いろいろ所持雑感

オールスター後に失速し易いチーム、しにくいチームについて雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

オールスター明け、脱落するチームと、勝率を伸ばすチームには特徴のようなモノがあります。

谷繁中日(中畑ベイスターズも、その系譜に近いです)は、実に分かり易く、オールスター明けに勝率を落し易く、逆に原巨人や、落合中日などは、オールスター明けの方がむしろ、強いケースが多いです。

理由として、

① 息切れ型 中畑さんは、このケースです。 完投が目的で、ドンドン完投させた事で井納が故障したり、三上を点差関係なく起用したりと、コンディション維持に関して課題がある監督でした。

監督年数が経つにつれ、慣れて来ましたが、ちょっとが非常に多い監督だったです。

関連記事 中畑ベイスターズ通信簿② 試行錯誤 投手起用について

一戦必勝型、燃え尽き型です。 トーナメント方式です。

一部、ファンが、当時を懐かしがっていますが、死力を尽くして戦う姿に感動を覚えるのも事実です。 ただ、今のプロ野球、徐々にMLB化してまして、ポストシーズンにこそ、全力という形になりつつあります。

昔は、日本シリーズより、リーグ優勝に重きがあった感がありましたが、徐々にポストシーズンに価値の比重が動いて来ています。

結果、監督のマネージメントも、春先の一勝より、ポストシーズンに直結し易い9月の一勝の方が重たくなりつつあり、変わりつつあります。

そんなわけで、 中畑政権時、 苦言記事を、当時、随分書きました。

監督として変化していたので、それを、どう考えるか難しいですが2012年~トータルで見ますと勝てない監督と見ています。 が、 チームを形づくった功績は無視できないです。 横浜になかった熱のようなモノが横浜に生まれたのは大きかったです。

マネージメントでなく、情熱、人間の本気を理由に中畑監督招聘を決めたそうですが、GM、ぐっジョブと今でも評価しています。

関連記事 2014年11月05日 高田GM通信簿? PDCAサイクル 継続へ

契約最終年。

2015年の最下位のチームが一番、チームらしかったです。 そう思えたのも不思議な話ですが、基礎のようなモノが中畑政権下(中畑さんだけでなくチーム全体の関係者の努力。)で出来上がっています。

だからこそ、横浜ホーム最終戦で、最下位にも関わらず横浜ファンの多くは中畑さんに、ありがとーっと伝えたのだと思っています。 契約最終年で最下位にも関わらず、4年連続5位以下にも関わらず、有終の美を飾った感じを覚えましたが、不思議な監督です。


② 戦力がない 谷繁中日は、これに該当します。 中畑さんも、この状況に該当しますが、横浜の場合、高田GMが上手く差配している面があり、常に一軍に戦力(外国人を含む)を供給し続けています。

一方、中日は、酷かったですね。 戦力がないのに、強引に世代交代を進めていたので、一気に弱体化してしまいました。

結果、 誰かが故障しますと、それを補えないので、一気に失速します。 2014年は和田が故障しただけで、終了してしまいました。

原因は、2013年にDHで谷繁を起用した高木采配(森野を二塁でレギュラー起用するなど、勝ちに拘った采配をしています)にもありますが、

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:1666
  • 累計のページビュー:10828767

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss