4thDayMarketCenter

ときどき審判が目立つ試合に遭遇します〜G大阪U23vs相模原(3月20日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

ああ、バカンスが終わっていく。。。水曜日からの6日間で4試合も見れたので、完全に満喫したんですけどね。「明日からは、企業戦士に戻るぞ!」って宣言すると、語弊でしかない!!

■前半

少なくとも日本の教育において、育成というのは基本を叩き込む場所とされております。ゆえにG大阪U23は育成チームらしく、大変にオーソドックスなサッカーを展開します。システムは442(見方によっては4231)ですし、基本的にはボールを大切にするスタイル。ガンバユースは伝統的にパスワークを得意とするイメージもありますし、テクニシャン養成道場的なところもあるので、そういう背景を生かして丁寧にゲームを作っていく。
  具体的には、最近ではもはや少数派になりつつある、ボランチにボールを預けて、そこからビルドアップしていくパターン。一発目の配球で打開できなければ、いったん戻して攻め直す。最終ラインがサイドチェンジしていく。ほんの数年前までは“サッカーの常道”とされたやり方ですね。宮本監督も相模原の安永監督も、J創世期に将来を嘱望された当時のホープ。そういう世代ですから、その当時に花形とされたスタイルになるわけです。
  あの頃、J創生期には、端的に固有名詞をあげてしまうと“アンチ国見”みたいは価値観があった。運動量とフィジカルを徹底的な走り込みで鍛え上げて、「あとは運を天に任す!」みたいにロングボールを放り込んでいく高体連サッカーに対して、「そんなもんサッカーとはいえない!」っていうアンチテーゼを突きつけたのがJユースクラブ。ってな理念を突き詰めると、「やっぱスペインだよね」ってことになり、相模原の指揮官である安永さんは、まさにスペインサッカーの伝道師的な立ち位置、、、だったはず、なのですが。
  え〜と、安永さん、攻撃的なパスサッカーを断念したのですかね? なんだか、ボールを奪うとサイドのスペースにアバウトなボールをポンって入れるってパターンばっかりだったぞ。昨シーズンは散々でしたから、「軌道修正かな?」とも思ったのですが、前半のうちに高畑から麦倉へという選手交代をしていたので、パスサッカーを放棄したのではなく、いまだパスサッカーをチームに落とし込めていないってだけの話のような気がする。  
  ■後半

実は、先制したのは相模原だったりします。前半のうちに保崎が決めてます。そこで追い上げるべく、宮本監督は後半の頭から食野を投入。「食野」と書いて「めしの」と読む。…どういうこと?「飯野」ならともかく。個人的には、なぜか「倉野」に見えてしまうのですが、置いといて、期待の新鋭の投入により、後半はG大阪U23が圧力をさらに高める。上手いっすね。噂に違わぬテクニシャン。でも、問題はCBの野田がイエロー2枚で退場してしまったこと。
  CBが退場したので、前線を削ってディフェンダーを送り込むのかと思いきや、宮本監督は選手の配置転換で処置します。ボランチがSB、SBがCBみたいな。ここの意志疎通では若干の混乱があったように眺められました。そんな混乱も収まりかけた後半の20分。今度は、もう1人のCBであるペスヨンまでもイエロー2枚の退場。CBが計4枚のイエローカードで2人とも退場。これは厳しかった。スタンドからは確認できませんでしたが、そこまで悪質でしたかね? ファールはファールなんでしょうけど。
  試合開始前の紹介で、柏原丈二さんが審判アセッサーになっていて、「おっ、一線を退いたのか!」とか思ったわけですが、だからといって、「正確なジャッジを追求しているのだが、追求すればするほど、なぜか試合が荒れて退場者が出ちゃう」ってキャラのレフリーは跡を絶たないらしい。これはもはや仕方ないのかもしれない。仕方ないといえば、この上ないくらい有利な状況になった相模原も仕方ない。。2人多いのに、それでもパスがつながらないんですもん。仕方ないというより、しょーもない。。。
  昨シーズン後半戦と比べて改善したのは、ハイプレスが試合終盤まで持続したことでしょうか。尤も、これは成熟度が高まったからというより、気候の問題のような気がしないでもない。なんつっか、安永監督、選手が自分の思った通りに動かないからって、ボトルを投げつけたりしてるんですよ。その怒りが、選手に戦術を適切に落とし込めてない自分のノウハウ不足に対してのものだったら良いのですが、「選手が自分の思うように動かないのは、選手の能力不足だ!」と考えているとしたら、なかなか行く末怪しいです。  
  ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
相模原
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

チーム力を観れる力【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

「諦めた」という言葉の2つの意味【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

予想外(●2-3鹿島)【m_maruのエスパルス観戦日記】

もはやJに怖さはない?吹田でガンバ大阪に勝利の江蘇蘇寧【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

2017/3/5 J1#2 柏vsガンバ大阪「俺は戦術家じゃないんだよ!(ハイトーンボイスで)」【継続は力】

2017:J1:3節:ガンバ大阪vsFC東京「組織力に愕然たる差」【蹴鞠談議2】

2017/3/2 ACL_GL#2ガンバ大阪vs済州「不入りに拍車をかける惨状」【継続は力】

2017/2/26 J1#1 ガンバ大阪vs甲府「窒息寸前で水面へ」【継続は力】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:4309
  • 累計のページビュー:4276911

(03月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  7. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss