いろいろ所持雑感

月別アーカイブ :2015年09月

多村戦力外報道と、批判の矛先に関する雑感

スポニチの報道に関し、様々、反応が出ていますが、 事の真偽は、ともかく、 誰が、 編成権をもっているのかは、高田GMです。 批判するなら高田GMを、お願いします。 が、どういう訳か、監督が批判されています。 誰が解雇されるか、監督が知らないケースがありましたが、横浜の場合、編成が強い権限を持っています。 そこを、良く理解した上で、批判をお願いします。 そんな事情があるにも関わらず、中......続きを読む»

打者、受難の時代へ、その予感と。 その他、雑感ツラツラ 主に谷繁

広島が、その戦力の割に苦しんでいますが、 一つに、今年、優勝候補として各チームからマークされた事もあったと思います。 巨人が、広島を意識し、そのローテションピッチャーをぶつけまくり、 広島、阪神が巨人を意識して潰しあいましたが、 マークされるとは、そういう面があります。 その上に、 データ野球。 各チーム、広島を意識して対策をしたと想像します。 MLBでは、3割打者が昔との比較で半分程度にな......続きを読む»

広島に覇気がない理由の考察と、横浜

現象面だけでみるのでなくwhy?に思いを寄せて書いてみました。 覇気がなくなるにしても、その原因に光を当てないと、印象論にしかならず、批判だけになり易いです。 そこで、 なぜ?に、焦点を当てて書きたいと思っています。 さて、 先日、元広島の前田が、プレッシャーなのか、広島は元気がないと評していましたが、 では、 ここ数年、上位と無縁だったヤクルトがプレッシャーなく元気に試合しているのは、どういう......続きを読む»

前半首位のベイスターズは、最下位を甘受し得るのか?

出来るわけがない。 混戦とは言え、前半戦首位のチームが最下位でシーズンを終える事は、前代未聞の記録である。 前半戦首位で折り返したチームとして初の最下位と言う不名誉な記録を避けようとチームとしては必死に戦っている。 確かに、 他のチーム、広島と違って、横浜は、ほぼノーチャンスだ。 が、 チームは、チームなりに必死に戦っている。 神宮球場で、 凄まじい罵声と、ガンバレも含む応援と伴に、ダッグアウト......続きを読む»

ベイスターズがDeNAを潰すか?!それとも、その雑感

選手年棒が12球団最低にも関わらず、毎年、赤字20億円超を計上していたベイスターズ。 魅力を感じない球団故に、 今とは違って、一塁側、ライトスタンドすら、他のチームカラーで覆われ、 横浜の応援団の前ですら、命知らずな他球団のファンが、割拠し、横浜の応援の邪魔をする。 そんな球場だった横浜。 TBS時代は、ホント、酷かったです。 そんな球団の後を引き継いだDeNA。 その経営努力で、大分、そ......続きを読む»

継続性のなかった森監督、山下大ちゃん、その雑感

他所様のプログで継続性がなかったと指摘されていました権藤→森→山下ライン。 特に酷かったのが、森、山下です。 権藤・大矢時代は、ボールを変更していなかったようでうすが(PFで1.1ぐらい)、 森時代に突然、0.65とホームランの出にくい球場と様変わり。 そして、 山下大ちゃんの時代に、1.4とホームラン球場に横浜はなります。 チームは独走最下位(勝率.324)でしたが、ホームランのチーム記録......続きを読む»

白崎への評価が落ちていますが・・・

白崎への評価が落ちています。 お怒りも御尤もですが、困った事に、他に野手が居ないと言いますか・・・ 私個人は、 白崎以上に成績の悪い倉本と、伴に二軍で鍛え直して欲しいのですが、代りに使いたい野手がいるわけでもなく。 (観たい選手は居ますが、気持ちが切れてしまって戦力として期待できません。シーズン終了後に遊撃展望として記事化するかもですが) 現在、一軍登録されている野手の成績を確認しますと、 ......続きを読む»

最悪の球種、コースを要求した嶺井について雑感

初ローテ、19歳と体が出来上がってなく、それ故、バテ気味の傾向の強い砂田にかえて(一回、休ませた方が良いと思う。二軍降格前の三浦同様、かなり疲れている)、6回、同点の場面で三嶋を投入したが、 4失点し、試合は決してしまった。 三嶋はコントロールが良くなく、不安定である為、中継ぎに向かないと思うのだが、 エレラ、山崎が離脱した事による、消去法的(兼、試験的な意味もあるのだろうが)起用だったのは言......続きを読む»

各チームの捕手雑感と石原

下位に沈む2チームが(特に中日が昨年までとの比較で非常に脆くなった。先の広島三連戦、以前の中日なら2勝1敗。あり得ない負け方、試合運び。)、実質、一軍一年目の捕手が主戦捕手であるのに対し、 上位チームは巨人を除き、中堅・ベテランが、その座を確保している。 首位ヤクルトは中村が。 阪神は、梅野の育成を諦め、鶴岡、藤井の併用起用に踏み切って以降、守りが安定し、独走最下位だったチームDER(インプレイ......続きを読む»

データだけで見た長野の課題について雑感

怪我の影響もあるかもですが、 長野の状態が良くないです。 別件で経年における戦力分析をしてまして、2012年時との比較で、かなり成績を落してしまいました。 打率という意味では、 単純に、 BABIP(インプレイの打球のヒット率)が前年の.326→.254と大きく低下している事に原因があり、 もし、長野が前年並みの.326のBABIPを打てた場合、 その打率は計算上、300を超えて来ますので、その......続きを読む»

今更ながらに野村監督時代を振り返りつつ、広島の苦戦を想う、その雑感

広島暗黒時代と、そんな話を、コメントした記事のコメント欄で見かけましたが、 個人的な意見で言いますと、広島さん、ほどほどに強いと言いますか、野村監督初年度の2010年以外、戦える戦力を常に保持し続けています。 どうしようもないのは、 横浜。 一球団だけ別次元の弱さを体現し続けた稀有な球団です。 ここまで弱いと強制世代交代が進むのですが、この球団だけ、足踏み状態を続けています。いました。 横浜......続きを読む»

勝ったぁ、ありがとう須田 もしかして塞翁が馬 ?

凄い試合でした。 現地観戦した方は、大満足でしょう。 羨ましい。 羨ましいけど、私も、 大興奮です。 大満足です。 (大声で、謳えないのが残念ですが) 本当は砂田なのですが、 ともかく、須田。 須田。 須田ぁ。 凄い。 今、ヒーローインタビューを受けていますが、 「9回から出るつもりで準備していた」 うん。 良いですね。 塞翁が馬かもですが、これは大きい。 須田、素晴らしい。 今後が楽......続きを読む»

黒羽根起用に関する雑感

非常に悔しい敗戦でした。 試合自体、見ていませんので、詳細寸評は除きますが、 見なくても、?と感じるのは、 ①、黒羽根と嶺井の交代 ②、山崎の起用 で、しょうか? 投手起用について 監督コメント聞く限り、山崎については、どうみても疲弊して居ました。 監督もわかっていて起用したようですが(素人がわかるぐらいですので)、 山崎に賭けたという事なんでしょう。 試合後、 配置転換という名で山崎に......続きを読む»

横浜と各球団との戦力比較と経年推移

苦しい戦いが続いていますが、 その戦力の割に頑張っているのが我らがベイスターズです。 数字で具体的に説明して来ましたが、最後です。 (重複している部分が多分にあって申し訳なかったですが、横浜単独で数字を見るのと、比較しながら見るのでは、また、違うので書いています。) 今回の記事は各球団と、横浜のチーム戦力(FA、外国人含む)を経年推移で、それぞれ比較したグラフです。 これ、本当は、各球団ごとに、......続きを読む»

横浜と巨人を比較した戦力推移と、その雑感

前記事の補足記事的な内容です。 独立しても読めますが(巨人ファンさんとか興味深いかもですね)、 使用している数値を感覚的にわかって貰う為の記事です。 打率.300と聞くと、多くの野球ファンは、その重み、価値を理解してくれますが、なじみのない数値は、その重みがわかりません。 OPSも、大分浸透したとは言え、出塁率ほどは浸透してないかもですね。 数値と言うのは、比較する事で、その意味が理解しやすく......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:3043
  • 累計のページビュー:10479292

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss