもです。 気が向いたら、記事化します。 来季も戸柱不動かもっと思えた出来でした。 ホント、横浜の捕手陣は素晴らしい(成長力)。 そして、今回は、なんて言っても投手起用でしょうか? 三上が打たれて居たらと思うと、ぞっとします。 勿論、打たれたら監督の擁護記事を書いていたと思......続きを読む»

この時期に、このオーナー発言は、如何なモノかと思う、そして捕手は誰が起用される?

9/16(土) 9:01配信 DeNAラミレス監督の去就は順位決定後に 南場オーナー明かす 順位によって、去就を決めるようですね。 数字上、ほぼ4位以上が確定していますから、3位なら文句なし、4位なら危ないようです。 ただ、今の戦力で3位でシーズン終えられたら、相当、優秀な監督です。 ハードルが高すぎる気もしますが、どうなんでしょ。 阪神、巨人さんと数字上、明確な戦力差があるのに3位→4位にな......続きを読む»

エスコバー回マタギの是非について雑感

ネットでの論調を見ましたが、エスコバーの回マタギについて強いハレーションが出ているようです。 7回の時点で勝ち越して居れば間違いなくパットン投入です。 7回エスコバー、8回パットン、9回ヤスアキでした。 前夜、2回投げているからとか関係なく、早い段階で勝ち越して居ればパットンを起用します。 だから、エスコバーの後を受けてパットンを投入しています。 これ前日の試合で三上を同点の7回に起用した場面......続きを読む»

続三嶋起用の是非、三嶋への期待

先の記事で三嶋起用を、 左右で使い分けたという論点で強調し過ぎましたが、 それで言うなら、12回の裏は俊介、森越と右打者が続きますから、左腕タナケン起用自体が?になりますので、 ニュアンス変えないと整合性が取れなくなります。 本当に機械的過ぎて右対右を重視するなら、 俊介(右)、森越(右)、糸井(左)、大山(右)、中谷(右)と続く打線に、回頭で三嶋を起用していたハズです。 しかし、監督は三嶋を......続きを読む»

チームバランスを配慮した三上起用について雑感

三上の7回起用について、私自身は支持していまして、 例えば、 筒香が不振で二軍調整したとして、 一軍復帰して、楽な場面で起用させるかと言うと、そんな起用はしないと思いますが、同じ事でしょうか? あるレベルで状態が戻っていれば経験ありますし、かわせるかもしれない投手です。 厳しい場面を通じて調整させるぐらいのつもりで起用も出来ますし、今シーズン、そう言う起用もしていますので、あの起用はありです。 ......続きを読む»

三嶋登板の是非、久しぶりに見た機械的過ぎる投手起用について雑感

元気のない打線にも問題がありますが、今日の敗因は三嶋の登板でしょうか? そう感じてしまう敗戦でした。 左右で投手を使い分ける傾向の強い監督です。 ので、三嶋の登板自体、監督采配的に問題ないのかもですが、 二軍昇格即、あの甲子園で中継ぎ実績のない投手(かつ、ここ数年、働いたとは言えない投手を、サヨナラ機に起用)を起用するのはリスキーです。 昨年は散々見た光景ですが久しぶりに見た柔軟性を欠く、機械......続きを読む»

横浜、9月の戦い②、横浜の伸び代と試金石

プロ野球も佳境に入り、巨人と激しいAクラス争いをしている横浜です。 2017年08月25日 数字上(セイバー上)、何気に弱い横浜について雑感と手短に展望 上記記事を書いた当時は、巨人戦に3連敗し、広島に3連勝した直後です。 ゲーム差で巨人さんとは4ゲームほどありましたが、記事に書いている通り、熾烈なAクラス争いとなっています。 巨人ファンと、横浜ファンは、苦悩ありつつも、一喜一憂している感じで......続きを読む»

横浜、9月の戦い①、注目は捕手の使い方

息詰まる熱戦を制した横浜。 以前なら、勝ち切れなかったかもですが、勝ち切れるようになって来ています。 2014年序盤、黒羽根が骨折離脱し、急遽正捕手となって涙目になっていた時代の高城と、2017年の高城では違うのですが、 横浜ファンの高城への評価、少しは上がったでしょうか? そうなってくれると嬉しいです。 さて、成長著しい高城ですが、 その序列は3番手です。 本当に横浜の捕手は充実しました。......続きを読む»

キツイ、戦いでした。濱口9勝目、おめでとう

これぞプロ野球。 ポストシーズンに向けた戦い。 キツイ、キツイ。 そして、大きな、大きな一勝でした。 2017年08月25日 数字上(セイバー上)、何気に弱い横浜について雑感と手短に展望 にて、 今年はAクラス争いが熱いです。 例年になくレベルの高い争いになりそうですね。 勝っても、敗けても、楽しそうです。 その選手の頑張りに必死さに、明日なき戦いに我々、野球ファンは感動を......続きを読む»

普通は、長野を三振に切ったスライダーだよなぁ

9月2日、巨人戦。 6回の表、満塁。 投手は尾中、相手は長野。 縦スラで見事、三振。 アウトローのストライクゾーンからボールゾーンに落ちるボール。 尾中、一番の武器です。(二種類のスライダーがあります) そして思い出すのが、あの場面。 ヤクルト戦でリベロから打たれたシーンです。 あの場面(0-2と追い込んでおきながら)、フリースインガーのリベロに尾中のボール気味のスライダー(縦すら)......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:470
  • 累計のページビュー:11470195

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss