いろいろ所持雑感

山口の使い方を知らない気がする小林について雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

捕手関連は、共通ジャンルから暫く外します。 戸柱関連は、希望があれば、共通ジャンルに載せるかもですが、基本的に金輪際、載せません。

さて、小林です。

投手によっては、インコースを使える投手もいるのですが、元横浜の山口。 この子は、繊細過ぎて、インコースを要求し辛いです。

先日、横浜と対戦した際も、インを要求して、山口の心を乱していましたが、そう言う子なのです。 今日の阪神戦でも、インを要求して死球を与えたようですが、

思い出すのは昨年の広島戦。

2016年05月29日 ガンバレ山口、Tomorrow is another day

ファンの力で勝たせたい山口編 メンタル論でみた対広島戦5/29回顧 

一度、何かが狂いますと、立て直すのが容易でないケースの多い投手です。 だから、高城は細心の注意を払い、安全に、安全に、丁寧に、丁寧に、外中心の配球で上手く山口をリードしていたのですが、あー、あーです。

二回連続で、この状態になりますと、 ますます、メンタルが沈む可能性もあります。

巨人戦、初登板で涙ぐむ選手です。 二回連続でノックアウトって、かなりの重圧を彼に与えている可能性が高いです。

そんな山口に、巨人で彼に声を掛けられるような余裕を持った選手は、坂本か、菅野(次も中4登板ですので、余裕ないかもですが)ぐらいでしょうか・・・

後は、阿部・・・

以前は、内海等が、結構、気を回してくれていたんですけどね。

基本的に、皆さん、自分の事で精一杯です。

高城の配球をみて、外一辺倒を批判していた方も多かったかもですが、理由があるんです。 そして、その外一辺倒で、圧倒出来るような力が山口にあり、そうなるような配球を高城がしていた事を忘れて欲しくなく記事化しておきます。

共通ジャンルから外していますので、あまり目に、つかないかもですが、何とも言えない、複雑な気持ちになり記事化です。

あと、プラス、前回も変え時が遅かったですが、 メンタルに課題のある投手を打たせすぎますと、立ち直りが遅れます。

いろいろキツソウです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

山口の使い方を知らない気がする小林について雑感

1998yokohamaさん返信どうもです。

>リードに関して言えば、そういう部分もあるかと思いますが、
>守備に関して言うと、ワンバンの捕球であったり送球と言うのは実戦で学ばないといけないと思います。

その部分に関しては、
二軍で試合に出ても良いかもですね。

>高城には、ワンバンの捕球に送球(結構投げミスがあります)にコリジョンといったプレーを実戦で学んでほしいと思います。

了解です。
その成長に期待したいです。

どちらにしろ、捕手三人、随分、成長しましたので、悩ましいですね。

山口の使い方を知らない気がする小林について雑感

aaakkkさん、再度返信コメントありがとうございます。

打撃に関しては、そう思えるのですが、リードについては、一軍の一流バッターと勝負し続けてこその面があり、実戦勘のようなモノが衰える恐れがあります。

リードに関して言えば、そういう部分もあるかと思いますが、試せる部分もあるかと思います。
このカウントでこの球種やコースを使うと打者の反応はどうだろう?など。

一軍と二軍では差はあると思いますが、根本的は打者の反応は通じる部分があるかと思います。

また守備に関して言うと、ワンバンの捕球であったり送球と言うのは実戦で学ばないといけないと思います。

そして高城はコリジョンが苦手なのか捕球位置が悪い時があります。
先日の広島戦では、ベースは空けていましたが、ファールゾーン側にボールが逸れてしまい、捕球位置はファールゾーン側でした。
送球が逸れて衝突してしまいましたが…
あれを例えば、フェアゾーン側にベース空けて待っていたら送球が逸れても衝突しなかったのではないかと思いました。
ただあれは高城も岩本も懸命のプレーでしたから仕方ないと思いますが。

他にも、これも広島戦ですが、梶谷の送球をベースの上で捕球してしまい、鈴木が上手く避けてくれたからよかったもののコリジョンが適用されてもおかしくなかったプレーでした。

あれもベースより前に立ってれば問題なかったのですが…

高城には、ワンバンの捕球に送球(結構投げミスがあります)にコリジョンといったプレーを実戦で学んでほしいと思います。

山口の使い方を知らない気がする小林について雑感

1998yokohamaさん、コメント返信ありがとうございます。

>西森と高城の序列についてですが、捕手としての評価と言うよりは、起用できることが多い点で高城と西森を入れ替えたと、私は思ってます。

私も、そういう理解です。
純粋な捕手としての評価で西森より高城が劣った結果の二軍降格ではないと思いますが、
現在、一軍で足のある代走要員が少ないのもあって、上げたものとみています。

>試合に出てる方が打撃も守備も成長します。

これが微妙でして、
打撃に関しては、そう思えるのですが、リードについては、一軍の一流バッターと勝負し続けてこその面があり、実戦勘のようなモノが衰える恐れがあります。

以前の拙い高城なら、大歓迎の降格のなのですが、
守備面で、二軍で学ぶ事って、あまりないかもです。

打撃に関しては、戸柱、嶺井に劣ると、私も感じますので、いい機会なのですが・・・
中畑監督が、本当に恨めしいです。

あの時に二軍で鍛えてい居ればと強く思います。

>今後の入れ替えを注目してみたい思います。

捕手二人にして、他を補充する可能性は十分あり得ます。
そこは注目ですかね。

>高城のトレードですが、個人的には反対です。

小林に過重な負荷が掛かっていますが、その負荷分散に高城は役立ちますし、何よりガツガツしていませんので、上手く小林と協調できそうです。

巨人とか、狙っているじゃ、ないですかね。

三人も有力捕手を抱える贅沢な悩みも影響しているかもですが、適う事なら、その活躍を一軍で見守りたいです。

あまり有力すぎて、悩ましいですが、やはり試合で見たいです。
これは私の我儘ですね。

すみません。

山口の使い方を知らない気がする小林について雑感

aaakkkさん、返信コメントありがとうございます。

ラミレス監督が下した序列、

①戸柱
②嶺井
③西森(専属投手不在の控え捕手としてなら高城より上かと)

その評価自体には、不満なく、その通りと思いますが、
それだけ横浜の捕手陣の層が厚くなっているわけです。

西森と高城の序列についてですが、捕手としての評価と言うよりは、起用できることが多い点で高城と西森を入れ替えたと、私は思ってます。

対戦相手の先発が左右かで戸柱と嶺井を併用すると言ってましたから、西森も捕手としての出番は少なそうです。

西森には足があるので、代走で起用できます。
例えば、筒香の代走で起用し、そのまま守備にと言うことも考えられます。
基本的には本職の選手を起用する方がいいと思ってますが。

高城にとってはファームで勉強する機会が与えられました。
一軍居ることも勉強になりますが、試合に出てる方が打撃も守備も成長します。

いい機会だと思います。

あと西森をこのまま一軍で置いておくのでしょうか?
先発投手の5番手6番手は、久保・熊原・飯塚などが候補になるかと思います。
5回が一つの目安かと思いますし、序盤に試合が壊れてしまうことも考えられます。

捕手を二名制にしてブルペンを通常7人ですが、8人することも考えてもいいのではないでしょうか?

または投手ではなく下園や後藤といった代打を増やすなど考えてもいいかもしれません。
代打成功率が低いので。

今後の入れ替えを注目してみたい思います。

高城のトレードですが、個人的には反対です。
ラミレス監督の序列や世間のファンからの評価は低いのですが、私は戸柱や嶺井と比べてそこまで劣ってるとは思ってないので、チャンスはまだまだあると思ってます。

もし出すなら巨人ではなくパリーグがいいですね。
2年ぐらい前のSBとかお勧めだったのですが、甲斐が伸びてきたので出番は少なそうです。

今はファームで勉強してもらい、ラミレス監督の序列やファンの評価が変わるのを待ちたいと思います。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:1004
  • 累計のページビュー:10829770

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss