いろいろ所持雑感

7/7中日戦 大野松井バッテリーと、戸柱の負けん気について雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

戸柱関連記事ですので共通ジャンルから外しています。

昨夜の、戸柱の配球には、大笑いしてしまいました。 あそこまで行くと凄いなっと感じます。

相手との勝負付を優先するような配球でした。 これが大野、松井バッテリーと、対照的(大野も負けん気が強いので7回の筒香の場面で挑んですますが)な配球で、面白かったです。

さて、配球雑感です。

先日と同様、懲りない戸柱は京田のホットゾーンに一打席目から要求し、結果は単打(シュート回転に中に入っています)。

シュート回転しなくても、どうかと思いますが、此処まで来ると、負けん気なんでしょうね。 ケンカ投法です。

2017年05月27日 戸柱に喝!!

にも、京田について記述していますが、恐れ入ります。 流石に、これは、知らなかったでなく、明確な戸柱の意志表示と思いますが、いやはや。

そして、 ゲレーロの場面の全球総て高めのストレート。

えいやぁー、見事三振。 意地と意地のぶつかり合いでしたが、配球も何もないです。

ですが、これで勝負付を付ける事で、相手の4番の鼻を折る。 中日大野も、筒香を力で、ねじ伏せようとする時ありますが、相手の中心打者を、捻じ伏せるのにも意味があります。

ただ、この配球、昨夜の飯塚にも言えますが、 投手側に気持ちの強さのようなモノを求めますので、バッテリーで気持ちの統一が必要な場合があります。

何となく見ていて、平田と戸柱、合わないなぁっと思っていましたが、この配球をみて、合わないと思いました。 メンタルに課題のある、投手と、何とくなく合わないと思っていましたが、確かに合いそうもないですね。

平田が失点しているの、戸柱だけかもですが、 なんか違うですよね。

平田は、ボールゾーンで勝負する投手なのですが、戸柱はストライクゾーンで勝負したがっているように感じます。 ランナー出しながら、難しいボールに手を出して貰う的なタイプでしょうか?

単純な配球でなく、手順が必要なのですが・・・

そんなケンカ投法の戸柱・ウィラードバッテリーと違い、大野・松井は、あー番長みたいと感じた配球で、あれやられると、なかなか打てないです。

前記事で、 外外、インに投げた方が良かったとか、

手を出して貰うなら、外を意識させてから、ちょっとズラしてあげた方が良いとか、記事で書いてましたが、 そのものずばりをしています。

あんな配球されると、甘い球が来ても手がでなくなると言いますか、 術中に嵌っちゃいますよね。

ワイドに、しかも、しっかり外、内を攻めきっています。 ただ、ワイドに散らすのでなく、攻めきっているので、絞り難いです。

インを投げたら外を使うような単純な配球でなく、右打者に外ストレートを見せたら、二球続けて外にストレートと見せかけてシュート(右打者の場合、逃げるボール)でズラして打ち取る配球。

外一辺倒だった嶺井の配球について雑感

にて、

④ さらに凄い人は。

黒田のようにツーシムとスライダー(+カット)がありますと、此方は、文字通りの、出し入れになります。 バックドア、インドア(内ですが)を駆使し、さらにスプリットです。

外だけというより、ワイドな配球にもなります。

中日大野は、黒田に近く、内も使えるようになると、かなり凄い投手になれるのですが、外だけで料理出来ちゃうわけです。 但し、ヤクルト石川や、元横浜三浦のように、その球威不足から、広く使う必要があるような投手も居ますが、基本は外ですかね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

7/7中日戦 大野松井バッテリーと、戸柱の負けん気について雑感

dora03eilさん、コメントありがとうございます。

個人的雑感ですが、
ドラゴンズさんの捕手の起用は、協力しやすい感じになりつつあるような気がします。

谷繁とか、激しい競争に勝ち抜いてレギュラーを獲得して居ましたから、仲良し的な起用はしてなかったように思えます。
相手を蹴落とすぐらいの気構えでないと試合に出れないのが現実ですが、
そればかりになると、チームとしての一体感が失われます。

今の中日捕手陣、良い感じで、ケアできている感じがあります。


>捕手が武山に代わった後はバッテリーはライオンズ打線に真っ向勝負を挑みに行って無失点と、熾火のようになった小笠原の闘争心に薪をくべて、再び燃え上がらせたように見えました。

相手と対戦する以上、
向かっていく気持ちは重要です。

大事なのですが、
元横浜の山口や、デニーコーチの現役時代のように、気持ちが逃げてしまう投手もいまして、

向かわなくてはって、思っても出来ない場合もあります。
つまり噛み合わない場合もあります。


>「意地と意地のぶつかり合い」

如何に、前向きにさせ、最上の結果をもたらすか?
強い心のない、前向きになれない状態で、意地と意地のぶつかりあいを投手に求めても、最悪の結果になりますし、
今、元横浜の山口が、悪い意味でのド、ツボに嵌りかけていますので、

この辺、難しいんですよね。

岩瀬とか、気持ちの強い投手と思いますが(意地と意地のぶつかり合いのような配球をしなくても)、
何を求めて、それをするかです。

相手を打ち取る事が目的でなく、
気持ちの強い投球自体が目的と感じてしまうような時が戸柱にはありますが、ウィラードについては、別の思惑も感じました。

戸柱も、様々、考えているとは思います。

>これからも捕手記事楽しみにしています。

ありがとうございます。

7/7中日戦 大野松井バッテリーと、戸柱の負けん気について雑感

コメント失礼します。
ドラゴンズの部分だけかいつまんでのコメントになります。
なので記事の本筋から逸れてしまうかもしれません。


役割分担の部分に関しての解説は、ドラゴンズの捕手起用についてもしっくりくる感じで凄く腑に落ちました。

その視点で考えるとすると武山が上がってくる前ですら、松井に比べて経験・判断力で劣る杉山や木下を敢えてまで使っていたという事実がありますし、特に捕手に関しては物凄く気を使っているように伺えます。

ただ個人的には、もともと抑え捕手武山は投手のタイプと現状の課題によって担当範囲を決めたためにこうなっているのでは、と見ています。

例えばライオンズ戦で小笠原が炎上した際、木下を替えて途中から武山に受けさせるというのもあったので、武山の役割範囲はもっと広いのではと思います。

このライオンズ戦では、捕手が武山に代わった後はバッテリーはライオンズ打線に真っ向勝負を挑みに行って無失点と、熾火のようになった小笠原の闘争心に薪をくべて、再び燃え上がらせたように見えました。
また、別の投手だと田島がリーグ戦再開直後の東京ドームでショッキングな登板が続いた後(1試合目でピンチに岩瀬に交代、3試合目でサヨナラ負け)に武山と組ませてこれもまた速球主体で田島の闘争心を蘇らせるような投球を引き出しています。

なので武山の役割は抑えだけの担当ではなく、小笠原、田島、福谷のようにコントロールが良くないが馬力のある投手(こういった投手はリリーフに多いので、どちらかというとリリーフ・抑え担当にはまっていくとも思いますが)と組んで力で押していくようなリードをしていくのでは、と思っています。

雑駁な感覚ではあるのですが、小笠原や田島がそうだったように、武山のリードは闘争心を蘇らせるような感があります。
管理人さんが言うところの「意地と意地のぶつかり合い」にも若干通ずるところがあるようにも思います。

基本的に冷静にしっかりと布石を打つ松井と、投手が根源的に持っている闘争心を思い切り押し上げていく武山とそれぞれ良さに違いがある捕手という具合に見ていますが、今のところいい塩梅なのかもしれません。


今シーズン追いつくのはかなり厳しいとは思っていますが、ドラゴンズファンとしてはカープ、ベイスターズ等、先を歩む球団に少しずつでも距離を縮めてくれることを願います。


これからも捕手記事楽しみにしています。

7/7中日戦 大野松井バッテリーと、戸柱の負けん気について雑感

paperboyさん、コメントありがとうございます。

>「なんでもっと素直に配球しないんだろう」

えいやっ、もあるのですが、昨年の方が、もう少し臆病でしたし、
かつ、素直でしたかね。

いろいろ推論を立て、配球をしている節を覚えるのですが、
これが机の上の配球に感じてしまうのは、良く述べている通りです。

現実と、想定にギャップが生じているわけですね。

これを埋めるには、様々な経験が必要なのですが、
現在、経験中と見ています。

>出ずっぱりの捕手は苦しいですよね。

かなりキツイと思います。
ですが、戸柱の場合、仲間が居ますし、ワイガヤして助けてくれますからね。

三人で頑張っていると見ています。

戸柱、乗り越えられると思いますよ、高城たちがいますから。

7/7中日戦 大野松井バッテリーと、戸柱の負けん気について雑感

キャッチャー記事楽しみにして読んでます。
戸柱の配球は最近見ていてちょっとイライラすること多いですね。
「なんでもっと素直に配球しないんだろう」というのが率直な感想です。
記事でも書かれてますが考えすぎているんでしょうね。逆にそれで上手くいっていないのかなと思います。

記事の中で紹介されている

2015年05月17日 今後の展開、雑感、中日偏。そんな悪くはないです。四国のファンさんへ

の記事でも書かれてますが、出ずっぱりの捕手は苦しいですよね。
戸柱の今の状況は、ある一定以上の試合に出ているレギュラーキャッチャーが一度は通る「病い」なのかなと最近思ってます。
レギュラーキャッチャーとしてある程度出場すると配球パターンがデータで出て、試合で配球を読まれて打たれ始める。
→対処しなきゃと余裕がなくなる。
→余裕がないのでボール先行を極端に恐れる。
→自分の配球のデータが出ていることを考えすぎてバッターの反応に対して素直に配球できなくなる。
→バッターが見えてないのでむしろボール先行になる。
→バッター有利のカウントになって打たれることが多くなる。
→さらに混乱して考えすぎて余裕がなくなる。

この悪いサイクルに戸柱も入っているのかなと。

嶺井・高城もスタメンで出続ければ、おそらく同じ「病い」にかかる可能性が高いと思うので、戸柱が「病い」にかかってくれていることで捕手3人制が機能している部分もあるのかもしれません。
レギュラーキャッチャーのストレス・プレッシャーはおそらくものすごいでしょうから、戸柱がそのストレス・プレッシャーを背負ってくれているとも言えます。
嶺井も2015年の終盤は結構メンタルやられてる感じでしたし。

今の戸柱だと投手成績が悪化するので、個人的には嶺井・高城の出場を増やして欲しい気もします。今永のキャッチャーを嶺井にするなどラミレス監督も動き出しているのでどう対処するのかなと見てます。
戸柱自身がどう変化していくのかも注目ですね。今はちょっと変化は見えませんが。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:3043
  • 累計のページビュー:10479292

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss