いろいろ所持雑感

月別アーカイブ :2014年04月

捕手谷繁と、後継育成に関する雑感

最近、谷繁捕手に関して、その勝敗と、その中身をもって、批判が相次いでいる。 個人的な意見だが、もしかすると、松井の方が良いかもしれない。 が、 未だキャリアが浅い捕手である。 何より盗塁もされまくってもいる。 (2013年は 企図15に対し許盗塁数12 阻止率.200) この辺、投手含めたクイックの問題なのか、正直わからないが、谷繁と変わらない感触である。 結果、リードが二......続きを読む»

一番、堂林に関する雑感

他球団のファンですが、 一番、堂林。 今の戦力、特に菊池の打棒を活かす意味でアリと思います。 堂林の魅力は長打力です。 考えこむようなイメージ(不器用?)があるので、比較的制約の少ない一番は彼の特性を十二分に活かせるかもしれないです。 (もしくわ下位打線) 現在、打率という意味において成績が悪いですが、運不運の数字とも言われるBABIPでみますと.231。 長打力のある打者......続きを読む»

期待先行の中畑監督采配 一応、こんなメリットがあるかもしれません

つらつらと、中畑監督の選手起用に関し、ブツブツ言っている管理人です。 さて、期待先行で選手起用をする我らが中畑監督。 勝てない監督というのは、私だけでなくファン共通の理解でもあるようで それでも、支持するファンが多いのは、監督の情熱にほだされるからなんでしょう。 そんな監督の行っている一部選手への、えこひいきとも思える選手起用。 普通のチームなら、二軍行きと思いますが、......続きを読む»

調子を取り戻せ!!(阿部、福留、三嶋の場合)

福留の処遇を巡り、阪神ファンさんが記事にしていたので、他球団のファンながら記事にでも書こうっと思っていましたら、 阿部慎之助は「捕手」で出続けるべきか? 不振の原因と起用法を仁志敏久が解説 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2014/columndtl/201404270002-spnavi なる記事を発見。 一部、......続きを読む»

三嶋・山口は二軍へに対する雑感

三嶋・山口を二軍へ なんて記事が横浜関連記事で散見されましたが、 理由は簡単で、 彼らの防御率、投球内容が悪すぎるからです。 これ以上、酷い成績の一軍投手、横浜に居ません。 横浜の一軍投手陣の中で最底辺に位置するのが、件の二人なわけです。(他に候補として林が居ますが、未だ2試合なので使うようです) 最初に三嶋の成績です。   防御率12.94 被安打率.392 被出塁......続きを読む»

併殺に関する雑感と、新井兄やん

キヨシ、4併殺に関する雑感 の続きです。 併殺数が多い選手、チームには特徴があり、まずは、併殺の条件を確認する事で、多い選手、チームの特徴を。 次いで、併殺の多い選手として阪神の新井兄さんに関し、その成績を分析していきたいと思います。 併殺の条件 第一条件はランナーが塁上にいるです(特に一塁)。 従って、打順の影響も少なからず受けます。 1番に併殺が少ないのは、......続きを読む»

キヨシ、4併殺に関する雑感

記事自体は古いです。 ただ、併殺に関し、考えさせられたので、記事を。 最後の打者・白崎の一塁へのヘッドスライディングも届かず、この日4つ目の併殺で試合は終わった。好機をことごとくつぶす拙攻。 DeNAの中畑監督は「継投よりも、点が取れないとリズムがつくれない。4併殺したら厳しい」と振り返った。 記事抜粋。 併殺。 各種記事で併殺の多い選手に対する批判記事が目立ちますが......続きを読む»

ヤクルト 現況分析

ヤクルトの現況分析です。 基本的には昨年と変わってなく、 2013年 ヤクルト総括と展望 知恵で勝っているチームと、ベイファンながら感じています。 神宮で巨人を抑えきったりと、なかなか侮れません。 セ 2014年 ペナント予想(混戦バージョン)の前振り 阿部編① に、書いていますが、 昨年、強力巨人打線を最も抑えのが、神宮のヤクルト投手陣で、かつ巨人投手陣を散々、打ち込......続きを読む»

セ・リーグホーム成績と順位相関についての考察と雑感

サッカー程ではないが、一般に野球もホーム側が有利なスポーツではある。 理由として、 ①球場に慣れ親しんでいる ②コンディションを整えやすい 等々考えられる。 MLBの場合、対戦数が少ない為、①、②両方が効きそうだが、同一リーグ内で対戦数の多いNPBでは①と言うより②が大きいと考えられる。 ②に関しては 被ホームランと監督(采配)に関しての雑感 にて説明しているが、コンディ......続きを読む»

モイモイ解雇、その違約金とは?悪夢は続く?かも

モイモイ、終に解雇されちゃいました。 皮肉にも、その解任を嘆き悲しみ、その手腕を惜しむ声がイングランド各地で相次いでいるそうですが、それがモイモイの評価だと思います。 しかし、矛盾だらけの監督でしたね。 シーズンイン当初、コンディション不良を理由にシンジを起用しなかったのにも関わらず、ルーニーは起用していましたし、確かにルーニーは素晴らしい選手ですが、その痛々しさが涙を誘いました。......続きを読む»

セ 現状分析 総括

先日、現状を分析した記事を連載したが、DERと数字の意味が実感し難い部分もあるようでもあり、補足もかねて総括したいと思う。 まず、最初にDERの補足記事 4/21、現在のチームDERは ①広島 71.6% ②中日 71.4% ③巨人 70.5%  ④阪神 68.5% ⑤ヤクルト67.3% ⑥横浜 66.5% である。 <<数字の意味について>> DER:......続きを読む»

ベイスターズの現況分析 ORZ

広島、阪神、巨人、中日と来まして、ファンによるベイの現況分析です。 酷い惨状です。 昨年は、その実力以上の力、例えばチームBABIPがリーグ平均の.285に対して.297と高く、また、得点圏打率もリーグ平均.258に対して.285と伴にリーグ1位のタスクであり、 特にチーム得点圏打率は、他のチームが.260以下の中、唯一の.260超。 年次を越えた相関が低いと言われる得点圏打率で......続きを読む»

中日現況分析 

広島、阪神、巨人と来まして中日です。 最初に打撃編。 チーム打率.280、OPS737と、悪くありません。 巨人、阪神、ヤクルトに次いでの成績です。 奪った総得点は巨人の91と同じ91。 チームとしての三振はリーグで、もっとも少なく、粘り強く戦っています。 特記事項としては尾張のプリンスの打撃が良くなった事です。 昨年までは、投手並のBABIP。 BABIPが低すぎると、......続きを読む»

巨人の立ち位置 現況分析シリーズ巨人編

広島、阪神と続いて、現在、11勝8敗でリーグ3位につけている巨人についての分析と展望です。 打撃に関して チーム成績をみますと、もう少し点をとれても良いのですが、めぐりあわせなのか、阪神より、総得点で劣っています。 元々、地力上位のチームですから、特にコメントしません。 強いて言うなら、橋本やアンダーソンのBABIPが高く、打席が増えると彼らの成績が降下しそうなぐらいです。 ......続きを読む»

スタンが居れば・・・

昨夜、阪神の投壊に関し記事にしましたが、 もし、スタンが居れば・・・ 一緒に火だるまになったかもしれない的な記事です。 以前、ベイファンとして、スタンリッジを分析した事があるのですが、 獲らぬスタンリッジの皮算用 防御率が良く、WHIPが悪い、つまり、ランナーを出しながら粘り強く抑える投手でして、要は、今の阪神のチームDER(守備力).679を考えますと、 大変、相性が宜......続きを読む»

阪神、投壊と打線の今後について 現況分析シリーズ阪神編

4/19の試合を終えた、現在、12勝8敗、ゲーム差2で2位につけていつ阪神についてです。 シーズン前の様相とチーム状況がかなり違うような感じですが、阪神の現況について分析を行い、今後について予想したいと思います。 まず最初に打撃面。 これは文句なし。 ともかく良く打ちます。 チームOPSは巨人の.814に次いで、リーグ2位の.781。 なんですが、巨人の挙げた得点の91に......続きを読む»

広島 首位の戦力分析と展望 現況分析シリーズ広島編 

現在、13勝5敗、首位に立つ広島を分析してみました。 まず、打線。 特筆すべきは、その長打力。 IsoP(長打力を図る指標)がリーグ1位の.170 (去年は.119でリーグ4位) IsoD(四球での出塁率)もリーグ1位の.072 (これは去年も高かったです) 犠打が少なく、去年は断トツの犠打数を誇っていましたが、今シーズンは12犠打とリーグ最少犠打数の中日の11に次いで......続きを読む»

被ホームランと中畑さん

被ホームランと監督(采配)に関しての雑感 にて 投球回数と被ホームランに関し記事にしましたが、 横浜ファンの方は、ドキッてしませんか? はい。 中畑監督、先発投手を引っ張り過ぎる傾向があるんですよね。 で、 ばぁーん ベイの場合、中継ぎ陣が心許ないというのもありそうですが、それもあって、見極めが悪くなり、悪循環に陥いっているのも知ってはいますが、 要は 卵が先......続きを読む»

被ホームランと監督(采配)に関しての雑感

セ 2014年 ペナント予想(混戦バージョン)の前振り 坂本編 にて、坂本の守備面での貢献を自分なりに解析し、 かつ、その立ち位置、数字の意味を 歴代シーズン補殺数記録でみるNPB史 また、歴代シーズン補殺記録 を さらに、阿部さんに関しては、 セ 2014年 ペナント予想(混戦バージョン)の前振り 阿部編① にて記載している通り、まずは打撃面の影響度合いに関し考......続きを読む»

セ 2014年 ペナント予想(混戦バージョン)の前振り 阿部編 ②

セ 2014年 ペナント予想(混戦バージョン)の前振り 坂本編 にて、坂本の守備面での貢献を自分なりに解析し、 かつ、その立ち位置、数字の意味を http://www.plus-blog.sportsnavi.com/aaakkk/article/103 また、歴代シーズン補殺記録 を 記事連載してきました。 今回は、プロ野球ファンの多くが一致する、捕手阿部の影響です。......続きを読む»

名古屋の低いPKと谷繁補正に関して 雑感

名古屋の低いパークファクター。 事実として名古屋は、もっともHRの出ない球場ではあります。 ただ、それって名古屋ドームだからなんでしょうか? 勿論、他の要因がある可能性はあります。 今回は、巨人阿部補正の前に(まとめていたデータ消失の為、ヤル気なくしています)、 簡易に谷繁補正に関し、検証したいと思います。 検証方法は簡単で、 中日のホーム(中日の主催試合なので名古屋ド......続きを読む»

個人成績とチーム成績についての雑感

10年連続タイトル獲得も…順位伴わない不思議なヤクルト http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/12/kiji/K20140412007959460.html を読んで思ったのですが、 タイトルって案外、チームが弱いからとれる部分もありまして、 (対戦相手も良い投手をぶつけて来ない場合があります) 去年のバレンティンの60本オ......続きを読む»

巨人の谷繁封じと、広島のあちゃー(^_^;) 雑感

中日捕手事情に関し、若手を使えとの声を聞きますが(マタ聞きです)、 捕手谷繁に変わる捕手、中日にいるんでしょうか? 悲しい事に、高木政権下で後継捕手育成はむしろ後退していまして、落合監督時代以上に、谷繁は出場数を増やしています。 このベテラン偏重の選手起用、谷繁だけでなく井端・荒木等もそうで、巷で評価された高木監督の後進育成能力と言うのは、 どうなんだろうと思っています。 ......続きを読む»

中畑監督について

球団が明るくなったので、その意味での功績は無視できないが、 正直、勝てない監督だと思う。 横浜球場という、打者有利な球場にも関わらず、スモールベースボールを標榜し、しかも、投手陣も、守備力も整えずに、 犠打、犠打・・・・ 機動力も標榜しているが、盗塁死、盗塁死・・・ 巨人のタスクと比較すると、どちらがスモールベースボールなのか、眩暈を覚えるような惨状でもある。 (巨人はケース......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:842
  • 累計のページビュー:11458644

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss