いろいろ所持雑感

広島戦、平良×戸柱の化学反応、その予想通りの敗戦について雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、登板した平良と広島打線、相性が悪いと記事で評した事があります。

外一辺倒だった嶺井の配球について雑感

にも記載していますが、

平良のような投手を得意としているかもしれない広島(中日八木等に苦戦した経緯があり、2015年オフに、かなり特訓しています)に通じたら、ローテションでも回れるかもです。

広島打線、実績上、外の出し入れに強いです。 ですから、リーグでも屈指の破壊力を誇示しています。

それでも平良の形は、外の出し入れです。 前記事で形のありや、なしやは重要と記載し、それを崩すとファンの不満が溜まり易いと書いてましたが、まさに私の不満は、それ。

そしてリードする捕手は、外の出し入れに実績のある嶺井でなく、まさかの戸柱でしたので、その瞬間、こりゃ、厳しいとは思ってしまいましたが、悪い意味で予想通りでした。

戸柱のリード、外の出し入れになっていませんでした。 どうも、ワイドに配球したかったようですね。

平良の長所である、粘り強く、外の出し入れをするでなく、形を崩してきました。

戸柱の場合、ペトリック等で苦労したように、その手の配球が今は苦手な印象が在ります。 というより、新人捕手が、そんな有能なわけないのですが。。。

前記事でも、戸柱のリードについて、そう評していましたが、 苦手と言うか、拗らせたと言うべきか・・・

打たれても、粘り強く、外の出し入れ(していませんでした。あれは、ただ外を投げさせただけ)をして欲しかったのですが、彼、度々、内を要求するですよね。

結果は勿論、最悪の結果へ。

内外、通用せずに2回降板です。 横浜の先発投手としては、今シーズン、最短降板でした。(これまでの最短は4.1回)

平良の場合、あの外が持ち味です。 打たれても、それに屈せず、丁寧に、丁寧に、根気よく、外の出し入れをする。

という形を戸柱は崩しています。

捕手、戸柱と聞いた瞬間、今日は厳しいと思ってしまい、その予想通りに、根拠なきイン攻めしてしますが、がっかりです。 まぁ、ファンは、そう言うもなのですが、ゴメンナサイ。

中日大野(今年は未だ良く見てないですが)なら、内を突けますが、球威に劣る投手で内を突く場合、三浦のようなテクニックが必要ですかね。

っと評した平良で、インを攻めてしまった以上、仕方なしです。 意図はわかります。 ですが、それは机上の空論です。

先日も、井納をリードして、やらかしましたが(8回にインを要求してホームランを打たれたシーン。長打を狙っているベテラン打者にインを要求したら、あーなり易いです。)、

えいやっ、投法が好きなんですよね。

試合後、自分の責任ですと、戸柱語っていたようですが、はい、貴方の責任も大きいです。

根拠なきイン攻めをした理由。 ワイドに配球をしたかった意図はわかります。 わかりますが、相手がインを意識(外も機能しない)してくれるような球になってなく機能して居ませんでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

広島戦、平良×戸柱の化学反応、その予想通りの敗戦について雑感

hamabay'sさん、コメントありがとうございます。

元々、昨年までの須田と、戸柱、外一辺倒しか投げませんでしたので、あんなものと思います(須田の状態が去年の状態に近くなったので、抑えられるという判断だったのかと)。

強いて不満を言うなら、

村田の場面、四球前提の配球を見透かされていましたね。
あそこで勝負して欲しかったです。

毎回、思うのですが、歩かせても良い場面での配球が下手なんですよね。

ボール球を振らせたいという思いの詰まった配球をするので、相手がふってくれません。
高城が、その配球で、新境地を、最近見せているので(同じような場面で、ヤスアキのツーシムを封印して、最後の最後に振らせるツーシムを投げて三振にとっています)、

余計に差を覚える状況です。

見せ球を使うのなら村田の場面でしたし、勝負するなら村田だったと思いますが、
消化不良な内容でした。

そして、マギーは、もう・・・
もう少し、ストレートが走ってなければ、戸柱も、高城が調子の悪い須田を上手くリード(内を使う)して抑えたような配球が出来たかもですが、

ストレートの出来、良かった。

ただ、審判の外の判定が辛めでボールになる。

この判断の遅れが、致命傷になり、追い込まれるのですが、審判のストライクゾーンを織り込んで配球して欲しかったです。

>戸柱はリードは悪いと思います

私も、そう思います。

>9回に無死二塁であのショートバウンドを止められなかった戸柱のキャッチングの方

あれ、サインミスのような感じに見えましたが、どうなんでしょ?
どちらにしろ、重要な分岐点になってしまったプレーではありましたね。

広島戦、平良×戸柱の化学反応、その予想通りの敗戦について雑感

kagenoriさん、コメントありがとうございます。

>個人的には、平良に早々に滅多打ちの経験をさせられて、
プラスになるかもしれないな、と思います

形を崩して、滅多打ちでしたので、良い経験だったとは私、思えないです。
戸柱にはいい経験だったかもですが・・・

自分の型で、何処まで通用したか?見極める事が出来ず、だから、私も不満だったですよね。
平良の長所を見極めたかったので。

球威なのか、外の出し入れの精度なのか、判断難しいです。
両方を追い求めるのは至難ですから、結構、渋い敗戦だったと思っています。

戸柱には、反省材料として何かが残ったとは思います。

広島戦、平良×戸柱の化学反応、その予想通りの敗戦について雑感

tmutukiさん、コメントありがとうございます。

>補足して、インコースでストライクを取る必要性を考えるべきですよね
>インコースはストライクじゃなくてもいいという事を時折、戸柱はわかっていない部分がありますよね。

本当、仰る通りで。
ファールを誘うような配球、戸柱の場合、少なく勝負する場面が多いですかね。

>高城が2軍とか言ったら投壊ですね

修正できなくなって、アタマ、パンパンになり黒羽根再びと思います。
本来、高城的にはチャンスなんですが、高城、そう言うのしないですからね。

もっと、高城の貢献度(戸柱への)を認めて欲しいのですが・・・

>去年の戸柱は割と謙虚に修正している部分があるのですが今年は去年程でもないのですよ。そこが心配です。

独自色を出そうとしているようです。
試行錯誤しているとも言えるのですが、それが上手く行っていません。

>戸柱も我慢の時

ですね。
誰もが通る道とは思いますが、ガンバって欲しいです。

広島戦、平良×戸柱の化学反応、その予想通りの敗戦について雑感

コメント失礼します。

今日の戸柱は、ここで指摘されたことを首脳陣から言われ、その反省からか、須田と組んだ所では戸柱らしくない逃げのリードになり、結局それを巨人の阿部、村田、マギーに読まれてやられた、という印象です。
今日の試合のあの場面では、外の出し入れのみでは巨人のベテラン打者には読まれてしまうので、ボールでも良いからインコースを見せる必要があったと思います。特に10回の村田やマギーの所では。
ところがあの2人の打者に対して1球もインコースを見せずに村田を歩かせ、マギーには3球以上スライダーを投げさせ続けて結局マギーに合わされ打たれる、とバッテリーの責任のような内容。

僕はこの前の濱口ー高城のバッテリーよりも今日の戸柱はリードは悪いと思いますが、そのことを批判的に書く人は少ないですね。いかにファンって印象だけで書いている、そんな気がします。
尤も僕は、あのリードよりも9回に無死二塁であのショートバウンドを止められなかった戸柱のキャッチングの方がリードよりも酷かったと思います。

こんな記事も読みたい

【阪神】反省も対策も変化もなし【ウル虎ブログ】

クリーンナップ化傾向にある打線。【星の集い】

【試合感想】5/18 「2017年のカープ」へ【東京の赤いおっさん】

試練の時【鯨の遺伝子】

なんだかなぁ〜【ベイファンのお馬鹿な夫婦】

* ベイスターズとジャイアンツ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ここ2年間は抜群に良かった5月攻勢、今年は厳しいと思えるような現在の先発投手陣【温故知新ベイスターズ~2017】

どこか波に乗り切れないベイスターズ、何が問題だろうか【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:8773
  • 累計のページビュー:10424699

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss