いろいろ所持雑感

月別アーカイブ :2013年12月

中日 2013年 総括と展望

ヤクルト、横浜と来て、中日の2013年、総括と展望です。 中日の場合、11年続いた連続Aクラスの記録が途切れる節目の年でした。 Bクラス転落の理由と考察について一連の連載記事で書いてますのでよかったら読んでください。 最初に2013年中日の成績です。 64勝77敗3分け 勝率.454 4位 ホーム成績   29勝42敗1分 ヴィジター成績 35勝35敗2分 チーム戦......続きを読む»

選手育成について② 中日、2013年総括と展望 番外編

前記事で 選手育成の①として他球団の実例を 今回は②で落合監督の選手起用の実際を それぞれ示す事で、エクスキューズしたいと思います。 まず最初に落合中日の育成枠ですが、 ポスト福留後の右翼。 そして中堅です。 右翼は堂上兄、平田、野本が、 中堅は、藤井、大島が起用されています。 2008~の傾向ですので、一過性でなく。 上記、5選手を中心に万遍(144/3=40~5......続きを読む»

選手育成について① 中日、2013年総括と展望番外編

ちょっと落合監督が気の毒になったので、起用方法について。 長いので、 ①で他球団の実例を ②で落合監督の選手起用の実際を それぞれ示す事で、エクスキューズしたいと思います。 優勝するのには戦力が足りないチームのケース ヤクルトや広島、横浜のように優勝するには戦力が足りない場合、育成時期と考えて、選手起用をする時期があります。 今シーズン、ヤクルトは最下位にも関わらずオフ......続きを読む»

中日Bクラス転落の理由と考察③守備 2013年総括と展望

ヤクルト、横浜と来て、中日の2013年、総括と展望です。 今回は2013年、Bクラス転落の、より踏み込んだ解説です。 (主に守備) 落合監督以前の2002、2003年の中日と、 落合監督以降の2004年からで、大きく違うのは、 ① レフト・英智の起用を象徴とする守備重視の選手起用 他の監督より間違いなく守備を重視します。 ② アライバの1、2番コンビ結成を軸とした足技・小技......続きを読む»

落合監督就任以前と以降の違いについて

なぜ?中日はBクラスに転落したのか?っと2013年中日の総括をしていますが、その中で、 「中日の守りや小技に細かい野球というのはマスコミとネットがつくった幻想ではないでしょうか。」 っと、コメントを頂きましたので、具体的に数字と選手起用方法で、落合野球の実情を確認したいと思います。 2013年総括の番外編です。 結論を先に言いますと、中日は守りや小技に細かい野球をしていました。 ......続きを読む»

中日、Bクラス転落の理由と考察② 2013年総括と展望

ヤクルト、横浜と来て、中日の2013年、総括と展望です。 前記事でさらっと書きすぎたのか、落合監督を意識した方が多く、記事趣旨を明確にしたいと思います。 (書いてはいるのですが、より明確にしたいと思います。) 落合監督の就任期間は2004年~2011年。 実績上、落合監督は素晴らしい監督だったと思いますが、中日の黄金期は何も落合監督だけで築かれたわけでなく、実際、落合監督退任後の20......続きを読む»

中日、Bクラス転落の理由と考察① 2013年総括と展望

ヤクルト、横浜と来て、中日の2013年、総括と展望です。 最初に2013年中日の成績です。 64勝77敗3分け 勝率.454 前年の 75勝53敗16分け 勝率0.586 から大分、成績を落しています。 前年と比較し、勝敗において何処が悪かったと言いますと、ホーム成績が前年の44勝20敗8分けから、29勝42敗1分けと、大きく成績を落していまして、それが原因と思われます。 ......続きを読む»

能見単年契約に会見場ざわつく「複数年提示なかった」 に関する雑感

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000017-spnannex-base 契約年数が単年だったことに会見場はざわついた。しかも、球団からは複数年の提示すらなかったという。 「単年ですよ。ちょっとは(複数年の)お話としてはありましたけど、提示というのはないですよ。(複数年も)“どうだ”というのもないですよ」 入団10年目の来季......続きを読む»

三木谷・楽天容認 マー君メージャー移籍へ?!についての雑感

マー君メジャー移籍決定的!楽天・三木谷オーナーが容認 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000029-sanspo-base 一部抜粋 田中の米大リーグ挑戦について、当初は「個人的には若者が米国へ挑戦するのはいいこと」 新移籍制度の上限額が明らかになるにつれ、「行かせるつもりはない」と方針を転換。 。しかし、最終局面では次......続きを読む»

ベイスターズ④投手 2013年総括と展望

①は盗塁と犠打から、読み解くベイスターズの傾向について。 ②は打撃編。 ③は守備、 そして、今回は投手編 64勝79敗1分け 勝率.448(5位) 祝・最下位脱出 ♡ 防御率 4.83(6位) FIP(疑似防御率) 4.29(6位) 被本塁打率 1.08(6位) 脱三振率 6.55(4位) LOB率 72.6%(5位) 与四球率 4.1(6位) ERA/A......続きを読む»

ベイスターズ③守備 2013年総括と展望

①は盗塁と犠打から、読み解くベイスターズの傾向について。 ②は、打撃編。 今回は守備編 64勝79敗1分け 勝率.448(5位) 祝・最下位脱出 ♡ チームDER 68.3(5位) 守備面でワーストを広島と争っていましたが、ついに最下位脱出。 因みにビリはヤクルト。 ヤクルト編にも書きましたが、元々、守備の良かったチームのDERが長期的に低下し始めた時、それはチーム転......続きを読む»

ベイスターズ②打撃 2013年総括と展望

①は盗塁と犠打から、読み解くベイスターズの傾向について。 今回の②は、打撃編。 64勝79敗1分け 勝率.448(5位) 祝・最下位脱出 ♡ 打率 .262(1位) 本塁打 132(1位) OPS .715(2位) IsoD .063(ビリ)・・・安打以外での出塁率 打席/三振 4.59(5位) IsoP .129(2位) BABIP .308 (1位)・・・フェイールド......続きを読む»

ベイスターズ①戦術 2013年総括と展望

2013年の成績を基に総括していきます。 今回は、ベイスターズ。 ファンだけに長いので、分割。 今回は盗塁・犠打編について。 チーム特性が如実に表れる項目だけに、大変大事。 64勝79敗1分け 勝率.448(5位) 祝・最下位脱出 ♡ 盗塁 54(6位) 成功率62%(6位) 犠打 139(3位) 犠打率87%(2位)  打者有利な球場特性にも関わらず、犠打多用。 ......続きを読む»

2013年 ヤクルト総括と展望

2013年の成績を基に総括していきます。 まずは、ヤクルト。 57勝83敗4分け 勝率.407 (6位) 盗塁 70(4位)  →成功率 .737(2位) 犠打 146(2位)   寸評 神宮という打者有利な球場を本拠地としている割に犠打が多い。 今年だけでない傾向。 チーム盗塁数と盗塁成功率の推移を眺めると、何が何でも盗塁を行わせず、自重させている模様。 ......続きを読む»

楽天 マー君に残留要請へ…入札上限20億円では“適正ではない”

楽天 マー君に残留要請へ…入札上限20億円では“適正ではない” 楽天の立花陽三球団社長(42)は7日、新ポスティング・システム(入札制度)を利用してのメジャー移籍の可能性がある田中将大投手(25)について、球団内で意見集約を行い、残留要請する意向を示した。本人の意思を尊重したいとしながらも、新制度の入札上限額である2000万ドル(約20億6000万円)は適正価格ではないと判断。早ければ、8日に......続きを読む»

DeNAがバルディリス獲得

えーーーー ノリぃいいい。 まさかのプロテクト外しなんてしないよねぇ。 若手の見本というか、若い選手に信頼されている、ノリぃを。 バルデス、確かに戦力だけど。 もし、プロテクトをハスざれたら(追記)、なんか納得いかん。 こんな経歴の、経験豊富な選手、そうはいないんだから、大事にしてくれよっ。 苦労は人を育てるんじゃーーーー * コメントに >納得いかな......続きを読む»

信頼と不信 久保投手

FA宣言していた久保投手がDeNA入りを決断しました。 打者天国、横浜への移籍。 非常に厳しい道と思います。 が、やはり悔しかったんでしょう。 「自信があっても(試合で)使ってもらわないと力を出すことができない、 というの は今年1年で勉強になった」 久保投手のコトバです。 それなりに投げれると思っても、信用されないので試合に使われない。 重要な場面で使われない。 ......続きを読む»

ソフトB 異例の総獲り

ソフトB 16億円で異例の総獲り 李大浩にスタンリッジら4選手入団へ ソフトバンクは、前オリックスの李大浩(イ・デホ)内野手(31)、前阪神のジェイソン・スタンリッジ投手(35)、前日本ハムのブライアン・ウルフ投手(33)、前西武のデニス・サファテ投手(32)を獲得することが4日、分かった。既に4選手は大筋で合意に達しており、近日中にも正式発表される。 転載終わり 2013年シーズ......続きを読む»

2013 URZ、その有用性について?

コメントで、 2013年のURZ(アルティメットゾーンレイティング)上で西岡選手(それでも平均より下)、片岡選手の守備は良いとの指摘を頂き、調べてみたのですが、衝撃を受けました。 なぜなら、彼らのRRFは西岡選手が0.89、片岡選手が0.86。 つまり、平均的な二塁手に対し、その守備能力で10~15%弱劣るというタスク評価が出ているのを知っていたからです。 また、RRF+という、平均......続きを読む»

某二塁手の実力を検証

守備は大事だよっ っと先に結論を言いつつ、某球団、某二塁手の2013年成績を検証してみたいと思います。 打撃成績 打率.290 出塁率.346 OPS.728 RC27 5.08 XRWIN 0.86 面倒な方は手っ取りばやく、XRWINだけをみて比較しても良いかもしれません。 リーグの平均打者と比較してどれだけの勝利をもたらしたかを表す指標ですので、大変、わかり易いで......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:3043
  • 累計のページビュー:10479292

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss