いろいろ所持雑感

日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜が勝つと、日本一の価値が下がる、ソフトバンクが勝って良かったなる記事に強い違和感を覚えている管理人です。

過去記事との整合性も含め、納得いっていませんが(ダブルスタンダードに感じる内容構成について、今回、記事趣旨としません)、それを契機に自分なりに考えてみました。

まず、 近い感覚なのが競馬の三冠レースでしょうか?

皐月賞、ダービー、菊花賞とありますが、

例えるなら、 広島さんは、皐月賞、ダービーと、3位入賞した横浜とは15馬身離して優勝しました。 しかし、最後の三冠レースで、横浜に負けちゃったわけです。

この場合、二冠馬として、その栄光は褒め称えられますし、15馬身、離して勝った、あのダービー(=ペナント)での広島さんの強さは不変です。

変わりようがない事実です。

ただ、最後の三冠レースの菊花賞で体調崩した上に(鈴木の負傷、etc)、外国人騎手のラミレスにやられちゃったってだけです。

皐月、ダービーで強い競馬(野球)をした事実は変わりません。

当然、菊花賞(日本シリーズ)の価値自体も変わらないハズです。

そして、強い二冠馬の広島さん相手に横浜はレース展開(広島さん苦手な展開、相性のようなモノもあります)もあって勝った以上、横浜も頑張ったわけです。

強いとは胸張って言いませんが(弱いけど強いってチームでした)、魅力的なチームだったと私達ファンの多くは総括しています。

関連記事 2017年10月27日 日本シリーズ展望、弱いけど強い横浜について雑感



ただ、横浜は三冠レースの内、2つ負けており、三冠馬の称号は望めないわけです。

横浜が日本一を制覇した場合、過去のレースで負けていた(リーグ優勝出来なかった)よねって話でしょうか?

ソフトバンクさんは、その三冠馬なわけです。 サッカーで言うなら完全優勝(リーガ、CL、国王杯の三冠を制した)を果たしたわけですね。

一方、広島さんは、セで唯一、その権利がありながら、惜しくも逃した。 それだけです。

「より価値があるのはリーグ優勝したチームだ」ですとわかるのですが、わざわざ横浜を引き合いに出して、横浜が勝たなくて良かったなんて言わなくても良い文意を、あの試合が終わった直後に書いて欲しくなかったです。

広島さんが積み上げた二冠(リーグ優勝、88勝)の重みは不変です。 CSファイナルで負けた程度で損なわれるような軽いモノではないです。

リーグ優勝を誇りに思って欲しいです。 でも、その広島ファンさんは損なわれてしまったと感じてしまっている。

結果、横浜がCSを突破した事に関して気持ちの整理がつかず、モヤモヤしてしまった。 そして、ソフトバンクが優勝し、そのモヤモヤの一部が解消されて嬉しいと言うのが、その方の意見のようです。

モヤモヤしているのはわかります。

ですが、

横浜が勝ったとしても、チャンピオンフラグが一つだけという時点で、十分不完全です。 リーグ優勝したのは広島さんです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感

カープファンの者です。時々コメントをいただいているので覚えてくださっているかもしれませんね。

今回の一連のこと、仲間内でしゃべっている分にはあまり問題ないことだと思うのですが、こういう所に書くとそりゃ批判も受けるよなあということになります。特に目の前で話している言葉と違って、文字のみだと時に不必要なとげとげしさまで含まれてしまいます。

だから突っ込まないでやってください、とまで言うつもりはありません。そういうことでベイスターズファンの方が少なからず嫌な気持ちになるのは、同じカープファンとして申し訳なく思います。

少し見えてきたのは、
(1)「クライマックスシリーズ優勝」という概念 : 優勝トロフィーまであるので優勝には間違いありません。とはいえ私は今日までそのことを知らず、CS勝ち抜けで単に「日本シリーズ出場の資格を得た」と誤解していました。
(2)日本シリーズの価値 : そもそもシーズン終了後の短期決戦で12球団最強のチームを決定できるかというと無理があります。CS導入前後にかかわらず「短期決戦による勝者を日本シリーズ優勝者とする」ことには変わりがないでしょう。
(3)「日本一」という呼称 : 日本シリーズの開催要項には「日本一」という文字はありませんし、あくまでもマスメディアがそう呼んだりして慣用的に広まったということなんでしょう(見解に間違いがあればご指摘願います)。

上記3点を考えて、個人的には日本シリーズ優勝者を「日本一」と呼んで差し支えないと思います。もちろんリーグ3位のチームが勝ち進んで日本シリーズを制覇しても、です。

ベイスターズの戦いっぷり、興奮しました。来年もよきライバルでありますように。

日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感

セパ各6球団で合計12球団しかないのに、半分の6球団にCS権利があるのがおかしいのであって、
消化試合をなくすという趣旨は分かるが、あまりにも歪な制度になってしまっていると思う

CSの理念は理解できますが、せめてセパの優勝チームと2位チームでのリーグチャンピオン位の方がいいのかなと思います

「日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感」へのコメント

aaakkkさんのファンとして、ちょっと長生きしてる横浜在住のカープファンのおっさんから。

ロッテが下剋上優勝したとき、我々は完全に蚊帳の外でした。
ホークスファンの気持ちを考えた人はいても、ロッテファンの気持ちを感じ取れた人は皆無だったと思います。

それが今では、この『贅沢な憤り』を感じられる幸福(笑)

カープファンは巨人とホークスしか知らなかった『強者の悔しさ』を知る事ができました。
ベイスターズファンも、『下剋上の興奮と中傷の葛藤』を知る事ができました。

これらはともに、『贅沢で幸せな事』なんです。

あくまでも、モヤモヤは完璧でないCS制度にあるのですから、これが両球団ファンの遺恨にならない事を祈ります。

繰り返しますが、今年カープファンが不条理を味わったのも、ベイスターズファンが不条理を味わったのも、
ともに『幸せな苦悩』である事を理解した上で噛みしめて下さい。


ごめんなさい。ちょっと説経くさかったです(-_-#)

「日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感」へのコメント

コメント失礼します

一連の件については、既に色々な方々がコメントや記事で意見を述べられているので、私自身で何かCSの当否やファンについてなにか言えることはないのですが、今回の件で浮き彫りになった他球団ファン同士の溝の深さに戸惑いと衝撃を受けました

スポナビブログはスポーツファンとして割と上質(といっては語弊があるかもしれませんが。。)な方々が利用している印象があるので、尚更ショックでした

娯楽の多様化とネットの発達に伴って、ファンの意識もだいぶ変わってきたと思っていただけに悲しかったです

横浜には新たなプロ野球ファンの形の旗手になって欲しいなあ

また今のハマスタの雰囲気やDeNAという親会社をみると横浜にはその素養があるんじゃないかと手前味噌で甚だ気恥しいながら思うんです

願わくば、他球団ファンを良きライバル、尊敬すべき隣人、応援しあえる友として一緒にプロ野球を盛り立てていけたらいいですね

こんな記事も読みたい

ドラマティックシリーズ【137のブログ@スポナビ+】

各球団のFA事情【アナグラム的分析ラボラトリ】

あと少し【タイガースを応援しよう】

レギュラーシーズンを振り返って(1):先発投手【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

今日からは来期のために さようなら啓二朗・・・【素人目線のベイスターズ考察】

日本シリーズ感想。そして、内川に対するモヤモヤが完全に晴れた。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

正確な送球と正確な捕球で、来季こそリーグ優勝と日本一を目指せベイスターズ【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

What a wonderful year for us【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11468400

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss