フトボル男

フットサルの魅力と難しさって繋がっている説

このエントリーをはてなブックマークに追加

フットサルの魅力とは? 個人的には「ディティールの細かさ」に尽きます。全体を俯瞰で捉えながらも、細部にもフォーカスを絞るような複雑さ。口で言うのは簡単ですが、この両立って複雑すぎて難しいものです。まるで矛盾を孕んだかのような両面性が、コインの裏表のように対になりながらも、全てが繋がっている地脈の広大さ。マクロ的にもミクロ的にも掘れる素材として、フットサルは魅力が詰まっています。 バスケの田臥勇太が、バスケの楽しさについて訊かれた際に「ボールがバスケットに入る瞬間ですね。あの瞬間に至るまでにオフェンス、ディフェンスともに一連のプレーがあって、それこそディティールから積み重なった部分や準備(田臥はバッシュを履くのに10分ほど費やすルーティンがある。これは足とシューズの完璧なポジションを確認するためで、準備から万全にすることで怪我予防に繋がっていると)があって、それらがあのシーンに集約されている」と答えたのが印象的でしたが、フットサルも似通った面があると思います。どのスポーツもルーティンワークから始まるディティールの追求はあります。プロと呼ばれる方々の細かさは、それこそ想像以上でしょう。フットサルは、コートが狭く常に人に付かれているような状況が続きます。キッチリしたマンツーマン状態ではなくても、ほぼそれに近いシチュエーションが絶え間なく続きます。その中で如何にボールを前に運び、シュートに繋げるか。しっかりと日々のトレーニングから仕込まれていないと、たちまちプレスの餌食になってしまいますし、ボールの前進の基準点も設けられません。それを細部まで構築して実践に移す。その細かさはフットサルの魅力の一つだと思います。 まさにオタク・マニアには堪らないスポーツではないでしょうか。誤解しないで欲しいのが、そういったマイノリティ性で排他的に誘導しようという意図はありません。

例えばコーディネーション面だったり、アラがサイドでの対面DFのステップ、リズムを見極めながら抉り込むシーンも「単純に縦に抜けた」と評される部分ですが、ボールの置き方、ステップワーク、他のFPの動き(オフェンス・ディフェンス含めて)が細部に宿っているもので、一つずつの要素を抽出すればするほど潜れるだけの膨大な情報量があり、加えて俯瞰的な観察も必要です。 「前プレ」シーンでも、ラインの位置設定、マンツーマンDFとしての要素だけを抽出するのは簡単ですが、果たしてそれだけなのでしょうか?という疑問もあります。フットサル中継の解説を聞いていても、被前プレの攻撃側の視点が薄れているような気もします。「前プレ」だけに焦点を絞るのみで「プレス破壊」の要素が欲しくなります。ボール前進の仕込みというか仕組みの話。それには両局面での視点を持ち続ける必要があるので、それはとても大変なことです。 一つ一つのプレーに意味を持たせると、ある種のカオスが生まれます。デザインなのか偶発的プレーなのかの見極めが困難になるからです。 細かくて難しいから、プレー分析も大変です。オープニングにおけるシステム表記からシステム論といったものが流動的で解釈する意味を突きつけられたりします。それらが乱立するというかカオスの状態に陥る原因だと思います。俯瞰で捉える中で、システム表記は共通言語になりやすいからです。しかし、フットサルは物凄く流動的です。その解釈が適切なのかも視点によって変わります。前述のように細部を覗けば覗くほど、全てに意味を持たせることもできます。その成否はともかくとして、後付けの論理になりやすいのは避けられません。 これだけ複雑だと難しくなります。それを簡単に伝えるのはもっと難しいものです。文章だけでの伝達能力としての限界も感じます。そこから、選手や監督のインタビューから各々が紐解くみたいな感じになります。書き手としては、それだけでは淡白な記事になってしまうのでドラマを乗せて物語としても読めるようにアレンジして発信するのがベターとなっています。でも、シーズン中なので正直に語れない部分もありますので、読み手は仮説を立てるしかありません。そこのスクラップ&ビルドの繰り返しになりますが、でも答えは?となります。分からないまま暗中模索を続けることになります。長いシーズンで、チームは問題点を突き付けられて改善を求められます。その改善へのプロセス、具体的な事象へのアンサーは、私のような新規層に明快になるものかな?と思ったりします。それを漁っていくものとして動画解説があります。フットサルは動画解説と相性が良いです。誰かしらが一つの指針を示すことが必要で、在原正明さんや村松裕樹さんなどがツイッターで発信しています。興味ある人は是非。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フットサル
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2勝の価値【フットサルチームZOTTの活動記】

ニコ生、Fリーグはじめたってよ【フトボル男】

フットサルと出会ってサッカーのことを考えました【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:236657

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  4. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss