いろいろ所持雑感

月別アーカイブ :2016年09月

憤りを感じた横浜今季、最終戦 情けない、悔しい、彼らと伴にいる自分を、とても恥ずかしく感じた試合

ニコ生で三浦の引退試合を観戦しました。 7回の粋な番長の続投には泣いちゃいました。 雄平が察してくれたような三振で三浦の長く仕合せな現役を終わりを告げました。 宮崎他、涙目で選手達が試合をしていましたが、あのような試合を通じ、選手個々が、チームへの誇りを、そして、愛着(ファンとの絆)が育まれていくものと思っています。 心ないファンの罵声によりストレスを溜め続け、終には脱毛症になった山口が今季......続きを読む»

感謝しかない番長への想い ありがとう、そして、お疲れさまでした

ニコ生で三浦の引退試合を観戦しました。 7回の粋な番長の続投には泣いちゃいました。 雄平が察してくれたような三振で三浦の長く仕合せな現役が終わりを告げました。 宮崎他、涙目で選手達が試合をしていましたが、あのような試合を通じ、選手個々が、チームへの誇りを、そして、愛着(ファンとの絆)が育まれていくものと思っています。 心ないファンの罵声によりストレスを溜め続け、終には脱毛症になった山口が今季......続きを読む»

逆指名が廃止されたから広島は優勝出来たのか? あれ・・・?っと雑感

先の記事と被りますが、 失われた世代(30歳代) について雑感 巨人、中日と、2000年代に覇を争った球団のチーム戦力が低下する一方で、広島、横浜と、その年代に苦汁をなめた球団が躍進を遂げています。 その一因に、 制度設計の変更。 大きいモノとして、逆指名廃止があると言われていますが・・・ なぜカープは24年も優勝できなかったのか 黒田も新井も・・広島を苦しめた「2つの制度」 記事引用 ......続きを読む»

失われた世代(30歳代) について雑感

横浜の問題として30代前半(中堅)に、チームを引っ張ってくれる主力選手の不在が挙げられますが、 実は他所の球団も失われた世代とも言える部分がありまして、 鳥谷(阪神)、森野(中日)、東出(広島)、梵、畠山(ヤクルト)、亀山(巨人)らと、 上本、大和、丸、川端、坂本?(坂本の場合毛色が違いますが)らで、大なり小なり世代断裂が生じています。 主力級で30歳前半が少ないです。 ある時期まで20歳代......続きを読む»

桑原は勝負強いのか?気持ちで打つ桑原について 勝負強さとは③

関西紅ショウガさん、ならびにmetropolis-22さん、執筆が遅れ申し訳ありません。 広島新井、ヤクルト山田の前に、様々な勝負強さを説明しており、なかなか本筋に辿りつきませんが、 お許しを。 序論で、 得点圏と言う数字の漠然性を説明していますが、 セイバーでは年次相関の強い四球や、長打力等々との比較で打率と言う結果を、おぼろげなモノとして扱っています。 当然、打率以上に試行錯誤数の少ない得......続きを読む»

「本当に横浜に残ってよかった」と言ってくれた三浦への感謝と、そして、少しでも長く・・・

暗黒期を払しょくする初のCS進出を決めた翌日、三浦が引退を表明しました。 最早、 最後の98年戦士(主力投手として12勝を挙げています)というより、 あの苦しい時を伴に過ごしてくれた選手としての記憶の方が強く、かつ、地元大阪に戻る事(幼少期より縁があった岡田氏に誘われ、横浜を上回る条件で移籍を打診されています)が確実と思われた中、 横浜に残ってくれた事。 その事を思うと涙腺が・・・ また、......続きを読む»

長かった...ありがとう横浜

長かったです。 TBS暗黒期に絶望感を覚え、その絶望すら今日、この日の喜びを思うと感慨深いです。 上位進出の可能性を覚えた、昨年のみかんの日。 11/03 みかんの日に感じた上位進出への機運 2015年11/03、期待し始めている自分が居ます。 が現実になり、ただ、ただ嬉しいです。 ありがとう横浜。 ...続きを読む»

ありがとうロペスと雑感 勝った・・・・

三嶋の二勝目が逃げて行く9回の攻防。 ヤスアキも頑張っていると思うんですが(次、お願いね)、がっかりしたとは思います。 そんな中、初のCS進出に向けて大きな一歩となるロペスのサヨナラホームラン。 ありがとうロペス。 他、雑感。 宮崎も疲れているようですね。 一方で、倉本の素晴らしさ(この人も疲れていますが、宮崎以上に出ずっぱりです)も覚えます。 良く頑張っています。 ヤスアキも含......続きを読む»

落合GM進退は“本人次第”と雑感

? 中日におけるGMという職分の不確かさを覚えますが、組織内秩序はどうなっているのでしょ? 契約満了に基づきは、あって然るべきと思います。 ですが、その場合、その重要度を考えますと、後任人事もあって然るべきと感じます。 そのポジション(平田、大島査定時におけるGMへの批判を鑑みますと、中日のGMとは選手個々の給与査定もするらしいです。本当なんですかね。一般な査定は、数値入力するだけなんですが、......続きを読む»

我慢の采配の罪深さにつて 雑感

9/11 横浜ぺトリック 短観(予想) にて、随分遅いコメント返信(すみませんでした)していて思いましたが、 我慢の采配の罪深さを覚えます。 良かれと思った事が、本人の為にならない場合があるですよね。 各ポジションの層にもよりますが、白崎と高城に関しては中途半端に起用されてしまった感はあります。 良く言う期待の若手使え論なのですが、その多くが失敗しているですよね。 横浜で言......続きを読む»

得点圏打率の高い横浜エリアンについて雑感 勝負強さとは② 

勝負強さについて 序論 ファンが打たせる筒香について雑感 勝負強さについて の① 導入部 勝負強さについての連載記事です。 前回記事から約2か月。 思うままに、つらつら書きつらねるプログゆえに、寄り道をしていますが、 広島新井を語る前に横浜エリアンについてです。 記事ネタ的に新井は、誰もが認める勝負強さですので、旬食材と言うより冷凍庫で凍らせたい素材でもありますが、 その前にエリアンについ......続きを読む»

9/11 横浜ぺトリック 短観(予想)

はて?ペトリックが左に強いとな? その理由についての考察と、横浜の捕手について、いろいろ余談 にて、 どうして左に強いペトリックが登板するのに、 左の森野を使うのかと嘆く記事がありましたが、 はて? ペトリックって左に強いの? っと疑問を呈す記事を書いてますが、 本質は技術論になります。 当時 右の被打率 .313 OPS 1.02に対して 左の被打率 .225 OPS .......続きを読む»

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

広島歓喜の瞬間まで、本当に、もう少しです。 そこに至るまでの、関係者の努力に頭が下がります。 戦力分析していてつくづく、そう思います。 ある日、突然、チームは強くなれないです。 関連記事 広島Bクラス時代の迷走と今後 2013年 総括と展望 当時記事で書いた通り、そして多くの広島ファンさんが感じていた通り、 上昇気流を感じるが故に、2014年シーズンの広島、前途洋々に感じています ......続きを読む»

楽天松井祐樹の月間MVP受賞に思う、不調者(梶谷、平田)への対応について

シーズン中不調に陥った選手に対する対応として、モデルケースとなる事例と思い記事化します。 横浜の選手起用(批評)の参考にしてください。 以前、梶谷不調時、さらっと楽天松井の起用例を挙げて説明しましたが、 見事に立て直しましたね。 その楽天松井裕樹が初の月間MVPを受賞しています。 おめでとうございます。 ご承知の通り、楽天松井はシーズン序盤、抑えに相応しくない状態でした。 それに対し、 ......続きを読む»

横浜 二軍育成状況確認③と、選手の入れかえについて 御同輩の皆様、応援宜しく、お願いします

横浜、二軍育成状況の確認の① 序論 前資料 横浜、二軍育成状況の確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 後発記事です。 ①、②を要約しますと、 横浜の一軍主力選手は12球団一若い26.3歳が示す通り、育成自体、上手く行っています。 行っていますが、これまで鍛えていた選手が一軍に供給された面もあり、二軍にコマが少ないです。 有力な選手がいるなら、使われています。(私達......続きを読む»

横浜、二軍育成状況確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 

本来ならカテゴリー違いですが、 横浜の二軍成績を評価する為の参考資料として位置しています。 前記事 横浜、二軍育成状況の確認の① 序論 前資料 ご了解願います。 横浜の状況を理解して頂くには、他球団との比較をした方が分かりやすいです。 中日の二軍状況を俯瞰する為に、前資料として、 横浜の育成状況記事を書いた目的と同じです。 関連記事 中日の育成状況 その確認の前に横浜のモデルケースを ......続きを読む»

石川ガンバレ 

横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか さんの紹介記事です。 (了解とらず申し訳ないです。) 紹介記事 石川雄洋の調子が上がるまでのスパン問題 そんな石川選手に対し、ラミレス監督は「石川はベテランだし、2番で、バントやエンドランなど細かい仕事ができる選手。経験もあるし、誰よりも頼れる二塁手。石川を残り20試合、起用し続けたい。チームのバランスを考えると、石川を外した場合、バランスが崩れる......続きを読む»

広島三連戦総括、流れを手放した采配と、これから

非常にモヤモヤした三連敗でした。 力の差というより、自滅感を強く覚えました。 先日の阪神戦ホーム三連敗と違う所は、采配に整合性がなかった事です。 打たれるべくして打たれ、打線の調子を落し、負けるべくして負けたわけです。 そのポイントを考えますと、監督の迷い。 その迷いの原因を考えますと、戦力が足りないになります。 昨年、広島の緒方監督が苦戦したのと同じ理由です。 そして、今年、緒方監督......続きを読む»

広島戦4点差、逆転負けの要因の一つ、加賀の起用について、その背景と、その雑感

砂田の特徴(フォーム上の問題が大きいです)を考えますと、長い回投げれないのは、記事で書いた通りです。 関連記事 砂田について雑感 早めの継投を考えていたと思いますが、ここで投入したのが加賀(5回の裏 5対1から追いつかれたシーン)。 打たれるべくして打たれましたが、 事情は巨人のクルーズに打たれた状況に近いです。 関連記事 8/11巨人戦 高城、加賀バッテリーの配球について 加賀は今シーズ......続きを読む»

砂田について雑感

勝てそうで勝てず、勢いを殺す采配をした結果、流れを失い3連敗の横浜です。 力負けしたというより、何やってる感が強く、モヤモヤする負け方でした。 流れを大事にするラミレス監督なのですが(心理戦をしかける監督ですので語録では盛んにメンタル、流れが出て来ます)、その監督が流れを失う采配をしてしまったわけです。 勿論、そこには理由がありますが(こっちを主体に記事を書こうか悩みましたが)、今日は砂田につい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10845591

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss